「会計」という、英語との親和性が高いサイキョーのビジネススキル

「こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
■Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

先日、次のようなことをTwitterでつぶやきました。

プロフィールで語らせてもらった通り、

私は会計という分野で

ビジネスのキャリアを積んできました。

 

アメリカの大学で米国公認会計士の勉強をして帰国。

複数の会社を経て、一番最後に働いたコカ・コーラで国際経営企画の仕事に就いていました。

会計という分野はマジでおすすめですが、

私自身には適正がそれほどなかった分野です…。

 

でも、そんな適正がない人間でも

会計と英語を組み合わせたことで

かなりの高待遇を得ることが出来ました。

これは英語×会計という分野を組み合わせたことで得られる凄さです。

 

「調子こいた事を言っているけど、きっと炭酸水を飲みまくっていただけだおw やる夫にもできるおw」

 

「お前はまず、ハロワにいけな?」

 

なぜ私が必死に会計という分野をあなたにPRしたいのか?

会計という分野と英語はどんな関係があるのか?

気になるキャリアは?年収は?

仕事内容は?

 

そんな事を洗いざらい、誰にも遠慮することなくお話します!

思っていることをそのまま語る。その結果、クレームが来ても知らん。

とにかく本音でぶちまけるぜw

 

スキルの親和性、という死ぬほど重要な概念

「会計?ああレジ打ちみたいなもんだろw(はなほじー)」

 

とかつての私は会計を舐め腐っていましたw

 

きっと、この記事を読んでいる方の中にも、

 

「はぁ?会計なんてどーでもええわい。いつも通り英語の話しろやゴルァ!」

 

って思っている方もいるでしょう。

いや絶対にいると思う。

 

だけど、いつも英語の話ばかりしている私が

今回、熱く会計の話をするにはそれなりのわけがあります。

 

それは英語の勉強をされているあなたが

将来的に英語と組み合わせてこの「会計」というスキルで

キャリアアップを実現させる事が出来るからです。

つまり、「英語力を付けたあと」の1つの有力な選択肢として

じっくりねっとりと話を聞いてもらいたいのです。

 

スキル同士の親和性ってすげー重要なんですよね。

たとえば鍼治療のスキルと、

介護のケアマネージャースキルは親和性という点では悪いです。

鍼治療をしながら、介護で得たスキルを活用することは難しいですよね?

 

でも会計と英語は抜群の親和性があります。

 

英語と会計はそれぞれ個別スキルでも十分価値があるのですが、

組み合わせると足し算ではなくて掛け算的な強さを発揮します。

 

わかりやすく言えば、アンパンと牛乳です。

この2つの食べ物は死ぬほど親和性が高いので、

一緒に食べると個別で食べた時に比べて、

はるかにおいしく感じるってのと同じっす。

 

つまり、スキルはただ数多くつければいいってものじゃなくて、

それぞれ相乗効果のあるもの同士を取らないと、

相乗効果が出ないから意味がねーっつー話です。

 

でえじょうぶだ!

私も会計なんて昔は1ミクロンも興味がなかったですし、

あなたも会計ではない専門分野をお持ちかもしれません。

ですが、会計という分野に可能性を少しでも理解頂けると

 

「どーでもええわいw」

 

という気持ちが、

 

「お、おう。まあ良いかもしれんねw ドラえもん、勉強するから暗記パンはよだせやw」

 

くらいには変わるかもしれません(変わらなかったらサーセンw)。

 

会計とは世界共通のビジネス語の事である

まず、会計という分野は

ビジネスにおける世界共通語

ということです。

 

「売上100万、原価20万、経費10万、利益70万」

 

この話を聞いたあなたが

「うおw このビジネスは利益率たけーなww」

と理解できるのは、会計を用いたビジネス理解をするからです。

 

ビジネスは文化の違いはあれど、基本的に流れは同じです。

商品があって、経費をかけて売出し、差額を利益として受け取ります。

 

人を雇って牛さんを調理して、牛丼を売って稼ぐビジネスも、

人を雇って部品を組み立て、スマホとして販売するビジネスも基本的には同じ流れです。

 

会計とはこのビジネスの動きを数値化し、

それを世界中のビジネスマンに理解できる形式にしたものです。

 

もはやビジネスは世界中でつながっています。

イタリアやフランスがデザインしたものを、中国人が組み立て、

アメリカがマーケティングをして、日本が高性能化する。

世界中の投資家が会社に投資をする…。

こうした世界が一つになってビジネスを流していく過程で必要なのは

ビジネスを会計という統一ルールで数値化することです。

 

グーグルとトヨタの利益を世界中の投資家が比較できるのは、

同じルールで売上や経費を計算しているからです。

世界でビジネスをする、投資をする上で

会計の知識が必要となるわけです。

 

日本でも、アメリカでも、フランスでもPCを使ってインターネットにつなぎ、

Yahoo Japanで東京の天気を見ることが出来るのは

 

wwwという世界標準規格

を使っているからです。

 

異なる文化、異なるモデルのビジネスを「世界標準規格」

としてコミュニケーションツールにするのが会計なのです。

 

有利なビジネス、不利なビジネス

世の中にはいろんなビジネスがありますよね?

職業に貴賎なし、という言葉があって

どんな仕事も必要とされているし、価値があるものです。

ですので、私は職業に上も下もないと考えています。

それでもハッキリとここで事実を叩きつけておくならば、

 

「儲かる、有利なビジネス、そうでないビジネス」

は存在するという事です。

 

 

あなたにお尋ねします。

英語と日本語の教育ビジネスは

どちらが儲かると思いますか?

どちらが安定性があるでしょうか?

 

言うまでもありません。

圧倒的に英語です。

 

なぜなら、英語というスキルの市場規模が大きく、

また常に強い需要があるので抜群の安定性があるからです。

 

将来的に日本国民のほぼすべてが英語を使えるようになったら、

もはや英語の需要はなくなってしまいそうですが、すぐすぐそうなることは有りえません。

 

しかし、日本語の講師業は違います。

日本語は世界の中でものすごいマイナー言語であり、日本でしか通じません。

日本人の中でもトップビジネスマンは英語が使えます。

ですので、わざわざお金と時間をかけて日本語を学ぼうという人は、

相当に日本文化に魅了された外国人に限られ、

英語を学びたい人と比べて絶対数はものすごく少ないのです。

そのため、英語教育の産業と比べて、市場規模は小さく

世界の中で日本の存在感が小さくなると需要も小さくなるので不安定になります。

 

英語、日本語教育ビジネスを比較すると、

 

ビジネスを立ち上げる前から答えは出ています。

 

仮にあなたが世界一、日本語ビジネスが上手で講師としても一流であっても

はじめから市場規模や安定性の面でかなり不利になるので、

どうやっても英語教育ビジネスと比べて苦戦を強いられてしまいます。

 

さて、じゃあ会計はどうでしょうか?

 

答えを言えば、会計の市場規模や

安定性はまさに抜群です。

 

会計は税務、連結決算、財務分析、会計監査、コンサルティング、経営企画など分野が多岐にわたり、

世の中すべての企業で会計の業務は存在しますから

会計人としての需要はグローバル規模です。

実際、私は何度も海外の企業からの転職オファーを頂いた経験からもそう言えます。

 

日本で会計の知識と経験を積めば、

あとは英語ができれば世界を舞台に活躍することが出来ます。

食いっぱぐれる事は決してない、

会計という分野は抜群の安定性と

専門職としてスキルの深さもあるのです。

 

ビジネス3種の神器とは?

これからの超グローバルの時代において、

すべてのビジネスマンに持っていてもらいたい3種の神器があります。

それは

 

英語・IT・会計

 

です。

 

なぜ3種の神器かというと、世界中どんな会社に行っても

このスキルで自分の市場価値を大きく高めることができます。

そしてこの3つのスキルにはある共通点があります。

それは何か分かりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全世界で使える。

 

ということです。

 

英語、これは言わずもがなですよね。

世界中どこへいってもインテリ層や観光地では英語が通じます。

 

会計、上述した通り世界中すべての企業、

すべてのビジネスの業績、ビジネス行動などを正確に把握し、

共通のコミュニケーション言語です。

 

最後にIT、言うまでもないですね?

世界どこへ行ってもWindows、Word、Excelといったソフトウェアを使いこなし、

システムやデータベースという概念を理解しておくことで

効率的なビジネス運営を実現できます。

 

英語とITはしっくり来ると思うのですが、

私は世界共通のビジネスコミュニケーション言語という位置づけで

会計も「ビジネスの3種の神器」の1つに加えてもらいたいと思います。

 

「英語×会計」で1,000分の1の人材になる

世界のどこへいっても常に需要があり、

専門性も高い会計という分野に英語力を加えると

100人に1人、いえ1,000人に

1人の人材になることが可能です。

 

2018年のTOEIC受験者数は約266万人(国際ビジネスコミュニケーション協会調べ)で

TOEIC900点以上の英語上級者は3.6%、つまり約9万5千人。

そして会計の専門分野を持っている人、1つの指標として

簿記1級検定の合格者は受験者の9.0%である9,852人(150回 2018年11月18日)です。

 

TOEIC900点は3.6%

簿記1級は9.0%

両方取れるのは、0.32%という計算になります。

 

1000人いたらわずか3.2名しかいない割合です。

※今回の計算はあくまで目安です。世の中には資格を持たずして英語や会計の上級者はいますので…。

 

労働市場で数少ない人材になることができれば、

高収入、ポジションの安定性が約束されます。

そしてその需要はとてつもなく大きいので、

どんなに不況になり、首を切られても行き先はいくらでもあるのです。

 

私は外資系企業で転職活動をしていた時に、このことを強く実感しました。

大手監査法人や大手税理士法人、

コンサルティングファームに応募したこともありますが、

こうした企業は高収入、高待遇なのでとても人気です。

会計のプロフェッショナルとして応募する場合は、かなりの狭き門となります。

しかし、会計と英語という組み合わせになると

そもそも応募できる供給数がかなり限られているので、一気に入りやすくなります。

 

私は

 

移転価格税制コンサルタント

国際税務

海外へのレポーティング

デューデリジェンス

 

といった案件を扱うポジションへの応募をしたことがあり、

この中には内定を得ることが出来たものもあります

(全部最終面接まで突破したわけじゃなくて、当然選考途中で落ちたのもあるぞw)。

入社時には会計知識に加えて、ビジネスコミュニケーションができる英語力が問われました。

しかし、会計の知識や経験が抜群にあっても、

そうしたレアスキルを2つ組み合わせて持っている人材は希少です。

 

そのため、私は会計の知識と経験は一流とはいかない段階だったのに、

このような案件へ応募させてもらい、中には内定を得ることが出来たのです。

それはひとえに、会計という分野の市場規模と専門性、

そして何より英語というスキルとの親和性がとてつもなく高いことから来ています。

 

それでは次回の記事で、

具体的にどうやって「英語×会計」というキャリアを獲得するのか?

必要な資格は?ということについてお伝えしたいと思います!

楽しみにしておいてくださいね!

US.CPAという世界資格を取れば一生食いっぱぐれる事はねーぜって話

2019年5月24日

■無料で不定期配信している「黒坂岳央の公式メールマガジン」。ためになる情報や、読者限定企画、イベントのご案内、非公開動画や音声も配信します。

黒坂岳央の英語講座、参加者募集中!

黒坂岳央の英語講座、参加者募集中!

「黒坂岳央の英語講座」の参加者募集中!

無料の動画講座をお楽しみ頂けます!

参加しなかった人は損をするって言っていいくらいのデキじゃねーかな?

知らんけどw

気になるならちらっと見てみればいいよw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です