ビジネス

みんな気づかないけど、スマホで集中力を奪われて大きなものを失っている

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
News Picksで集中力についての話が盛り上がっていますね!芥川賞作家の羽田圭介さんは

「みんなスマホで消耗。人より抜きん出るのが簡単だ」

といって注目を集めています。これはものすごく理解できる話ではありませんか?スマホは常に新しい情報が向こうから飛び込んでくるようになっているので、なんとなく電源を入れてなんとなく流される情報を眺めているだけで、あっという間に休日の貴重な時間が過ぎていきます。

集中力を持って行かれやすい現在、今回集中力についてお話をしたいと思います!

 

人間は物や情報に触れるとエネルギーを消耗する

少し前に断捨離を推奨する本や記事がめちゃめちゃ流行りましたよね?

「最低限の物や人間関係だけでシンプルに生きていこう!」

という提案はお金の節約という側面で語られることが多かったです。しかし、私は断捨離をすることの最大の効用はお金の節約より、エネルギー消耗の節約の側面が大きいと思っています。

人間は物や情報に触れる度にどんどんエネルギーを消耗していくのです。例えば部屋の物置に押し込んだアルバム、このアルバムが目に触れると思わず手に取り、めくっている内にどんどん懐かしい思い出が溢れ出し、気がつけば時間が経過しています。もちろん、アルバム自体はかけがえのない思い出が詰まったものなのですが、問題は必要のない時に開けてしまった時に膨大なエネルギーを持っていかれてしまう、ということです。ですから、

「よし!久しぶりにアルバムを見よう!」
「久しぶりに友達が集まったから、アルバムを披露して盛り上がろう!」

と思った時に手にとるべきで、普段は見てはいけないのです。その他、たくさんのものがデスクに乱雑に置かれていませんか?コーヒーを飲むカップを目にする度に、

「そろそろコーヒーでも飲むか」

と大して飲みたくもないのに注ぎに立ち上がったり…。物や情報というのはその一つ一つに触れると、記憶を思い出したり他のことに気を取られたりと必ずエネルギーを失います。ですので、断捨離で日常生活や仕事に関係ないもの以外は目に入らないようにして、エネルギー消耗を防ぎましょうということです。

 

インプットは必要な時に必要なものを

新聞を読む、ネットの記事を見る、テレビをつけるという行動は情報のインプットにあたります。ネットが出てくる前の世界は、雑誌を手にとったり、ラジオをつけたりしてもそのプログラムには終わりがありました。漫然とテレビをつけているという人も昔からいましたが、興味のある番組も終わってしまうとどうでもいい昼ドラに切り替わったりして、それがテレビ鑑賞終わりのきっかけになったりしていました。

ところがネットでそれが一変します。今は情報の回遊性があるので、YouTubeなんかも興味のある動画を見ていると関連動画で次々と面白そうなものの提供がなされます。そうなると終わるきっかけがないので、永遠に見続けてしまうわけです。しかもひとつの情報を見終えても、別の角度から見た情報なんかもあって際限がありません。それがポケットに入るサイズで延々と流れてくるわけですから、スイッチを切るのはとても難しいんですよね。

インプットは本来、必要な時に必要なものだけを取り入れるべきで、これもどうぞあれもどうぞ!と勧められるままにひたすら情報を消化するのはインプットではなく、時間の垂れ流しに過ぎません。

 

スマホゾンビになりつつある世界中の人たち

羽田さんの言うとおり、今は老若男女問わずみんなスマホをいじくっています。これは日本人だけの傾向ではなく、世界的にそうなっていて英語圏ではSmartphone Zombie(スマホゾンビ)と呼んで警鐘を鳴らしています。ベトナムでも、ロンドンでも、ニューヨークでもスマホゾンビは問題になっており、個人的にはスマホを注視してノロノロ歩くのがじゃまだとか、ぶつかる危険性があるとか以上に思考がスマホ発の情報に汚染されていることに危機感を覚えます。

スマホが悪いといっているわけではありません。スマホは本当に便利で、天気や交通機関情報、グルメや連絡を取り合うツールとしてPCの出番がなくなってしまうほどですが、気をつけるべきは本来集中するべき局面でエネルギーを消耗しないことです。

私は本当に集中する局面ではスマホを機内モードにしています。PCで作業をする時もできるだけ余計なアプリやサイトを立ち上げないようにして、集中できるようにしています。

 

集中力=アウトプットの品質

仕事をこなしたりする時の集中力とは、すなわち品質に直結します。私はスマホに集中力が取られないようにしているのですが、赤ちゃんの相手をしつつ返信したメールなどは後で読み返すと穴だらけでボロボロだと愕然とすることがあります。集中力が奪われた状態でいい仕事やアウトプットなどは出来ないんですよね。元々人間の集中力は2時間程度しかないと言われているのに、その貴重な集中力をマルチタスクで潰されてしまうのでは、じゃあいつ集中するの?という感じじゃないですか?身の回りを整理する断捨離を進めるなら、ぜひスマホの使い方も再考しましょう!かくいう私も就寝前にダラダラスマホをいじっていたせいで、翌朝早起きに失敗することが続いたので寝る前の1時間前はスマホを触ることを完全にやめました。

黒坂 岳央

高級フルーツギフトショップ経営、雑誌・テレビのビジネスジャーナリスト、作家、講演家、投資家と幅広く活動。 元・高卒ニート&フリーターだが、米国大学留学を経て外資系勤務後に起業。 メルマガも書いてます→https://takeokurosaka.com/mailmagazine/

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to top button
Close