英語学習者は「英語ペラペラ」「日常会話レベル」ではなく「ビジネス英語」を目指すべき理由

オレだ。

よく

 

「ビジネスレベル、なんて高望みしないお! 日常会話レベルでいいんだお! 頑張りすぎるのはダサいのでほどほどを目指すお!」

 

なんて言う人がいるよな?

 

オイ、やめろ。

今すぐこの

「英語は日常会話レベルでええやん?」

ってスタイルを変えるんだ。

 

「日常会話レベルの英語」ってのは実にあやふやだ。

これをゴールに設定したら最後、吹雪の視界ゼロの雪山で

山のテッペンを目指す登山家みたく、秒速で遭難しちまうんだw

 

▲「高望みせず、日常会話レベルでいいの」って勉強を始めると漏れなくこの吹雪の中を歩くことになるぜ?

 

 

それから「英語ペラペラを目指したい!」

というのもやめておけ。

 

英語ペラペラになる、ってのは目標設定としては実に曖昧。

あなたが憧れるようなゴールには永遠に身につくことはないだろう。

 

「上から目線でえらそうに公爵垂れるけど、それじゃ何を目指せばいいんだお!?」

 

そろそろムカついて来た人も出てきたところで、

オレからの結論を出す。

受け取れ。

 

「英語はビジネスレベルを目指せ」

 

コレ一択だ。

理由を解説していくぜ?

ついてこい。

 

最強すぎる英語多読講座

「英語の勉強は頑張っているけど、イマイチ身についている気がしない…」
と不安になってねえか?

安心しろ。あなたの不安をブチ壊し、人生を変える英語力を授ける講座を渡す。
他のサイトでは絶対に語られないクソヤベェ話を、動画でとてつもなく分かりやすく解説するぜ。

一円もかからねえし、ウザくなったら秒速で解約できるんで、迷うくらいなら参加しておけ。
ゲハハハw

>>>講座の詳細を見てみる

「英語ペラペラ」という薄っぺらペーらな理論

まずはよくある、「英語ペラペラ」って理論だ。

今からこれを徹底的に論破していこう。

 

「オイてめえ、調子に乗りやがって表出ろや! てめえの出版した本にもペラペラってついてるじゃねえか! 詐欺師かコラァ!」

 

 

(ヤベエw オレの書いた本にガッツリ”ペラペラ”って載ってるヤンケェw)

 

ああ、分かる。

 

確かにオレの本のタイトルには「ペラペラ~」なる

「薄っぺらペーら」なフレーズが刻み込まれているよなw

 

言い訳がましいんだけど、ここで自己弁護をさせてくれ。

いいか?著者は本のタイトルを一切、手を出せないんだw

ぶっちゃけ、本当はオレは別のタイトルを付けたかった。

「英語多読」ってキーワードをぶち込みたかったんだ。

けど、本のタイトルは出版社しかつける権利を持たない。

オレみたいな権力や影響力ゼロのカスには、

コレについて口を出すことはできなかったんだサーセン。

 

でもこのブログはオレの城だw

だからここなら何を主張してもオレの自由だよな?

動物園のカバはおしっこを撒き散らすんだけど、

オレのその勢いでガッツリ本音をこの記事上に撒き散らしてやんぜ?

 

もう一度いう。

あなたはこの「英語ペラペラ」ってのを

目標設定にしてはいけない、これがオレからの本音だ。

 

具体例を出そう。

あなたは

 

「将来、社会人になりたい! そのために勉強を頑張ってる!」

 

といっているいたいけな子供がいたら、

その子に対してなんと言うだろうか?

 

「坊や、社会人ってのは職業じゃないんだお!

せんべい屋さんも、秋葉原のメイドさんも、プロゲーマーも全部社会人なんだお!

”社会人”じゃなくて”職業”を決めなくちゃいけないんだお!」

 

「…で、坊やは働いて稼ぐようになったら、ついでにやる夫のことも将来養ってほしいんだお!」

 

「優しく教えるおじさんのフリして、養分になってくれるカモを探しているだけかよw」

 

こんな感じで優しく教えるだろう。

 

英語ペラペラってのも

これと同じノリなんだ。

 

「社会人」ってのは職業になった「結果」にすぎない。

英語ペラペラも英語力を身に着けた「結果」であって「目的」にはなりえないんだ。

 

 

英語ペラペラってなあに?

まだまだしっくり来ていないだろうと思うので、

そもそも「英語ペラペラの定義」を問い直そう。

 

My name is Kurosaka!

 

これを途中でつっかえずに言えたらペラペラなのだろうか?

バカかよw チゲえよなw

 

「テメエそんなんで英語ペラペラを名乗るなよw この燃料満タンの火炎放射で残り少ない髪の毛燃やしたろかw」

 

一体、英語ペラペラとはどんな定義なんだろうな?

 

「アメリカ人は全員、英語ペラペラ」とあなたは思っていないだろうか?

言っておくが、そうじゃないケースもあるからな?

 

オレは大学でAsian Psychologyという授業を履修した。

講師はアメリカ人だ。

彼は吃音(どもり)がすごい人だった。

一行のフレーズを言うにも、田舎の公園のボットン便所並に必ず詰まっていた。

 

この吃音(どもり)のアメリカ人講師は英語ペラペラなのだろうか?

それともペラペラじゃないのだろうか?

 

このように「英語ペラペラ」

っつーのは、あまりにも定義が曖昧なんだ。

だから戦略を構築し、

努力を重ねて目指す対象

としては適切じゃないんだ。

 

とりあえず、「英語をつっかえずにスラスラ言うのがペラペラ」というなら簡単だ。

あなたの実家に眠る、中学時代のホコリまみれのテキストを引っ張り出し、

つっかえずに言えるくらいシャドウイング練習をすれば

見まごうことなき、その瞬間にあなたは英語ペラペラと言えるだろう。

 

「ひたすら同じフレーズの発音練習だけなら、オラも英語ペラペラなんてできらぁ!」

 

でも、あなたが求めているのは、きっとそういうのではないはずだ。

 

このように「英語ペラペラ」というのは目標設定にするにはあまりにも曖昧で、

あなたが憧れるようなゴールには永遠にたどり着くことはない。

 

さて、じゃあ次にいこう。

 

最強すぎる英語多読講座

「英語の勉強は頑張っているけど、イマイチ身についている気がしない…」
と不安になってねえか?

安心しろ。あなたの不安をブチ壊し、人生を変える英語力を授ける講座を渡す。
他のサイトでは絶対に語られないクソヤベェ話を、動画でとてつもなく分かりやすく解説するぜ。

一円もかからねえし、ウザくなったら秒速で解約できるんで、迷うくらいなら参加しておけ。
ゲハハハw

>>>講座の詳細を見てみる

「日常会話レベル」は実は一番難しい

そして「日常会話レベル」を目指すってのも止めたほうがいい。

 

英語学習の初心者は「日常生活の会話」をなめている。

オレから言わせてもらえば「ビジネス英語の上級者」

なんかより、「日常会話の上級者」の方が遥かに難しいんだ。

ここで具体例をはさもう。

 

オレは過去に外国人の家にお泊りさせてもらった経験がある。

ああ、大丈夫、嫉妬なんてするな。

オレが宿泊させてもらったお宅は、

透き通る肌でギリシャ彫刻に出てくるような美しいお姉さんの家ではない。

残念ながら、胸毛がモジャモジャのザンギエフみたいな男の家だw

 

▲「Pay attention please!」と怒鳴り、「Woooo!!」と叫んでいるのが酔っ払いのオレだw 周囲は「Takeo!!」と愛するオレの名を叫ぶパーリーピーポーたちw

 

 

そこでオレは驚きの体験をした。

 

ネイティブ同士の日常会話がエゲツない。

 

彼らは地元のバスケットボールチームの勝敗の話をしたと思ったら、

次の瞬間には地元、ミネアポリスの政策についての話題になり、

そして聞いたことがない名前の企業で働いている人の話になった。

 

やめてくれ。そんな未知の話題が秒速でポンポン進行していくものに

極東アジアの大阪出身・イエローモンキーのオレがついていけるわけねえじゃねえかw

 

これは英語力云々というより、話題の内容の問題じゃね?

会話のバックグラウンドの知識がなければ、日常会話は難しいんだ。

 

さらにネイティブ同士はスラングがエゲツない。

こんな感じだ。

A: Hey, dude. You like that girl, don’t you? Why don’t you ask her out?

B: Well… I don’t know. I think she’s way out of my league.

A: Don’t say that. Just give it a shot.

おいおい、dudeって何よ?って感じじゃね?

他にも分からないフレーズが山ほどあることがおわかり頂けただろう。

大丈夫、分からなくても落ち込むな。スラングは難しい。

ちなみにdudeとは「お前、ヤツ」って意味でフランクな呼びかけだ。

 

こうしたスラングは、日本人には馴染みがない。

ネイティブ同士の話題の背景知識とスラングがわからないから日常会話は難しいんだ。

 

例えるなら、普段はむさ苦しいヤロー同士で政治批判しか話題がないオッサンが、

突然、女子大生のタピオカ女子会に放り込まれても、

ヒトカケラも話題が出せなくなるのに似ているといえるだろう。

ムリよりのムリよねw

 

タピオカ女子会で政治なんて語ったら秒速で空気が凍るぜw

 

…ちな、話がそれてしまうがオレクラスになると、

タピオカ女子会に投げ込まれても、

ガッツリ彼女たちの話題についていける自信がある。

なぜならオレはコールセンター派遣とか、外大の短大など、

とにかく女性が多い環境に身を置いていたんだ。

 

結果、鬼ほど女子トークを鍛えられたから、

少なくとも、そのへんに転がっているハゲ散らかしたオッサンよりは、

女子トークをドカドカ盛り上げる自信がある。

ちな、このスキルが人生で役に立ったことは一度もない。

何の自慢にもならなくてサーセンw

 

話がそれた。

日常会話英語なんて目指したらダメだからな。

 

日常会話、特にネイティブ同士は難しい。

 

あなたがビジネスレベル英語の獲得を目指すべき4つの理由

さて、ペラペラとか日常会話っつー幻想ではなく

あなたが目指すべき英語力は「ビジネスレベル」だ。

 

「ビジネスレベル? でも…難しいんでしょう?」

 

あなたは今、そう感じたはずだ。

その気持ちはよく分かる。

給料日前の金欠のオッサンが、会費5000円のクソ高い飲み会に誘われた時に似た

わびしい気持ちになるよな?

あなたの不安な気持ちは禿げ上がるほど共感するぜw

 

でもな、それでもあなたはビジネスレベルを目指すべきなんだ。

 

いいか?あなたがビジネスレベルの英語力を目指すべき理由は4つある。

 

・お金を稼ぐのに役立つ

・学習目標が明確

・簡単

・一生モノのスキル

 

ということだからだ。

1つずつ、毛穴の奥が見えるレベルに、クローズアップしていこう。

 

1.お金を稼ぐのに役立つ

英語力はお金につながる。

理由は明快、デキる人が世の中に少ないからだ。

 

デキる人が少ない資格や特殊能力にはお金が支払われる。

これを経済学の世界では「希少性」なんて言うんだ。

 

そのへんに転がっている石ころを買いたい人はいないけど、

ピカピカ光る、固い石は「ダイヤモンド」

なんて呼ばれて、鬼ほど高額で買い取られるよな?

英語というスキルも同じく、デキる人の絶対数が少ないので、

そのスキルを高値で買いたい企業を見つけることは難しくないんだ。

 

だからビジネス英語を身につければ、収入アップができる。

収入がアップすればおいしいご飯が食べられるw

やったぜ。

 

2.学習目標が明確

次はコレ、目標が明確っつー話だ。

 

ビジネスレベルの英語は、ゴールが決まっている。

資格で言うなら英検準1級以上、TOEIC800点が取れるレベル、

後は実務で英語を使い倒すって経験だろう。

 

ぶっちゃけ、多くの英語学習者が

頑張るのはこの辺のレベルまででいい。

 

逆にやりすぎて「語学オタク」になる必要はないからな?

最低限、ビジネスで求められる水準に達したら、後は鬼ほど使い倒す。

毎日使うから経験値を貯めるほどレベルが上がる。

そうなれば語学学習にお金を使うどころか、

逆にお金をもらいながら英語力を磨けるんだ。

最高じゃねえか。

 

3.簡単

ビジネスレベルの英語は簡単だ。

 

多くの人は

「日常会話レベルは簡単、ビジネスレベルが難しい」

なんて思い込んでる。

 

だけど、正しくはそうじゃない。

逆だ逆。

ビジネスレベルの方が圧倒的に簡単なんだ。

 

TOEIC900点超えて、仕事でバリバリ英語を使っている人も、

アメリカのティーンネイジャーや、

アメリカ映画のスラングがさっぱりわからん、という人は珍しくない。

安心しろ、オレもスラングバリバリで来られると話題によってはキビシー時もあるw

だけど、スラングとか若者言葉なんて分からなくても、

ビジネスの現場では困ることはない。

なぜならビジネスの現場では、みんなビジネス英語を使うからだ。

 

ビジネス英語が簡単な理由は論理的だからだ。

 

コレを見てくれ。

この見出しは米・CNNニュースだ。

Japan’s economy is shrinking and a recession looks ‘all but inevitable’.

(日本経済は縮小し、景気後退はほぼ避けらない見通し)

 

「さり気なく気持ちが萎えるタイトルを持って来やがるw」

 

思い切り王道の英文だよな。

きちんとした英文法に則ったフォーマル、正確な英文で誤読の危険性はゼロだ。

英文法と英単語力がある人なら、世界中の誰もが正しく読むことがデキるんだ。

 

ビジネス英語には若者言葉、スラング、

よくわからない省略なんて出てこない。

誤読の危険性がない、

フォーマルで分かりやすい

英語が使われるんだ。

 

だからある程度知識をつけた後はビジネス英語を使い倒せば、

ニホンザルレベルの知能のアホにも英語は身につく。

才能なんていらねえ。

毎日、多読、多聴、使う練習をすれば全員がビジネス英語をマスターできる。

簡単過ぎてヤベエな。

 

4.一生モノのスキル

ビジネス英語は未来永劫、ルールが変わることはない。

 

「こ、このオッサン…! 当たり前のことをドヤ顔で語っているお!」

 

一度身につけたら陳腐化せず、一生使い倒せる。

言っておくがこれはすげえことだからな?

 

変化の速い時代では、一度身につけたスキルも陳腐化するものが多いけど、

英語力は自然言語だからまさに生涯の宝になるといえるだろう。

ヤベエよ、コスパ良すぎてハゲそう。

 

たとえば上司に英語でお願いをするときは、「謙る表現」が必須だ。

 

I want your report by 5:00PM.

 

なんて上司に言ったら、翌日からあなたの席はなくなるだろう。

wantという単語は自分より立場が上の人には使ってはいけないんだ。

このフレーズは「5時までにレポートを出してくれたまえ君」みたいなノリの表現だからだ。

こういう時にはCould you~please?などで聞かなくちゃいけない。

 

こうした英語表現などは一度身につけたら、一生涯使える。

陳腐化なんてしないから、コスパがあまりにもいいって話だよな?

 

まとめ

あなたが英語を勉強するのは素晴らしいことだ。

だが、目指すべきゴールがバグっていたら、

どれだけ頑張っていてもいつまでもたどり着くことはない。

 

あなたは余分な時間やお金をムダにすることはやるべきじゃないんだ。

 

ペラペラ、とか日常会話なんて目指すな。徒労に終わる。

そうではなく、目指すべきは「ビジネス英語」コレ一択だ。

 

「ゴチャゴチャ言わずに、英語を多読して、ビジネス英語身に付けろってことだよ言わせんな恥ずかしい」

 

さあ、正しいゴールが分かったところでもう一度目標設定を見直して

今日も楽しく勉強に励んでいこう。

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

「私はいつになったら英語ができるようになるの?」
「こんなに頑張っているのに、まだできないなんて…」

そう嘆いているあなたの気持ちはハゲるほど分かる。オレもそうだった。

カスほど英語ができなかったオレにTOEIC985点、英検1級合格を授けたのは英語多読だ。

その真髄を語った動画講座を作った。

安心しろ。無料で参加できる。

英語を本気で身につけたいやつだけでいい。

今すぐこっちに来てくれ。

こっそり伝えたいことがあるんだ…!

>>>気になるので覗いてみる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です