マネー・稼ぐ

なぜ「ネットビジネスは怪しい」と言われるのか?

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
「ネットビジネスは怪しい」そんなことを思っていないでしょうか?私も昔はそのように思っていました。

「アフィリエイトは詐欺!」
「ネット広告事業ってかっこよくいっても、誤クリック狙いとかでしょ?」
「コピーライティングとかって、人の心を操ってものを買わせようとしている!」

これ全部私が考えていたことです、昔ね。でも今は次のように考えています。

「正しくはネットビジネスは健全にしている人、詐欺をやっている人が混在する世界」

と。解説してみたいと思います。ネットビジネスと一口にいっても色々ありますから、今回は「ネットビジネス=アフィリエイト」ということを前提にお話をしたいと思います。

 

悪いことをやる人のせいでイメージが悪いネットビジネス

その業界のイメージって、一部の人によって作られていると思いませんか?

例えば新宿の歌舞伎町界隈の居酒屋ってどう思いますか?私は何度も飲みに行ったことがありますが、なんか警戒してしまうんですよね。「このお店もあのお店も全部全部詐欺じゃんじゃないの?」と。ロボットレストラン周辺を歩いていると、「キャッチは全部詐欺です」とスピーカーから流れていて驚かれます。でも言うまでもないですが歌舞伎町の飲み屋が全部ボッタクリなワケがないんですよね。一部のお店はボッタクリをやっているかもしれませんが、ほとんどのお店は健全に商売をされています。私は結婚式をヒルトン東京で挙げ、二次会は歌舞伎町の飲み屋でやりましたが、店長さんもスタッフもめちゃめちゃいい人でした。

もちろんその逆もあります。名前は出せませんが、私の知っている業者に「真面目に健全にお客様のために頑張ります!」みたいにいっているフルーツビジネス業者さんがいます。サイトを見ると、とっても真面目にやっているように見えるのですが…産地偽装まがいのことをやっています。海外産フルーツを国産と偽って売っていることなども…でも「もしかしたら」と思って買う消費者さんはいないと思うんですよ。なぜかってフルーツってだけでなんか純朴で真面目で誠実なイメージがありますから(もちろん大部分の業者は真っ当にやっています。私を含めて(笑)。

ネットビジネスもそうなんですよ。例えばアフィリエイトなんかも真面目にやっている人がほとんどなのですが、一部の人は多くの人に迷惑をかけても「自分さえ儲かればいい」という態度でやっています。スパム行為もそうですし、まったく役に立たない情報商材を詰め込んで「稼げる情報を売ります」みたいに言っているやつとか。極めつけはフェラーリとか、六本木の高級マンションでパーティーやって、シャンパンとかガンガン注いで浮かれさせ、高額な稼げるビジネス塾に入らせてコンサル料を巻き上げる…なんてことをやっている人間も知っています。

ハッキリいって健全にやっている人は大変迷惑なのですが、一部の人のせいで業界全体が怪しいとか詐欺っぽいと思われてしまうんですよね。

 

何をやっているのか分かりづらい

それからもう一つ理由があります。それは一般の人から見てたらネットビジネスってよく分からないんですよ。

私がやっているフルーツビジネスは物販です。ネットショップからフルーツを注文すると郵送で送られてくる、ものすごくシンプルで分かりやすい商売です。多分、肥後庵を怪しいと思う人はあまりいないと思います。なぜかって分かりやすいからです。

でもアフィリエイト、ってほとんどの人は正しく理解できていません。

「楽して稼げるっていって本当は詐欺でしょ?」
「とりあえず与沢翼さんの一味ってイメージ」

こんな感じでしょうか。ネットが世の中に浸透していっても、一般の人にとってアフィリエイトってハッキリわかりにくいんですよね。ここではあえて詳しく解説はしませんが、要するに他社の商品を紹介して報酬を得るビジネスのことです。本当は単純でシンプルなのですが、前述したスパム行為などの悪さをする人のせいで、「胡散臭い」「怪しい」というイメージで塗り固められています。本当に残念なことです。

 

アフィリエイトは非常に可能性のあるビジネスである

しかし、アフィリエイトは非常に可能性のあるビジネスで、市場規模はどんどん拡大しています。これまでは個人で年収1000万、いやすごい人だと1億とかいますが、企業の参入はありませんでした。しかし、状況は変わりつつあります。いまや有名企業が本気でアフィリエイト事業をしています。売っているものは化粧品など利益率が高い商材が多く、企業の信用などがあって個人でアフィリエイトに取り組んできた人たち、これから挑戦したいと思っている人たちにはなかなか厳しい風が吹いています。

それでもアフィリエイターに高額な報酬を支払って商売をしても利益が出るのですから、これまでマスメディアに投じていた広告宣伝費の行き先はアフィリエイトに向かっていくわけです。お金が集まっているところには、ビジネスチャンスがあります。特に日本は人口減少や、経済停滞などネガティブなニュースが流れる中、拡大している市場があるというのは明るい話であるはずです。

まとめるとネットビジネスが怪しまれるのは、一般の人にとって理解しづらいものであること。それから一部の悪い奴らが目立つからイメージが悪いということが原因です。完全なる誤解ですので、一言言っておきたくて書いてみました。

 

 

torokuword1

黒坂岳央の公式メルマガ、毎週土曜日配信中!
迷惑メールや詐欺商材をセールスする代わりに、有益な情報を無料でお渡しております。時々、メルマガ会員だけの動画や音声コンテンツをこっそり渡したり、内緒でセミナーなどのイベントのお誘いをしています。※下記にメールアドレスを入力後、ボタンを押すとメルマガ登録できます。※不要なら3秒、なんなら1.5秒で退会出来て、その後は二度と送りません。どうぞお気軽に登録してみて下さいね…。


 

黒坂 岳央

高級フルーツギフトショップ経営、雑誌・テレビのビジネスジャーナリスト、作家、講演家、投資家と幅広く活動。 元・高卒ニート&フリーターだが、米国大学留学を経て外資系勤務後に起業。 メルマガも書いてます→https://takeokurosaka.com/mailmagazine/

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to top button
Close