ビジネス

中国人から見た「日本人と中国人の違い」がヤバすぎた

時折、暇を得たタイミングで中国人が書き込むサイトを翻訳ソフトを使って読んでいる。そこには日本に対する中国人の意見が書き込まれていることもあるのだが、日本人である自分が驚かされるほど、彼らは正確かつ冷静に日本を理解していると感じさせられることがある。

以下は実際に中国人による書き込みの中で、「日本人と中国人の違い」について筆者が要約したものである。

 

在日4年目の中国人による日本人と中国人の違い

在日4年目の中国人が考える、「日本人と中国人の違い」を取り上げる。

まずは距離感。中国人は情熱的で気が合うと、初対面でもすぐに距離が縮まり親密になる。困っている人がいると、手を差し伸べる親切な人も多い。その一方で、日本人は何回も交流を経なければ、なかなか親密な距離が縮まらない。パーソナルスペースをしっかりと確保し、少しでも足が踏み込まれると明らかに気を悪くする人の割合は多い。東京では道を尋ねても返事すらせず、道案内をしてくれても口頭で手早く終わり冷たさを感じることがある。でも、これは悪口ではない。日本人は本当に親密になったらとことん親切だ。あくまで初対面での距離を縮める速度に国民性の違いがあるという話にすぎない。

次に礼儀の違い。日本人は礼儀正しく、それが街や人間関係のマナーに現れており、多くの中国人が尊敬し学ぶべき点が多いと感じている。その一方で「あまりにも礼儀に厳しすぎる」と感じることもある。たとえば飲み会や、ビジネスマナーについては厳しいと感じるだけでなく、まったく意味が理解できず「なぜこれがマナーなのか?」と思うことも多い。

そして政治への関心度。中国は政治に関心が高い人が多く、選挙や領土問題など多くの人が意見を持ち議論を好む。その一方で、日本人の一般の人達の多くは政治に関心がない人が多い。これは自国の政治に対して「どうせ変わらない」と諦めが無関心という態度に現れている人と、特段騒ぎ立てるほど問題を感じていないから関心を持てない人にわかれる。いずれにせよ、中国人の方が政治には熱心で日本人はそうではないと感じられる。

最後に本音。日本人から本音を引き出すのは本当に難しい。中国人は親密になればすぐに本音を言い合うが、日本人は口では本音と言いながらその本心は決して誰にも晒されることはない。日本人は一体、いつ誰に本音をいうのだろうか?

 

日本人は知識欲が乏しい

こちらは日本の国立大学で政治思想史を専攻した中国人による回答を取り上げる。この人物によると「日本人と中国人はオンラインコミュニティの使い方がぜんぜん違う」と感じているようだ。日本人は「自分に共感してほしい。自分を肯定してほしい」という目的でオンラインコミュニティが使われ、中国人は「勉強に活用したい」という違いが見られるのだという。

中国には「知乎」というオンラインコミュニティがあり、そこでは知識や技術についての投稿が多く、大学教授や専門家による回答が多い。これはサイトを「知識を高めるための領域」という認識があるためだ。その一方で、日本のオンラインコミュニティは質問や相談の多くが、知識や技術を求めているのではなく自分がすでに持っている仮定・前提を含む質問をすることで共感や賛同を得たいという心理的欲求が見える。さらに回答を出す側は事実や専門性に基づく回答の代わりに、個人の感想レベルの稚拙答えや、偏見…時には差別的な回答を出されていることも多く見る。驚かされるのは、こうした質問・回答について「適切な回答ではないよ」と誰からも批判が出ないことだ。中国の知乎でこれをすると、コメントで好ましくないという批判や反対が寄せられるが、日本のコミュニティではそうではない。これは成長意欲や知識欲が中国に比べて日本人の方が乏しいからではないだろうか。

もちろん、日本人の中でも一部のインテリ層の中には、溢れる意欲を見せる人がいるのはよく理解している。それはどの国でも同じだ。問題は大半の国民が持つ、一般的な傾向として意欲に大きな違いを感じたことにある。これは驚きでもあったし、むしろ残念だ。「日本人は中国人が学ぶべき向上心や意欲を持っているはずだ」という日本に来る前の期待が打ち砕かれたと感じた。これは日本人にとっては聞き苦しく、腹立たしい指摘に感じるかもしれない。そう思わせたら申し訳ない。しかし、自分は日本人を高く買いすぎていたかもしれない。日本語を勉強して3年間、日本語のコミュニティサイトを閲覧して見えてきた真実は、とても残酷だった。

 

再び「海外に学ぶ時」が来ている

以上が2名の中国人による日本への意見である。

正直、日本愛に溢れる筆者には聞き苦しいものであった。だが、あながち的はずれな意見ばかりでもないのではないだろうか?特に二人目の「オンラインコミュニティの使い方の違い」についていえば、もしもこの人物がいうように中国の知乎でかのような活用をしているという前提が正しければ、反論は難しく指摘通りだと感じてしまう。日本人は社会人になると勉強をしなくなり、新しい分野を学ばない人が多い。電車内では本を開く人はほぼいなくなり、スマホではLineやYouTubeで目的地までの時間をつぶす人が多数派である。

自分は中国びいきをするつもりは全くないし、むやみに外国人の憧れになろうという必要はないと思う。しかし、耳に痛い正論は受け入れる価値はあると感じている。中国人から見た意見をどう解釈するか?腹を立てて差別に走るか?それとも何かしら学びを得ることで、行動や価値観をアップデートするか?それは本稿を読まれた読者の双肩に託されている。

黒坂 岳央

高級フルーツギフトショップ経営、雑誌・テレビのビジネスジャーナリスト、作家、講演家、投資家と幅広く活動。 元・高卒ニート&フリーターだが、米国大学留学を経て外資系勤務後に起業。 メルマガも書いてます→https://takeokurosaka.com/mailmagazine/

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to top button
Close