オピニオン

大人になって友達ができない悩みは、仕事で解決できる

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
あなたは「仲間と友達の違い」について考えたことがあるでしょうか?私は仲間はたくさんいますが、友達はあまりいる方ではありません。今回は仲間と友達について考えてみたいと思います。

 

仲間とは同じ目標に向かって協力し合う関係

仲間ってなんでしょうか?世間では「仲間」という言葉に、どんな属性の仲間か?がつくことが多いです。「勉強仲間」「仕事仲間」「投資仲間」といった具合に。私は仲間とは「共通の目標を持っていて、お互いに協力し合う関係」を呼ぶものだと思っています。

大学時代、私は教授や講師から「勉強仲間を作りなさい」と言われました。元々、1人で考えたり行動するのが好きだった私は、最初はその意味がわかりませんでした。しかし、海外の大学に留学した時にその言葉を思い出すことになりました。アメリカの講義ではグループワークがとても多かったのです。グループでやるものですから、各人がテーマを持って発表したり1人ではどうやっても解決しません。講師もグループで発表するテーマに統一性や整合性があるかをチェックされます。自分がこうやりたいと考えを持っていても、皆にしっかりと伝えて理解してもらい実際に行動してもらわなければ成果があげられないのです。それまでは自分のペースで勉強をしたり、研究をしていた私はこのグループワークがとても嫌でした。まずは自分の考えを伝えて理解してもらうところからスタートするのが、とてもまどろっこしくて面倒に感じたのです。何回も「グダグダ話し合うのは時間のムダだから全部自分で発表させてくれ!」と言いたくなるのを我慢していました。しかし、途中からグループで一つのものを作り上げる楽しさに気づいてからは、仲間で同じ目標に向かう素晴らしさにたまらない良さを感じるようになりました。普段からドジばかりで抜けているメンバーが、徹夜でプレゼンの練習をしてしっかり決めてくれたのを見た時には、不安ながらも役割をお願いして全うしてくれたことの嬉しさに目頭が熱くなったものです。

また、私には投資仲間がいます。投資と一口に言っても株式や債権、仮想通貨に不動産など様々な分野があり、株式の中でも投資信託や日本株、アメリカ株、新興国株など色んな市場があります。その全てを理解し、常に投資の最新情報をキャッチアップしていくことは容易ではありません。それが投資仲間を作っておくととても有益で活きた情報を得ることができるのです。数年前までは仮想通貨という言葉は「詐欺っぽい。胡散臭い」というイメージを持っていましたが、メンバーの言葉で私も仮想通貨投資に乗り出したことで利益を得て、投資の世界の楽しさを再発見することが出来ました。また、仮想通貨を学んだことで、為替や株式の値動きや国の政策にも影響があることを理解でき、とても有益なものでした。これは自分ひとりでは、決してたどり着くことができなかった世界です。人生の時間は有限、特に今のようなスピードで優劣がついてしまう世界に生きる私達は、自分ひとりでアクセスできる情報にはどうしても限りがあるのです。仲間を作ることで自分一人では得られない情報や経験などを得ることができるので、仲間を持っておく意義はとても大きいのです。

 

「利害の関係なく付き合うのが友達」という間違い

友達は仲間と異なり、同じ目標や利害を必要とせずに付き合いをするものと言われます。しかし、それは違うと思います。正確には「付き合ってお互いに楽しい思いをする」という同じ目標を共有する相手だと考えます。付き合っていて、楽しくもなく不快な思いをすることが多くなるのであれば、誰しも疎遠になって友達と呼べる関係ではなくなってしまいます。「友達は利害関係でないからいい」などと言われますが、そんなことはありません。楽しさを共有できる、快適に話ができる相手でなくなった時点で、もう友達ではなくなるのです。

私は小学生時代に一番仲のいい友人がいました。彼とはファイナルファンタジーやドラクエといったゲームで一緒に遊んだり、公園でサッカーをしたり当時はどこへいくのも一緒で最高の友人でした。そんな彼と20歳を過ぎて偶然再会する機会に恵まれました。久しぶりに会う彼とまた旧友を温めることになると、私は会う前にとてもワクワクしていたのを今でも覚えています。しかし、久しぶりに再会した彼は開口一番、「権利収入に興味ない?」と言い出してひたすらネットワークビジネスの勧誘をしてきました。数時間我慢して話を聞きながら、熱心に話をする彼の顔を見ながら「ああ、もう彼の心に中には昔の自分は消えてしまったんだな」ととても寂しく感じました。「今度は成功者の人を連れてくるから!」といって駅で別れた帰り道、私は彼の連絡先を消去しました。もう、何も考えずにバカみたいに騒いだあの少年時代は永遠に消えてしまったことを実感し、虚しさを感じたものです。

友達は「ずっと一緒にいたい」という共通の目的をシェアできる相手との関係性の呼称です。エンターテイメントをシェアするという点を考えると、交際するのにお金や時間を投じているので利害関係ともいえなくはないように思えます。

 

友達が少ない悩みは仕事で解決できる

「大人になって友達が出来ない」という悩みをあちこちで見かけます。ネットの掲示板を見ていると「休日にやることがなくて寂しい」「同僚としか話す機会がない」というものが多く、「趣味を持て」とか「友達募集サイトで見つけよう」といったアドバイスもありますが、そんなもので楽しさを共有できる相手を見つけられるのかと疑問に思ってしまいます。

私は大人になって友達ができない悩みは、仕事で解決できると考えています。仕事をすると年代や性別を関係なくまずは仲間になることが求められます。仕事の多くはチームプレーですから、相手との良好な関係があって初めて良い仕事ができるものです。「良い関係を築く」という共通目標がありますから、お互いのことを知ったり仕事の情報を共有する過程で相手の人間性や性格に惹かれることが出てくるでしょう。もしもそれがお互いに思っていることであれば、仲間→
友達に昇華されます。私も投資や仕事仲間の中に特に気の合う人とは個人的に遊んだり食事に行って楽しく話をする友達に昇華した人が何人もいます。投資や仕事はきっちりお互いに価値提供をして、それとは別に食事にいって楽しい時間を過ごしています。仲間として始まった関係から作られた友達としての関係はとても良いものです。無理やり趣味を持とうとしたり、友達募集サイトをあちこち見て回ることで友達が出来なくもないですが、表面的な付き合いではどうしても浅い関係になってしまうように思えます。苦楽をともにして同じ目標に向かう仕事を通じて出来た友達の方が、より深い関係で長続きするように考えます。

今の時代、仕事が必要ならネットでいくらでも見つけることが出来ます。自分の得意なこと、関心のある仕事でお金をもらいつつ、仲間を作り、その中で特に気の合う人とお友達になってしまえばいいのです。私はそのように作った友達とはとても楽しく、素晴らしい時間を過ごさせてもらっています。

 

torokuword1

黒坂岳央の公式メルマガ、毎週土曜日配信中!
迷惑メールや詐欺商材をセールスする代わりに、有益な情報を無料でお渡しております。時々、メルマガ会員だけの動画や音声コンテンツをこっそり渡したり、内緒でセミナーなどのイベントのお誘いをしています。※下記にメールアドレスを入力後、ボタンを押すとメルマガ登録できます。※不要なら3秒、なんなら1.5秒で退会出来て、その後は二度と送りません。どうぞお気軽に登録してみて下さいね…。


 

黒坂 岳央

高級フルーツギフトショップ経営、雑誌・テレビのビジネスジャーナリスト、作家、講演家、投資家と幅広く活動。 元・高卒ニート&フリーターだが、米国大学留学を経て外資系勤務後に起業。 メルマガも書いてます→https://takeokurosaka.com/mailmagazine/

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to top button
Close