オピニオン

世の中にある「知識の階層」を上がるために必要なのは「知識と行動」

こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
※Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

▲写真は筆者近影。筋トレ続けています。

私はネットメディアや雑誌に記事を寄稿しています。そのことを知った人から「記事を書くなんて効率悪くないですか?報酬も安いし」と言われたことがありました。その方は主婦をされており、自身で「商品レビュー記事」を寄稿したことがあるようです。1本500円、1000円ということでした。

世の中には「知識の階層」があり、その特徴としては「上から下は見えるけど、下から上は見えない」というものがあります(人間のレベルを言っているわけではないので、念の為)。知識の階層に照らしてみれば、その主婦の方は「自分の経験の範囲」からしか、その世界が見えないということになり、そこから考えると「記事の寄稿なんて稼げないし、ビジネスメリットがないのでは?」と思ってしまったようです。

 

記事の寄稿にも階層がある

メディア会社に記事を寄稿する世界にも階層があります。明確な定義があるわけではないのですが、ざっくり下記のように分類できるのではないでしょうか。

 

レベル1.商品レビュー記事(単価500-1000円)

レベル2.ビジネス記事、ニュース記事(単価3000円-1万円)

レベル3.専門誌の記事(単価3万円-5万円)

 

レベル1の商品レビュー記事は、体験談などの寄稿です。単価は500円、1000円が多いので、編集者とのやり取りをする時間も考慮すると、下手をするとコンビニバイトの時給ほども稼げません。上述した主婦の方はこのレベル1をやっていたので、「割に合わない」と感じたようです。寄稿することから得られるメリットとしては、記事報酬しかありませんから、ビジネスとして見たときには効率が良くないと感じるのも無理はないと思います。

レベル2からは寄稿の意味合いが1と全く異なります。単価は少なくとも3000円、メディアによっては1万円というのもありますから、報酬としても悪くはありません。また、得られるメリットとしても、記事報酬に留まらず「ブランディング」としての価値もあります。私が日々、メディアに記事を寄稿している目的もこの点にこそあります。筆者はこのレベル2の寄稿を続けたことで、TV・ラジオ出演、出版、講演依頼、自社ビジネスの売上アップなど、様々な副産物につながったので実体験ベースでも挑戦する価値が大いにあると感じます

そしてレベル3は報酬も良い上に、権威が備わります。筆者はとあるビジネス誌の記事を40分ほどで仕上げて提出したのでとても割の良い仕事だと感じたことがあります。過去の実績として、そのビジネス誌に掲載されたことで他の4社ほどのメディアからインタビューが入り、取材報酬や他メディア掲載のブランディング効果も得ることができたのです。

このように階層ごとに得られる効用が全く異なります。レベル1から2や3は見えませんから、1だけをやって「この仕事は割に合わない」と判断してしまうのは本質を見誤ってしまう可能性があるように思えます。

 

知識の階層をよじ登るのに必要なのは「勉強」と「行動」

あらゆる取り組みをする上では、知識の階層を理解し、

目指すゴールが自分の求める領域なのか?
その領域にたどり着けるかどうかの実現可能性はあるのか?

ということを考慮する必要があります。そのために必要な要素は2つあります。1つ目は「勉強」、そしてもう1つは「行動」です。

「今後、グローバル化で英語が必要になるから勉強しよう」と漠然とした気持ちだけで英会話スクールの門戸を叩く場合と、「まずはキャリアアップとして身につけ、その後は英語力と専門性を売ることで単価を高め、最後に教育ビジネスを手がけよう」と全体を俯瞰できれば、取り組みの際の意気込みも、戦略も変わってくるでしょう。何をするにも「知識」は力になりますので、勉強をすることは絶対的に必要です。

そしてその学んだことを実現するためには「行動」が必要です。前述のライターの仕事であれば、まずはレベル1で腕を磨いて、2、そして3へと一歩ずつ歩み続ける…。そのために必要なのは「とにかく書くこと」ではないでしょうか。実践訓練を積み上げることで、実績と実力が備わりますから、気がつけば2や3の領域にふさわしい状況へと変わるのです。筆者も2016年に人生で初めてブログを書いたのですが、その時の記事を今見ると目も当てられないほどひどいもので、その時代にメディア寄稿の門戸を叩いても誰にも相手をされることはなかったことは明白です。勉強と行動を重ねたからこそ、今があると感じます。

今回は英語やライターを事例にあげましたが、世の中のあらゆるものについて同じことが言えます。まず勉強、そして行動をすることでまだ見ぬ知識の階層を駆け上がることができるのです。

黒坂 岳央

高級フルーツギフトショップ経営、雑誌・テレビのビジネスジャーナリスト、作家、講演家、投資家と幅広く活動。 元・高卒ニート&フリーターだが、米国大学留学を経て外資系勤務後に起業。 メルマガも書いてます→https://takeokurosaka.com/mailmagazine/

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to top button
Close