仕事を辞めずに英語力を付けるからこそ、価値がある

こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
「英語力を身に付けたいけど、時間がない!」と考えている人は少なくありません。過去記事でもそのことについて取り上げています(余裕があればチェックしてみてください)。

私も昔は、「仕事をせず、思う存分英語の勉強に集中できるだけのまとまった時間があればどれだけ良いだろうか?」と考えていたので、その気持ちは痛いほどよく分かるつもりです。しかし、現実は生きていくために派遣社員で働きながら勉強をせざるを得ませんでした。その後も、資格や勉強は常に働きながらこなして来ましたが、働きながら勉強をするというハンディを乗り越えた事で自信に繋がり、その後の人生に大きくプラスに働いたのです。

「仕事を辞めて英語の勉強に集中したい」と考えているあなたがプラスの気付きが得られることを祈りながら、この記事を書いています。

 

逆境の頑張りを見ている人がいる

仕事や勉強は結果が全て。どれだけ頑張っても結果が伴わなければそれは単なる徒労でしかありません。厳しい言い方に聞こえるかもしれませんが、「もう少しで合格だったんだよね?惜しかったんだから特別に合格したこととして、資格を進呈しましょう」なんていってくれる会社や教育機関はないのです。

しかし、同じ成果であっても逆境の中で苦労してでもたどり着いた場合は結果が大きくプラスに働くということは現実に起こります。私の働いていた会社で50代の部長がいました。それまで英語なんてまったく無縁、外資系企業でしたが彼は英語力をまったく使わない業務に従事していたのです。ところが途中で大きな経営改革が訪れました。「課長以上は今後3年以内にTOEICスコアを700点以上にしないと降格する」と。それを聞いて社内は騒然、猫も杓子も「英語!TOEIC!」と言い出したのです。更に部長の上司は突然に外国人になってしまいました。仕事の進捗報告やメールの送信、会議すらも英語英語英語…同じ状況が訪れた部長の同僚は異動願いを出すか、「こんな会社に勤めていられない!」と退職していってしまいました。しかし、彼は諦めませんでした。自宅で高校生の娘に「お父さんなんで英語やってるの?(笑)」と笑われながらも、片道2時間以上、往復で4時間半もの通勤時間を英語学習にあてて休日は丸一日勉強、一年間猛烈に勉強をしました。
その結果、一年でTOEIC300点程度から一気に900点までアップ。会社は「逃げずに、忙しい中頑張った」ということで人事評価で最高ランクをつけられて、彼は大きく昇進したのです。
こうした話はいくらでも聞いてきました。会社員を続けながら難関資格を取得したビジネスマンが転職時に、「よく辞めずに頑張りましたね」とそのメンタルタフネスを買われて、重要ポスト採用された話などです。採用する側も感情を持った人間ですから、ハンディを乗り越えた人間に称賛や尊敬の念を抱くことは人間ですからあります。

彼は50代という年齢と、忙しい部署で働きつつ、往復の通勤時間が長いという数々のハンディを乗り越えたことで、大きく飛躍することができたわけです。

 

ハンディは成功した時に大きな価値を生む

ハンディは成功を収めた後、とてつもない輝きを生み出します。
私自身、お金がなかったことで語学留学にいけず、根性が足りずに英会話スクール通いが続かなかったのですが、それが「読むだけ英語学習法」にたどり着くきっかけになり本を出版することになりました。これは「災い転じて福となす」と表現できるかもしれませんね。
私は英語ビジネスだけでなく、フルーツギフトショップも経営しているのですが、スタート時は会社員を続けながら週末起業で、広告宣伝費0円、楽天やAmazonへの出店なしというかなりの逆境にありました。しかし、マーケティングにお金をかけないハンディを乗り越え、目標としていた地点までたどり着くことが出来たのです。その実績を買われ、講演を頼まれたり、ビジネス記事の執筆の依頼を受けたりと、ビジネスチャンスが舞い込むようになりました。ネットショップの世界では、「広告費をかけ、モール出店をするのが常識」とされています。実際、ほとんどのネットショップが広告とモール出店を当たり前のようにして販売しています。しかし、常識的に売って成功しても、そこには驚きも学びもありません。当たり前すぎるからです。しかし、あえてハンディのある状態で、逆境に挑戦するからこそ、そこにはドラマが生まれ、自身の成長につながるのです。

あなたが英語学習に集中するために、仕事を辞めて勉強に専念し、語学留学へいって英語力を付けてもそこには人の心の琴線に触れるドラマはないのです。逆に仕事を辞めて英語学習に集中しても成果を出せなかったら、「それでも成果が出せなかったこの人は能力が低いのでは?」と徹底的に環境を整えたことが悪印象になってしまいます
ハンディを負っていることに誇りを持ってほしいと思います。忙しい中、時間を捻出してなんとか成果を出すからこそ、カッコいいんじゃないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です