英語学習者がやりがちな「勉強でやってはいけないムダな努力」とは?

オレだ。

 

世の中には、やってもまったく意味のない努力がある。

 

・50歳を過ぎたオッサンが、国民的アイドルを目指す。

・コレといったスポーツをやったことがないオッサンが、突然メジャーリーグ目指して練習を始める。

・サイヤ人でない一般人が、超サイヤ人になるための修業をする。

 

これらはハナから叶うことはほぼ0%で、

やるだけムダな努力と言えるだろう。

 

「バカかよww サイヤ人目指して修行したり、

オッサンが本気でアイドル目指すなんてバカいないだろww」

 

と笑う人もいるかも知れない。

 

…けどな、英語学習では

マジで笑えない努力を

してしまう人はいるんだ。

 

そのためにオレからあなたに伝えたいことがある。

 

結論

英語学習で「ムダな努力」をしないためには、次のことを意識してくれ。

 

・努力は目指す目標に向いているか?

・その手段は効率的といえるか?

・その努力の結果は、実現が可能か?

 

それじゃ語っていくぜ。

 

英語多読のすべてが分かる動画講座

「英語を独学でペラペラとカッコよく話せるようになりたい!」
「スクールや留学はムリ…。できるだけコストを抑えて、独学でマスターしたい!」

あなたがもしもそう思うなら、英語多読をはじめてくれ。

「でも、初心者で知識がなくて、英語多読についてよく知らないし…」って人は、

安心しろ。無料の動画でガッツリオレが解説するぜ。

>>>今すぐ英語多読のやり方を動画で見てみる!

この記事の信頼性

人は実績のないやつの言うことは聞かねえ。

だからオレは自分の実績を晒す。

コレを見て、オレの話が信用に足るかどうかを判断してくれ。

この記事を書いたオッサンの正体

オレは英語を多読することで、独学で英語力を身に着けた。

TOEIC985点、英検1級を取得。

米国の大学に会計学専攻で留学し、複数の外資系企業で英語を使って働いていた。

今も英語教育ビジネス、英語ビジネスジャーナリストという仕事をしている。

 

ま、オレも英語学習や人生で壮大なムダをしてきたクチだ。

えらそうなことは言えない立場よw

けど、自分がムダをしてきたからこそ、

他の人に同じことをさせたくないという気持ちはある。

よかったら、オレの失敗した経験を活用しまくってくれ。

 

「このオッサンの話を聞く価値ありそうだ」

と感じたら、ぜひこのまま読み進めてくれ。

 

 

「成果が出なかった=ムダな努力」ではない

そもそも、英語学習における「ムダな努力」とはなんだろうか?

 

オレはリアリストで、冷血な現実主義者だ。

キレイゴトは嫌いだし、浮ついたことも好きじゃない。

 

けど、決して

「やっても成果につながらなかった努力」

のすべてがムダではないと思うんだ。

 

成果が出なかったとしても、学びを得て次につながるなら、

その努力は価値があった努力と言える。

 

たとえ話に、オレの話をさせてくれ。

オレは大学に入学してすぐに会計学の勉強を始めた。

まずは簿記検定、これを独学で学んでその後は米国の大学留学時に専攻した。

外資系企業で働いて、会計の専門家として働いてきた。

けど、起業してぜーんぶ捨てたったw

今は会計の「か」の字もない仕事で、ご飯を食べ食べしている。

 

オレの外資系企業でのキャリアは、

まるっきりムダだったのだろうか?

 

いや、それは違う。

いくつもの価値が手元に残った。

 

まずは、「会計という専門分野で、多国籍の環境で英語を使って働く」という経験ができた。

この経験は、今もブログ、YouTube、Twitterで発信をする上でのネタになってくれている。

そして外資系時代に受け取った給与も、しっかり銀行口座に残っている。

 

あとは「オレには会計の才能はない」

という適性もハッキリした。

 

会社員を辞めるまで、必死に会計の専門スキルを伸ばしていたが、

手放した時は絶望しなかったよ。

他を圧倒する大きな成果は出せなかったけど、一応、やりきったからなw

 

ムダにはならない、価値ある努力というのは、

 

・成果を出すことができた努力

・学びや気づきを得られた努力

 

これだ。

オレはこれに該当する努力はムダとは思わないんだ。

 

英語多読のすべてが分かる動画講座

「英語を独学でペラペラとカッコよく話せるようになりたい!」
「スクールや留学はムリ…。できるだけコストを抑えて、独学でマスターしたい!」

あなたがもしもそう思うなら、英語多読をはじめてくれ。

「でも、初心者で知識がなくて、英語多読についてよく知らないし…」って人は、

安心しろ。無料の動画でガッツリオレが解説するぜ。

>>>今すぐ英語多読のやり方を動画で見てみる!

英語学習における「ムダな努力」とは?

それではここからは、その逆に

「英語学習におけるムダな努力」について語っていく。

 

・コストのムダ

まずはなんと言っても、あなたが気をつけるべき

最大のムダが「コストのムダ」だろう。

 

英語力を獲得するためにかけたコストが100万円だったとして、

英語力を活用して得られたリターンが1万円だったら、

その努力はムダになってしまう。

 

多くの英語学習者は「英語は自分を高めるために必要」と考える。

確かにこれは正しい。英語力を身につけるとあなたの価値はバク上げする。

…けどな、だからといって

 

英語学習にコストを

かけすぎることをオレは勧めない。

 

語学留学などはその典型例だな。

まず、コストが高すぎる。

語学留学で手に入ると結果は、コストとまったく割に合わない。

海の向こうに体を持っていかないと手に入らないものなんて、今の時代ほぼないんだ。

 

それから語学留学ほど大層なものでなくても、

漫然とテキストや多読の素材を買い込むのもよくないな。

 

「TOEICのスコアを伸ばしたい!」

と考えて買ったそのテキストは、

 

あなたにスコアアップをもたらしてくれるのだろうか?

TOEIC試験で出題される問題を解く上で役に立つのだろうか?

 

常に手に入る結果と、支払うコストを比較して冷静に買い物をしてくれ。

コストにはシビアになれ。

あなたの財布から出てくるお金より、

入ってくる価値が大きくない時にお金は使っちゃいかんぜ。

 

・時間のムダ

時間のムダも「英語学習者あるある」だよな。

 

たとえば、英単語を覚える時にペンと紙を用意して、

10回、20回書きまくって覚えようとする人がいる。

やめてくれ。仕事中毒のオッサンに

アイドルの追っかけの魅力を理解させようとするレベルに時間のムダだ。

長く時間をかければ、頭に英語が入るというわけじゃないんだ。

 

英単語の暗記をするなら、オレから勧めたい方法がある。

最短最速で身につくのは、

自然な英文を何度も反復リーディングする方法だ。

これなら電車の中でもできるし、スピーディーで省エネ、

何より英単語を頭に入れるまでの時間を大幅に短縮できるんだ。

だからこそ、オレは英語多読を推したいわけよ。

 

・やりすぎのムダ

それから生真面目な人は「やりすぎのムダ」にも気をつけてくれ。

 

オレ個人的には、真面目な人は好きだ。

オレ自身が不真面目に生きてきたから、

自分が不得意なことが出来る人は尊敬するよ。

 

…けどな、真面目すぎる

気質は完璧主義者になり、

完璧主義者は効率が悪くなる。

 

たとえば、英単語の暗記も

「1つでも取りこぼしたらNG。完璧に覚えるまで一歩も先に進まない」

というのは非効率だよな。

英会話の練習も間違えることを恐れて、

いつまでも同じフレーズばかりを練習して、

完璧を目指すのはやりすぎのムダなんだ。

 

基本的に勉強は8割できたら、先に進んでくれ。

 

そして先に進みながら、理解度を高めていき、

残りのできていない2割を仕上げるという発想で行こう。

 

見ていただいてわかったと思う。

世の中にはやって意味のある努力と、意味のない努力がある。

社会は成果がすべてだとされ、勝てない勝負は無意味と一刀両断されがちだよな。

厳しいよ。世知辛いよな。

 

だけど、努力だって「意味のある努力にしたい」という意欲と、

「どんなことからでも学びを得たい!」

という熱意で価値あるものに変わる。

 

「努力を活かすも殺すも自分次第」

このことを決して忘れないでくれ。

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

「私はいつになったら英語ができるようになるの?」
「こんなに頑張っているのに、まだできないなんて…」

そう嘆いているあなたの気持ちはハゲるほど分かる。オレもそうだった。

カスほど英語ができなかったオレにTOEIC985点、英検1級合格を授けたのは英語多読だ。

その真髄を語った動画講座を作った。

安心しろ。無料で参加できる。

英語を本気で身につけたいやつだけでいい。

今すぐこっちに来てくれ。

こっそり伝えたいことがあるんだ…!

>>>気になるので覗いてみる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です