「自分の意見」を英語で伝えるための勉強法

オレだ。

 

英語多読を教えていて、

「自分の意見を持てない悩み」

の相談を受けることがある。

 

「英検1級の二次試験のスピーチで、自分の意見を思いつくことができません…」

「ネイティブの英語を聞き取って、何を言っているのか理解できたのに、気の利いたことを言えず…。笑ってごまかしてしまいました」

 

このような悩みを相談されることがあるんだ。

気持ちはよく分かる。

 

昔、オレは薄っぺらい歌詞しか書けないミュージシャンレベルに

何を言っても「ペラッペラに薄い」ことしか言えずに悩んでいたからな。

 

結論

グダグダめんどい前置きなしで、ズバリ結論を言う。

 

オレは英語を多読することで、独学で英語力を身に着けた。

TOEIC985点、英検1級を取得。

米国の大学に会計学専攻で留学し、複数の外資系企業で英語を使って働いていた。

今も英語教育ビジネス、英語ビジネスジャーナリストという仕事をしている。

 

書籍出版やYouTube動画、ネット記事やビジネス雑誌、講演活動などで

自分の意見をバンバン発信する仕事をしているので、

それなりに「自分の意見を持つ方法」については理解しているつもりだ。

 

テキトーにググって出てきた薄っぺらい話じゃなくて、

ガッツリプロの目線で「自分の意見」を持つ方法の技術をあなたにお渡ししたい。

 

【動画講座】独学&英語多読であなたは英語ペラペラになる

「英語を独学でペラペラとカッコよく話せるようになりたい!」
「スクールや留学はムリ…。できるだけコストを抑えて、独学でマスターしたい!」

あなたがもしもそう思うなら、英語多読をはじめてくれ。

「でも、初心者で知識がなくて、英語多読についてよく知らないし…」って人は、

安心しろ。無料の動画でガッツリオレが解説するぜ。

今すぐ講座を受講する

「自分の意見がない人」は無視される時代に

日本が高度経済成長期にあった頃、

「自分の意見」なんて持つ必要はなかった。

 

一流大学を出て、一流企業に入って、休まず遅刻せず真面目に働いていれば

百貨店にある長いエスカレーターに乗っている感覚で、

自動的に待遇や年収もアップしていっただろう。

 

だけど、今は完全に時代が変わった。

現代はまさしく「個の時代」といって間違いない。

 

鋭い意見や専門知識を持つことができるなら、

会社という組織に属さなくても「個人の力」で生きていける時代になったんだ。

 

▲テレビ番組「たけしのTVタックル」に出演

 

自慢なんてくだらないマネをするつもりはないんだけど、

オレもフルーツビジネスを手掛けていて、

自分の思う意見をビジネス雑誌やネット記事に発信していたら、

 

テレビ番組やラジオ番組、講演依頼を受けるという経験をしてきた。

 

現代はこれまで以上に「自分の意見」を持っている人が尊重される時代になっている。

 

英語力だけではなく、自分の意見を持て

オレはアメリカの大学留学や、外資系企業勤務時代に

「自分の意見」を持つことの重要性を理解したつもりだ。

 

アメリカの大学では、大体どの授業でも100ページ以上のリーディング課題が与えられ、

授業中は、読んできた内容をスピーチやディスカッション、プレゼンを求められた。

その際に、評価されるポイントは

 

「これについて自分はこう思う」

 

という自分の意見の主張だったんだよな。

 

それができなければ、マッタク点数がもらえない。

 

そら、オレは単位をゲットするために死にものぐるいで読み込んだし、

必死に説得力のある意見を考える事になったんだ。

 

また、外資系企業で働く場合も、会議の場では

 

自分の意見を出せない社員は、無能認定される。

これが続けば会議に呼ばれなくなるからな。

 

ビジネスや学業の場だけじゃないぞ。

オレはアメリカに住んでいた頃、仲良くしていたアメリカ人から、

 

「オレがお前と友達になりたいのは、お前が日本人だからって理由じゃない。お前はよく面白い話をしてくれるからだよ」

 

って言われたことがある。

 

アメリカに住んでみて、問題に感じる点や日本より優れていると感じた点について

話をしたことを面白がってくれたんだ。

 

ビジネスでも、学業でも、人間関係でも、

「お前面白いこというやんけ」

ってノリでしっかりした説得力のある自分の意見を持っている人は人気者だ。

せっかく英語力を磨いたなら、自分の意見をしっかり伝える力も持ってくれ。

 

【動画講座】独学&英語多読であなたは英語ペラペラになる

「英語を独学でペラペラとカッコよく話せるようになりたい!」
「スクールや留学はムリ…。できるだけコストを抑えて、独学でマスターしたい!」

あなたがもしもそう思うなら、英語多読をはじめてくれ。

「でも、初心者で知識がなくて、英語多読についてよく知らないし…」って人は、

安心しろ。無料の動画でガッツリオレが解説するぜ。

今すぐ講座を受講する

「自分の意見」がない人の根本的理由

さて、ここからは「自分の意見が持てない理由」をガッツリと語っていこう。

ズバリ、結論として自分の意見が持てない人の理由は、「知識不足」が原因。

 

オレは今では色んなメディアで、ガツガツ忖度なしで自分の意見を主張しまくっている。

 

それができているのは、意見を出している分野について知識を持っているからなんだ。

逆に言えば、知識がない分野はオレも何もいえない。

 

たとえば女性のネイルについて、オレは何一つ分からない。

いいのか?よくないのか?

それすらもまったく意見がない。

 

なぜってネイルについての知識がなさすぎるからなんだ。

 

あなたが自分の意見を言えない

9割の理由は、知識不足にある。

 

逆をいえば、知識をしっかり仕入れれば解決するって話。

 

ちなみにオレの場合は、英語学習についてはガッツリ知識があるから、

語学留学がいいのか? 英会話スクールがいいのか? それとも英語多読がいいのか?

と問われても、自信を持ってそれぞれの学習法の

メリット、デメリット、コスト、時間など即答できる。

 

たとえ、人から激しく反対意見を言われても、怯まずに自分の意見を主張できるんだ。

それができるのは、オレが英語学習法について知識があるから。

 

あなたが自分の意見を持てなくて悩むなら、

まずはシンプルに勉強をして知識を仕入れてくれ。

これが自分の意見を持つための、ファーストステップなんだ。

 

意見と事実は別物

「自分の意見を持ちなさい」

 

とオレが言うと、時々勘違いする人が出てくる。

知識武装をして事実をブチかませばおkと考えてしまい、

ロジハラしちゃう人がいるんだよなw

 

でも「意見」と「事実」は似ているようで全然違う。

 

まずはここを抑えてくれ。

 

たとえばアメリカ人から

 

アメリカ人「日本人はなぜ、電車内でみんな居眠りしてるの?」

 

と聞かれたら、あなたはどう答えるだろうか?

 

日本人「そりゃ日本が安全だからよw 日本はアメリカと比べて殺人事件の発生率は56分の1しかないからなw」

 

とイキって回答したくなる人もいるかもしれない。

 

けど、よく考えるとこれは一見

「意見」を言っているようで、

単にデータという「事実」を示しているだけなんだよな。

 

相手のアメリカ人から、

 

アメリカ人「いやいやw 安全だから居眠りってのはおかしいですやんw 安全な場所でも眠くないなら居眠りなんてしないよw」

 

と反論されると、途端にぐぬぬとなる人もいるだろう。

「安全だから」とデータを示すだけでは、自分の意見を言ったことにはならないんだ。

 

この場合だと、

 

日本人「事実として、日本は電車内で犯罪が発生する可能性が低いということもあると思う。

オレが思うに、働きすぎで疲れて帰宅する人が多いことや、

車内で眠ってしまうほど、通勤時間が長いって理由があるんじゃねえかな。日本は都心部ほど、家賃が高いからね」

 

という感じで、意見と事実を織り交ぜて主張すれば、

聞いている相手の印象は変わるはずだ。

この回答例の場合で言えば、

 

・働きすぎで疲れてる人が多い

・眠ってしまうほど通勤時間が長い

 

この部分は事実ではなく、話し手の意見なんだよな。

 

そして相手とのコミュニケーションで求められているのは、この意見の部分って話。

データの部分は、ググれば誰でも手に入る情報だからあんまり価値がないのよ。

やるべきは意見を出すこと。ここを間違えないでくれ。

 

「自分の意見」を持つための勉強法

それではここからは、「その分野の知識を仕入れた」というその次のステップを解説していく。

 

それはズバリ、色んな人の意見をリサーチすること。

ただ知識を入れて勉強しただけでは、自分の意見は持てないんだ。

 

たとえば、「日本の死刑制度」について調べてみてくれ。

このテーマは賛成派も反対派にわかれていて、色んな意見が混在しているよな?

 

自分は「死刑制度は絶対に賛成!」と思っていたけど、

リサーチを進めていく内に、反対派の意見の中にも

「せやな」と思えるものも見つかるだろう。

リサーチをすることで、総合的に賛成と反対両方の意見を考慮した、

聞く価値の高い、バランスの良い意見の持ち主になれるはずだ。

 

そして鋭く、共感してもらえる意見を持つには、

日々のアウトプットこそが最強の勉強法なんだ。

 

冒頭にお話をした「英検1級のスピーチ面接が受かる気がしません…」と言っていた学習者も、

オレの英検1級の対策講座に入り、サポートをしながら

意見を出す訓練を積んだ結果、見事に合格を勝ち取ることができた。

 

案ずるより産むが易し、あれこれ悩む時間を使ってアウトプットをするのが最短最速のトレーニングになるんだ。

 

今はTwitterでもブログでもメディア記事寄稿でも、

自分の意見を主張する場はどれだけでもある。

 

試しにTwitterアカウントを作って毎日、思うことをつぶやいてみればいい。

見ている人の心を掴んだり共感が取れれば、いいねが付く。

いいねの数が多いほど、市場からの共感を取れたことになるので自分の意見に自信が持てるはず。

 

また、トークを上達させたい人は、

スマホを固定して自撮りでしゃべってYouTube動画投稿をすればいい。

 

うまく支持者を増やすことができれば、

広告収入を付けて二度美味しい思いができるだろう。

 

以上だ。

しっかりとした自分の意見を持つには、

 

1.勉強をして知識を仕入れる

2.多面的に色んな人の意見を学ぶ

3.アウトプットを実践する

 

この3ステップでドンドン上達していく。

これからの時代、自分の意見を持つ重要性はますます高まるから、

英語の勉強をするとともに、日々トレーニングを積んでいこう。

英語ができれば、全世界に自分の意見を発信することができるだろう。

参考になれば幸い。

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

「私はいつになったら英語ができるようになるの?」
「こんなに頑張っているのに、まだできないなんて…」

そう嘆いているあなたの気持ちはハゲるほど分かる。

オレもそうだった。

あなたを英語ペラペラにするのは、

語学留学や英会話スクールではなく、

「英語多読」だ。

 

「英語で人生を変えたい人」限定で動画講座を受講してくれ。

↓↓↓

今すぐ講座を受講する

2 件のコメント

  • いつもためになるお話をありがとうございます。今、とても仕事が忙しくて勉強の時間がとれません。時間管理、学習時間の工夫などについて教えていただきたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です