ビジネス

人工知能になりきれば、人生で成功できるという話

こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
※Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

あなたは「人工知能」「機械学習」「ディープラーニング」というワードを聞いて、違いを理解することが出来るでしょうか?人工知能については、まだまだ一般的に正しい認識がされておらず、「将来、人間の仕事を奪ってしまう脅威だ」と”誤解”をしている人も多いと思います。

人工知能が学習をしていくことで、力をつけていくプロセスは、私やあなたといった「人間」が知識や経験を積み、より賢くなっていく事ができます。私は最近、自分が人工知能になったつもりで、日々ビジネスやトレードに取り組んでいるほどです(笑)。

そう、今回の話は「人工知能を理解し、あなたが人工知能になってください」というものです。

 

ざっくり、人工知能ってなあに?

「これ一枚で人工知能の概略が分かる」という画像がありますので、下記にシェアさせていただきますね。↓

画像引用元:itmediaより

 

あなたに理解してもらいたい用語を下記の通りざっくりまとめました。

・人工知能…人間の知能をコンピューター上で再現したもの。
・機械学習…データを解析して、法則性やルールを見つけ出す手法。
・ディープラーニング…コンピューターが自ら理解、判断をして答えを得ていく手法。

教師なしで自己学習していく人工知能のディープラーニングの進歩は凄まじく、例えば自動運転車が道路標識等を画像認識して、「発進」や「停止」をしながら運転をするという事ができてしまいます。世の中にある、膨大な道路とそこに置かれた道路標識を全部機械に教えていたらキリがありません。しかし、今のコンピューターは自分で「これはこういう特徴があるから、一時停止をするべきだ」と判断します。まるで本物の人間のような精度の高さです。

人間がルールを教え、膨大なデータを入力する。後はそれを自分でエラーを修正しながら学んでいく、というのが人工知能が有する機能である事を理解できたところで次に進んでみましょう。

 

人工知能から人間は何を学ぶか?

数年前、「アルファ碁ゼロ」というGoogleが開発した人工知能が、人間を完全に超えたというニュースが話題になりました。囲碁の世界は人工知能が人間に勝利した、という話です。この話の何がすごいのか?それを下記に引用します。

「アルファ碁ゼロ」の何がすごいのかというと、「強化学習」のみで開発されたという点です。人間が教えたのは、囲碁の基本的なルールだけ。後は「強化学習」による自分自身との対局のみで打ち方を自己学習しました。最初はむちゃくちゃな打ち方をしていたそうですが、学習を始めてからわずか3日後には「アルファ碁」を相手に100勝無敗を達成。そして40日後には、柯潔(か・けつ)九段を倒した「アルファ碁マスター」を圧倒するレベルに到達したとのこと。

引用元:価格ドットコムマガジンより

「自分はどこを目指すべきか?」

そんなゴールだけを示された状態の人工知能が、何度も失敗を重ねて僅かな期間で人間を超えてしまうというのは脅威です。

私は当時、この記事を読んだ時に「人工知能から人間は学ばなければいけない」と感じました。人工知能ができて、人間にできないこと。それは合理的な学習や処理速度だけではありません。それは、「挫折」です。

人間はどうしても失敗を恐れます。一度失敗してしまって、「もういいや。やる気が無くなった!」と放り出してしまう人も少なくありません。でも、人工知能に「挫折」という言葉はありません。何度失敗しても、「何あれ?バカみたい」と嘲笑されるようなバカな行動をしてもめげずに、せっせと失敗と学習を繰り返しています。これが人工知能にできて、人間にはできないことであると私は思います。

 

失敗はこの世に存在しない

私は日々、ビジネスやトレードに挑戦する過程で、自分が人工知能になったつもりで取り組んでいます。うまくいかなかったことを「データ」として冷静に捉えて、何が原因だったのか?どうすれば再発防止が出来るか?という事を淡々と学習を続けて、前へ前へと進んでいっています。知識や情報を得て、行動をして経験を積み重ねていく…こうした日々の人生経験はまさに、「人工知能の機械学習とディープラーニング」なのです。少なくとも私はそのつもりで取り組んでいます。

この概念を持った時、私の中から「失敗」という文字が消えました。失敗はエラーデータを集めて、成功のためにアップデートを続けるためのものでしかありません。バカにされても、恥ずかしいと感じても、無視してどんどんエラーを重ねていこうという気持ちになりました。Googleのアルファ碁ゼロは最初の頃、デタラメな打ち方をしていたのですが、その「失敗」があったからこそ、今はものすごく強いわけです。

人間が挫折する時、必ずそこには心で躓いているという事実があります。ぜひ、人工知能の機械学習とディープラーニングの手法を理解し、日々の生活に役立ててもらいたいと思います。

■無料で不定期配信している「黒坂岳央の公式メールマガジン」。ためになる情報や、読者限定企画、イベントのご案内、非公開動画や音声も配信します。

黒坂 岳央

高級フルーツギフトショップ経営、雑誌・テレビのビジネスジャーナリスト、作家、講演家、投資家と幅広く活動。 元・高卒ニート&フリーターだが、米国大学留学を経て外資系勤務後に起業。 メルマガも書いてます→https://takeokurosaka.com/mailmagazine/

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back to top button
Close