投資

投資に限らずあらゆる場面で損切りすることの重要性

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
インベスターZという投資漫画の中に面白い一文があります。「つまらない映画を最後まで見るやつは投資に向いていない」というものです。これはよくわかります。ハッキリいってつまらない映画につきあって最後まで鑑賞する、ということに何もメリットはありません。と、えらそうにいっている私自身も、昔は全然損切りが出来ませんでした。どんなにつまらなくても、途中でコクリコクリとやっていても頑張って最後まで見ていました。ですが、つまらない映画は後で振り返っても何も内容は残っていません。そう、「この映画はつまらなかった」という記憶以外はなにも。

 

損切りは「決心」がないと出来ないもの

そんな私も本格的に投資をするようになり、ようやく損切りができるようになりました。私はdTVというドコモのやっている動画配信サービスに加入しているのですが、最近では最初の30分見てつまらなかったら、その場でとっとと終わりにしています。そうやって1つ、2つと作品を鑑賞する中で「お!これは!!」というものがあったらじっくり見るというスタンスです。このやり方は本当にうまくいっていて、おかげでつまらない映画に付き合って時間をムダにすることはなくなりました。というのも、つまらない映画って最初の30分で分かってしまうんですよね。最初の30分がつまらなくて、その後急に面白くなるということは少なくとも私の人生の中で一度も経験がないことです。つまらない映画は最初から最後までつまらない。だから30分で付き合いを決めてしまっても間違いはないと思っています。

ですが、映画の損切りは「30分は見る、継続鑑賞するかはその後決める」と決心しなければ出来ないことです。どうしても昔からのクセで頑張ってつまらない展開に付き合ってしまい、2時間が過ぎた後に「やっぱり時間のムダだった…」と肩を落とす事になってしまいます。習慣を変えるのはなかなか難しいので、損切りすることを決心し、実践し、そしていいものだという経験をしなければわからないことです。最初に「よし!今後は損切りするぞ!」と決意しなければ出来ないことだと痛感しました。

 

損切りは映画に限ったことではない

時間は有限なのにやることや、やりたいことは無限大にある情報化社会の現代では、時間をムダにすることは自分の命の無駄遣いでしかありません。ですので損切りするのは投資や映画の世界に限らず、なんでも同じだと思っています。

それは人間関係やビジネスでもまったく同じです。私はコンサルタントをつけていますが、「どちらかが降りると決めたらその時点で契約を終える」とお互いに決めています。人生は一度きりで有限、意味のない時間やお金を使っても付き合っていてお互いに不幸でしかありません。幸い、これまでのところはとても有益な付き合いで、相手も私も気持ちよくお付き合いをしています。「そんなドライな」と思われるかもしれませんが、そのくらいドライに考えているととても楽ですし程よい緊張感があります。私はプロのライターとして日々、法人さまへ記事を納品していますがいつ切られるか分からないと思いながら頑張って書いています。記事の反響が取れなくなったら、私は原稿料をもらってはいけないのです。

人間関係も同じです。私は愚痴が大嫌いで、言うのも聞くのも絶対に嫌だと思ってしまいます。ネガティブなニュースを言われるのは嫌だ、というわけではありません。解決するべき課題や問題は早めにいってもらいたいと思うのです。しかし、ただ愚痴不満を自分がスッキリしたいから、と時間を消耗することだけは付き合いたくないと思ってしまいます。愚痴は言うのも聞くのも時間だけでなく、健全な心もすり減らす行為です。ですので愚痴ばかり言う人とは付き合わず、自分と合う人と人間関係の時間を使いたいと思っています。

損切りは何も映画に限った話ではないと思っています。

 

損切りしないことの思わぬデメリット

映画の損切りについていえば、損切りが出来ないことには思わぬデメリットが存在します。時間の浪費というだけでなく、「映画という対象そのものが嫌いになってしまう」ということです。

私は損切りをするようになる前は、つまらない映画が2-3作品続くと映画が嫌になってしまっていました。「映画という娯楽は質が落ちた」とか「安いけどつまらないから意味がない」と、映画自体が嫌いになってしまっていたのです。あなたも経験がありませんか?投資をして損失が続くと、「株!不動産!仮想通貨!もうこんなワード二度と聞きたくない!」と思ったり、愚痴ばかり聞かされて「もう人付き合いなんて懲り懲りだ!」と。でも投資や人間関係そのものがダメなのではなく、たまたまダメだったものに付き合ってしまっただけですよね?

こうした考えになってしまわないよう、さっさと損切りをして自分に合うもの、必要なものとだけ付き合えばいいと思います。損切りをしないことで時間と意欲を失ってしまっては、それは付き合うだけ損というもの。上手な損切りができるように私もさらに腕を磨いて生きたいと思います!

 

 

torokuword1

黒坂岳央の公式メルマガ、毎週土曜日配信中!
迷惑メールや詐欺商材をセールスする代わりに、有益な情報を無料でお渡しております。時々、メルマガ会員だけの動画や音声コンテンツをこっそり渡したり、内緒でセミナーなどのイベントのお誘いをしています。※下記にメールアドレスを入力後、ボタンを押すとメルマガ登録できます。※不要なら3秒、なんなら1.5秒で退会出来て、その後は二度と送りません。どうぞお気軽に登録してみて下さいね…。


 

黒坂 岳央

高級フルーツギフトショップ経営、雑誌・テレビのビジネスジャーナリスト、作家、講演家、投資家と幅広く活動。 元・高卒ニート&フリーターだが、米国大学留学を経て外資系勤務後に起業。 メルマガも書いてます→https://takeokurosaka.com/mailmagazine/

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to top button
Close