英語学習は「順番」が重要!英会話練習からやる人は100%失敗する

「こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
※Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

 

お知らせ

先日のこちらの企画の購入者の方限定でお配りする動画ですが、

もうすぐ完成します。

すいません、少々お時間を頂いておりますw

 

さて、本題に。

 

同じことをやっても、うまくいく人、

うまくいかない人に分かれます。

 

スポーツでもそうですし、

ブログの集客でも

英語学習でもなんでもそうです。

 

そのほとんどの場合が

「正しい学習法をしていなくて、さらに学習量も足りない」

っていう、

「質」と「量」の両方がダメなパターンです。

 

でもね、不思議な事に同じことを学び、

同じくらい努力をしても成果が出る人、出ない人に分かれます。

質も量も変わらないはずなのに何ででしょうか?

 

例えば学習塾を見てください。

同じ教室で、同じ先生から、同じ話を聞いても

できる人とできない人に分かれますよね?

 

「生まれつきの才能の差」

 

って身も蓋もない結論じゃありませんよw

 

今回はその謎に迫ります!

 

物事には順番がある

物事にはたどるべき順番があって、

それを間違えるだけでうまくいかない事はたくさんあるんですよね。

 

「英語学習は正しい学習法をしっかり分量をこなすことだ!」

 

これはいつもいっていますよね?

 

「ハイハイ、いつもその話を聞いているからもういい加減理解できたよ。痴呆入ってんのかテメーは」

 

って思ったかもしれませんね。

でも大事なことなので何度でも言いたくなってしまう、そのくらい重要なことです。

 

でね、今回はこの主張にもう一つ付け加えさせてください。

それは…

 

「順番」が大事

 

って話です。

そう、世の中には

 

正しいやり方を、

必要な分量を

正しい順番でこなすことで成果が出る

 

という話があるのです。

 

例えば仕事で考えてみてください。

あなたは朝、出社すると周囲がざわめいていることに気づきます。

 

(オイオイ、なんだお!?みんなざわついているお?何があったんだお…)

 

そんな一抹の不安を覚えたところに上司がやってきます。

 

「やる夫!重要な取引先に社長がプレゼンをすることになった! この資料をお昼までに完成させてくれ! いいな?」

 

「え?昨日いっていた会議で配る資料はどうすればいいお?」

 

「そんなもんあとあと!! 取引先の新たなプロジェクト受注が得られるかどうかの瀬戸際だ! とにかく間に合わせてくれ!」

 

…って言われたら上司の言うとおりにまずは資料作成から手を付けますよね?

いつもどおりメールチェックするとか、

予定していた会議で配る資料を作ったらどうなりますか?

 

間違いなく上司にヌッ殺されますよね?w

 

そう、仕事をする上で成果を認めてもらうには、

「優先度の高いものから順番にやる」

ってことが大事なわけです。

 

順番が大事って話は他にもいくらでもあります。

 

料理なんかもそうです。

料理の「さしすせそ」を逆にすると、

できた後の味わいが変わるって話があります。

だから

「焼き飯に卵を入れるタイミングは最初か?最後か?」

というのも重要。

 

恋愛なんかもそうですよね。

プロポーズをしようと思ったら、

やっぱり順番って大事じゃないですか?

 

お昼は海の見えるカフェでランチ、

その後はお台場を散策して遊んで、

ディナーは静かな大人雰囲気のレストラン。

そして最後に花束を差し出して

「僕と結婚してくれ!」

ってのが正しい順番ですよね?

 

人通りが多い駅前のデートの待ち合わせ場所でいきなり花束を差し出して、

「僕と結婚してくれ」

っていったらどうなるでしょうか?

 

「ちょっとやめてよ! 周りで見てるじゃない!! アタシに恥をかかせた罪は重いわ!罰金よ罰金!!」

 

…うまくいくものもいかなくなります。

 

そう、物事を成功裏に導くには

「順番」

が死ぬほど重要なんですよ!

 

正しい学習法を、必要な分量こなす

 

これはすべての分野で求められることですが、

 

正しい学習法を、正しい順番で、必要な分量をこなす

 

ということも絶対に忘れないでください。

 

「体で覚える」という耳障りが良いだけのクソ理論

世の中の英語学習の多くが

ロクに成果が出ないのには理由があります。

学習の順番がトチ狂っている

これが原因なんですよね。

 

一番イカれているのは

 

「英語を身に付けたければまずは英会話をやりましょう!やっぱり言葉は生き物、生の外国語を使ってみて体で覚えましょう!」

 

みたいな提案です。

イヤイヤ、なんか正しいっぽく聞こえるけど実際ムチャクチャな主張ですからねw

 

体で覚えるのが正義!

 

英会話学校がこの主張を繰り返すのは、

「学習者に耳障りがいいから」

なんですよ。

つまり金儲け。

簡単に言えばこういう状態ですね。

 

だって、イケメン(or美女)と外国語会話をやるのって、

頭使わずに楽して簡単に英語力がつきそうな印象があって、

いかにも楽しそうじゃないですか?

まあ「実際楽しいから」問題なんですよねw

 

金髪に青い目のイケメン(or美女)を前にレッスンしたら

 

「ああ、この1時間に5000円払ってるんだな…。まあいいわ!John先生かっこいいし♡」

 

って英語学習の進捗とは別の部分で満足してしまって、

肝心の英語力がついているかどうか?

は見ないし、考えなくなってしまうんですよ。

 

アホか!?

 

って話ですよね。

 

「自動車の運転は座学じゃうまくならない! いきなり公道に出て実践訓練だ!」

って走り出すアホがいますか?

 

「自衛隊はお国を守る仕事だ! 手っ取り早く強くなるため、イラクの紛争地域に送り込んで実践で戦わせて強くなろう!」

ってなりますかね?ムリでしょ、死にかける度に強くなるサイヤ人じゃあるまいし。実弾で撃たれたら仙豆食べてもムリですね。

 

「投資は経験がすべて! 学ぶよりとにかくトレードを重ねて上手になりましょう!」

はい、それ一瞬で全財産消えますw

 

「体で覚えるのが一番」

「実践訓練こそが一番」

 

って理論は

基礎的な知識があって初めて活きる話ですよ。

英語もいきなり英会話からやるから

みんなレッスン代だけ支払って早々にオダブツ、

結果、

 

「お金だけおいていなくなってくれるなんてサイコーw」

 

って英会話スクールがホクホクしてるわけですよね。

 

ホラ、やる夫も泣いてますw

 

英会話は一番最後にやるべきです!

まずは頭の中に単語とか英文法を最短最速でインストールして

その後の仕上げでやるもんです。

 

私はアメリカの大学に留学した時は

「かなり英語ができる状態」

でいきました。

ですので、アメリカの大学にいる間は文法の勉強とか、

英単語の勉強に1秒も時間を使わず、

日々レポートを書いたり、

ディスカッションやプレゼンをやったりと

 

「ひたすら実践訓練」を積んでいましたね。

 

帰国したときには当然、実践訓練を重ねまくったことで

更にパワーアップして英語ができる状態になっていたわけですよ。

 

いいですか?

私は「留学とか英会話の訓練は意味がない」とは言いません。

必要な英語の基礎力を身に付けて、

最後の仕上げでやるから力がつくのであって、

いきなり最初から英会話の訓練なんてやるから、

ムダにコストが高いし、

力がついている実感が湧かずに挫折してしまうのです。

 

英単語と英文法がなければ会話もクソもない

さて、突然ですがあなたが

私の熱い語りを理解できるのは何でですか?

 

「狂ったこと言ってんじゃねえよ。そりゃあオメー…オレが日本人だからだろ?」

 

なるほど、まああたっていますよ。

日本人だからってのは、日本語が分かるからってことですよね?

私が

 

「順番、がいけ。ません、やっては英。語学習、が英会。。話から、」

 

っていってもあなたが理解できないのは、文法が破綻しているからです。

 

「ハァ?こいつ、ついにキレたかw おーい!誰か黄色い救急車を呼んでくれ!」

 

って言いたくなりますよね。でも、

「英語学習は順番が重要。英会話からやってはいけません!」

 

って正しい文法に則って話をしたら

 

「ホォー!?それで?なぜ?」

って思うでしょ?

 

英会話だって同じです。

英会話を理解するには、英単語や英文法の知識が必須です。

 

それを英単語をロクに知らない。

英文法の知識がまったくない。

 

「会話を集中的に頑張って上達しよう」

 

ってのは、はなからムリゲーなことは明白ですよね?

 

「She gave me some money to cover any miscellaneous expenses.」

 

って言われても英単語と英文法の知識がなければ、

 

「え?miscellaneousなんて言葉聞いたことネーぞ?」

「gaveってgiveの過去形だっけ?」

 

ってチンプンカンプンですから、

当然まったく意味が理解できませんし、

それに対して一言も会話を返せず、

ニヤニヤ笑ってごまかすしかありませんよね?

 

ですので、まずは英単語と英文法をインストールする

 

ってのを一番に取り組むことが重要なのですよ。

これこそが英語が使えるようになるために、

 

最短・最速かつ

ムダなお金と時間を使わずに済むメソッドです。

 

いいですか?

英会話の修行はあくまで最後に持ってくるべきです。

英単語、英文法の知識がしっかりある状態で

実践訓練を積めばそりゃあやればやるほど、

グングン力がつきますよね。

 

それはまるで、自動車学校で必要な道路交通法や運転の知識を学んだ後に

公道に出て訓練を積むようなものです。

そりゃあ初日より二日目、二日目より三日目。

1ヶ月毎日乗ればもう走りなれた道ならスムーズに運転できますって!

 

楽しそうだから、

英会話学校がそういうから、

イケメンの講師が「Hi! How are you doing?」ってウインクしたから…。

 

このような理由だけで英会話の訓練をやらないでください。

英語は順番が命、忘れないでくださいね!

黒坂岳央の英語講座、参加者募集中!

黒坂岳央の英語講座、参加者募集中!

「黒坂岳央の英語講座」の参加者募集中!

無料の動画講座をお楽しみ頂けます!

参加しなかった人は損をするって言っていいくらいのデキじゃねーかな?

知らんけどw

気になるならちらっと見てみればいいよw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です