【データはいつも正しい】英語学習は経験主義ではなく、データ主義で取り組もうぜ

こんにちは!英語多読に狂った謎の男・黒坂岳央(くろさか たけを)です。
■アホなことばかりつぶやく、ケシカランTwitterアカウントはこちら。100ツイートに1回はまともなことをつぶやくよw→@takeokurosaka

 

「正しいのはいつもデータ! 自分は間違っているかもしれない、という前提をいつも持っておくことで、改善のチャンスを受け取り続けることができるぜ? オレも日々、間違いを犯しまくってるから、常にアップデートだぜい」

 

「ああ、そうだぜ。 オレたち族もデータが必要だ。 オマワリが潜む場所を知らずして、暴走なんて出来ねえ。 オマワリの出没ポイントのビッグデータをディープラーニングして、巧みに回避しつつ走り回ることで暴走率を高めることができる…!

 

「そのムダに高すぎる技術を、社会貢献に使ってくれw」

 

「自分が間違っているかもしれない、というのはアリだと思うぜ? みんな自分は正しいと思ってるからな。 戦争している奴らを見ろよ。 国同士が自分こそが正しいって思い込んでやがる。 オレにとっての真実は、いつも火炎放射器のアツさだけだ。 このアツさだけはウソはつかねえよ」

 

「前半はいいこと言っているのに、いつも最後にイミフにクレイジーになっちゃうのはなぜなの?w」

 

 

「子供は打算的で、素直に残酷だったりするよねww その素直さが親心をエグることもあるんだぜw でも、ま、このくらいならかわいいもんだなw 自分もサンタクロースいないの分かってたけど、プレゼントをおねだりしたことあるしなw 外道とまではいかんなw」

 

 

「さすがにこっちは外道w」

 

英語学習は正しい学習法を淡々と積み上げるだけ、

本質的に必要なのはこれだけです。

 

成功する人とそうでない人を分ける「差」はたったひとつ。

 

成果が出るまでやりきったか?

それともその前にやめてしまったか?

 

それだけしかありません。

でも、成功率を高める方法というのもちゃんとあって、

それが「データ主義」という発想を持つことなのです。

ちなみにデータ主義の反対は「経験主義」。

つまり、私達の多くが普通に使っている手法です。

 

英語学習では経験は要りません。

大事なのはデータ主義です。

 

さて、記事のボリュームがデケェんで今回は前後半に分け、

この記事ではデータ主義でいくことの重要性を語る。

次回は本格的に英語学習の実践編としてデータ主義を用いる手法をお伝えするぜ?

 

超有料級のガチ講座
コスパ最強の英語多読で、英語力を鬼ほど高めたいですか?ういw 分かりました。 それなら「最強の英語多読動画講座」を今すぐ受講して下さい。 動画による解説で、英語多読の知られざる最強のメリットをどこのサイトよりも分かりやすくお話しています。 知っている、知らないのとでは、天地ほど差がつきますぜ?「知っている側」に今すぐ来て下さい!

データ主義、という発想で成功する

ぶっちゃけ、データ主義を極めれば

世の中のすべての課題は解決できると本気で思っています。

もちろん、英語学習は言わずもがなです。

 

さて、英語学習で成功する方法は「超」が付くほどのシンプルさです。

すなわち、「正しい努力を必要な量積み上げる」、マジでこれだけ。

 

「よっしゃー! 正しい学習法は分かったお! こうなったらあとは最後まで走り切るだけだお!」

 

ですね。もう一度いいます。

 

正しい学習法を、必要な分量を積み上げる。

 

求められているのはこれだけで、

その他のケッタイな学習法に手を出す必要なんてないのです。

 

ぶっちゃけ、これだけ徹底できればそれで成功してしまいます。

 

…が、人間は機械ではありません。

 

感情を持ち、生きてきた価値観を通して世界を見ています。

その感情や価値観は、往々にして真実を歪めます。

そして正しい道筋が見えなくなり、

ゴールまで辿り着くことができなくなるのです。

そんな時に真っ暗闇の世界に、ゴールへの正しい道筋を

真っ直ぐに浮かび上がらせる方法があります。

 

その方法こそが「データ主義」という発想です。

 

この感覚を持つことで、英語に限らず

あらゆる挑戦に対して最短最速、そして必ずゴールへとたどり着くことができます。

 

「今回はアツい話が聞けそうだな!」

 

正しいのは「経験」ではなく、いつも「データ」である

多くの人は、「自分は正しい!」「自分は間違っていない!」と思いこんでいます。

 

自分の生き方が正しい!

私の常識こそが、社会の常識と同じ!

相手がこう思わないのは、相手が悪い!

 

みんな口には出しませんが、知らず知らずのうちに、

心の奥底でそのように決めつけてしまっています。

 

本来は正しい事実に基づき、判断しなければいけないですよね?

でも、私達はついつい「自分の常識」とか「過去の経験」だけで判断してしまいます。

 

その人同士がコミュニケーションを取っても、問題解決には至りません。

 

 

このようにオフィス内で常識や価値化を押し付け合う、

という場面もよく見られますよね?

(さすがにエクセルのVBA動かして、

こっそりオフィスで動画を楽しんでいる猛者は見たことがないがw)

 

上記のやり取りは、本人同士が自分の価値観を押し付けあっているだけで、

尚且つ、自分たち以外の周囲の同僚のことにも思考が及んでいません。

 

会社の職場というのは、色んな価値観や感覚が集まる場です。

すべての人の快適度をできるだけ高めるため、できることはなんでしょうか?

 

私なりの答えは次のものです。

 

「あなたにとって快適に感じる、

エアコンの設定温度は?」

 

このアンケートを実施し、みんなが快適に感じる設定温度のデータを収集します。

んで、もっとも声が多かった温度に設定、それ以外の暑がり、寒がりは

扇風機や防寒対策などで各人で調整してもらいます。

 

このようにデータという事実に基づいた判断をすることで、

より多くの人の満足度を高め、

全員に納得感のあるゴールへとたどり着くことができるのです。

 

社員A「今日は40度近い! エアコンの設定温度は25度くらいにしないと効かない」

 

社員B「エコを考慮すると28度じゃないんけ?」

 

このように個人の経験とか、常識を持ち出しても、

それは人によって大きく歪められています。

 

ですので、それを持ち出して話し合いをしても、

理想のゴールには永遠にたどり着けません。

やるべきは、データで冷静に判断する、という合理的で冷静な判断です。

 

超有料級のガチ講座
コスパ最強の英語多読で、英語力を鬼ほど高めたいですか?ういw 分かりました。 それなら「最強の英語多読動画講座」を今すぐ受講して下さい。 動画による解説で、英語多読の知られざる最強のメリットをどこのサイトよりも分かりやすくお話しています。 知っている、知らないのとでは、天地ほど差がつきますぜ?「知っている側」に今すぐ来て下さい!

セブンイレブンで昼ではなく、朝にサラダを置くようになった理由

みんながよく使うコンビニ・セブンイレブンでは、

データ分析をしたことで、それまで見えなかった真実が明らかになりました。

 

昔、セブンイレブンではサラダをランチ前に仕入れていました。

「サラダはお昼ごはんに買っていくから、鮮度が高いようにできるだけギリギリに仕入れよう」

という発想です。

しかし、データを分析し、売上を最大化させることを考えると、

違ったアプローチが必要であることが分かったのです。

 

データを見るとサラダは「朝」に意外なほど、

よく売れていることが分かりました。

 

これはなぜだろう?

分析の結果、会社に出勤前にサラダを買っていく人が多いことが明らかになりました。

なぜなら、お昼時にみんなが一斉にお弁当を買うと、レジがメチャ混みするからです。

「よっしゃー! 午前中もエクセル開いて仕事しているふりをして乗り切ったお! 一番のお楽しみのランチタイムだお! 今日はコンビニ弁当だお! 弁当を食べたら、考え事をしているふりをして眠って過ごすおw」

 

 

 

「このオッサンいいこと言うお! マジでそうだお! 弁当売るってレベルじゃねーぞ!! コンビニで買い物するだけで、毎回こんな混雑になると、ストレスマッハで髪の毛根こそぎなくなりそうだお!」

 

「いや、お前すでに毛根1本も残ってないだろw それより、弁当買うだけで時間使いすぎじゃね? 昼休みの残り時間は大丈夫なのか?」

 

「昼休みは全部で60分だぞ!? すでに半分が過ぎたのに、まだレジに並んでいるのか!?」

 

まあ、こんな風にランチタイムはメチャメチャ混みますよね?

昼飯時にレジで行列に並びたくない人たちが、

出勤途中にランチ用のサラダを買っていく、

ということがデータで明らかになったわけです。

 

セブンイレブンはその後、サラダを早朝に入荷したことで

大きく売上アップを実現させることが出来ました。

 

「よく考えたら朝出勤前にサラダ買えばいいお! 並ばずに済むお! やる夫こそが情報強者だお!」

 

このように真実は常に、データだけが知っています。

自分の思い込み、誤った常識に歪められてはいけません。

 

英語学習は、データが味方になってくれる

私は英語学習について「英語は独学で身につけよ」と訴えています。

独学をする上で、克服するべきは「自分自身」です。

そのためには、データを用いて自分を律することが絶対に必要です。

 

過去の経験と価値観だけで

行き当たるばったりで進めてしまうと、

次のような失敗パターンに陥ります。

「今日は文法を勉強するお! 三単現のsを極めるお!」

 

「分かる、分かるお! 三単現のsはそんなに難しくないお!」

 

~1ヶ月後~

 

「だんだん難しくなってきたお…。関係代名詞辺りとか、見るだけでFFのスリプルの魔法をかけられたように眠くなるお」

 

「もうダメポ…わからんお…ぐがー!」

 

「気がついたら床に転がって30分も寝ていたお…! やる夫は難しいパートに入ると、睡眠スイッチが自動的にONになるお! まあいいお! 勉強しているだけでえらいお!」

 

~3ヶ月後~

 

「英語は基礎より実践が大事だお! フィーリングでいいんだお! 言葉は生き物だお! 通じればおkだお! オンライン英会話の無料レッスンをはしごして、タダで英会話を楽しんじゃうお! 裏技を見つけたお!」

 

「よっしゃー! かわいこちゃんとかなり英会話の修行をしてしまったお! これから理解度チェックのために文法問題を解くお! きっと楽勝だお!」

 

「文法、100問中3点!」

 

 

「…ってのんきに踊ってる場合じゃないお! 英語は努力を裏切らないなんて大嘘だお! こんなに努力しても全然身につかないお!」

 

 

「ブレブレすぎんだろ! まずは基礎固めじゃなかったのか!? 戦略を持って一歩ずつ歩めよ!」

 

…とまあ、ここまで極端でなくても

次のような感覚を持っている人は少なくないでしょう。

 

「頑張ってやっても身につきませんでした!」

「ちゃんとやったのに成果に結びつきません! ウソつき!」

 

みたいに学習素材を批判し、しまいには英語という科目を否定する人がいます。

しかし、彼らの話をよく聞いてみると、

 

正しい努力を、必要な量を積み上げていない

 

という根本的な誤りを犯している、これで99%は説明できます。

これが出来ていないなら、英語力ゲットは出来ません。

 

さいご

この世にあるあらゆるスキルやノウハウを、

正しいやり方で、必要な努力をして身につかないことはありえません。

 

ですので、身につかないのは

やり方が間違っているか、

努力が足りないか

このどちらかでしかないのです。

 

「正論がグサグサささるお…。 そういっても自分ではわからないお!」

 

はい、そうですよね。

確かに自分自身でやり方の誤りを発見することは簡単ではありません。

そこで登場するのが「データ」なのです。

 

今回はかなり分量が多くなってしまったので、

次回は本格的に「英語学習をデータ主義で取り組む方法」をご紹介します。

 

楽しみにしておいてくれ!

 

「やる夫はちゃんと英語マスターになれるのかお…? 不安だお…!」

 

次回につ・づ・く♡

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

「コスパ最強の英語多読の動画講座」の参加者募集中!

英会話スクールや語学留学と比較して、

英語多読は何がスゲーのか?

英語多読で手に入るものは?やり方は?

他のサイトでは絶対に語られないクソヤベェ話を、

動画でとてつもなく分かりやすく解説してるぜ。

参加者から山ほど「良かった!」という声が毎日届いてる、そんな講座。

参加することに何もデメリットはないんで、とりあえず覗いてみるといいことあるかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です