【社会人こそ勉強しろ!】AIに思考力を奪われ、バカにならないために必要なこと

こんにちは!英語多読に狂った謎の男・黒坂岳央(くろさか たけを)です。
■アホなことばかりつぶやく、ケシカランTwitterアカウントはこちら。100ツイートに1回はまともなことをつぶやくよw→@takeokurosaka

 

「サーセンw 今回はAIについての話だw 大丈夫、英語の話もするよw」

 

 

「なんだお! 英語の話をするお! このブログのタイトルを”超英語ブログ”から”超AIブログ”に変えた方がいいお!」

 

「許してよw 一応、勉強の重要性を訴える内容にしているんだからさw AIの話中心だけど、英語の話もちゃんとするよw」

 

「AIか…将来はAIと戦うことになんのかな? AI脅威論みたいなのがあるけど、その気になればブッ壊しちまえばいいんだよ。 そのへんに落ちてる棒切れでもいいし、なんならバス停引っこ抜いてドツきまわせばAIも止まるだろ?」

 

「いやいや、AIはターミネーターみたいにロボットとかじゃないんでw クラウドにあるものをどうやって壊すんだよw」

 

「AIが反乱したらオレの出番だな! 人類には火炎放射器というサイキョーの発明があるから、オレはこれを使うぜ! …いやでも、やつらも火炎放射器使ってきたらまずいよな…。」

 

「話聞けよw だからAIは物理的な代物じゃなくて、プログラムなんだっつのw」

 

 

「ちょw さすがに口悪すぎるだろww 好きで赤ちゃん返りしてるんじゃねーし、最近は70歳超えてもシャキシャキしている人が大半だからw」

 

「なんだよ、英語の話じゃねーのかよ、マジでこれクソ記事だわw AIなんて興味ねーわw オレは英語しかイラネw ほななw」

 

おう、そうやって退出するのも自由だ。

オレは止めない。

 

しかし、「英語の重要性」というものをミクロでしか見えていないと

物事の本質を見失ってしまう。

 

英語は稼ぎに直結する!

情報収集に役立つ!

 

これらは確かにすごいメリットではあるよな。

でもあくまでミクロの視点での話なんだ。

 

そうではなく、もっともっと大局的な視点、つまりマクロの視点で

「英語の重要性」を理解してもらいたいんだ。

それを理解していただくために、オレはこの記事であなたにAIの話をしよう。

 

AIは間違いなく、これからの未来を作っていく「主役」になる。

主役を理解せずして、英語の立ち位置は見えてこない。

 

今回はAIの予備知識ゼロの人でも分かるよう、話を進めていく。

きっと、最後まで読んでいただいた後は

 

「なんだよ…やっぱ英語ものすげー重要じゃねーか! かなり年食ったけど、今からでも勉強するしかねーなチキショー!」

 

って思ってくれるのではないかと、期待しているよw

じゃ、しっかりついてきてくれ。

 

最強すぎる英語多読講座

「英語の勉強は頑張っているけど、イマイチ身についている気がしない…」
と不安になってねえか?

安心しろ。あなたの不安をブチ壊し、人生を変える英語力を授ける講座を渡す。
他のサイトでは絶対に語られないクソヤベェ話を、動画でとてつもなく分かりやすく解説するぜ。

一円もかからねえし、ウザくなったら秒速で解約できるんで、迷うくらいなら参加しておけ。
ゲハハハw

>>>講座の詳細を見てみる

AIネイティブが育っていくこれからの未来

デジタルデバイスに囲まれて育った世代を「デジタルネイティブ」という。

日本では1980年頃に生まれた人がこれに当たる。

オレもその一人、PCを買ったのは16歳の時、

中学生で爆発的に携帯が普及していくのを目の当たりにしたものだ。

 

そして今の子供は「AIネイティブ」

と呼ばれているんだ。

 

つまり、生まれた時からAIに囲まれて生活をするという世代のことだ。

 

お掃除はルンバが自動的にこなしてくれる。

ネットショッピングはAmazonのリコメンドに従って買う。

動画視聴はYouTubeのおすすめ動画ばかりを見る。

スマートスピーカーとおしゃべりをする。

 

こうしたAIネイティブが生きていく未来に対して、

オレはある種の脅威と憂いを感じているんだ。

 

▲オレは毎日Twitterでつぶやいている。内容としては、英語学習のやる気が出たり、学びや気付きになるニュースを取り上げたりって感じかな。あなたがオレのアカウントをフォローしておくと、きっと毎日のお楽しみが増えるぜ(多分)

 

面倒くせー仕事なんてAIに取られちまえばいいんだよ

昨今、「AIに仕事を奪われる」というAI脅威論が叫ばれているわけだが、

オレは個人的にそんなものより、

もっと恐ろしいものがあると思っている。

 

それは「AIを使う側」と「AIに使われる側」にまわる未来だ。

当然、目指すべきは前者の方だよな?

 

ぶっちゃけ、オレは仕事内容によっては、AIにバシバシ奪われてもいいと思っているんだ。

面倒でいやな作業なんて、もう人間がストレスを感じながらやる必要ねえよな。

第1次産業革命で、人は肉体労働を機械に奪われたが、

それを今でも嘆き悲しんで

「ああ、今機械がやってくれている肉体労働を取り戻したい!」

という人をあなたはたったの一人でも、見たことがあるか?

 

ないよな?そんな人?

 

一時期、混乱が生じても新たな産業とビジネスが生まれていくので

別に問題とは思っていないんだ。

 

 

最強すぎる英語多読講座

「英語の勉強は頑張っているけど、イマイチ身についている気がしない…」
と不安になってねえか?

安心しろ。あなたの不安をブチ壊し、人生を変える英語力を授ける講座を渡す。
他のサイトでは絶対に語られないクソヤベェ話を、動画でとてつもなく分かりやすく解説するぜ。

一円もかからねえし、ウザくなったら秒速で解約できるんで、迷うくらいなら参加しておけ。
ゲハハハw

>>>講座の詳細を見てみる

AIに仕事を奪われるなんかより、はるかにヤバいこと

それにAIが仕事を代行するようになれば、確実に人にとってプラスの面が大きい。

 

たとえばその道30年のガンの研究者が発見できなかったガンを、AIが発見しているし、

会計監査の分野では、公認会計士が見抜けない不正をAIが検出出来るようになる。

 

単純作業…データ収集…分析…。

 

こうしたものはAIにやらせておいて、

人の感情を揺さぶるものこそ、人が集中して担当すればいい、と思っているんだ。

「AIを上手に使う側にまわる」これは今よりよい状況であることは明らか。

恐れるべきはAIに思考が支配されてしまう、

つまりは「使われる側にまわる」ということのほうなんだ。

そしてこちらはすでに起こりつつある。

 

あなたもすでに半分、AIに思考を取られ始めている。

 

その自覚、あなたは持っているか?

 

人はAIに思考を奪われていく

先ほど述べた通り、スマホを子供の時から使っている世代は

「AIネイティブ」と呼ばれている。

 

たとえば、YouTubeを見ていると

「他の人はこんな動画も見ています」

とオススメ動画が出てくるよな?

 

わざわざ自分の頭で考えて探さなくてもいいし、

興味があるものばかりが紹介されるので、喜んでAIからの提案に乗っかり、

おすすめ動画ばかりを見ていねえか?

いっておくがちょっとヤベえぞそれ。

 

うちの子供は「はたらくくるま」が大好きで、

よくゴミ収集車の動画を見ている

(ゴミ収集車への愛情がマジでスゲーんだよw)。

 

彼はお目当ての動画を見終えると、

次のリコメンド動画をタップして、楽しんでいるんだ。

 

オレは横からその様子を見ていて、

これは本当に恐ろしいと感じているんだ。

 

AIが推奨するものに無自覚に従って

AIが見せたいものを見る、

という、AIに飼いならされた世界が目の前に展開されているわけだよな?

もう、自分の頭で考えずに

ひたすら天から降ってくるものだけを消費することしている。

 

動画を制作する側も、再生回数を稼ぐために

AIにリコメンドされるような動画を作るわけで…。

 

その先に待ち受けるのは、

AIに思考が支配された世界だ。

 

「何か面白いことはないかお?」

 

人類は退屈を覚えた時、

知的好奇心と探究心により、

新たな世界を切り開いてきた。

そうやって新しき世界は開拓され、

人類は次々と発見をしていった。

 

だが、今は自分が本当にやりたいことや、切実に欲するものを自分で探す前に、

AIによって差し出されたものだけを消費して時間を過ごす、

ということが現在進行系で起こっている。

 

これメチャメチャやばくねえか?

 

思考力ゼロで、向こうから差し出されるものだけを延々と楽しむわけだよな。

 

動画視聴の世界一つ取ってみても、

このようにAIの潮流に乗って世界が作られている。

 

これまでは独自性が強く、波に乗れずにネットの隅で静かに輝いていたものは

「検索する人間」

によって発見され、開拓され、盛り上がっていた。

だが、もはや検索しない人間が増えてくると

そのようなことも起きなくなると考えられないだろうか?

 

検索する人が経る→誰も見ない→誰も見ないものはリコメンドされない

 

このような潮流が出来上がり、

まさにAIの意思によって世界が創造されていくような感覚を覚える。

 

4騎士・GAFAの支配する世界

現代を支配し、国に匹敵する力を持つ

4騎士・GAFA(Google・Apple・Facebook・Amazon)。

 

彼らはお金を使わなくても、

楽しめるエンタメを提供してくれている。

 

誰もがスマホを一台持てば、YouTubeで動画をみたり、

Facebookでいいね出来る。

結果、彼らのもとにはザクザクと広告収入が入り、

その資金でAIを発達させ、AIネイティブを量産する…。

 

このような図式がすでにできあがっているんだ。

 

あなたはそんなこれからの世界で、

AIに思考を奪われないで生き残る自信があるだろうか?

 

「うわー、AIに仕事を取られちゃうよー! …ま、ナマポで食っちゃ寝するから別にいいけどw」

 

とか言ってる人は「AIに仕事が取られる」ことなんかより、

「思考が奪われる」ことの恐ろしさに気づいたほうがいい、オレはいつもそう思うぜ。

 

いや、そうした危機感を覚えることすらも、

AIはすでに彼らから奪い取っているのかもしれねえな。おーこわ。

 

5Gが到来すると、人はテキストをますます読まなくなる

あなたは一日、どのくらいの時間動画を見ているだろうか?

YouTubeには「視聴時間」という機能があるのでチェックしてみてくれ。

 

「YouTubeの視聴時間は”一日2時間超”とか、”4時間超”てな猛者もいるよねw やべー人は”一日12時間”とか…。完全に中毒者やないかい!」

 

「お前はどうなんだお? きっとバカな番組みまくって人のこと言えない視聴時間になっているはずだお!」

 

「お、おう…。じゃあ晒しまくってみるか。ほれこれだ(ドン!)」

 

「このオッサン、意外と視聴時間が少なかった…」

 

「ざっくり40分かw この時間の内、子供が一日15分-20分車の動画を見てるから、自分で見てる時間はまあ20分くらいかなw まあこの20分間は確かに人に誇れる動画みてないかもw 最近は仮想通貨の動画よく見てるよw」

 

超・独学法セミナーでもお話をしたが、

これから5Gという新たなテクノロジーがやってくる。

 

「超高速・超低遅延・多数同時接続」

 

これが実現すると、これまで2時間の映画をダウンロードするのに、

30分とかかかっていたのが、

5Gだとわずか「2秒」とかでダウンロード出来るようになる。

 

実質、動画の待ち時間はほぼゼロになっちまうよな?

 

そうなるとスマホからでもストレスなく動画を見ることができるから、

魅力的な動画コンテンツが増えていき、

ドンドン、テキストを読まない人が増える時代へと

突入する可能性が危惧されていくんだ。

 

人類は文字により、歴史を学び、思考を深め、偉人との対話をしてきた。

知性なくして、テキストは読めない。

そこに書かれていることを理解するために、

人は知能を使って文字を読み、その結果思考力を身に着けてきたんだ。

 

しかし、動画は違うぞ。

 

動画は情報伝達手段としては優れているけど、

思考を深化させる力はない。

人間は情報の9割を視覚から得ているから、

動画を見せられると、その裏側に潜むものにまで思考を及ばせることができなっちまう。

 

「テレビをみるとバカになる」

 

とかつては警鐘が鳴らされてきた。

だが、テレビどころかスマホでどこでも見られる様になった今、

人の思考力はどこまで低下してしまうのかが危惧される。

…いや、いつの時代も利口な人はずっと利口だ。

問題は利口な人と、バカな人に真っ二つに分かれてしまうということなんだ。

これはテクノロジーが進展することで、ますます開いていく。

 

特に動画はブログなどのテキストと異なり、

タダでさえ、AIのリコメンドがキクので、

さらなるAIによる思考剥奪が顕著になっていくだろう。

 

「あれ?これ、ものスゲーバカになる人と、思考を持った人におもくそ別れていかないか?w」

 

制作する側は必死に思考するけど、

消費する側はドンドン頭を使わなくなっていく。

 

その内、「人生の生き方」もAIにリコメンドされるコースから選ぶ、

とかマジでなっていくだろうな…。

 

生き残るためには情報を貪欲に取りに行け

あなたがこれからの人生で、AIに思考を奪われないためには

徹底的に自分の頭で思考し、自分の力で情報を取りに行く必要がある。

 

情報収集をする

勉強をする

思考する

必要なものを身につける

 

この循環を止めてはいけない。

とにかく日々、勉強をして、思考を続けることをしてくれ。

 

仕事から帰ったら、部屋で屁をこいて、鼻ほじくりながら

AIにリコメンドされるコンテンツを、

ヨダレ垂らしながらダラダラ楽しんでいねえか?

 

そんなことをしていると、AIに飼いならされた

思考できない生き物になっていくだけだぜ?

 

誤解のないようにしたいのだが、

オレは決してAIを敵視しているつもりはないからなw

 

何事も敵と思えば遠ざかり、

味方と思えば近づいてくるものだ。

 

AIは頼れる味方だ。

だが、味方でも依存すると待っているのは「搾取」なんだ。

あなたはAIに飼いならされるんじゃなくて、

AIを便利な道具として「使い倒す側にまわれ」と言っているんだ。

 

その一部のワザは先日、超・独学法セミナーでご紹介したよな?

オレは生活をする上でAIを活用することで、

効率的にビジネスが進むようにしている。

 

これからも便利なAIのテクノロジーはガンガン使い倒して、

使えない人に差をつけたいと思う。

あなたもぜひ、オレに付いてきてくれ。

随時、セミナーなどを開催していくから

その都度、あなたをメチャメチャアップデートさせて差し上げるぜ。

 

オレと一緒にAIの家畜にならずに、AIを使い倒す側にまわろう!

 

英語はフロンティアを開拓するためのツール

さて、ここでようやく英語の話をするよw

いいか? これからのAI全盛期こそ、英語力の真の本番だ。

AIが世界を一つに統合する中、

英語は世界に散らばる情報を収集するツールであり、

人とのコミュニケーションを可能にする力を与えてくれる。

 

そう、英語は間違いなく、

新たな世界を開拓するためのツールなんだ。

 

地球の裏側では、あなたが知らないとてつもないことが

毎日たくさん起こっている。

 

オレもシリコンバレーで人工知能を開発したり、

カナダに巨大なビットコインのマイニング工場をぶっ立てて荒稼ぎする社長とか、

データ分析をするスペシャリストの方から

意識的にお話を聞く機会を取り入れ、自身をアップデートしている。

 

こんなことが可能なのは、

英語を使って情報を得ることが出来るからなんだよ。

 

あなたにも今後、随時必要な情報をシェアしていくつもりだけど、

オレが触れている情報ソースの多くは英語なんだ。

 

英語が出来なければ、情報が存在することも、

そのような情報を理解することも出来ない。

今後、それはますます顕著になっていくぜ。

 

フィリピンやベトナムに日本の未来が見える

これから日本は、すさまじい勢いで人口が減少していく。

 

今は1億2000万人ですから、世界第10位の大国だ。

しかし、2100年には今の半分の6000万人に減り、その多くは高齢者になる。

 

そのような環境からは、先端の情報を

母国語だけで得るのは確実に困難になるのは自明だよな?

フィリピンやベトナムの人は、

信用できる海外メディア情報や専門分野の知識は

英語でしか手に入れることは出来ない。

だから、彼らは英語が出来なければ、

極めてデメリットが大きくなっちまう。

オレにはそれがまるで、日本の未来を見ているように感じるんだよな。

まったく同じとまでは言わずとも、近い状況になるんじゃねえかな?

 

だから頼む!英語を勉強してくれ。

 

AIによって世界は一つになろうとしている。

そんな中で世界語が使えることは、もはや必須事項だ。

英語が使えることの優位性が崩れることは、

少なくともオレやあなたが生きている間には起きねえだろうな。

なので、あなたがこれから人生を有利に生きるためにも、

英語を勉強しない理由はない。

 

これからは日本において、英語が使えることの価値はますます高くなっていく。

英語を使いこなし、情報を自ら開拓し、

あなた自身に必要なことを見極める思考力を持ってくれ。

そしてAIに支配されず、活用する側にまわり、

そして自分の人生を望むがままに生きていく力を持つようにしようぜ。

 

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

「私はいつになったら英語ができるようになるの?」
「こんなに頑張っているのに、まだできないなんて…」

そう嘆いているあなたの気持ちはハゲるほど分かる。オレもそうだった。

カスほど英語ができなかったオレにTOEIC985点、英検1級合格を授けたのは英語多読だ。

その真髄を語った動画講座を作った。

安心しろ。無料で参加できる。

英語を本気で身につけたいやつだけでいい。

今すぐこっちに来てくれ。

こっそり伝えたいことがあるんだ…!

>>>気になるので覗いてみる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です