健康

「野菜を350g食べている人は5%」にうろたえる必要はない

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
「毎日野菜を食べましょう!」と野菜の摂取を勧められるこのセリフはあなたも必ず一度は耳にしたことがあると思います。私も年齢とともに健康への意識が高まり、最近では一日350gを大きく上回る量の野菜をモリモリ食べています。

さて、そんな健康イメージのある野菜ですが、現代人、特に若い年代で不足が深刻であるというデータが発表されました。カゴメ社が20~59歳の男女410人に対して行ったアンケート調査によりますと、野菜を一日350g以上食べている人はたったの5%というものです。これを聞くとどう感じるでしょうか?「うわー!いよいよ健康問題が深刻化するぞ!?」とそのように思われるでしょうか?

しかし、「野菜をたくさん食べないといけないのに、食べられていない…」と罪悪感を抱くのはちょっと待って下さい!健康になるには野菜である必然性が本当にあるのか?本当にそんな分量を取らなければいけないのか?ということを冷静に考える必要があります。人体はブラックボックス、栄養をテーマにデータを取り上げて私があれこれ語っても「それってまだ証明されてないでしょ」と泥沼議論になるのは目に見えています。

 

野菜にしか含まれていない栄養はない

「野菜は低カロリーだからたくさん食べても太らない!」
「ビタミンやミネラルが豊富」

野菜をとりまく意見というのはこうしたものがあります。「野菜信仰」とでもいうべきでしょうか?とにかく野菜野菜!という感じで語られているのをよく見ます。しかし、究極的にいえば、絶対に野菜でなければいけない必然性ってどこにもないと思うんですよね。低カロリーというなら、鳥のささ身も低カロリーですし、ビタミンやミネラルは果物や肉などにも含まれています。「この栄養素は野菜にしかない」というものはあるのでしょうか?その答えはNo。何が何でも野菜を食べなければ、この必須栄養素が取れない、というなら話は別ですが野菜にしか含まれていない栄養がない以上、他の食材でそれを摂取しても問題はないわけです。

 

栄養素が下がっている今の野菜

まず、理解しておかなければいけないのは「現代の野菜はもはや昔の野菜とは違う」という事実です。味も栄養も色もどんどん薄くなる食卓の野菜たちという過去記事でも書きましたが、今の野菜は色も栄養素も昔に比べて薄くなっているというデータがあります。例えばほうれん草を見てみましょう。

ほうれん草 100gあたりの栄養量

ビタミンC 鉄 分 カルシウム
1950年 150 13.0 98
1982年 65 3.7 55
2000年 35 2.0 49
2017年 ???

※数字はmg(ミリグラム)

この50年間でビタミンCは23%に、鉄分は15%に、カルシウムは50%になってしまいました。「自分は野菜を食べているからヘーキヘーキ」と野菜を過信しても、その食べている野菜は考えているほど栄養豊富な食材でない可能性もあります。

「ただし、旬の野菜はそれほど栄養素が落ちていない」との主張もあるので必要以上に肩を落とす必要はありません。ですが、「時期とものによっては、野菜は栄養素が思っているほどないものもある」という冷静な事実を理解しておくことは重要です。

 

都会で野菜を食べるのは贅沢?

東京に住んで食事代をケチると真っ先に不足するのが「野菜・果物」です。どうしてもタンパク質や炭水化物に比べると、カロリー辺りの単価は高くなりますし、外食などではそもそも野菜をモリモリ食べられるお店が多くないという事実が立ちはだかります。

一日350gの野菜を食べましょう!という健康目標が悪いのではありませんが、350gというのはなかなかの分量です。次の写真を見てください。この分量の野菜を毎日食べるというのは、かなりのハードルです。これだけの分量の野菜を買い、そして調理して毎日食べるという手間の問題と経済的な問題が同時に立ちはだかります。言わずもがな、都会人ほど仕事や共働き率が高く、野菜も高いですから野菜摂取量も田舎に比べて低いことは簡単に想像できます。

都会で毎日たくさんの野菜を食べる、というのは経済的、時間的余裕が必要な贅沢な行為といっていいでしょう。

画像引用元:フードモデルドットコム

しかし、だからといって「都会人=野菜を食べないから短命」とはいえません。厚生労働省が平成22年に発表した都道府県別にみた平均余命によると、意外な結果が見えてきます。日本の首都、東京都の男女の平均寿命は全国平均を上回っているというデータです。

男性79.82歳(全国平均79.59歳)
女性86.39歳(全国平均86.35歳)

こうなると必ずしも「野菜の摂取量=健康・寿命」という公式ではなくなってきました。

 

それでも野菜は食べたほうがいい

ここまでさんざん「野菜を過信するな」「他の食材でも栄養は得られる」といってきた私ですが、それでも野菜はできるだけ毎日たくさん食べたほうがいいと思います。

野菜は他の食材に比べると、次のようなメリットがあります。

・gあたりのビタミンやミネラル、食物繊維が豊富
・加熱することでかさを減らしてたくさん食べられる
・アクを取り除いて食べれば害になる要素が少ない

というものです。その他の食材は考えなしに食べると栄養が偏ったり、脂肪を取りすぎてしまいがちです。そのため、野菜や果物なしで栄養豊富な食生活を実現するとなると、かなり栄養計算をしなければいけません。しかし、野菜はとてもシンプル。とりあえず「野菜」カテゴリにあるものなら、旬のものを選んでまんべんなく食べればそれだけで幅広い栄養摂取が出来ます。また、加熱して味付けをして冷凍しておけば、栄養豊富な非常食になります。

野菜を過信する必要はありませんし、350gに囚われすぎるのも考えものですが、うまく活用することで健康効果を得られるので賢く付き合いたいものです。

黒坂 岳央

高級フルーツギフトショップ経営、雑誌・テレビのビジネスジャーナリスト、作家、講演家、投資家と幅広く活動。 元・高卒ニート&フリーターだが、米国大学留学を経て外資系勤務後に起業。 メルマガも書いてます→https://takeokurosaka.com/mailmagazine/

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to top button
Close