オピニオン

「国語」という教科の真の勉強法とは?

こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
過去記事に少し書かせてもらったのですが、現役東大生・西岡 壱誠さんが書いた「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく「東大読書」が面白いなと思っています。

これまで色んな記事に書かせて頂いてきたのですが、私は義務教育がまったくのダメダメでした。「勉強したけどサッパリ…」というより、「そもそも中学、高校はほとんど行かなかった」という感じです。授業自体受けていませんでしたから、久しぶりに学校に行って「二次関数?因数分解?なにそれ??」という感じでしたね(笑)。

ですが、今は国語を使った仕事をしています。本を出版をしたり、雑誌やネッチメディアで記事を書いたりしています。義務教育をほとんどカットしたことで、お恥ずかしながら未だに理科や数学はダメダメです。しかし、国語だけはどうにかなんとかなっています。その理由は「読書感想文」にあると思っています。

 

国語は勉強しようがない教科?

お恥ずかしながら不登校でしたので、周囲の「受験」というワードから遠ざかっていた義務教育時代を過ごしてきました。そんな私ですが、ある優等生の言葉が妙に耳に残っています。親戚に優秀な人がいます。親は旧帝大の工学博士、そしてその人は関西で公立高校ナンバーワンの進学校に進み、父親と同じい大学でやはり博士号を取得して研究者をしています。

私は落ちこぼれでしたが優等生の彼とは非常に仲良くしていたので、時々受験の話を聞いていました。彼はこういうのです。「国語は成績を上げるのが一番難しい科目だ。漢字・古文・漢文だけはなんとかなるが、そもそも読解力などは生まれつきのもので鍛えようがない。だから俺は他の英語や理数といった科目で受験を突破するよ」と。彼は進学校を卒業し、初年度の受験は失敗したので、一年間予備校に通い一浪を経て見事に合格しました。ですが、一年目も二年目もとうとう国語の成績を上げることはできなかったと言っていました。これを聞いた私はものすごく心の中に、「国語は生まれつきの才能で勝負。成績を上げることは不可能なのだ」という思いがかなり長い間残り続けました(後ほど誤りであることを理解しましたが)。

彼と同じように思っている人もいるのではないでしょうか?

 

文才は遺伝が80%?

彼のいうように、国語力は生まれつきの才能で決まってしまうのでしょうか?その疑問の解につながるかもしれないものがあります。週刊現代の2013年5月4日号に興味深いデータが掲載されています。ネットで広く出回ったことでご覧になった方も多いかもしれません。下記の一覧によると、国語力の80%程度が「遺伝」となるようです。

確かに遺伝である要素はあると思います。文章を論理的に組み立てる能力、巧みな表現力、読んだ人を魅了する文章は努力すれば誰でも書けるようになるでしょうか?「努力すれば誰でも芥川賞を取れる」とは言えるでしょうか?その答えは残念ながらNoでしょう。才能の8割と高い割合を占める要素なのだとしたら、優等生の彼が高校生の頃に言った、「国語は才能。勉強のしようがない」という答えは極めて正しい事になってしまいます。

 

国語力は読書感想文を書くことで伸ばすことが出来る

しかし、プロのジャーナリストとして文章を書くことを仕事にするようになった私は、「国語能力は遺伝的な要素があるが、誰でも上達することは可能」と信じています。

「国語は才能」確かにその要素はあるでしょう。これを聞いてガッカリした人もいるかもしれませんね。しかし、逆に才能の要素がまったく入り込まない分野など、世の中に一つでもあるでしょうか?数学や理科などのお勉強はもちろん、ITや運転、写真撮影、漫画、タイピング、いかなる分野においても才能による差が生まれないものなど一つもないと思います。問題は「才能に左右される、されない」で一喜一憂することではなく、努力でどこまで伸ばすことが出来るか?という部分ではないでしょうか?

そういう意味では、私やあなたに芥川賞を取るような小説を書くことはできなくても、誰が見ても誤読のしようがない、わかりやすく、読みやすい文章を書くことは可能です。そしてそうした能力こそがビジネスで求められる国語力であり、またこうした能力を読書感想文を書く訓練によって伸ばすことが出来ると思うわけです。

私は自身の国語力の高まりを、文章をたくさん読んだことではなく、たくさん書いた事により実感しました。文章をただたくさん読むだけでも確かに読解力などは伸びるでしょう。しかし、漫然と読むだけで自分もその筆者と同じだけの国語力が備わるというものではないと考えます。受動的な姿勢で得られるものには限界があるのです。そうではなく、文章に対して自分の意見を書いたり、問題提起をするなど「アウトプット」をする段階で国語力と言うものはものすごく伸びると考えています。そしてそれは平たく言えば、「読書感想文を書きなさい」ということなのです。

私も日々、読書感想文を書き続けています。先日も超独学法ホリエモン流・英語の多動力の本を買い、読んだ後に記事を書いたのですが、それ以外にもネットの記事を読み、内容を引用しつつ「自分はこの問題についてこのようなオピニオンを持っている」「問題の本質は別にある」など”読書感想文”を書いているわけです。そしてこの読書感想文を書き続けたことで、飛躍的に自身の国語力が伸びているのを感じました。同じことをあなたもすれば同じ結果が得られるでしょう。

 

アウトプットは最高のインプット

アウトプットは最高のインプットです。いつまでも机に向かって、参考書を読むというのではなく実際に問題を解く方が力が付くように、文章も同じです。

投資の世界でも、ネットマーケティングの世界でも先生から教わったことをいつまでもお勉強をしている人が必ず一定数います。投資セミナーを受けたり、本を買ってもいつまでも勉強をしていて、投資を実践しない。ネットマーケティングのノウハウをコンサルに教わったのに、教材を読んでばかりで実践しない。これではまったく能力がつきません。

私は教わったことが7割、時には6割理解できたらさっさと実践するようにしています。取扱説明書の類もここ数年まともに見たことがないですね。会社で使っている会計システム、スマホ、ゲーム機、PC、タブレット、あらゆるものについての取扱説明書はほとんどみませんね。とにかくいじくり倒して使って覚える、という感じです。ブログや記事を書き始めたのも自己流です。ブログ塾に通ったり、書き方の講座を受講したことはありません。自分の書いたものを編集者に出して、添削を受け、また修正することをずっと繰り返してきました。それで出版もできています。そんなものなのです。とにかく書きまくって改善を続けるだけでいいのです。

アウトプットは最高のインプットです。国語も同じ。いつまでも教科書や作者の気持ちを読み取ることに骨を折るのをやめて、とにかく読んですぐに感想文を書くことを繰り返すほうが、圧倒的に国語力を付けることが出来ると思います。

 

 

torokuword1

黒坂岳央の公式メルマガ、毎週土曜日配信中!
迷惑メールや詐欺商材をセールスする代わりに、有益な情報を無料でお渡しております。時々、メルマガ会員だけの動画や音声コンテンツをこっそり渡したり、内緒でセミナーなどのイベントのお誘いをしています。※下記にメールアドレスを入力後、ボタンを押すとメルマガ登録できます。※不要なら3秒、なんなら1.5秒で退会出来て、その後は二度と送りません。どうぞお気軽に登録してみて下さいね…。


 

黒坂 岳央

高級フルーツギフトショップ経営、雑誌・テレビのビジネスジャーナリスト、作家、講演家、投資家と幅広く活動。 元・高卒ニート&フリーターだが、米国大学留学を経て外資系勤務後に起業。 メルマガも書いてます→https://takeokurosaka.com/mailmagazine/

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to top button
Close