メディア論

一般人のあなたでもコンテンツを持てばテレビ・ラジオに出演できる

「いつかテレビに出てみたい!」
「ラジオ番組で自分の想いをトークしてみたい!」
「雑誌の取材を受けてみたい!」

もしかしてあなたはこのような願望を持ち、この記事を読んでいるでしょうか?人の好みは好き好きですから、

「人前に顔を晒したくない!」

という人もいれば

「人生に一度でもいいから、メディアに取り上げられて注目されてみたい!」

という人もいるでしょう。

この場合のメディアとは

「マスコミ4大メディア(以下、4大メディア)」

のことを指し、

「新聞、雑誌、ラジオ、テレビ」

があります。ブログやTwitter、YouTubeなどもメディアですが

「ネットメディア」

に位置づけられます。

さて、私は自分でビジネスをするまでは4大メディアは完全に視聴する側で、出演する側を想像したことがありませんでした。

ですが、起業して1年、人生初の雑誌掲載を経験し、その後もネットニュースの記事に掲載され、1年半でFMラジオ番組に呼んでもらい、ネットニュースのインタビューを受け、2年でテレビ番組にネットショップの肥後庵を取り上げてもらいました。

自分のビジネスと私自身を記事にしてもらうという経験をしたわけですが、これは私が類まれなる容姿や特別な才能に恵まれていたからではありません。まったく無名の一般人だった私と私のビジネスが4大メディアに取り上げられたのは、コンテンツを持ったことがその理由です。

事業者としてまだまだ駆け出しの身ではありますが、一応(?)メディア掲載を受けた経験者として

「どうすれば4大メディアに出ることができるのか?」

ということについてお話をしてみたいと思います。

 

一にも二にもオリジナルのコンテンツを持つこと!

(画像は日本テレビのおしゃれイズムに当店のブラックジャックスイカを取り上げられた時の様子です)

4大メディアに出るためには、とにかくオリジナルのコンテンツを持つことです。オリジナルのコンテンツとはあなた自身、あなたの作品や特技のことで他の人には提供できないことをすることです。

例えば芸能人!芸能人は美形だったり、話が面白かったり、すごい特技を持っていたりすることでテレビや雑誌などで取り上げられていますよね?明石家さんまさんは

「トークの面白さ」
「キャラが立っている」

ことでメディアに出ているわけです。また、美人、イケメンは

「その人自身の容姿」

がオリジナルのコンテンツであり、ウリになっているわけです。

「自分は生まれつき美人でもないし、際立った才能なんてない!」

と嘆きたくなってきたでしょうか?その通り、一般人である私やあなたはその路線で勝負するわけにはいきません。でも、大丈夫!先ほどいった通り、コンテンツを持てば誰にでもチャンスはあります。事実、私も際立った容姿や才能はありませんが、4大メディアに出ることが出来ました。

私の場合はネットショップやブログなどのコンテンツをゼロから作り上げ、その結果としてメディアに取り上げられるようになりました。これには生まれつきの容姿や能力、積み重ねた経験などは関係がありません。事実、私はネットショップを立ち上げる前はコピーライティングやデザイン、コーディングなどの知識や経験はゼロ!なーんにもない状態からひとつひとつ作っては壊し、作っては壊しを繰り返して来た結果、今があります。

「メディアに取り上げられて見たい!…でも生まれつき容姿や能力にすぐれているわけではない」

そう考えるならぜひビジネスやブログ・YouTubeなどの情報発信をすることで、オリジナルのコンテンツを持つようにしましょう!

 

コンテンツで重要なのは誰もやらない、言わないことをやる!


(画像はFMヨコハマのラジオ番組に出演した時のものです。緊張してのどがカラカラになりました(笑)

でも闇雲に好き勝手なことをブログで書き、YouTubeで話してもそれだけで取り上げられるわけではありません。ここからが重要なことですが、メディア取材の依頼が飛び込んでくるようなコンテンツにするために重要なことは

「他の人がやっていない、言わないことを提供する!」

ということです。これはどんなビジネスや個人メディアでの情報発信でも同じことです。

例えば私は高級フルーツギフトのネットショップをやっています。取り扱っている主力商品はスイカやメロン、柑橘フルーツなどその気になって探せば他のネットショップでもおいています。それなのになぜメディアの注目を集めたのかというと、肥後庵には他店にはない特異性があるからです。

・背景黒・テキスト白という産地直送サイトではありえないデザイン。
・ギフト用定期便や一筆箋などのオリジナルサービス。
・商品や贈答の情報を出来る限り濃密に、分かりやすく情報の提供をしている。
・ブログなどの個人メディアでの情報発信。
・熊本県産のフルーツに限定して提供。
・ブラックジャックスイカなど世に出回る前にいち早く取り扱いをしている。

こうした特異性を持つことで、その他の産地直送のネットショップとの違いを出しています。テレビに取り上げられ、ラジオ番組に出演出来たのもこうした他でやっていないことにこだわってきた結果だと思っています。

 

他の人がやらないこと=価値提供


(画像は女性誌LDKに当店の肥後グリーンメロンを掲載頂いたもの。おいしそうな写真を撮ってもらえました)

ビジネスは価値提供です。

「お客さまが求めることを提供する→その対価にお金を頂く」

というこの流れに他の人がやっていない話題性があれば4大メディアから取材の依頼が来るようになります。

話題性ってなあに?というと、

「その会社、その人でなければ提供できないもの」

であることです。つまり、他の人がやっていないことをするだけです。

例えばマスクメロンを販売していても、他社を真似して似たような同じ商品・売り方をしていてはいけません。当店ではギフトとして気持ちの伝わる、格式の高さを演出
できるギフトオプションやノウハウを提供している点で他店との違いを出しています。広告を一切出していなくても売れていき、メディア掲載を受けているのは、そうした他社との違いを出しているからだと思います。

いいですか?

「自分がやっていること、やろうとしていることで4大メディアに取り上げられたい!」

と思うなら、今一度胸に手を当てて考えてみてください。

「そのビジネスや活動は他の誰かに出来ないことですか?やっていないことですか?」

と。もしも答えがYesならそれだけでもう価値の提供になります。それがどんなに小さいことであっても、その小さい違いが決定的なものだったりします。なぜかというと世の中には色んな悩みやニーズがあるからです。他の人にとってはどうでもいことでも、その他の人にとってはめちゃめちゃ重要だったりするわけです。

例えば私は一時期ミュージックプレーヤーの音量調節で悩みを持っていました。というのも音楽とネットラジオを入れていたのですが、音楽では適切な音量でも、ネットラジオになると極端に小音量になってしまうんですよね。音楽は10の音量でちょうどいいのに、ネットラジオは30くらいにあげないとよく聞こえない。そうなると音楽を変える度に音量ボタンをポチポチ連打して変更しなければいけません。これが面倒で仕方がなかったんですよね。でもある時、ソニーのミュージックプレーヤーに「音量プリセット」という機能があることを知りました。これはあらかじめ設定しておいた音量にボタンを1度押すだけで変更できるというものです。つまり、音楽を聞くのを止めてネットラジオを聞きたくなったら、プリセットボタンをポチっと1回押すだけでネットラジオの音楽に最適な音量になるわけです。もうポチポチと音量ボタンを連打することはなくなりました。私にとっては容量やデザインよりも音量調節の簡単さが圧倒的に重要だったわけです。他の人にとっては音量プリセット機能なんてどうでもいいことかもしれませんが、私にとってはものすごい価値に感じるわけです。

このように

「他の人がやっていないこと=価値提供」

でありビジネスになるわけです。そして価値あるビジネスをやっていれば見ている人はいるもの、それがメディアを制作する人たちであれば取材の依頼を受けるようになるというわけです。

いかがでしょうか?ビジネスの諸先輩方に比べると私はまだまだ経験が浅いのですが、自分が体験したことだけでいえば、コンテンツを持つことで一般人である私やあなたでも、4大メディア取材の依頼が向こうから飛び込んでくるようになります!ぜひご参考ください。

黒坂 岳央

高級フルーツギフトショップ経営、雑誌・テレビのビジネスジャーナリスト、作家、講演家、投資家と幅広く活動。 元・高卒ニート&フリーターだが、米国大学留学を経て外資系勤務後に起業。 メルマガも書いてます→https://takeokurosaka.com/mailmagazine/

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to top button
Close