英語多読やってみようかなーって人が死んでも知っておくべきこと

「こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
■Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

 

うすw いきなり聞いちゃいますけど、

 

あなたは英語力がほしいですか?

 

「たりめーよw わかりきった事聞くんじゃねーよw じゃなきゃ貴重な時間を使って、こんなクソブログ開かねーっつのw」

 

ですか?w

はい、それじゃそんなあなたに答えをプレゼントしましょう。ズバリ

 

英語多読があなたの英語の問題を解決してくれます

 

と。

 

それは著書、中学レベルの僕が「読むだけ勉強法」で英語をペラペラ話せるようになった!の本でも、

 

「英語多読サイキョーすぎ。これ使えば1万円、1年-2年で英語マスターできんぞ!」

 

って私の熱き主張が伝わってくるかと思います(まだ読んでねーヤツは早く読んどけw)。

 

でも注意が必要な点もあります。

英語多読は効果の高い英語学習法ですが、

誤解も多い学習法でもあります。

 

過去記事では「英語多読の破壊力マジヤバすぎw だが誤解も多いから気をつけてくれ」

ってことを書いていますので、興味があればこちらも見ておいて下さい。

【みんな間違いすぎ!】間違った英語多読をやると、ムダに金と時間を失うって話

2019年5月10日

 

「英語多読?ほーん、それってそんなにすごいんか?w」

 

ってあなたが鼻ほじくりながら読めるくらいに、分かりやすく英語多読について解説します。

 

英語多読を始める前に正しく理解しよう

英語多読とは、一言で言えば「英語をアホみたいにたくさん読み、英語力を高める」という学習法です。

 

「よっしゃ、それじゃ自分もやるお! うまくできなかったら詐欺として損害賠償請求するお!」

 

って意気込んで取り組む人もいるのですが、

まあその前に餅ついて聞いて下さい。

 

英語多読の破壊力は確かにすさまじいものがあります。

自分も鼻息荒く、全力でオヌヌメする学習法です。

 

しかし、どれだけ効果のある学習法でも、

正しい理解がなければ思ったような効果が得られません。

ですので、やる前に正しい知識を得ることはものすごく重要です。

 

私が見知らぬあなたを引き止めて、これだけ注意喚起をするのはわけがあります。

それは英語多読は手軽さと有用性ばかりが強調されており、

誤解して取り組んでいる人がものすごく多いからです…。

 

「こんなはずじゃなかったお…。」

 

と失意の中で挫折する人が、あとを絶たない学習法、それが英語多読なのです。

注意点は上記で紹介した過去記事を見てもらうとして、

今回は「英語多読初心者」に知ってもらいたいことをお話します。

 

英語多読は英語の4技能「読み書き話す聞く」に効果あり

さて、まずは英語多読に取り組んで得られる効力について理解しておきましょう。

それは、

 

英語多読は英語の4技能すべてに効果がある!

 

ということです。よく、

 

「英語多読という言葉通り、読むことだけに効果があるのでは?」

 

と思われる方がいるのですが、そうではありません。

英文をたくさん読むことにフォーカスすることで、

読むだけでなく、英作文も、そして英会話も上達するのです。

 

英語多読は英文を読解することで、

大量の英文の型を頭に

インプットすることができます。

 

普段からたくさん英文を読んでいれば、

いざ文章を書く時に普段読んで頭の中に入った英文をそのまま取り出し、

自分が書く、話す文章にしてしまえばよいのです。

 

私は外資系企業への履歴書、職務経歴書(resumeレジュメといいます)を書く際に、

「これまでの会計のキャリアを活かしたい」という文章入れたいと思いました。

ふと閃いたのは、いつも読んでいた英字新聞の記事です。

 

Panasonic should take advantage of this chance.

(パナソニック社はこのチャンスを活用するべきである)

 

という文章が記事の中でありました。この文章で使われている表現をそのまま流用します。

 

The reason why I apply for this position is that I’d like to take advantage of my precious accounting career.

(私が今回の募集要項に応募したのは、これまでの会計キャリアを活用したいからです)

 

このような文章を作ることができました。

どや?ちゃんとした英文になってるでそ?

 

ネットの記事をコピペすると、Googleさんにしばき倒されますが、

英文を自分の言葉にして話したり書いたりすることは、

合法的でものすごく使えるワザです。

 

ちなみに英語面接の時に

 

Please introduce yourself in 3 minutes.

(3分間で自己紹介をお願いします)

 

と言われた時にも、このtake advantage ofをガッツリコピペ使用しましたw

「書いて話せる」、これは聞いて理解することもできますよね?

ですので、英語多読は英語の4技能すべての能力を

飛躍的に高める力を持っているのです。

 

「英語多読は英語力すべての根幹になるんだぜ? マジワイルドだろぉ~?」

 

このように英文を大量に読む習慣を持っておくことで、

必要な時に頭から取り出し、文章にして書いたり、

英会話としてそのまま使うことができます。

しかも元となる英文は洋書や英字新聞、Web記事などを使うので

正確でフォーマルな表現を活用することになりますので、

文法的なミスや用法の間違いもありません。

 

時間をかけて、自分の頭の中でうんうん唸って英文をひねり出して…。

 

「こいつの書く英文からはものすげー日本人臭がするおw いかにも日本人が日本語→英語にしたって文章だおw」

 

「そしてところどころ、英文が間違っているな…。これとあれは文法的におかしいぞw」

 

などとツッコミを受けることもありません。

ネイティブが使う自然な表現、自然なフレーズを活用することが出来るのです。

この方がはるかに効率的でスムーズに英語を使う力を身につけることが出来るのです。

 

「英語は何となく読めるけど、書いたり話たりするのはマジで苦手だわ…。オレはチンパン並の知能しかねーんだ」

 

って自分に自信がない人でも、普段読んでいる文章をそのまま頭から取り出すなら出来るでそ?

ですので、英語多読は英語に自信がない「英語初心者」にこそ、

取り組んでもらいたい学習法と言えるのです。

 

英語を使えるようになりたくて、

英会話レッスンや英作文に時間を使うくらいなら、

その時間を英語多読に充てることで、

遥かに短期間で上達することができますYO!

 

嘘はいわねえ。マジだ。自分は英語多読で英検1級、TOEIC985点取れたからな。

 

「精読」と「速読」はどちらが重要?

英語多読をする時に議論を醸し出すのは、

 

「精読と速読どちらが大事?」

 

というテーマです。

答えが分かれているように思えるこの議論については、

実はすでに結論が出ています。

それは、

 

「まずはとにかく精読、それができれば自然に速読ができるようになる」

 

というものです。

 

私が著書の中で提唱する英語学習法は

 

1.必須英単語を覚える

2.英文法を理解する。

3.英語多読で精読→速読を身につける。

4.英会話の練習をする。

 

という流れになっています。

 

今回は英語多読の話しですので、3にあたるわけですが

3の段階では必須英単語が頭に入っており、

英文法も理解できている状態です。

 

ですので、この段階は「英語を多読するための下地ができている状態」と言えます。

あとはわからない単語が出てきたら都度、意味を調べれば

 

理屈の上ではどんな文章でも

読める状態になっています。

 

この状態で気をつけなければいけないのは、

「とにかく最初は精読に徹する」というものです。

 

せっかく英文を読む下地ができたのに、

焦って無理して速読をしようとする人がいます。

しかし、無理な精読が癖になってしまうと

表面上の英文を目だけすばやくなぞる「あやふや読み」

という最も避けなければいけない読み方をしてしまいます。

これが実にヤベーんすよ。

ガソリンスタンドで給油中にタバコを吸って

「プハーッww くっそうめーww」

ってヤツくらいヤベー。

 

あやふや読みは目は活字を追っていても、

肝心の内容が頭に入ってこない、

という恐ろしい状態になります。

 

これをいくら積み上げても、まったく英語のスキルの蓄積になりません。

ですので、最初はとにかく丁寧に、そしてそれまで学んできた

英単語や英文法の足りない部分を補強し、復習する感覚でじっくりと読んでいきます。

 

焦らずとも、精読を続ければそれは自然に読むのが速くなる速読になります。

そうなると、正確に素早く読む

「精速読」

というサイキョーの状態になります。

 

あとは日々、好奇心と情報収集という楽しさと実益を兼ねる

リーディングを続けるだけで雪だるま式に語彙力や

英文読解力を積み上げることになります。

 

英語多読で目指すべきゴールは、まさにこの点にあります。

 

英語多読を極めればTOEICも英検もフリーパス!

英語多読を極めれば、ぶっちゃけ

TOEICも英検も対策なしのフリーパス状態になります。

 

英字新聞を楽しく、そして情報収集のツールとして使っていれば、

少なくとも英検準1級、それからTOEIC800点は対策無しで取ることが出来るでしょう

(さすがに英検1級とTOEIC900点超は対策した方がゴールが近くなりますが…)。

 

英検もTOEICもそれ専用の対策などしなくても、

真の英語力があれば着実に点数を取ることが出来るものですから、

本当に成果の出る英語の勉強をしているならば、

本来は「試験対策」ということはまったく必要がないのです。

 

英語多読は戦略的に取り組め!

この記事の最後に私からあなたへお伝えしておきたいことがあります。

 

それは「英語多読は戦略的に取り組め!」ということです。

 

英語多読でググってもらうと、色んなサイトが出てきて

 

「とにかく読むw 辞書を引かず、好奇心の赴くままに絵本から始めればいいw」

 

というアドバイスが大半です。

 

「なるへそw 頭空っぽでテキトーに読むだけでええのん?w 考えないのは得意やでw」

 

と受け取ってしまうと、待っているのは確実な失敗です。

【みんな間違いすぎ!】間違った英語多読をやると、ムダに金と時間を失うって話

2019年5月10日

 

で詳しく述べたのですが、英語多読はやり方を間違えると効果がありませんし

膨大なお金と時間をムダにしてしまいます。

 

理由は過去記事に書いていますが、

 

「ようし!英語初心者は絵本からスタートすればいいだおw」

 

と言われるままに絵本を買うところからスタートして、

成功できる人は皆無です。

 

「英語多読は考えなくていいww お金も時間もかからない学習法ww」

 

といった誤った解釈をしないで下さい。

100万冊絵本を読むより、1冊自分の力になる本を選ぶ方が

効果も高いですし、お金も時間も、そして英文を読むのに

必要な労力も圧倒的にコスパが高いです。

 

英語多読は英会話スクールほど身近な存在ではなく、

また、学習サービスを提供している機関も多くありません。

さらにメディアも取り上げる事はあまりないので、

正しい認識がなされていないことがほとんどです。

 

このブログでは引き続き、英語多読で英語力を高めてもらうための

情報を発信していますので、ぜひ他の色んな記事を読んでみて下さい。

 

それから、より詳しく知りたい方は完全無料で英語の学習ノウハウを学べる

動画講座も開講しています!

もちろん、興味がなかったらスルーしてもいいけど、多分見ておいたほうがいいじゃないかな? 知らんけどw

>>>詳細はこちら(ガチで無料で受講できるよ♪)

黒坂岳央の英語講座、参加者募集中!

黒坂岳央の英語講座、参加者募集中!

「黒坂岳央の英語講座」の参加者募集中!

無料の動画講座をお楽しみ頂けます!

参加しなかった人は損をするって言っていいくらいのデキじゃねーかな?

知らんけどw

気になるならちらっと見てみればいいよw

2 件のコメント

  • 黒坂さんこんにちは!英語勉強中のEriと申します。いつもブログを拝見してやる夫に励まされています笑

    今、LAの出張終わりで空港でこのコメントを書いています。
    …と書くと格好いいですが、英語を話せず聞き取れずの大変残念な滞在でした笑

    帰国したら黒坂メソッドに取り組みます!
    思えば私は学生時代に英語の読み書きに自信があって、それが変なプライドになって英語が上達してこなかったように思います。
    今さら文法?単語?みたいな。

    正直、ご著書で紹介されている1冊目の教材をパラパラめくった時も「こんなの分かるから飛ばしちゃおうかな…」と感じました。
    でも、全ての単語についてハッキリと意味が言えるのか?例文を瞬時に理解できるのかと考えた時、変なプライドを捨てて一からきちんとやり直すべきだと思い直しました。

    まずは継続して、経過を報告しにきます!
    お忙しいと思いますが更新楽しみにしております!

    • Eriさん

      コメントありがとうございます!
      やる夫が気に入って頂いたようで嬉しく思います!
      いつもぶたれてかわいそうなので、そう言ってもらえるとやる夫も嬉しいのではないでしょうか?w

      LA出張なんてすげーかっこいいじゃないですか!?
      読み書きが得意ということであれば、大いに伸びしろがあると思いますよ!
      良質な長文をガツガツ何度も何度も読んでいれば、確実に力がついてきます!
      ですので、ぜひ継続して脳に英文をまるごと刷り込む作業をやってみてくださいね!
      脳内での英文処理が早くなると、英会話力もアップします!

      またご報告をやる夫と一緒に楽しみにしています!

      黒坂

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です