オピニオン

なぜ、コロナ不安で鬱になる人と平気な人にわかれるのか?

黒坂岳央(くろさか たけを)だ。
■Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

最近、こんな声を見かけることがある。

「あの人コロナでちょっとおかしくなった」
「コロナでイライラする人が増えたな」

実際、コロナが人の精神を病む人が増えているらしい。プレジデントの記事で「激増中「コロナ鬱」を避けるための5つの予防法」というものがあり、それによると精神科医にかかった9割がコロナ鬱だという。

ある県内の精神科医の場合、3月下旬のある日に診察した患者68人中58人がコロナへの強い不安を述べた
引用元:https://president.jp/articles/-/34257

なるほど、分かる。

「夏になっても収束しないだろう」
「現れてしまったコロナはもう消えない。今後はwithコロナで人類は生きていかねばならない」

こんな話ばかり聞かされ、先行き不安を覚えない人が少数派だろう。だが、不思議とコロナ前と気持ちが変わらない人もいる。筆者もその一人だ。この違いを考察してみたい。

 

コロナ前と後で「生活の変化の大きさ」が関係か?

コロナは多くの人に不安を投げかけた。

それは静まり返った池の水に、大きな石を投じるようなデカイインパクトだった。「ドボン!」と音を立て、放り込まれた石は当然のように池に波紋を作り、我々は心を揺さぶられたのだ。コロナは瞬く間に地球のほぼ全土に広がり、もはやどこに住んでいても逃れられない。まさしく、コロナは人類に取り憑き、「不安」という精神攻撃をかけたのである。

だが、その波紋で精神が揺さぶられる人がいる一方で、何も感じず超然としている人もいる。両者の違いはどこから来ているのかを考えた。行き着いた答えは「アフターコロナの生活変化の大きさに寄るのでは?」というものだ。

コロナ前、多くの人は会社に出社し、友人とランチを食べ、飲み屋で肩を叩きあって話し、休日はBBQに出かけていた。だが、その生活は一変する。コロナの襲来で家から出られなくなり、人心交流の機会を奪われたのだ。これまで当たり前にとっていた行動に大きく制約されてしまい、コロナ前と後とでは大きく変化が訪れたことになる。勤めていた会社も今後、潰れるかもしれない。いや、すでに失業した人も出てきている。現状も辛ければ、未来にも暗雲立ち込めているような状況だ。これで心を病んでしまったのだと思う。苦しい現状に耐えても、遠くに見える未来には更に暗雲が立ち込めているのだ。

だが、コロナ後もあまり心持ちが変わらない人間もいる。たとえばオレもその一人だ。コロナ前から家族以外でリアルな人との交流はなかった。仕事もほぼ家でやっている。コロナの襲来を受けてもライフスタイルはほとんど変わらない。メディアや広告関連のビジネスは売上が沈んだり、逆に上がったりするものがあって多少の変動はあった。だが、本業のフルーツギフトビジネスや、オンライン英語多読スクールの売上は幸いにほぼ無風だ。たとえば、オレみたいにコロナの襲来の影響が仕事、プライベートにも少ない人にとっては、あまり心の負担がないのだろうと思う。

このようにコロナの前と後とで「生活の変化の大きさ」が関係しているのではないだろうか。変化が大きい人にとっては、慣れ親しんだライフスタイルが突然奪われ、一日も早く戻りたいと思うだろう。

 

先行き不安はムダ

これを言って、苦しんでいる人の救いになるかは分からない。だが、あえていうなら「これから先のことなんてどうせ誰にも分からないから、先のことは考えないほうがいい」というのは一つのアドバイスになるのかもしれない。「これからは確実にこうなる」と根拠なく断言する人がいるとすれば、宗教家か単なる無知のどちらかだろう。今は暗い話が多いが、その逆に明るいシナリオも可能性としてゼロではない。対コロナへのメチャメチャ有効なワクチンができたり、弱毒化して終息に向かうかもしれないではないか。もしもそうなった場合、胃に穴が開く勢いで不安に苦しんだり、それを解消するために時間やお金のリソースを消費してしまった人は丸々損をすることになる。

コロナにあまりストレスを溜めない人、溜める人は割とハッキリわかれていると感じる。溜める側の人は「先行き不安はムダ」と理解し、不安を覚える行為…たとえばコロナ関連のニュースを一切見ないなどに努めるだけでも、精神的には楽になるのではないだろうか。

黒坂 岳央

高級フルーツギフトショップ経営、雑誌・テレビのビジネスジャーナリスト、作家、講演家、投資家と幅広く活動。 元・高卒ニート&フリーターだが、米国大学留学を経て外資系勤務後に起業。 メルマガも書いてます→https://takeokurosaka.com/mailmagazine/

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to top button
Close