オピニオン

聞き手側の問題でことばが通じないケースを紹介する

こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
※Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

国語辞典編算者の飯間浩明さんがTwitterで「ことばが通じない人」というお題でいくつかパターンをあげられています。そもそも、コミュニケーションは「こちらの考えを相手に100%伝えることは不可能」という原則に立たなければいけないものです。それだらこそ、できるだけ伝わる努力をするべきだ、というのは飯間さんは言われていて、私もまったく同感に思うところです。

しかし、その前提に立って考えても、そもそもどれだけ努力をしてもことばが通じない人というのが世の中にはいます。今回は飯間さんの主張が面白いと感じましたので取り上げたいと思います。

 

ことばが通じない人(1)語句を理解しない

これはそもそも語句、つまり「言葉の意味を理解していない場合」に起こります。

例1)
A「ボルダリングやってます」
B「何ですかそれは」

例2)
A「時系列で考えてみましょう」
B「時系列とは?」

※双方の持つ語彙(の量)が大きく異なる。話し手は、相手に分かる語句を用いるべきですが、語彙の隔たりが大きいと大変です。

同じ日本語でも言語の運用能力は人に、よって大きく異なる場合があります。例えば専門家の話は門外漢が聞いてもさっぱり分からない事があります。

「クメンヒドロペルオキシド は有機の過酸化物の一種で、示性式は C₆H₅C(CH₃)₂OOH。CAS登録番号 [80-15-9]。 無色または黄色の液体である。」
「US GAAP 米国会計基準) は、米国におけるGAAP「一般的に公正妥当と認められている会計原則」で、米国証券取引委員会により発行されている会計基準とガイダンスである。」

用語の意味を理解していないと、そもそもコミュニケーションが成り立たないというパターンがこれにあたります。このケースでは用語が通じない相手へのコミュニケーションを続ける意義はありませんから、話者が用語の解説をするなどのフォローが必要となるでしょう。

まあこのケースは別に問題ではありません。

 

ことばが通じない人(2)語句の意味の理解が不正確

さて、ここからがまさに「ミスコミュニケーション」と呼ぶべき、誤った対話の事例となります。

A「うちの親、たびたび電話してくるのよ」
B「毎日は迷惑だね」
A「毎日じゃないんだけど」
B「『たびたび』って言うから毎日かと思った」
※語句の意味を自己流に解釈する。「言ってないことが言ったことになる」のはこのパターンです。

この事例では、Aは「たびたび」を毎日とは考えていないのに、Bは「たびたび」を毎日という誤った意味で解釈してコミュニケーションが展開されているパターンです。たびたびという語句は国語辞典によると、

何度も繰り返し行われるさま。いくども。しばしば。

ですから、このケースではAが定義どおりの正しい理解をして、正しい使い方をしているのに、Bは自己流の誤った解釈をしているためにミスコミュニケーションが起こっているわけです。となると、改善をする余地があるのがBの方です。「言葉は数こそが正しい」と私は常々思っています。今回のたびたびという語句についていえば、「毎日行われる」と解釈している人は少数派ですから、正しい解釈へ寄せる努力をBがするべきと考えます。

 

ことばが通じない人(2′)文脈的意味を理解しない

文脈で使われる意味を理解せず、額面通りに受け取ってしまうとミスコミュニケーションが発生することになります。

例)
A「最近つくづく思うけど、サンタクロースっているよね」
B「何言ってるの。あれはあくまで伝説で…」
※語句がその文脈でどんな意味合いで使われたかを理解しない。Aの言う「サンタクロース」の意味合いをBは理解していません。

文脈的に使われている言葉を正しく理解しないと、話者の意図した語句の意味を聞き手が正しく理解出来ません。

別の例えを出すならば、友人が訪問した際、そろそろ帰って欲しい時に

A「明日も早いからもう帰ってくれ」

とはなかなか言いづらいものです。そこで、婉曲な表現を使うことがありますよね?その際に、この事例のように文脈的意味を理解できないと次のような展開になるのではないでしょうか。

A「そろそろ寝ようと思うんだけど…」
B「へー!結構早い時間に寝るんだね!早寝早起きって健康にいいよね!?」

※これは黒坂作

この場合の文脈的な意味合いは「ホストが早く寝る必要性を訴える→ゲストは早く帰ってホストのニーズに答える」という意図があるでしょう。そこを汲み取れないことにはKY認定されてしまうのではないでしょうか。

 

ことばが通じない人(3)表現意図を理解しない

最後はこちら。例1は額面通り受け取るべきでない場面であり、例2は額面通り受け取るべき場面です。

例1)
A「では、そのうち飯でも」
B「来週ですか再来週ですか」

例2)
A「これ、お土産の香水」
B「私が臭いと言いたいの」

※相手がどんな意図で言ったかを把握するのは難しい。この種の行き違いが多い相手とは距離を置くのも一方法です。

例1はビジネスマンであればよく見られる光景ですね。「そのうち飯でも」というメッセージの真意は、多くの場合は「社交辞令」でしょう。本当にご飯を食べに行くかは、また別の話です。ところがBはそれを「ああ、一緒にご飯を食べに行くなら日にちを確定させよう」と、Aの意図を理解出来ていません。この場合の模範解答は「ええ、そのうちにぜひ」と同じく社交辞令で返すところでしょう。

社交辞令でない場合の誘いは、もっと具体的になって然るべきです。この場合は明らかな社交辞令として言葉の額面通り捉えてしまっては、Aは困惑してしまうだけでしょう。

そして例2。こちらは例1とは逆に話者の意図を聞き手が受け取れなかったパターンです。本来は額面通り受け取るべきシーンを深読みした結果、誤解が生じています。自分の体臭にコンプレックスがある人は、「周囲は自分を臭いと思っている」と考えてしまっていることがあるでしょう。しかし実際に「君臭うよ」と言われない限りはそれを確かめる術は存在しません。ですので、それを確認するまではこのような反応をするべきではないのです。

ミスコミュニケーションは永遠の課題です。重要なのは冒頭に書いた通り、「自分の考えを100%そのまま相手に伝えることは難しい」という前提に立ち、話者が聞き手の受け取り方を想定して創意工夫をすることです。しかし、そもそも受け取りてがずれていた場合についても、話者の努力虚しく伝わないケースがあるということです。言葉の専門家による、Twitterのお話は大変勉強になるものだと感じました。

 

torokuword1

黒坂岳央の公式メルマガ、毎週土曜日配信中!
迷惑メールや詐欺商材をセールスする代わりに、有益な情報を無料でお渡しております。時々、メルマガ会員だけの動画や音声コンテンツをこっそり渡したり、内緒でセミナーなどのイベントのお誘いをしています。※下記にメールアドレスを入力後、ボタンを押すとメルマガ登録できます。

※不要なら3秒、なんなら1.5秒で退会出来て、その後は二度と送りません。どうぞお気軽に登録してみて下さいね…。


 

黒坂 岳央

高級フルーツギフトショップ経営、雑誌・テレビのビジネスジャーナリスト、作家、講演家、投資家と幅広く活動。 元・高卒ニート&フリーターだが、米国大学留学を経て外資系勤務後に起業。 メルマガも書いてます→https://takeokurosaka.com/mailmagazine/

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to top button
Close