オピニオン

知らず知らずのうちに自分自身を不幸にする人たち

こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
子供を連れて阿蘇ミルク牧場へ遊びに行ってきました(写真はその時に写したもの)。日々、すくすくと成長しています。

さて、ブログを書いて情報発信をするようになって、色々とコメントや問い合わせを頂くようになりました。私に相談をしてくれる人がいて、それはとてもうれしく感じるのです。

しかし、時々見かけるのは「自分で自分を不幸にする達人」たちです。ネットだけでなく、これまでの人生でもたまにそうした人に会うことがありました。

「自分は不幸だ」と考えるクセのある人は、残念ながら一生幸せになることは出来ません。今回はそんなお話をしたいと思います。

 

お金持ち、成功者はみんな幸せの達人

私がビジネスで取引をしたり、プライベートでお世話になっている人の中には高収入や、お金持ちの人がいます(俺すごい知り合いがいるんだぜ、という稚拙な自慢をしたいのではありません)。連絡を取り合う年収1億円を超える人、5人に共通する点は何かを考えてみました。彼らに共通するポイント、それは「全員自分を幸せにする達人」ということです。

5人共猛烈にビジネスをしている人たちで、会社をいくつも経営し、山ほど本を書き、頻繁に講演をこなす彼らは人一倍行動をして、ビジネスに取り組んでいますからそれはもう山ほど失敗を重ね、困難にぶつかっています。周囲から見ている私は「よくこのような危機に瀕しても、余裕を保ち、笑顔で楽しそうにしているな」と驚かされるほどです。

そして彼らと話をしていて面白いと思うのは、なんでも面白く、肯定的に受け取ることです。ネットで悪口を書かれているのを見ると、「アンチって実は熱烈なファンなんだぜ?」と笑ってみせたり、問題が発生すると、「お!はぐれメタルが出たからレベルアップしそう!」と楽しそうにしているのです。どれだけ他人が頑張って彼らを不幸にしようと思っても、なんでも楽しく受け取ってしまうのでそれは不可能だと思ってしまいます。昔は苦しい局面があっても、「自己紹介の時のネタに使えるから運がいい」と言ってしまうのです。

彼らは幸せの達人、すべてをポジティブに捉える成功体質、成功マインドの持ち主です。

 

何が起こっても不幸に捉える人たち

その反面、何が起こってもすべてを不幸に捉える人たちもいます。

「自分は在日朝鮮人で差別を受けてきた」
「シングルマザーで貧しくて大学にいけなかった」
「生まれつき頭が悪くて友達もいなかった」

ととにかくものすごい不幸感度の高いアンテナを持っているのです。在日朝鮮人という差別を受けてきた孫正義さんは、逆境を跳ね除けて日本一のお金持ち、実業家をやっています。また、シングルマザーで公立高校出身の東大卒は知る限り3人います。頭が悪いと嘆く人は、医療機関で知能テストを受けて事実を確かめたのでしょうか?

同じことが起こっても幸運に捉える人、不幸に捉える人がいます。幸運に捉えることができれば、心の中は幸せな気持ちで満たされ、そうしたオーラを放つ人には仕事もお金も人もグイグイよってきます。反対に、なんでも不幸に捉える人は、「不幸だ」と嘆いた時点で思考が停止してしまいますから、出来事の経験を次につなげることが出来ません。

私自身、家を銀行に取られ、兄弟が4人もいて、貧しい家庭で育ちましたが自分を不幸だと思ったことは一度もありません。なぜなら「足りない」はクリエイティビティの源泉であり、そこには必ず創意工夫とハングリー精神が生まれることを理解していたからです。

 

不幸に感じた瞬間、進歩はそこで止まっている

「自分は不幸だ」と思った瞬間に、思考は必ず停止しています。なぜ不幸の信号を敏感にキャッチする人がいるのかというと、「自分は不幸だ」と感じれば、心が楽になるからです。不幸だと思うことで、そこに落ちた時、責任から開放されるので気持ちが楽になれるのです。つまるところ、自分は不幸だと感じる人は責任を押し付けることで、自分を救う事を放棄しているのです。

挑戦をすると必ず失敗がつきものです。いちいちうまくいかなかったことを嘆いていては、永遠に先に進むことは出来ません。私のビジネスパートナーのIT起業家は「”失敗”と書いて”経験”と読む」と主張しています。素晴らしい言葉だと思いませんか?うまくいかなかった経験を積み重ねれば、その先にあるのは必ず成功ですから、彼はまさに楽しみながら前進をしているのです。「この経験から、どうすれば次はうまくいくか?を考えよう」と言っているのですから、経験を重ねるほどどんどん成長できます。不幸だと嘆いている人を置いて、うまくいく人はどんどん前へいっているのです。不幸という快適な温泉に浸かり、いつまでもウジウジと止まっていては何も進歩がありません。

自分を幸福に思うのも、不幸に思うのも才能です。同じ出来事から、ある人は幸運を感じ、ある人は不幸を感じ取る。たった一度しかない人生ですから、幸福に満ちた時間を楽しむためにも、私は前者でいたいと思います。

 

torokuword1

黒坂岳央の公式メルマガ、毎週土曜日配信中!
迷惑メールや詐欺商材をセールスする代わりに、有益な情報を無料でお渡しております。時々、メルマガ会員だけの動画や音声コンテンツをこっそり渡したり、内緒でセミナーなどのイベントのお誘いをしています。※下記にメールアドレスを入力後、ボタンを押すとメルマガ登録できます。

※不要なら3秒、なんなら1.5秒で退会出来て、その後は二度と送りません。どうぞお気軽に登録してみて下さいね…。


 

黒坂 岳央

高級フルーツギフトショップ経営、雑誌・テレビのビジネスジャーナリスト、作家、講演家、投資家と幅広く活動。 元・高卒ニート&フリーターだが、米国大学留学を経て外資系勤務後に起業。 メルマガも書いてます→https://takeokurosaka.com/mailmagazine/

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to top button
Close