オピニオン

「クリスマスや年末年始だから」と浮かれると損をする理由

こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
※Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

昨日はクリスマスでしたね。私はクリスマスを意識せず、いつもどおり過ごしていたのですが車でケーキ屋の前を通りかかったら、駐車場に入り切らないほど車で溢れていたのを見て、「ああ、今日はクリスマスだったな」と思い出すことになりました。

以前にも何度かいったことですが、クリスマスや年末年始は逆張りしなければ損をすることになります。

 

商品・サービスが低下するクリスマス時期

ご存知の方も多いと思うのですが、クリスマスケーキは通常のケーキよりかなり品質が落ちると言われています。

絶対にオーダーを切らすわけにはいかないので、事前に大量生産をします。生ケーキは日持ちしないのが普通ですが、事前に仕込む必要があるわけで大量に冷凍保存している業者もあります。メーカーによっては9月ころから作り始めるところもあります。上に乗っている、間に挟まっているいちごやメロンも古い素材が使われているものもあるのです。

また、レストランも繁盛しますから待ち時間も長く、普段働くベテランではない素人も大量採用があり、サービスの品質も落ちてしまいます。食材も事前に大量仕入れをしているものが使われているなら、鮮度も落ちるでしょう。

クリスマスは商品もサービスも、繁忙期であるがゆえに行き届かない要素があります。ですので、クリスマス時期はあえて、利用を見送るという選択肢を持っておくことは重要だと考えます。

 

少し時期をずらすとお得

クリスマスに限らず、年末年始でも少し時期をずらせば大いに得をする話はたくさんあります。

例えばクリスマス後から、年末までのわずかな期間は客足が遠のきますから、セールがあります。ケーキは遠慮したいですが、焼き菓子など本来日持ちのするものが売れ残っていたら安く買うチャンスになるわけです。また、百貨店やモールなども人が減るので、快適に買い物をすることができます。年末年始も、その後に航空券を取れば、利用者が少ないのでかなり安く買うことが出来るのです。

少し時期をずらすだけで、利用者側は得をしますし、商品・サービスを提供する店舗側も忙しさが分散されてありがたいのです。時期の変更で大きな得になるのですから、利用しない手はありません。

 

情報発信もクリスマスや年末年始こそやるべき

ブログやYouTubeなどによる情報発信も、クリスマスや年末年始など世間が浮かれているときにこそやるべきです。

外出先の待ち時間や、家でゆっくり過ごしたいという人はいますから、そうした人に記事をじっくり読んでもらえます。また、ライバルの数も減りますからアクセスを取りやすくなります。また、時期的なキーワード(クリスマスや年末年始)を入れることで、さらに読まれやすくなります。情報発信者にとってもまさにボーナスタイムとなるので、一緒に浮かれて遊んでしまってはあまりにももったいないと思います。

 

今年受け取った嬉しいクリスマスプレゼント

私は今年、とても嬉しいクリスマスプレゼントを受け取りました。

奥さんや子供とクリスマスを過ごすのですが、今年はそれだけではありません。BinanceのCEO、CZ氏が次のようなツイートをして大きな話題になっています。

正式にXRPを基軸通貨の一つとして取り扱い、XRPマーケットの公開、複数のXRP取引ペアを公開しますと正式にリリースしました。この発表も好材料となり、XRPは50円をつけました。先日、32円で大きく追加投資をしたばかりでしたので、156%アップです。この記事を書いている現在はすでに45円まで下がりましたが、とても嬉しいクリスマスプレゼントとなりました。また、DLTも0.00001228BTCまで一瞬高騰したときに利確できました。

BinanceからXRPとDLTの嬉しいクリスマスプレゼントを頂きました。受け取ったプレゼントは、クリスマス、年末年始を外したタイミングで外食にでも当てさせてもらいたいと思っています(笑)。

■無料で不定期配信している「黒坂岳央の公式メールマガジン」。ためになる情報や、読者限定企画、イベントのご案内、非公開動画や音声も配信します。

黒坂 岳央

高級フルーツギフトショップ経営、雑誌・テレビのビジネスジャーナリスト、作家、講演家、投資家と幅広く活動。 元・高卒ニート&フリーターだが、米国大学留学を経て外資系勤務後に起業。 メルマガも書いてます→https://takeokurosaka.com/mailmagazine/

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to top button
Close