日本人の英語資格に対する熱は、すさまじいものがあります。

その熱量を反映するように

「本屋でワンコーナーすべてが英語資格の本で埋め尽くされている」

という光景も決して珍しくありません。

(ま、海外の人には日本人の英語熱はかなり異様に映るようで、

向こうのメディアに取り上げられたりするみたいですがw)

 

この写真を見ると、日本人の「英語資格熱」がハンパない熱量である事が伝わってきます。

画像引用元:STEP Association「書店の英語コーナー」よりお借りしました

 

人によっては英語資格を「宗教の信仰」のように考えている人もいて、

「資格さえ取れれば、それで人生を逆転できる!」

と思っていることも珍しくありません。

 

ですが資格は投資!

 

投資ですから「資格からのリターン>投下する時間とお金」

という公式を満たさなければいけません。

 

そこを踏まえて、メリットのある英語資格の取り方をご紹介出来ればと思います。

 

黒坂の英語資格歴

あいにく、私は夜にあるすべての英語資格をお教え出来るわけではありません。

自分が実際に取得したり、活用した経験を持っているものに限ります。

ですので、受験経験のない「国連英検」や「IELTS(アイエルツ)」についてはさっぱりわかりませんw

このブログでは、次の資格についてお話をさせていただくことが可能です。

(今後も随時、記事は追加していきます)

 

英検

TOEIC(トーイック)

TOEFL(トーフル)

US.CPA(米国公認会計士)

IFRS(国際会計基準検定)

 

私はこれらの英語資格に取り組んできました。

そして周囲を見てみると、これらの英語の資格について、

多くの人が思い違いや実態と違ったイメージを持っていると感じる事があります。

 

このページではそんな誤解を解いて、

正しい英語の資格について語りまくろうと思って作成されました。

 

英語の資格の成功と失敗とは?

あなたは英語の資格について、

成功と失敗ってなんだと思いますか?

 

「英語の資格の最大の成功は英語力の向上。

そして失敗は、やりすぎのムダ」

 

ということです。

 

「あれ?失敗というのは資格が取れなかったことなのでは?」

 

と思われたかもしれませんね。

 

いえいえ、英語の資格資格は取れたか?

取れなかったか?

という0-100の問題で考えてはいけません。

 

大学受験の合否などと、英語の資格試験の合否は分けて考える必要があります。

 

大学受験は成功しなければ意味がない

たとえば大学受験は分かりやすく、0-100で考えるべき問題です。

なぜなら合格・不合格の間にはものすごく大きな違いがあるからです。

合格すれば、志望校のキャンパスを歩き、

不合格なら、自宅か予備校で一年間お勉強のやり直し…。

 

両者の結果の違いは歴然です。

 

ですので、大学受験は合格してナンボ、不合格だと

どれだけ合格に近くても無意味なのです。

 

英語の資格試験の真価は英語力を高めるため

が、英語の資格はそうではありません。

役に立つ英語力とは「英語の実務運用力」、これがすべてです。

 

TOEIC900点取れても、経験不足で

運用力があまりない人は割といます。

TOEIC300点、英検5級合格という人でも

英語の現場でバリバリ使えるなら、

評価されるのは後者です。

 

ということは英語の資格は英語力向上のきっかけや、指標に過ぎないということです。

英語の資格試験は免許とは違います。

スコアだけ取れても、運用力がなければ仕事はさせてもらえないのです。

真の英語力が備わっていなければ、たとえTOEICスコアが高くても意味はありません。

ですので、あまりにも英語資格の信者にならないことです。

 

ちなみにこの観点から言えば、

私は特に英検を強く推奨しています。

 

英検は「受験勉強=英語力の向上」

に直結しやすい優れた試験です。

ですので、たとえ合格できなくても、

試験を通して実力を付けることができれば、

それは素晴らしい成功と言えるわけです。

 

【英検】過小評価されるも、TOEICなどよりはるかに優れた実力がつく試験

私は個人的にも英検という検定試験が大好きで、英語学習者には

「英検を受けましょう!」

と積極的に勧めています。

ぶっちゃけ、

「資格としての価値が英検にあるのか?」

そう問われると答えは「NO」です。

私は英検1級を取得しましたが、この合格した事実が

何かの役に立った事は一度もありませんw

でも、英検1級を取るために単語の暗記やスピーチの練習をしたことは

ものすごく役に立ちました。

 

前述した通り英語の真の価値は

「実践的な英語力」

であって、資格そのものではないはずです。

そう考えると、試験がよく作られていて受験勉強の過程で

英語力を向上させてくれる英検は本当に素晴らしい試験だと思います。

 

画像引用元:英検公式サイト

 

たとえ検定に合格できなくても、

英検を受験すると、詳細なレポートを受け取ることができます(引用した上の画像だよーん)。

これにより、自分の弱点や課題がよく見えるので

そのフィードバックを元に勉強を頑張る、

という好循環を生み出すことができます。

 

それではここからは、英検にまつわるオススメの記事をご紹介します。

 

狂ったようにTOEICを受けるより、あなたは英検に挑戦するべきだ

2019年4月8日

日本人はTOEIC試験より、もっと積極的に英検を受験するべきです。

英検は詳細はフィードバックが得られるので、

受験するほど実力を伸ばせますが、

TOEICはスコア以外何も分からないので

「試験を通じて英語力を付ける」

ということが難しいのです。

そんな英検の良さを語り尽くす記事です。

 

「英検は役立たず、TOEICが重要」という考えは間違い

2018年10月7日
「英検は検定試験を合格しても役に立たない。TOEICはキャリア面接などで効力を発揮する」

という話がありますよね?

これって本当に正しいのでしょうか?

それとも間違っているのでしょうか?

あまり光の当たらなかった「英検とTOEIC」

に光を当てる記事です。

 

転職でチビるほど役に立つのは、TOEICと英検のどっちかの結論を出す

2019年9月22日

転職市場では英検とTOEICのどちらが有利になるのでしょうか?

「英検はアカデミック英語、TOEICはビジネス英語」

このような主張がありますが、それは本当に正しいのでしょうか?

この疑問にしっかりお答えする記事になっています。

 

英検準一級対策

英検を死ぬほど愛するオレが「英検準1級」にまつわる「ウソとホント」をガチで解体新書する

2019年9月26日

「TOEICに換算したスコア」、「大学レベルの英語の試験」

など英検準1級にまつわるおかしな噂はたくさんあります。

おかしな噂をたたっ斬り、真実を述べる記事です。

 

【準備と対策編】英検準1級合格に必要な勉強法を伝える【ガチ初心者カモン♪】

2019年10月1日

英検準1級に興味を持っても、いきなり突撃してはいけません。

まずは試験の概要を理解し、戦略を練るところからスタートです。

何をどうするのかをあますことなく語ります。

 

 

【試験攻略編】英検準1級の合格をもぎ取れ!【初心者に見てほしい】

2019年10月4日

英検準1級には攻略法があります。

もちろん、英語力を測る試験ですから、英語力をつければ必ず合格できます。

しかし、確実に点数を積み上げるための方法論というものもあるのです。

 

英検1級対策

「英検1級は難しすぎ」なんて盛大なる大ウソ

2019年2月16日

あなたは英検1級にまつわる次のようなうわさを聞いたことがないでしょうか?

「英検1級はあまりにも難しく、ネイティブですら落ちてしまう」

「語学オタクにはいいかもしれないが、実用的とはいえない」

といったものです。

いえいえ、そんな事はありません。

英検1級は確かに簡単とは言えませんが、

あなたが思うほど難しい試験ではありませんし、

役に立たない試験でもありません。

英検1級の真の姿を、この記事で理解するようにして下さい。

 

【準備と対策編】英検1級合格のための勉強法と攻略法

2019年2月22日

なかなか難しい英検1級にパスするための、

勉強法・攻略法について解説をしています。

どんな勉強をすればいいのか?どうやって試験を攻略するのか?

ガッツリと解説をします!

英検2級・準1級にも通ずる話ですので、

英検攻略に興味のある人は必ず目を通しておくようにしましょう!

 

【試験攻略編】英検1級合格のための勉強法と攻略法

2019年2月22日

上記の記事が準備編だったのに対して、こちらの記事は攻略編です。

手強い英検の検定試験をどうやって攻略をするのか?

試験直前に目を通すことで、

本番で失点せずに済むアドバイスが盛り沢山です。

 

【US.CPA】グローバル資格で「英語×会計」で世界を舞台に戦え!

英語力を上手に活用するには、

「英語力×専門スキル」

がサイキョーの活用法です。

 

私はこの事を大学時代に理解し、

その専門スキルに「会計」を選びました。

「英語力×会計力」を引っさげて

東京の複数の外資系企業で

ファイナンス部門にて働いていました。

 

その経験からいえば、

英語力の真の価値を発揮できるのは、

こうした専門スキルとの組み合わせです。

 

「ハイハイワロスワロスww 英語だけでも大変なのに、その上また別のスキルも身に着けないといけないなんてオレには無理ゲーだぜ!」

 

と思われそうですが、まあ落ち着いて聞いて下さい。

 

実は専門スキルを英語で学ぶ、

いうのはそこまでハードルは高くありません。

 

たとえば日本の会計スキルの資格といえば、

簿記・税理士・公認会計士

と言ったものがあります。米国にも同じような資格がありますが、

試験の難易度はアメリカの方が圧倒的に簡単です。

私は米国公認会計士の勉強をしに、

アメリカの大学に留学していました。

帰国して日本の公認会計士のテキストを見てそれを痛感させられました。

 

英語力を活用できて、

会計スキルという専門性を活かす事が出来る。

それでいて難易度もそこまで高くはない、

でも社会的にはかなりの信用と高評価を受ける事ができる。

そんなおいしい話が「英語力×専門スキル」という売り方なのです。

以下の記事では会計スキルにフォーカスして解説をしています。

 

「英語力+専門スキル」ならアメリカの資格を取りなさい

2018年10月13日
英語力を活かして、専門スキルを売っていくなら

アメリカの資格を取るのがおすすめです。

これはアメリカ人が受験し、合格し、アメリカ社会で評価される試験のことです。

大丈夫、尻込みする必要はありません。

経験者の立場で言わせてもらうと、本当にあなたが思うほど難しい話ではないのです。

 

「会計」という、英語との親和性が高いサイキョーのビジネススキル

2019年5月23日
会計という分野は、いくつか魅力があります。

1.経営判断に関わる立場は、将来的にAIに取られる可能性が低い。
2.その気になればボーダーレスに全世界で活躍出来る。
3.専門家としての市場価値が高い。

これらの魅力を備えた会計スキルの強さを、私は外資系を渡り、転職をする際に肌感覚で理解できたつもりです。

 

US.CPAという世界資格を取れば一生食いっぱぐれる事はねーぜって話

2019年5月24日
会計の資格にはいくつも種類がありますが、

中でも最もおすすめのものが、US.CPA(米国公認会計士)です。

この試験の素晴らしいところは

ものすごく高い英語力がなくても学習開始が出来るという点です。

TOEIC500点前後あれば、問題を解いて

英語力を高めながら会計スキルもゲットできます。

つまり、英語力と会計スキルを同時に得られるのです。

 

英語学習を持続するためのツールの紹介

まあそうはいっても、キレイゴトだけで英語学習は成功できませんよね?

「ハイハイ、たしかにいいこと言っていると思うよ?

だけどな…継続するのってクッソ難しいんだよぉお!」

と普段の仕事のストレスも相まって

ここで思わず泣きが入ったあなたに、

検討してもらいたいものがあります。

 

【無料】継続ができない英語学習を、絶対に継続させるスーパーツール配布中!

2018年12月11日

英語学習の継続は死ぬほど難しいですよね?

挫折の天才だった私は、その気持ちは痛いほど分かりつもりです。

そんな私が「過去に挫折しまくっていた自分がこれに出会っていれば…」と

思えるツールを用意しました。

サーセンw 有料で2,000円なのですが条件を満たせば無料でお渡ししますw

 

【動画】英語学習者が必ずぶち当たる「伸び悩み」の壁をブチ壊す方法とは?

2019年7月2日

英語学習挫折者の90%以上が「伸び悩み」というスランプに殺されています。

科学的にスランプの壁を打ち壊す方法を、動画で解説します!

 

英語学習法を動画講座で学ぶ

ここまでたどり着いたあなたはきっと誰よりも

「うわああ英語学習を極めてぇ!!」

と足をバタバタさせ、悶絶していることでしょう。

「でもさ…もうこれ以上文字読むのマジダリィ…」

とも考えていると思います。

はい、そんなワガママちゃんなあなたに動画で

 

「最強すぎる英語多読」

 

についてガチで解説します。

英語多読を極めることで、英語の資格試験も突破することができます。

ブログでは語っていない内容も語り尽くしているので、

気になったら登録してみるといいッスよ!

 

もちろん無料。

 

うさんくさい、詐欺っぽいうぜえ事は一切しないので、安心して参加して下さい。

 

ぶっちゃけ、このノウハウを知っている、知らないのとでは、

天地ほど差がつきますぜ?

「知っている側」に今すぐ来て下さい!

>>>クリックで動画講座ページにぶっ飛ぶぞ!