生き方・人生論

「○歳限界説」は単なるプラシーボ効果である

こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
※Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

世の中には「○歳限界説」という言葉がありますよね。

・転職は35歳が限界である。
・プログラマーの旬は35歳まで。
・婚活も35歳まで。
・起業は30歳まで。
・フリーランスが出来るのは50歳まで。
・英語学習は10代までにやれ。

「この年齢を超えるともうダメ!まれに例外はあるものの、多くの場合は諦めるのが懸命だ」

と思っていませんか?いろんな考え方があるかと思いますが、私個人としては「○歳限界説」は完全に無視していいと思っています。否、この考えに触れることで人生の可能性を閉じてしまう、「入れてはいけない概念」とすら考えているのです。

 

○歳限界説は絶対確実ではなく、単なるデータに過ぎない

〇〇歳限界説というのは、平均値・中央値のデータです。統計をとってみたら「婚活は35歳を超えると、難しくなるケースが多い」というデータに過ぎません。ですので、35歳を超えると絶対に婚活しても成功しないか、というとそんな事はありえません。

婚活の例で言えば、35歳を超えても、40歳を超えても結婚が不可能になるなんてないと思っています。年齢が上がると男女ともにマッチングする可能性が減るのは確かに事実です。仮に私が40歳から婚活をするなら、かなり年上までを許容範囲に設定して婚活をすることで成婚率を高めにいくでしょう。相手の年齢が高いことを許容する人は平均的に見て少ない、というマッチング率の問題なのです。

プログラマーだって35歳を超えてもバリバリの人もいますし、有名な話ですがKFC(ケンタッキーフライドチキン)のカーネル・サンダースさんは65歳で起業して1000回以上断られてもめげずについには成功しています。ただデータで見るとそのパターンは少なかったというだけなのです。イコール「○歳限界説の年齢を超えているからダメだ」という考えを持つべきではないと思います。

 

○歳限界説はプラシーボ効果

プラシーボ効果(プラセボ効果)という言葉をご存知ですか?

プラセボ効果とは、偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられることを言う。この改善は自覚症状に留まらず、客観的に測定可能な状態の改善として現われることもある。原病やその症状自体の改善というよりは、「薬を飲んでいる」事による精神的な安心感の方が目的となる事もあり、このような単なる安楽は通常偽薬効果には含まれないが、その区別が難しいこともある。

引用元:Wikipedia

要するにプラセボ効果とは、「自分は風邪だ」と思いこんだら本当に風邪っぽい症状が出るし、「自分は終わり」だと思い込んだら本当に終わりになるような思考・行動になってしまうというものです。思い込みにはすごい力があります。プラセボ効果はそれがウソや間違いだと指摘された後でも、継続的に思い込んでしまうということがアメリカの研究で明らかになりました。一度、頭にいれるともう出ていかなくなってしまう怖い症状なのです。

話を戻します。「自分はもう○歳だから」と自分でいう人はその通りになってしまいます。「34歳まで婚活頑張ったけど、もう35歳になったから諦めた」という人はそれが単なる思い込みにすぎないのに、本当に35歳になると婚活を辞めてしまったりします。

○歳限界説を信じ込んでしまうと、年齢の奴隷になってしまうだけです。単なるデータを自分を含めた万人に当てはまるものと思い込む事は「百害あって一利なし」でしかありません。

 

人は常に自分で限界を作るもの

私は「常識では~」という言葉は思考を停止させる悪いワードなので、絶対に使わないようにしています。

常識という言葉を使った瞬間、もうその先にある無限の可能性、無限の違う選択肢を捨ててしまう事になります。○歳限界説もある種、同じ意味合いを持っていて「○歳だからもうだめ」というのは常識に人生を殺された人です。

「人は何歳からでも人生を好転させられる」

私はこのことを心の奥底から信じ切っています。そのことを自覚したのは数々の経験によるもので、例えば私は英語を独学で23歳からスタートしました。「もう遅い」と何十回言われたか分からないくらいでしたが、今では英語本を出版し、英語ビジネスを立ち上げています。起業は30歳からスタートして、「20代じゃないと体力的にしんどいのでは?」という言葉を頂いたこともありましたが、今のところは無問題です。周囲の起業家も40代・50代で年収5000万、人によっては1億円超も何十人も見てきました。

人は常に限界を自分の中で作っています。人によって限界を作られているように感じるかもしれませんが、それは人から間違った情報をもたらされて染まってしまっているだけなのです。自分は○歳限界説をいくら言われてもまったく信じないですし、完全に無視するでしょう。データ上はそうでも、自分にはまったく関係のない話だと思っているからです。

○歳限界説で自分の人生に限界を作らない方が良いと思います。年齢の奴隷にならず、いつからでも人生はやり直せると思っている人のみが、本当に好転できるチャンスを掴めるのです。

 

torokuword1

黒坂岳央の公式メルマガ、毎週土曜日配信中!
迷惑メールや詐欺商材をセールスする代わりに、有益な情報を無料でお渡しております。時々、メルマガ会員だけの動画や音声コンテンツをこっそり渡したり、内緒でセミナーなどのイベントのお誘いをしています。※下記にメールアドレスを入力後、ボタンを押すとメルマガ登録できます。

※不要なら3秒、なんなら1.5秒で退会出来て、その後は二度と送りません。どうぞお気軽に登録してみて下さいね…。


 

黒坂 岳央

高級フルーツギフトショップ経営、雑誌・テレビのビジネスジャーナリスト、作家、講演家、投資家と幅広く活動。 元・高卒ニート&フリーターだが、米国大学留学を経て外資系勤務後に起業。 メルマガも書いてます→https://takeokurosaka.com/mailmagazine/

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to top button
Close