生き方・人生論

完璧でないのに完璧主義を目指すから不幸になる

こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
※Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

私は完璧主義ではない性格をしているので、完璧主義の人とビジネスをする過程で助けてもらうことがとても多いです。自分がやっている仕事のヌケモレの指摘を受け、都度改善することで完成度を高めることが出来ます。例えばブログは自分の好き勝手書いていますが、その他のメガメディアでの記事はかなり高い完成度を目指す必要があります。その場合は編集の人がつき、NGや修正をもらう事ができるので、より完成度を高めた記事をリリースすることが出来るわけです。

完璧主義と思われる人とやり取りをすると、助けてもらうことが多いので感謝している半面、彼らはものすごくしんどそうに仕事をしていると見えてしまうことがあります。

 

完璧主義は責任感と理想の高さから来るもの

完璧主義者は責任感の強さと、理想の高さから来るものと考えています。理想がとても高いので、よりよいものに仕上げたいという気持ちがものすごく強いのです。完璧主義者はベストを目指す思考の持ち主です。ですので、熟考に熟考を重ねて、最初から完璧な物を目指そうという気持ちがすごく強い人達なのです。もちろん、これは素晴らしいことで私にはない能力、気質で見習わないといけないなと思います。会社員時代、ものすごく緻密に仕事を進める同僚がいました。彼は一日中様々なケースを想定して計画をたてるので、出来上がりはあらゆることを考慮したすごいものが上がってきます。日本人は傾向としてこのような完璧主義の気質の持ち主が多いのではないでしょうか?

完璧主義者は責任感が強く、ベストを目指す理想の高さからくる気質だと考えます。その根底には「失敗したくない」という気持ちがあるのではないでしょうか?

 

今の時代は「7割GO」

しかし、いきすぎた完璧主義はスピード差に欠ける側面があります。あらゆるものにロールモデルがなくなってきた今の時代、やってみないと結果が分からないことも多いです。「これをやれば必ずうまくいく」というものはありませんから、とにかくまずはやってみて問題はその都度スピーディーに片付けていくことが求められます。「ベストよりベター」という言葉はまさに今の時代に必要な考え方だと思っています。アカデミックで真理を探求する世界はまた別かもしれませんが、ことビジネスにおいてはこれが今の時代の求められるスタイルだと考えています。私はこれを勝手に「7割GO」と呼んでいます。7割OKなら進もうという考え方です。

あの天才集団、Googleも失敗を続けながら成長している企業であることをご存知でしょうか?

Googleはシリコンバレーから世界規模の企業へと発展していますが、提供サービスの全てが成功しているわけではなく「同業他社に敗れたサービスをすぐに切り捨てる」という見切りの素早さで失敗のダメージを最小限に抑えています。そんな提供が終了したGoogleのサービスがまとめられており、当時愛用していたものや、「こんなサービスもあった!」と思い返すことができるようになっています。

引用元:Gigazine「Googleの消えたサービス・製品まとめ、存在すら忘れられていそうなものも」

詳しくはURL先に紹介がされているのですが、Googleは次々と新しいアプリやビジネスを生み出し、そして支持を得られたものだけが生き残っているのです。つまり、多死多産のカルチャーを持った企業なのです。Googleも完璧主義ではなく、7割出来たらリリース、市場の反響を見て良くなければ捨ててしまい、支持が得られるものの完成度を高めるということをずっと続けているのです。

 

そもそも完璧な人はいないという事実

そもそもの話、完璧な人は世の中に一人たりともいません。

皿洗いの達人がいたとしても、1万枚お皿を洗えば1枚は手が滑ってお皿を割ってしまうでしょうし、名作を生み出すのベストセラー作家でも、作品のすべてが高い品質で支持を得られているわけではありません。人は失敗をする生き物で、完璧ではないのです。その前提に立って考えると、あまりにも完璧主義になるとかえって不幸になるのではないかと思うのです。ベストを目指す思考がすぎると、いつまで立ってもスタートすることが出来ません。投資などではそれが特に顕著です。底値で買って最高値で売れれば絶対に儲かるわけですが、そんな事が出来る人は世の中にいないのです。でも、売るときより買うときに安ければそれで利益を出すことが出来る。ベストよりベターを目指す思考こそが、今の時代が必要だと思っています。もちろん、出来る限りベターを追求することは重要ですし、ものによっては7割ではなく、8割、9割を目指していくべきです。

あまり完璧を目指しすぎて立ち尽くしてしまうくらいなら、失敗をしてもまずは一歩を踏み出し、そして止めない人が今の時代の成功法則なのです。

 

 

torokuword1

黒坂岳央の公式メルマガ、毎週土曜日配信中!
迷惑メールや詐欺商材をセールスする代わりに、有益な情報を無料でお渡しております。時々、メルマガ会員だけの動画や音声コンテンツをこっそり渡したり、内緒でセミナーなどのイベントのお誘いをしています。※下記にメールアドレスを入力後、ボタンを押すとメルマガ登録できます。

※不要なら3秒、なんなら1.5秒で退会出来て、その後は二度と送りません。どうぞお気軽に登録してみて下さいね…。


 

黒坂 岳央

高級フルーツギフトショップ経営、雑誌・テレビのビジネスジャーナリスト、作家、講演家、投資家と幅広く活動。 元・高卒ニート&フリーターだが、米国大学留学を経て外資系勤務後に起業。 メルマガも書いてます→https://takeokurosaka.com/mailmagazine/

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to top button
Close