生き方・人生論

ナンバーワン、オンリーワンでなくても生きていけます

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
最近、フルーツギフト、ジャーナリスト、投資の他に第4の収益源を育てているため、若干更新が遅れ気味です(笑)。それでも「読んでいるよ」のお声を頂くのがうれしく思います。誰かの役に立っている、というのはお金を受け取る瞬間以上に充実感がありますね。

さて、突然ですが…

ナンバーワンにならなくてもいい♪ 元々特別なオンリーワン♪

という歌があります。きっとあなたも、何回も何回も聞いたことがあると思います。この歌の歌詞に鼓舞され、ナンバーワンを、オンリーワンを目指して頑張っている人もいるのではないでしょうか。

しかし、私はこう思います。ナンバーワン、オンリーワンにならなくても生きていける、と。

 

No.1はオンリーワンである

まず、ナンバーワンとはオンリーワンのことです。

1位と2位の間には歴然たる差があります。どこでも言い尽くされている話ですが、日本一高い山は富士山、では2番目はなんでしょうか?一番広い湖は琵琶湖、では2番目は??サクッと答えられる方は、かなり地理の知識がある方です。義務教育をほぼ無勉で過ごした私は全然知りません。でも、富士山も琵琶湖も勉強しなかったのに知っていました。これが1位たる実力です。

1位、というのは唯一無二の存在です。「2位じゃダメなんですか?」という言葉が流行りましたが、2位と3位・4位・5位は大きく違わなくても1位とは違ったりするものです。私はフルーツギフトのビジネスをしていますが、「フルーツギフト」というビッグキーワードで検索ランキングが最近1位になるようになりました。

1位になってからは、目に見えて売上がアップしました。具体的にどのくらいなのか?ということは控えさせていただきますが、2位や3位をウロウロしていたころに比べると数倍違います。もちろん、この順位は永遠ではありません。手を抜いてマーケティングをサボれば負けてしまいそうです。しかし、今は1位を取ることの効果の大きさ、そしてNo.1はオンリーワンであることの意味を実感しています(あくまでフルーツギフトというキーワードで競争した場合の1位、という意味)。

 

ナンバーワン、オンリーワンを目指すから疲れる

高い目標を持つことは良いことだとされています。その考え方は決して否定しません。やっぱり目指すものがあるからこそ、日々の困難に耐えて頑張れると思うからです。

しかし、周囲を見ていてみんな上を目指すあまりに疲弊していないか?と感じることがよくあります。ナンバーワンになれるのはたったの一人です。オンリーワンは意識しすぎると、求められていないビジネスをやっちゃったりするものです。

私はフルーツギフトにチャンスを感じて、肥後庵を作りました。でも「フルーツの世界でナンバーワンを目指そう!オンリーワンを目指そう!!」と意識をしてはいません。あくまで、自分らしく、お客様に喜ばれることをしたい、そういう気持ちで取り組んできました。日々、楽しく、好き勝手にやっていたらここまでやってこられたという感じでしょうか。ライバルの業者を研究することもありませんし、無理してオンリーワンになろうとも思いません。もしかしたらそういう姿勢がオンリーワンに近い性質が合ってここまで来たのかも知れませんけれども。

でも周囲を見ると、なんか皆疲れてる気がするのです。その原因がナンバーワンやオンリーワンにこだわりすぎるからじゃないか?と思うわけです。

 

別にNo.1、オンリーワンにならなくても生きていける

これは業界や市場規模によるお話なのですが、世の中、別にNo.1やオンリーワンでなくても生きていくことは可能です。

現に肥後庵はフルーツギフトの検索では1位でも、売上や利益を見ると1位ではないと思います。フルーツビジネスのジャーナリストも、私より上の人間はいるでしょう。でも経済的に困窮していることはありません。なぜかというと、顧客は色々なニーズを持っており、1位の企業はより多くの顧客に支持されているというだけで、私のビジネスは1位ではないにしても、それなりに生きていけるだけの支持があるということです。これは市場規模があるからです。

あなたは会社員でしょうか?今の会社でNo.1の実力者ですか?オンリーワンの存在ですか?いえ、考える必要はありません。きっと答えは出ているでしょう。つまり、そういうことです。別に1位でなければ死ぬわけじゃありません。

 

大事なのは自分の成長

私が言いたいことは「ライバルはそんなに気にしないでいいんじゃないか?」ということです。むしろ、大事なのは自分自身の成長です。昨日より今日、今日より明日。より成長している自分がそこにいなら、それは素晴らしいことです。きっと、昨日より今日のあなたは豊かに違いありません。その成長の歩みを重ねていくことで、未来の到来を楽しみにでき、満足のいく人生を歩むことが出来るのではないでしょうか。気を病むこともなくなりそうです。

戦う相手は他人じゃありません。あくまで自分自身だと思います。

 

 

torokuword1

黒坂岳央の公式メルマガ、毎週土曜日配信中!
迷惑メールや詐欺商材をセールスする代わりに、有益な情報を無料でお渡しております。時々、メルマガ会員だけの動画や音声コンテンツをこっそり渡したり、内緒でセミナーなどのイベントのお誘いをしています。※下記にメールアドレスを入力後、ボタンを押すとメルマガ登録できます。※不要なら3秒、なんなら1.5秒で退会出来て、その後は二度と送りません。どうぞお気軽に登録してみて下さいね…。


 

黒坂 岳央

高級フルーツギフトショップ経営、雑誌・テレビのビジネスジャーナリスト、作家、講演家、投資家と幅広く活動。 元・高卒ニート&フリーターだが、米国大学留学を経て外資系勤務後に起業。 メルマガも書いてます→https://takeokurosaka.com/mailmagazine/

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to top button
Close