英語学習初心者こそ、週刊英字新聞を購読しろ!

こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
※Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

私は著書、「中学レベルの僕が「読むだけ勉強法」で英語をペラペラ話せるようになった!」

 

「英語力は読むことで力がつきますよ!!」

 

とツバを飛ばしながら主張をしています。

いわゆる多読ってやつですね!

 

まさに英語多読は最強!

 

ほとんどお金をかけずに、すさまじい速度で英語力を高めることができるのです。

英語多読の効果の高さは、私自身が証明になると思っています!

 

さて、そんな英語多読をする上で

壁となるのは、

「楽しく多読を継続する」

という環境の構築です。

 

今回は多読をする上での壁と、その乗り越え方についてお話をします!

 

英語多読は書籍購入費がかさむ

英語多読は1冊洋書を購入して、

それをじっくりと何度も読み直すことで

飛躍的に英語力を高めることができる学習法です。

 

しかし、当たり前ですが英語多読は書籍購入費がかさみます。

 

「テメー、上で”英語多読は金がかからんぜ”っていったばかりじゃねーか!」

 

とケリを入れたくなるのを抑えて、まあ聞いてください。

英語多読は英会話レッスンなどに比べれば、

はるかに少額で済む学習法です。

 

英会話スクールに通ったり、語学留学にいくと

必要になる出費は英語多読とケタが違いますからね。

 

でもさすがにタダというわけにはいきません。

あなたが住んでいる街の図書館で、

洋書を探してみてください。

まあその取扱書籍数の少なさに絶望するでしょうね。

図書館に洋書は多読できるほど置いていません。

 

「なんでそんなこと言い切れるんだお?」

 

と思ったでしょう?

 

私は図書館マニアで、23区内の図書館をはしごしまくって

年間300冊くらい本を借りて読んでいましたからね。

図書館を使い倒して住民税の元を取ろうと頑張っていましたから、

図書館についてはちょいと詳しいのです。

 

で、東京都内の大型図書館で洋書を探し回った結果、

一つたりとも

「うぉー!ここ洋書の蔵書数充実してるじゃーん!」

って思ったところはありませんでした…。

 

ですので英語多読をする上で本の購入は必須。

買わなければ話ははじまりません。

で、買うとお金がかかるので、

 

「毎日コツコツ読んでるけど…これ実力ついているのかしら?」

 

と自信がなくなった時点で止めてしまいます。

留学やスクールはうまいことできていて、

最初にポーンと100万円とか払っちゃうので、

止めたくてもやめられないんですよね…。

 

英語多読は教材選びが命

そして英語多読の難しいポイントはまだあります。

「自分にあった適切な教材選びが命!」

という点です。

 

難しく過ぎても手も足も出ませんし、

逆に簡単すぎても無意味!

少し背伸びして、でもちゃんと内容を理解できるものを選ばなければ実力はつかないんですよね…。

 

「せっかく英語学習に時間をかけるなら、同時にビジネスにも詳しくなっちゃおう!」

 

そんな欲張りさんがインテリ紙の最高峰・ファイナンシャルタイムズに手を出し、

見事に撃沈した事例を眼の前で見てしまいました。

 

「なんだお!ファイナンシャル・タイムズのムズさは!何を言っているのかさっぱりわからんお!!」

 

どうしてもその時の実力で、その人にあった教材を手にとってもらいたいと思うわけです。

でもその教材選びは本当に難しい…。

 

「よし!アタシも英語多読頑張るぞ!」

 

と思って簡単すぎ or 難しすぎる教材を選んで、

その結果やる気を失ってしまったら意味がありません…。

 

週刊英字新聞を読め

さて、私から英語多読に取り組もうと思っているあなたへ

ベストな回答をプレゼントしましょう。

それは週刊英字新聞を読め!というものです。

 

「新聞ってこれまたクソ難しい提案をしやがって…もうキレる気力もねーわ…」

 

ってやる気を落とさず、まあ最後まで話を聞いてくださいw

英字新聞のメリットを分かりやすくご紹介しましょう。

 

関心の高い日本のニュースを取り扱っている

今の時代、新聞って読む人少なくなりましたよね!

私もビジネス雑誌やネットメディアで記事を書く

ジャーナリストの仕事をしている立場ですが、

ぶっちゃけ国内の新聞は購読をしていませんw

 

でも英語多読をする上では英字新聞はおすすめです。

国内のニュースを取り扱う英字新聞をリーディング教材にしてしまうわけです。

実際、私は長い間、英字新聞を購読してきて、新聞を読むことで英語力を高めてきました。

 

国内の英字新聞は日本のニュースを取り扱っているのが大きなメリットです。

例えば

Uganda to finalize China loan for new railway by year-end.
(ウガンダは新しい鉄道を敷設するための中国へのローン返済を年末までに終える)

という見出しを見て興味が湧くでしょうか?

 

「ウガンダってそもそもどこにあったっけ?」

 

ってなりますよねw(私は結構興味ありますけどねw)

でも国内の英字新聞だとこんな感じです。

The nuclear plant that refuses to die.
(六ヶ所再処理工場の行方)

 

青森県六ケ所村にある、使用済核燃料の再処理工場問題についての話題です。

 

これを聞くと難しそうですが、英字新聞を見るとものすごく分かりやすく、

丁寧に解説がされていて、使用済核燃料についての背景知識がなくても

スッと理解できるようになっています。

 

内容について背景知識がある

日本国内ニュースだから関心が高い

 

この2つの条件が揃っているので、英字新聞をリーディング素材に使ってもらいたいのです。

 

英字新聞はとにかく読みやすい

英語の洋書は難易度にかなりばらつきがあります。

「簡単で読みやすいからいいよ」

と勧められるままに買ってみたのがこの本です。

Lord of the Flies(クリックでAmazonページへジャンプします)

 

ノーベル文学賞を受賞したウィリアム・ゴールディング氏によって書かれた、

1954年に書かれた有名な小説、「蝿の王」の英語原書です。

 

ノーベル賞ってスゴイじゃないですか?

しかも文学賞!!

日本人では川端康成氏と、大江健三郎氏のたった二人だけしか取れていません。

そんなノーベル文学賞受賞者の書いたありがたすぎる名著が蝿の王です。

 

あまりにも高尚すぎたのか、

私にはその良さがあまりわかりませんでしたw

(一応最後までちゃんと読んだんだよ!でもね、何が素晴らしいのかはよく分からなかった…)

 

「あのな…蝿の王が悪いんじゃなくて、悪いのはお前の頭なんやで?」

 

ってそう言いたいでしょ?

まあそういうなら読んでみてくださいw 英語でねw

 

結論的に言いたかったのは

どれだけ名著でも、人が勧めるものでも

洋書は読みづらいものが結構多いってことです。

 

それに引き換え、英字新聞の読みやすさ、分かりやすさは素晴らしいです。

 

国内のニュースを

中立的に、

分かりやすく、

誤読のないよう、

根拠とデータを示して伝えるメディア

 

ですからね。

特に英語だと日本人以外も読むことを想定し、

他国の文化や宗教の影響を受けている外国人にも、

日本のニュースを理解できるよう、プロのライターによって書かかれています。

 

英字新聞は分かりやすい、読みやすいに決まっているんですよね。

 

「英語学習者には英字新聞は最強のリーディング素材である」

と、私が鼻息荒くオススメする理由をわかってもらえたでしょうか?

 

週刊英字新聞を購読しろ

ここまで読んでいただいたあなたなら、

英字新聞の素晴らしさについてよく理解できたことでしょう。

 

「もう御託はいいお!早くオススメのものを教えろ!」

 

ってなっているのではないですか?

はい、私がオススメしたいのは次の3つです。

 

オススメ1位 The Japan Times Alpha ジャパンタイムズ(旧:週刊ST)

[紙+デジタル]定期購読なら、実質無料でデジタル版も読める!(購読期間中)

The Japan Times Alpha — 英字新聞だから身につく 世界の視点、確かな英語力

英字新聞。生きた英語力を身につけたい、楽しみながら英語を上達させたい、そんな方に高い人気を得ている2ヵ国語学習・情報英字新聞。内外の主要ニュースから、封切り間近の洋画のダイアローグ、ネイティブな会話表現を磨く英会話など、英語学習者の知的好奇心を刺激するバラエティー豊かな話題が満載。英文中に出てきた重要ボキャブラリーや文法事項の解説付で、学習効果もアップ!

「The Japan Times Alpha」7つのキーワード。

1、最新の英文素材で学習。
2、エクササイズの充実。
3、初級者にも安心のサポート。
4、 必要なものは全てここに。
5、グローバルな視野。
6、毎日30分の学習習慣。
7、英語が好きになるコンテンツが満載。

引用元:Fujisan.co.jpより

こちらは英字新聞でありながら、日本語も入れてくれているという親切設計。

また、単なるニュースだけでなく英語を楽しんで学べるコンテンツも充実しています。

日本国内のニュースだけでなく、海外のニュースも取り扱っており、

国内ニュースもグローバルな視点で解説がされていて、楽しんで読むことができます!

 

購読期間中はデジタル版も無料で読めるので、

家にいる時は紙で、

外出先はデジタル版で読めます!

 

<料金>

3ヶ月:3,390円(税込)13%OFF
6ヶ月:6,780円(税込) 13%OFF
1年:13,560円(税込)13%OFF
233円/冊

という金額になっています。

1ヶ月あたりわずか1,000円ちょっとで

永遠にリーディング素材探しから開放されます。

 

私もこれを皮切りに英字新聞購読の世界に入ったので、

超オススメです。

 

>>>The Japan Times Alpha ジャパンタイムズ(旧:週刊ST)を見てみる

 

オススメ2位 Mainichi Weekly(毎日ウィークリー) 毎日新聞社

たくさんの生きた英語に触れることができる!辞書なしで読める週刊英語学習紙。高校生から大学生、社会人まで多くの方に読んでいただいています。

世界を知り、なおかつ英語力をつける! 1面記事の音声も無料提供。

全ページ日本語注釈付きで、電車の中でもニュースやコラムがどんどん読めます。「ドラゴン桜」の英語教師のモデル・竹岡広信先生や、英語界のカリスマコーチ・安河内哲也先生のコラムなど学習面も充実。字幕翻訳の第一人者、戸田奈津子さんの映画解説など、エンタメからビジネスまでバラエティー豊かです。公式サイトでは1面記事などの英語音声の一部を無料公開!

引用元:Fujisan.co.jpより

こちらは毎日新聞社が発行しています。

オススメポイントとしては、

英語音声が無料で提供されていること。

新聞を読んだ後は、リスニングまで鍛える事ができるというスグレモノです。

 

<料金>

3ヶ月:2,994円(税込)8%OFF
6ヶ月:5,988円(税込) 8%OFF
1年:11,976円(税込)8%OFF
230円/冊

という金額になっています。

 

こちらも日本語注釈付きですので、

毎回しっかりと内容を理解しつつ、

英語力を伸ばすことができるようになっています!

>>>Mainichi Weekly(毎日ウィークリー) 毎日新聞社を見てみる

 

オススメ3位 週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

毎週、店頭で買うよりお得!送料無料で自宅にお届け!

日本語ナビ付きでどんどん読める。レベル別で実力アップを実感。しかも面白い!初心者でも楽しく読める週刊英和新聞「朝日ウイークリー(Asahi Weekly)」

朝日ウイークリー(AW)の記事は、初級・中級・上級とレベル別になっているので、毎週レベルアップを目標に読み進められます。英文ニュースや英語エッセーなど一部の記事は、音声を聴くこともできます。AW独自の工夫をこらした英作文、英文法などの学習コラムから、国内外のニュース、エッセー、エンタメ、クイズ、星占いまで、多彩な内容で飽きさせません。美しいカラー写真満載の旅行記、最新映画のシナリオ対訳、人気作家による連載小説など、楽しい読み物も満載です。レベルに応じた対訳、日本語注釈つき。

引用元:Fujisan.co.jpより

大手新聞社の朝日新聞が発行しています。

ウリとしては、初級・中級・上級とレベル分けがされている記事です。

私は購読してはいなかったものの、

この朝日ウイークリーを大学の図書館で読んでいましたね。

読みやすくて、写真や図解がふんだんに使われているので

サクサク読み進めることができます。

 

<料金>

3ヶ月:2,994円(税込)8%OFF
6ヶ月:5,988円(税込) 8%OFF
1年:11,976円(税込)8%OFF
230円/冊

という金額になっています。

 

「日本語の朝日新聞を購読しているけど、

英語の勉強も兼ねて読みたい」

 

という人にはオススメしたい英字新聞です。

 

>>週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)見てみる

 

英字新聞の購入方法

今回紹介したウィークリーの英字新聞は、

いきなり一年契約など長期で購読するのではなく、

まず1冊試しに買ってみてください。

わずか200円前後の投資ですから安いものですよね。

 

まずは下記のURLからサイトへジャンプして下さい。

>>The Japan Times Alpha ジャパンタイムズ(旧:週刊ST)を見てみる

>>Mainichi Weekly(毎日ウィークリー) 毎日新聞社を見てみる

>>週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)見てみる

 

「買い物かごに入れる」をクリックします。

 

次の画面で「初めての方はこちら」をクリックします。

ちなみに合計5,000円以上の買い物をして、

アンケートに答えると500円割引になります!

 

この際、他の雑誌や本を買う予定がある方は

まとめ買いをして割引をゲットしましょう!

 

週刊英字新聞は敷居が高いように感じるかもしれませんが、

実は洋書などに手を出すより、はるかに難易度は低いんですよね。

毎日ではなく、1週間に一度だけの配送なので続けやすいのも特徴です。

ぜひ、あなたの英語ライフに役立ててください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です