オレはビジネスキャリア相談、副業で稼ぐ方法など、

個人的なサポートを受けたい方からのお問い合わせを受けることがある。

頼ってくれるのは非常に嬉しい。いつもアザス。

 

だが、ブログの感想やメディア会社からの問い合わせなども多くなってきたし、

オレはいろんなビジネスで駆け回っているので、

これ以上、完全無料で超本気の個別対応をするのは難しくなってしまった。

※IESPの生徒さんは今後も無料でサポートするよ。

 

そこで有料でよければ個別コンサルをさせてもらいたいと思う。

大丈夫、無料でないけどその分価値は高いからな?

 

あなたがオレに相談する価値

キャリア相談なら、イマドキ転職アドバイザーが無料でしてくれるんだ。

 

「ならテメエにお金払って相談する価値はねえな。アバヨ金の亡者めw」

 

とか思うだろう? そう思うだろう?

 

待ってくれ。キャリアコンサルタントは割とヤベえからな?

その理由は2つある。

 

1.転職とその業界のことしか知らん。

2.歪んだアドバイスをもらう可能性がある。

 

ヤツらの給料はクライアントの紹介料で成り立っているんだ。

分かるよな?

ちなオレがコ◯・コ◯ラに転職した時の紹介料は、

後から聞いたら200万円以上だったそうだ。

それだけお金を払って人を転職斡旋するサービスってヤベえよなw

 

で、当たり前なんだけど彼らの仕事は転職させることだ。

それもクライアントから紹介依頼をもらっている範囲でな。

おいしそうな転職者には応募者が多い、良さげな案件を紹介するんだけど、

そうでない転職者にはゴミ案件を紹介することもある。

言っておくがこれ、決してオレの想像で話してるんじゃねえからな?

 

現役の転職エージェントから聞いたことがあるんだ。

彼らもノルマがある。

転職させられなかったら賞与なしとか降格もあるし、

転職者のレベルで優先度のクラス分けをしている。

もうオレがいいたいこと分かるよな?

彼らのアドバイスを100%うのみにするのは危険ってことよ。

彼らはプロだが、あなたの市場価値をきっちり

プロデュースしてくれるかどうかはその人次第だ。

 

そして当たり前だが、彼らはサラリーマンだ。

サラリーマンをバカにしてるんじゃねえぞ?

サラリーマンだから、会社員のキャリアプランは分かるけど、

起業や副業として稼ぐ力はないってことを言いたいんだ。

いや、怖いだろw 会社員なのに起業とかアドバイスしてたらw

 

安心しろ。

オレは転職エージェントじゃないから、報酬目当てに

あなたを転職させたいクライアントに放り込むことはしねえ。

起業、副業のトータルアドバイスもできる。

過去にはブラック企業勤務で死にそうな人に起業相談をされたから、

 

オレ「待て。苦しい気持ちは分かるのだが、いきなり起業はダメだ。死ぬぞ。

 まずはワークライフバランスを整えるために

 まともな会社に転職するんだ。

そこで生活基盤を整えて、時間的、精神的余裕を作ってから

その後に起業の準備をしろ。こういうのは順番が命だ。

先に会社をやめてしまって、起業をしたら軌道に乗るのに

時間がかかるからそこで精神がやられちまう。

 そしてまともな会社に入ったら週末起業でやろう。

ビジネスが軌道に乗ってから会社をやめる。

このプランなら、経済的不安は一切ないんだ。」

 

とアドバイスをしたことがある。

こうした「転職、起業、副業」

と横断的なアドバイスができるのもオレの強みと思うよ。

 

「価値>価格」の有料コンサル

過去に、オレに問い合わせを投げて頂いた経験者なら知っているだろうが、

オレのサポートの「速度、質、説得力」については、

手前味噌ながら満足度の高いサポートをさせてもらっているつもりだ。

 

原則として、24時間以上待たせるケースはほぼない。

オレが車で事故ったりしていない限りおk。

それからあなたが聞いてくれたことには100%キッチリ答える。

だから毎回、オレの回答は鬼ほど長文だ。

400字の原稿用紙5枚分くらいの分量で返すことも少なくない。

オレは常に相手の期待値を超える回答を出してきたつもりだ。

 

また、場合によっては動画や音声で回答することもある。

質問されたことには相手のためを思って、

厳しくも常に本気で回答させてもらっている。

そんなサービス。

 

問い合わせ回答文例

過去の問い合わせ事例を下記に載せるぜ?

全文を原文のママ載せると分量がすごくなるので、

かなりはしょって書いているが実際にはタメ口でなく、

ちゃんと丁寧に回答したよw

 

~事例A~

質問者「30代前半でUS.CPA(米国公認会計士)を取得して、監査法人に入りたい。

英語力を活かしてその後のキャリアにつなげたい。

30代になってから監査業務の未経験スタートでは将来が心配だが、どう思うか?」

 

オレ「公認会計士試験を20代で取得する人が多く、

監査法人もひところに比べて、企業としての安定性もそこまでない。

正直、30代スタートでは出遅れ感があるのは否めない。

さらに英語力を活かすとなると思っているほど活かせないと思う」

 

質問者「マジすか学園w 公認会計士=監査法人=監査業務、って思ってたw」

 

オレ「今から15年くらい前はぶっちゃけ、監査法人バブルだったんだ。

だが今は違う。業務も多様化しているし、

なんなら監査法人だけでなく、

事業会社でもCPAの知識と経験を活かせる仕事は増えてきたよ。

まず質問者さんは、”監査法人=監査業務”というイメージを外した方がいい。

さらに監査法人といっても、業務はかなり多岐にわたる。

IPOコンサルとか、税務、内部統制支援、コンプライアンス支援など色々と業務がある。

これは質問者さんのキャリアにもよるが、

たとえばコンサルティングやアドバイザリー業務なら、

20代より経験のある30代の方が市場価値やクライアントの信頼を勝ち取れるだろう。

 

さらに、監査法人にこだわらないなら、税理士法人に入って、

移転価格税制コンサルになれば、思い切り英語力を活かせるだろう。

視点の幅を広げるといいかもしれない。

オレの知人は監査法人で修行を積んで、

今はアメリカのグローバル企業で税務コンサルをしてるよ。

業務の裾幅が広い点も、CPAのメリットなんだ。

この辺調べてみると分かるよ(リンク貼り貼り)」

 

質問者「あざまる水産。危なかったぜ。キャリアプランを間違えるところだったw」

 

※実際にはこの回答文の10倍以上の分量と、

具体的なオススメの業務とその理由について

ガッツリアドバイスを入れて返信したぜ。

 

~事例B~

質問者「40代男性。

もう一度英語をやり直したい気持ちがどうしても抑えられないので、

これから大学に入学して頑張ろうと思う。どう思うか?」

 

オレ「その答えは質問者さんが”大学に何を求めるのか?”によるだろう。

キャンパスライフを謳歌して、女子大生の彼女がほしいとか、

大学の留学制度を活用して交換留学、

学位留学をしてみたいというなら行くべきだと思う。」

 

オレ「だが待て。”英語力をつけたい”というなら正直言ってコスパ悪すぎなんで絶対にやめとけ。

大学に行くには数百万円の資金、4年間の時間、さらにその間仕事ができない。

40歳ジャストでも、”英語力だけ”では勝負が難しくなるのに、

さらにそこから4年も歳を重ねるのは、まったく得策ではない。

 

このブログではたった数万円、1年間でビジネスレベルの英語力をつけるための方法論を出している。

やるなら仕事を続けながら、コツコツ独学で身につける。

これ以外は考えられないぜ?

質問者さんが知らないだけで、英語を独学で、

中年期以降に身につける人はいくらでもいる」

 

質問者「回答アザス。確かに独りよがりだったかもしれない。それならどうすればええのん?」

 

オレ「おそらく、質問者さんはアツい気持ちを持っていることだろう。そこはリスペクトする。

だが、世の中の企業はあなたの先生ではないことを忘れてはいけない。

相手が求めているのは”質問者さんに支払う報酬以上の価値を、質問者さんが提供してくれるかどうか?”

見ているのはこの一点だけと心得てくれ。

厳しくてサーセン、だがこれが現実なんだ。

 

さらに英語学習は投資なんだ。

投資である以上、投資リターンがリスクを上回っていないと話にならないんだ。

厳しいことを言うようだが、40代から4年と400万円かけて英語力を取得できても、

リターン分ペイすることはほぼ100%ないだろう。

 

悪いことは言わないから英語のためにってんならやめとけ。

それより、今持っている英語力をもう少し独学で伸ばして、

副業なり、転職なりをして稼いで行く方が絶対的にお得だ。

具体的にはこのあたりの仕事は40代スタートでもメチャメチャ可能性がある(リンク貼り貼り)。

あいにく、もう勉強だけを集中することを世間が受け入れてくれる年齢ではないので、

何をするにも”仕事をしながら”という覚悟を持ってくれ。

かなり厳しい事を言うが、それが質問者さんの人生のためだとオレは思う」

 

質問者「オラボコボコにされすぎワラタwwwワラタ…。

…でも、アザス。独学でもう一度頑張ってみるよ」

 

オレ「おう。大学は超高い買い物だ。

人生に一度だけの大きい買い物なので、くれぐれも慎重にな。

どうか感情だけで突っ走るなよw」

 

※実際にはこの回答文の10倍くらいの分量と、

これからどうやって人生を立て直せばよいのか?

の具体的なアドバイスを入れて返信したぜ。

 

料金とサービスの範囲

料金はメール2往復で3,000円だ。

Skypeなどマンツーマン対応は30分5,000円とさせてくれ。

 

【サービスの範囲】

オレに聞ける質問だが、ビジネス、キャリア、転職、起業、副業など何でもいい。

英語力を活かすことが基本とはいえ、

オレに分かる範囲なら投資とかブログで稼ぐ話とかでもいいよ。

 

だが勘違いしないでくれ。

 

「英語勉強法を聞いたから、100%英語力をつけてくれる」

「稼ぎ方を聞いたからには100%稼がせてくれる」

 

とかはやめてくれよ。そういう保証はできねえ。

 

このサービスはアドバイスを提供するところまでだ。

あなたが人生を変えられるために、最大限頑張って答える。

だけど、その先はあなたが自分で行動しなければいけないんだ。

「さあ、オレを稼がせてくれ。金は払った。後は黒ちゃんなんとかしてぇ~♡」

とかムチャなオーダーを出して、オレを泣かせないでw

 

【オレのコンサルの品質の保証】

オレ承認欲求なんてもんはとうの昔に捨ててやったので、

あなたに自慢する気なんて1ミクロンもない。

ぶっちゃけ、自慢なんてする気はない。マジでどうでもいい。

だけど、ある程度、実績を示さないとあなたもオレを信用しないと思う。

なので、一応実績も載せておくな。

「ああ、これならこのおっさんにお金出して相談してもいいかな」

と思ってもらえると嬉しい。

 

・ビジネス

→フルーツギフトビジネスと、英語教育ビジネス、他ブログや動画、

ジャーナリスト、出版、広告のハンドリングをして稼いでいる。

ぶっちゃけ、そこまですごいわけでもない。

まあジュニア級のつええヤツってくらいかな。

10億円とか稼いでいると思った?w 期待はずれだったらサーセン。

最近の実績だと、ブログをゼロから開始して、

7ヶ月で1ヶ月2万PVくらいで月の利益が70万円突破した。

一日2-3時間くらいの労働時間で叩き出したから悪くないかも。

 

ぶっちゃけ、世の中にはオレみたいなザコカスより

もっと稼いでいる人はいくらでもいるだろう。

だが、そういう人のコンサルは半年で300万とかザラだし、

オレは山のように失敗してきたから「初心者が躓くポイント」とかも分かる。

何より、オレは割と優しいから頼ってええぞ?

 

・キャリア

オレは外資系をいくつも転職してきたし、転職面接は鬼無双した。

いくつもビジネスを立ち上げてきた。

会社員をしながらの週末起業(副業)で、ビジネスが軌道に乗ったタイミングで独立したので

結構、ノウハウとしてもおいしいものを持っているつもりだ。

 

・投資

FX、不動産、コモディティ、仮想通貨(暗号資産)、株式とか色々経験ある。

最近は仮想通貨。ビットコインと、XRP(リップル)というコインに

それぞれ4ケタ万円つぎ込んでトレードなう。

数年したら億トレーダーになると思うので、毎日ガツガツ頑張ってる感じよん。

 

プチコンサル申込方法

まずはメール、Skype通話のどちらのコンサルかを選んでくれ。

そして問い合わせ内容をできるだけ詳しく教えてほしい。

下記からサービスの決済をしてもらい、

その後お問い合わせフォームに記入をしてくれ。

※クリックで支払い画面へジャンプするよ。

>>>メールでのコンサル(3,000円、2往復まで)

>>>Skype通話でのコンサル(30分、5,000円)

 

料金のお支払後、お問い合わせフォーム付きのテキストをダウンロードできる。

そこから質問を投げてくれ。

 

<問い合わせする時に書いてほしいこと>

・あなたが抱えている問題点(具体的に)

・あなたがオレに求めている答え

・あなたの今の状況

 

オレはなんとしてでもあなたに満足してもらえる回答を出したいので、できるだけ具体的に頼む。

オレも一生懸命考えて回答をするからさ。

 

あ、それから

 

「質問じゃないけど、直接おしゃべりしてみたいの♪」

 

「ちょっと聞いてよ!昨日満月がきれいだったんだからぁ!」

 

ってオレとおしゃべりしたいだけの人も、

有料でもいいならぜひ使ってくれw 30分だけでいいならw

ただ、オレきれいな姉ちゃんとかじゃない、タダの小汚いクレイジーな男なんで、

あなたがオレなんかと話をして満足できる保証はない。

それでもよければどぞw