【一生使えるスキル】科学的にサイキョーの集中力を創るワザを教える

「こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
■Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

さて、前回の記事では…。

 

「マルチタスクはやめろ。脳がダメになるぞー!」

 

って激おこぷんぷん丸、

いえ、ムカ着火ファイアー的にブチ切れました。

↓(参考・この記事読む前に全部読んでからだよ!約束だよ?)

【ヤメトケ!】勉強や仕事をダメにする「マルチタスク」という最悪な習慣

2019年4月18日

 

「ムリに若者のトレンドに乗らなくてもいいんだよw お前普段は”激おこぷんぷん丸w”とか絶対いわねーだろw」

 

「うるせーなw 使ってみたかったんだよw ネット上くらい好きに言わせろw」

 

「英語とマルチタスクとか、集中力は何が関係あるんだお?」

 

ってドン引きした方もいるかも知れませんね。

 

いえいえ、オオアリなんすよ!

 

考えてみてください。

あなたは日々、死ぬほど忙しいじゃないですか?

仕事もして、家のこともやって、人付き合いもしてって感じですよね?

なので、英語の勉強をしている時もスマホという怪物に、

ついつい集中力をもぎ取られたりしているでしょ?w

 

今回は「自分を操る超集中力 著:メンタリストDaiGo」

というコスパ良すぎのモンスター作品から

「集中力の創り方」をご紹介します!

 

>>>Amazonで書籍版を見てみる

>>>audiobook.jpでオーディオブック版を見てみる

 

ちなみに自分はオーディオブック版で購入したぞw

これな。7回読みじゃなくて、7回聴き中だぜい!

世の中には自分が試してないのに、

「これいいよ(って他の人がススメてたw)」

という無責任なアホがいますが、

私は自分が実際に使って、

「いいね」と思うものしか絶対に紹介しない。

だから安心してくれw

 

ホラ、ちゃんと購入済だろw

 

集中力は前頭葉が司っている

人間の脳の中でも、もっとも重要な部位の一つが

前頭葉

です。

 

前頭葉は「脳の社長」と呼ばれており、

意思決定をするのに大きく関わっています。

また、前頭葉が正しく機能することで集中力を生み出し、

反対に働きが悪くなると集中できなくなってしまいます。

 

そして集中力は、脳の前頭葉で

思考や感情をコントロールする力、

「ウィルパワー」

がその源泉となっています。

 

このウィルパワーはRPGのMP(マジックパワー)みたいなもの。

ドラクエやFFで魔法を使うと、MPが減っていって魔法が使えなくなりますよね?

それと同じで、人間も起きてウィルパワーを消費することで集中するのです。

これがなくなると集中できず、休むことで回復するのです。

 

で、このウィルパワーは「意思決定をするほどガツガツ消耗する」と

本書の中でメンタリストDaigoさんは言います。

ですので、余計な意思決定をすると肝心の英語の勉強という、

本来、集中力を発揮するべき時にすっかり消耗しきって

頭に入らなくなってしまう、ということが起きうるのです。

 

「だからいつも言ってるお! こまけえこたぁいいんだよ!ってw」

 

「今回ばかりはやる夫が正しいなw 確かに細かいことを考えすぎると、あっという間にヘトヘトになるなw」

 

 

ウィルパワーの消耗を節約して、集中力を造れ

人生は細かい意思決定の連続です。

 

やっかいなことに、意思決定ってのは

あなたが認識していない内に行われていたりします…。

 

「昨日はアンパンマンのシャツを着たお。今日ドラえもんのシャツを着たら、明日はポケモンのシャツを着るお…。なんか服がワンパターンで毎朝何を着るのが迷うお…。」

 

「なかなかやばいチョイスだなw いっそ、全部服を買い直したほうがいいぞ」

 

とまあ、朝起きて服選びから始まり、

 

「今日はパンを食べるかお? それともご飯? もしくはもしくはスッキリとフルーツとヨーグルトかお?」

 

こんな具合に、イチイチこまけえ

食べるものも迷ってしまっていませんか?

 

朝起きてからあれこれと迷って迷って、選択の連続をしていると

ガツガツウィルパワーが減っていっています。

 

こうした生活をする上での選択に使用するウィルパワーと、

英語の勉強に使用する集中力を生み出すウィルパワーは同じものなんで、

余計なことに迷えば迷うほど、必要な集中力は削がれていく一方です。

 

服選びとか、朝何を食べるかで迷うのは時間のムダではなく、

集中力のムダなのです。

 

歴史的な偉人は無意識的に、

 

「余計なことに迷うムダを減らして、必要なことに集中する!」

 

ということを徹底しています。

次の章でガッツリ語るぜ。

 

朝の服選びのムダからの開放

例えば世界一すごいリンゴを創ってる会社のこの方は、

黒のタートルネックにジーンズ、

ニューバランスのスニーカーといつも同じ服装をしていました。

「オレは春の日だまりのようなぼんやりした光ではなく、常にレーザー光線のように集中しているんだぜ?」

 

Embed from Getty Images

服選びにウィルパワーの消耗をしないのはりんごだけではありません。

あのFacebookのCEO、マーク・ザッカーバーグさんも

グレーのTシャツ、黒のパーカー、ジーンズを着ています。

 

Embed from Getty Images

さらにさらにあのアインシュタインは、

クローゼットに同じジャケットを5着用意して、

月から金まで毎日の服選びの選択を省いていました。

 

 

「オイラも真似をして、ドラえもんのシャツを5着買って毎日着るお!」

 

「いや、ドラえもん以外というチョイスはねーのかよw」

 

ですので、なにげにサラリーマンが

スーツを着て出社するのは理にかなっているんですよねw

 

スーツを着るとなると私服を選ぶ時に比べて、

かなり選択肢は絞られるので、よけいなウィルパワーに頭を悩ませないで済みます。

 

ウィルパワーの節約をガチろう

ウィルパワーはたくさんの意思決定を前に

うんうんうなって「どれにしようか?」と悩めば悩むほど、ドンドン消耗してしまいます。

 

もちろん、よりよい選択肢を得るために悩むことはムダとは思いません。

しかし、それも度が過ぎたらいけません!

人生に影響を与えない小さなことにいちいち選択に悩むと、

その分ウィルパワーは容赦なく消耗します。

 

そして本来は集中するべきタスクやプロジェクトにウィルパワーを使った

集中力を発揮することができなくなるのです。

 

あなたはこのことを知ってしまった以上、

今日、今すぐにムダなウィルパワーの

消耗を節約することを心がけましょう。

 

そんなに重要ではない習慣をガツガツ捨てましょう。

あれやこれやといろんなことを想定せず、

捨てられるもんはとっとと捨てちまいましょう!

そんな習慣を持っていては、ムダにウィルパワーを奪い取られてしまうだけです。

 

まずは一番にやるべきこと。

それは断捨離です。

 

私は最近、ウィルパワーの節約のためにかなりミニマリストになっています。

月イチペースで東京や大阪に講演をしたり、

ビジネスをしたり、人に会うために出張しているのですが、

以前はごっついバッグに重いPC、資料、オシャレな服などを持って

ヒーヒーいいながら移動をしていました。

 

▲スマホあれば他には何もいらねーw

 

しかし、今の私はそうしたことはやめました。

 

講演に投影するスライドは会場でPCを借りたり、スマホを使っています。

スーツではなく基本的にビジネス講演もジーンズの私服とジャケット。

そして資料などはすべてデジタル化して、クラウドにあげています。

最近ではサイフも持たずにiPhone8に入れたクレジットカードとSuicaで

移動や買い物、食事も全て済ませています。

 

この間、東京に行った時は、

コンビニでもらう小さなビニール袋に一着分の着替えを持参した

ほぼ手ぶら状態だったので、

ビジネス講演の会場にいたクライアントに

 

「え?黒坂さん荷物それだけ?ww」

 

とかなり笑われてしまいました。

でも、こうしたミニマリストになったことで、

余計な準備の時間や気を配ることをやめて、

ビジネス講演という、集中力を全開に持っていくべきタスクにフォーカスするようになりました。

 

「ああ、的確なセリフだw」

 

あなたの英語学習の集中スペースを見直せ

英語学習者のあなたは、

どんな環境でどんな勉強をしていますか?

 

もしも部屋にPCがおいてあって、

くまちゃんのぬいぐるみがおいてあって、

AKBのポスターが貼られていて、

写真のアルバムが置いてある、

 

というならいけませんね!

そういうウィルパワーを奪われまくる、

集中力を阻害するものがおいてある部屋は勉強に向きません!

 

▲集中できるデスクってのは、こういうのでいいのよw

 

最適化された勉強部屋にするためには、

机の上は英語学習に関係するものだけをおき、

あとのものはデジタル化して捨てるか、

自分の目に見えないところに収納して下さい。

 

飛行機の離陸は地上を離れて空に飛び立つ瞬間に、一番エネルギーを消耗します。

人間の集中力もそれと同じ。

集中し始める時が、一番ウィルパワーを消耗するのです。

 

集中し始めた時に、スマホの新着通知が目に入る、

ふと顔を上げた場所に思い出アルバムがおいてある、

 

こんな状態ではせっかくガッツリウィルパワーを使って

作り出した集中力が全部消えてしまいます。

で、また集中する時にウィルパワーをガッツリ消耗するのです。

 

ムダっすよね?w

 

ですので、勉強部屋は極限までクッソつまらない部屋にして下さいw

 

私も仕事部屋にはPCとベッド、それに椅子しかおいていません。

PS4とPSVRといったゲーム機は見えない押し入れにしまって、

目に入らないようにしています。

マジで自分の部屋飾りっ気なさすぎるので、遊びに来ても面白くないよw

 

英語学習の最強の敵はスマホと人間関係

で、前回の記事でもいったことですが、

 

ぶっちゃけ、あなたの英語学習

最強の敵はスマホと人間関係です。

 

これは間違いありません。

 

私が大学に入学した時は、

秒速で携帯電話と自宅のネット契約を解約しました。

 

いやね、クラスメートにはかなりけちょんけちょんに言われましたよw

 

「ウェーイww 大学生で携帯ないとかありえねーww(どうでもいいけど、この顔文字うざすぎるw)」

 

みたいな。

 

「黒ちゃんに会う時はどうしたらいいのん?w」

 

と言われたので、

 

「自分は常に図書館にいる。自分に会う時は3階の一番奥に来てくれw」

 

と言っていましたw

 

大学図書館の3階一番奥というのは、

入り口から遠いので他の学生が面倒くさがってあまり来ません。

まあ、自分からすれば、このスペースは

「ドラゴンボールの精神と時の部屋」って感じでしょうか。

 

で、携帯を持っていない自分はてっきりぼっちになるかと思いましたが、

みんなわざわざ図書館にいる自分に会いに来てくれましたよw

 

多くの学生は携帯を触るか、

PCルームでMIXIかFacebookで魂を奪われていましたね。

 

しかし、私は携帯とネットを捨てたことで

英語にフルコミットすることが出来たわけです。

 

毎日同じことの繰り返しが最強

私は図書館の3階、奥の座席に座り、

英文会計のテキストと不要な裏紙を取り出して、

ひたすら問題を解き、参考書を読む。

これを21時になるまでずっと続けていました。

 

毎日毎日、雨の日も風の日も…。

狂ったように毎朝開店前のパチンコ屋に並ぶ若者と同じように、

私も毎日、図書館が閉館するまで。

アホみたいに同じ行動を繰り返したことで、

 

「図書館で勉強をする」

 

という行動が習慣化されて無意識で行えるようになりました。

 

脳科学の見地から言えば、

これは最強の状態です。

 

なぜなら、意識的ではなく無意識に行う行動は

前頭葉ではなく、小脳で行えるようになるからです。

 

つまり、前頭葉のウィルパワーをムダに消耗せず、

その分勉強の集中に投下することが出来ていたのです。

当時は気づきませんでしたが、脳科学に照らして考えると

結果的に自分の身に起こっていたのはこのようなことでした。

 

行動が完全に習慣化され、集中力を破壊するスマホもネットもありませんので、

 

「今日は何をやろうかな? どのくらいやろうかな?」

「勉強しようと思ったけど、タコパ呼ばれたから行こうかなw どうしよw」

 

という、細かい意思決定が一切なし。

 

図書館に行くと、もう完全に無意識で

昨日と同じ行動を今日もする、という感じです。

 

あなたが英語学習をする時は前頭葉を使っていますか?

それとも細かいことを考えず、身体が勝手に動く小脳を使っていますか?

 

もしも完全に習慣化されていると言うなら、

あなたは正解です。

それは前頭葉を使わずに済んでいますから、余計なウィルパワーの消耗を抑えることが出来ています。

 

メンタリストDaigo「自分を操る超集中力」のススメ

今回、解説をさせてもらった集中力についてですが、

メンタリストDaigo「自分を操る超集中力」にすべて収録されています!

 

取り上げさせてもらった、

 

「ウィルパワーを節約して勉強や仕事に集中せよ」

「行動を習慣化できれば、前頭葉ではなく小脳で処理できる」

 

といった話はもちろん、

 

「ウィルパワーの総量の増やし方」

「ウィルパワーにキク食事法」

「あなたの集中力を高める、集中ルームを作れ」

 

といったような「集中力」に関する話がてんこ盛りです。

巷によくある、

 

「これを聴くだけで集中できる!」

 

みたいなクッソ怪しいクソ教材とは一線を画する、

「価値>価格」の本(オーディオブック)だなと感じました。

 

ぶっちゃけ、これだけの知識量、情報量を得ようと思うと、

脳科学、心理学などを本気で研究しなければ絶対に手が届きません。

それだけ質の高い情報が詰まっています。

 

しかし、それをメンタリストDaigoさんが

日常生活を送る上での勉強や仕事に置き換え、

分かりやすく解説してくれています。

さすがDaigoさんマジパネェっすw マジリスペクトw

 

これだけの内容が1,500円という価格で手に入るのは、

コスパ良すぎだし、Daigoさんに会いたくて会いたくて震えてきますw

マジで買ってよかったと思わされました。

 

私もこの本(自分はオーディオブック版)を見たことで、

 

「大事な仕事をする時は、スマホの電源を切ってウィルパワーの消耗を抑える」

「新しいことをする時はすばやく反復して、とにかく習慣化に務め、前頭葉の消耗を抑えて小脳で処理をする」

「3時のおやつに甘いものではなく、ナッツや種を食べて脳に栄養補給をする」

 

など、新たな行動につながっています。

 

>>>Amazonで書籍版を見てみる

>>>audiobook.jpでオーディオブック版を見てみる

 

ぜひ、購入して繰り返し聞きまくって

あなたの人生の中で「集中力は自分で創るもの。破壊されないように守るもの」

という考え方を持って、ガツガツ勉強や仕事をこなしていってください。

 

一度身につければ一生使えるスキルになります。

 

ちなみに、もうお気づきのことだと思いますが私はこのブログで紹介するものに

 

「小手先のテクニック」

「時間が経てば陳腐化するもの」

 

みたいなショボいものは一つもありません。

あなたにお伝えするものは、一生モノの宝になるものだけです。

 

今回の集中力の話はぜひ書籍かオーディオブックで購入して、

繰り返し学んでおきましょう!

 

■無料で不定期配信している「黒坂岳央の公式メールマガジン」。ためになる情報や、読者限定企画、イベントのご案内、非公開動画や音声も配信します。

黒坂岳央の英語講座、参加者募集中!

黒坂岳央の英語講座、参加者募集中!

「黒坂岳央の英語講座」の参加者募集中!

無料の動画講座をお楽しみ頂けます!

参加しなかった人は損をするって言っていいくらいのデキじゃねーかな?

知らんけどw

気になるならちらっと見てみればいいよw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です