【自己診断】あなたは本当に英語学習に本気か?をズバリ当てます

オレだ。

 

世の中では「ガチ」とか「本気」という言葉が、

「行けたら行くわ」レベルに軽々しく使われている。

中には「死ぬ気で」と言っているくせに、

どう見ても絶対に死ぬ気ゼロ!

まるでパラシュート付けてバンジージャンプやるようなお花畑な学習者さんも多い。

 

今回の記事では、あなたがいう「英語学習、本気でやります!」を診断することで、

今一度、英語を本気でやれているかどうかを見直してもらいたいんだ。

 

その結果、もしもまだまだ本気でないと分かったら、

今度こそスマホをメルカリに出すレベルで本気で英語の勉強をしてくれ。

 

結論

オレからこの記事で伝えたい結論を受け取ってくれ。

 

オレは英語を多読することで、独学で英語力を身に着けた。

TOEIC985点、英検1級を取得。

米国の大学に会計学専攻で留学し、複数の外資系企業で英語を使って働いていた。

今も英語教育ビジネス、英語ビジネスジャーナリストという仕事をしている。

 

この記事でオレが話したい内容は、

 

・英語が本気の人と、やる気の人は何が違うのか?

・本気でやらないと英語が成功しない理由とは?

 

こうしたことをすべて語っていく。さらに、

 

・具体的にどうすれば英語学習で本気の状態を作れるのか?

 

といった話もガンガンしていく。

この記事はネットでテキトーにググって出てきた情報を寄せ集めたのではなく、

オレ自身が現役英語ユーザーとして体験談やデータを交えた一次情報なので割と有益だと思うよ。

 

【動画講座】独学&英語多読であなたは英語ペラペラになる

「英語を独学でペラペラとカッコよく話せるようになりたい!」
「スクールや留学はムリ…。できるだけコストを抑えて、独学でマスターしたい!」

あなたがもしもそう思うなら、英語多読をはじめてくれ。

「でも、初心者で知識がなくて、英語多読についてよく知らないし…」って人は、

安心しろ。無料の動画でガッツリオレが解説するぜ。

今すぐ講座を受講する

英語の勉強が第一優先である

「本気の人」は常に挑戦が第一優先だ。

 

そして本気の英語学習者にとっては、

英語の勉強が第一優先なのは、

もはやサルがバナナを食べるくらい当たり前の話なんだ。

 

先日のオレのツイートを見てもらいたい。

 

プロ野球選手の大谷翔平さんを見て、あなたはどう思っただろうか?

 

「せやかて、飲み会も楽しいんやで? たまには息抜きも必要やで?」

 

とか思った人は外野で球拾いからやり直してくれ。

大谷選手レベルだと野球は仕事であり、野球の息抜きに野球をするのだろう。

オレがガチゲーマーだった頃にバイオハザードのタイムアタックに疲れたら、

ストリートファイターでコンボの練習をしていたのと同じ話だ。

何が言いたいかというと、ガイル相手にザンギエフで勝つのは難しいってこと。

 

ちなみにオレは現役で英語学習をガチっていた時は、

勉強に集中するために当時働いていたコールセンターの人間関係や、

ゲーム機や携帯電話なんかも捨てた。冗談ではなくマジで物理的に捨てた。

 

大学入学後は、米国会計の勉強に集中するために、

友達から誘われて作ったMixiやFacebookも速攻でログインしなくなったし、

飲み会とかも全然いかなかった。サークルも部活もオールお断り。

 

「今日くらいはいいよね?」ってノリで、しょうもない飲み会とかいっているようでは、

残念ながらあなたにとって英語は「本気」ではなく、

単に「やる気」でしかなかったということだな。

 

「英語の学習目的」を具体的かつ即答できる

あなたは何のために英語をやっているのだろうか?

 

「将来不安だから備えるため」

「これからはグローバル時代だから」

「外国人の友達できたらドヤれる」

「ペラペラ話せるとかっこええやん? マウントできるやん?」

 

こうした目的しか出てこないなら、残念ながらあなたは全然本気とは言えない。

このオレのレベル99の煽りにムカついたかもしれないけど、

ホイミスライムの攻撃力並に弱いんだよこんな動機じゃ。

 

<関連記事>英語を頑張る目的で一番良い動機はこれ。

挫折せずに英語を最後まで頑張れる目標設定は「お金を稼ぐ」がベストである納得の理由

2021年1月8日

 

オレはきれいごとを言わない。

ぶっちゃけるけど、英語学習は辛い要素は少なくないんだ。

 

英単語をたくさん覚えたり、慣れない英文法を学ぶ過程は結構辛い。

やればやるほど、習慣化して慣れていくけどそれまでが簡単じゃない。

 

しかも英語学習はゴールまでの道のりはかなり長い。

だから絹ごし豆腐みたいなヤワヤワな動機ではなく、

オリハルコンくらい頑健で具体的な学習目的を持ってくれ。

 

ちなみにオレが現役の英語学習者だった時は、

英語を勉強する目的はざっくり言えば、

 

「人生は常に自堕落で、運否天賦の流れに身を任せていたクソッタレな人生をひっくり返すため」

 

というざわざわするものだった。より具体的には、

 

「ビジネスで通用するレベルの英語力を身に着け、英語で専門知識を獲得することで、

 労働市場で希少性のある人材になって、27歳新卒というハンディをクリアすること」

 

というプランを大学時代から持っていた(入学当初ではなく、途中から固まったっていったが)。

 

常に頭の中にこのような英語を活用する将来プランを反芻していたから、

突然、英語学習の目的を問われても即答できる状態だったよ。

 

途中、なかなかにアホンダラな苦労もしたけど、

なんとかこのプラン通りに事が運んで、大卒時には

「英語力 ✕ 会計スキル」でなんとか外資系企業に潜り込めた。

 

もう一度問うけど、あなたは何のために英語を勉強するのだろうか?

その目的は強烈なモチベーションを生み出し、

学習途中で挫折せずにゴールまでいけるだけの強さだろうか?

抽象的ではなく、具体的で実現可能性のある英語力を活用するプランを持っているだろうか?

それらを聞かれたら、淀みなくスラスラ即興で回答できるだろうか?

 

これらにYESと言えるならあなたは本物だ。

逆にどこかで詰まるようなら、まだまだ甘い。

チーターに追われて必死に逃げるインパラを見習って

もっと真剣に英語に取り組んでくれ。

 

【動画講座】独学&英語多読であなたは英語ペラペラになる

「英語を独学でペラペラとカッコよく話せるようになりたい!」
「スクールや留学はムリ…。できるだけコストを抑えて、独学でマスターしたい!」

あなたがもしもそう思うなら、英語多読をはじめてくれ。

「でも、初心者で知識がなくて、英語多読についてよく知らないし…」って人は、

安心しろ。無料の動画でガッツリオレが解説するぜ。

今すぐ講座を受講する

英語のために「恥」「プライド」を捨てているか?

最後に英語学習をする上で、「恥」とか「プライド」は捨てられているか?を自問してくれ。

オレは世の中で、恥やプライドを守るために、英語学習を放り捨てる人が多すぎてビビっている。

 

「人前で下手な英語を聞かれるのが恥ずかしい」

と英会話グループレッスンでだんまりな人。

「英語を口に出すなら、完璧で間違いないものしかかっこ悪くてむりぽ」

とまるでベジータのようなプライドの持ち主。

 

オイやめろ。そんなくだらないプライドや恥を持っていても、

1ミリも英語力は伸びないぞ。

 

恥やプライドがあると、英語力が伸びないというのは論理的に説明できるんだ。

 

英語力はインプットとアウトプットのフェーズに二分できるんだけど、

アウトプットとはインプットした知識を出す訓練のことなんだ。

手から出すならライティング、口から出すならスピーキングだよな?

けど、恥やプライドがジャマしてアウトプット量が減るなら、

シンプルに上達が遅くなってしまう。

 

恥やプライドなんてクソの役にも立たないゴミだ。今すぐ捨てろ。

 

厳しいことを言うけど、世の中誰もあなたのことなんて見ていない。

よしんば、ミスがあったとしても5秒後には忘れてるし、

晩ご飯でとんかつが出てきたらどうでもよくなる。

 

「あの日、あの時、あんなミスをして恥ずかしい」

 

まくらに顔をうずめて足をバタバタするように

鮮明に記憶しているのは、世の中であなた一人だけだ。

 

オレは高校時代、北京原人と同じくらいの知能しかなくて

用を足した後にファスナーを閉め忘れて校内を歩いたことをネタにされた。

 

当時のオレは敏感すぎて、周囲の嘲笑に精神的大ダメージを食らった。

今でもその余波で化粧水は敏感肌用のを使っているくらいだ。

卒業後、一度だけ高校時代のクラスメートと会って、恐る恐る

からかわれた話をしたけど「なんだっけそれ?」と相手は完全に忘れていた。

そんなもん。

 

英語は厚顔無恥くらいでいい。

オレがいた外資系企業では、マレーシア人社員が明らかに文法的なミスのある

英会話をしていたけど、誰も気にしていなかった。

意味はちゃんと通じていたからな。

 

「ネイティブみたいな発音ができない」って気にする人多いけど、

そういう人の日本語は文法的に間違いだらけで、標準語とは異なる発音だけど不思議と気にしない。

 

けど、なぜか外国語になると、みんないきなり完璧を目指しはじめるんだ。おかしいよな。

 

間違っても堂々と英語を使って、経験値を高める方が圧倒的にメリットが大きい。

 

むしろ恥を気にして物怖じするくらいの人は、

本気度がおままごとレベルでしかない。

 

以上だ。あなたの英語が本気か?それともおままごとレベルか?

この記事でそれを自問した上で、今一度取り組んでくれれば嬉しい。

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

「私はいつになったら英語ができるようになるの?」
「こんなに頑張っているのに、まだできないなんて…」

そう嘆いているあなたの気持ちはハゲるほど分かる。

オレもそうだった。

あなたを英語ペラペラにするのは、

語学留学や英会話スクールではなく、

「英語多読」だ。

 

「英語で人生を変えたい人」限定で動画講座を受講してくれ。

↓↓↓

今すぐ講座を受講する


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です