オピニオン

「僕はイクメンという言葉が嫌いだ」と言われて…

こんにちは!肥後庵の黒坂です。
(写真は写真館で撮影したもの)
先日、一緒にビジネスをした方と仕事終わりに飲み会に行き、その席で育児の話になりました。その時にタイトルの「僕はイクメンという言葉が嫌いだ」とハッキリ言われたわけです。

世の中の家事・育児に取り組んでいる男性への気付きになる部分があればと思い、取り上げさせていただきます。

 

「イクメン」はだめな言葉?

これを言うと手前味噌でおこがましいのですが、私はかなりのイクメンパパなのではないかと思っていました。料理を一気に3品くらいガッツリ作って、家族に食べてもらっていますし、買い物、洗濯、掃除、子供を公園で遊ばせるなど主夫業を頑張っている…つもりでいました。ところが一緒に飲んだ方は「僕はイクメンという言葉は嫌いだ。その言葉自体がすでに“家事、育児は本来女性がやるもの”という考えに立脚したものだから。今の…そして、これからの時代は夫婦共働き、夫婦育児がスタンダードなのだから、どちらかに家事育児の比重があるような表現は好きではない」というわけです。

それを聞いた私はしばらくの間、言葉が出てきませんでした。自分なりに頑張って子供の世話や食事を作っていたつもりで、これまで「仕事も家庭もよく頑張っているね」と言われてきたので少しだけショックを受けました。ですが、よく考えてみれば彼はもっともな事を言っています。今は女性もバリバリ働いて、家事育児を頑張っている人はたくさんいます。でもそんな女性は「家事、育児を頑張ってるよ」なんてわざわざ主張しません。黙々と頑張っているわけです。

イクメンという言葉は「本来は育児や家事をやらない男性がやっている」ということを指したものだという指摘です。

 

男子厨房に入りつつある過渡期

最近、ネットを見ていると男女平等社会の実現に向けて可視化されない家事の見える化や、時間術に向けて取り組みをしている団体も見られます。まだまだ男性の家事、育児への参画度はそこまで高いとは思えませんが、一方で慣れない手付きで家事・育児に挑戦する男性の姿もあるようです。今は男子厨房に入りつつある「過渡期」にあります。この比率は今後、増えることがあっても減ることはないでしょう。これからの男性は仕事だけでなく、家事や育児もできなければ女性から結婚したいと思われなくなる時代になっていくでしょう。

 

結婚はもともと支え合うためのものだよね

結婚はお互い、人生を支え合い、シナジー効果により一人より二人で一緒にあることで人生をより飛躍させ、幸福になるための制度です。実際、私自身が結婚をして仕事も人生もとても大きな飛躍ができたのでそれはよく分かります。本来は「相手の仕事や家事を手伝う」というものではなく、「仕事や家事は二人でやる共同作業」という意識への切り替えが必要ですね。意識の改革が起こり、社会に浸透し、常識になるまでにはまだかなりの期間がかかりそうですが、「結婚は支え合うためのもの」という原則に立ち返って考えれば納得のいく話ではないでしょうか?

しかし、私もえらそうな事は言えません。先日の飲み会では「自分は男性としてはすごい頑張っているんだ!」というちょっとしたおごりがあったことに気づきましたね。それに自分が好きでやっていることをわざわざ主張するなんてとても子供じみています。そこに気づかせてくれた彼の言葉にはとても感謝です。「誇らず、偉そうぶらず、すました顔でこなしている方がよっぽどかっこいい!」今はそんな風に考えるきっかけになりました。

 

 

torokuword1

黒坂岳央の公式メルマガ、毎週土曜日配信中!
迷惑メールや詐欺商材をセールスする代わりに、有益な情報を無料でお渡しております。時々、メルマガ会員だけの動画や音声コンテンツをこっそり渡したり、内緒でセミナーなどのイベントのお誘いをしています。※下記にメールアドレスを入力後、ボタンを押すとメルマガ登録できます。※不要なら3秒、なんなら1.5秒で退会出来て、その後は二度と送りません。どうぞお気軽に登録してみて下さいね…。


 

黒坂 岳央

高級フルーツギフトショップ経営、雑誌・テレビのビジネスジャーナリスト、作家、講演家、投資家と幅広く活動。 元・高卒ニート&フリーターだが、米国大学留学を経て外資系勤務後に起業。 メルマガも書いてます→https://takeokurosaka.com/mailmagazine/

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to top button
Close