【準備と対策編】英検1級合格のための勉強法と攻略法

こんにちは!英語多読に狂った謎の男・黒坂岳央(くろさか たけを)です。
■アホなことばかりつぶやく、ケシカランTwitterアカウントはこちら。100ツイートに1回はまともなことをつぶやくよw→@takeokurosaka

何人もの方からご要望頂いていた、

「英検1級の対策」についての記事が出来ました!

 

今回と次回の2回に分けて、英検1級に合格するための

準備、勉強法、問題の解き方、2次面接対策などをお話します。

 

「ごめんやる夫、真面目にやりたいからしばらくお休みな!」

 

「まただお!? またオイラシカトされるのかお!?」

 

第1回目の今回は英検1級の準備と対策編と題してお話をします!

 

超有料級のガチ講座
コスパ最強の英語多読で、英語力を鬼ほど高めたいですか?ういw 分かりました。 それなら「最強の英語多読動画講座」を今すぐ受講して下さい。 動画による解説で、英語多読の知られざる最強のメリットをどこのサイトよりも分かりやすくお話しています。 知っている、知らないのとでは、天地ほど差がつきますぜ?「知っている側」に今すぐ来て下さい!

まずは英検1級の全貌を理解しよう

ビジネスでも投資でも、そして試験でも言えることですが、

とにかく相手を正しく理解する、

これがファーストステップになります。

 

「英検1級は常人ではムリだよね。外国人も落ちる試験。よって自分にも縁がない試験なんだ。」

 

といったセリフをいう人がいます。

でも、本当に正しく英検1級の事を理解できれば、

そのような言葉は出てこないはずなのです。

「異常にムズイ!」これを連呼している人はちゃんと英検1級を知らない人です。

少なくとも合格した私は、このような事をまったく感じていません。

 

まずは英検1級の全貌を理解するところから始めましょう!

 

英検1級の概要

英検1級は1次試験(筆記)と2次試験(面接)があります。

1次試験は「リーディング&ライティング」と、「リスニング」の問題があります。

2次試験は日本人とネイティブスピーカーの面接官と約10分間の会話問題が出題されます。

 

1次試験(リーディング&ライティング)

測定技能 問題形式 詳細 設問数
リーディング 短文の語句
空所補充
文脈に合う適切な語句を補う。 25
長文の語句
空所補充
パッセージの空所に文脈に合う適切な語句を補う。 6
長文の内容
一致選択
パッセージの内容に関する質問に答える。 10
ライティング 英作文 指定されたトピックについての英作文を書く。 1

 

1次試験(リスニング)

測定技能 問題形式 詳細 設問数
リスニング 会話の内容
一致選択
会話の内容に関する質問に答える。
(放送回数1回)
10
文の内容一致選択 パッセージの内容に関する質問に答える。
(放送回数1回)
10
Real-Life形式の内容
一致選択
Real-Life 形式の放送内容に関する質問に答える。
(放送回数1回)
5
インタビューの内容
一致選択
インタビューの内容に関する質問に答える。
(放送回数1回)
2

 

2次試験(面接)

測定技能 問題形式 詳細
スピーキング 自由会話 面接委員と簡単な日常会話を行う。
スピーチ 与えられた5つのトピックの中から1つ選び、スピーチを行う。(2分間)
Q&A スピーチの内容やトピックに関連した質問に答える。

 

合格基準点

英検1級は2016年からCSEスコアと呼ばれる採点方式をとっており、

これにより具体的に何点取れれば合格になるのかが、ハッキリと分からなくなりました。

ですが大体の目安は分かります。

日本英語検定協会は

2016年度第1回では、各技能7割程度の正答率の受験者の多くが合格した

と発表しています。

英検1級の合格ラインは7割程度の正答率と考えてください。

 

CSEスコアについて

ちなみにCSEスコアについては、

英検のサイトに詳しく書いてあります。

(参考:英検CSEスコアのご紹介)

 

超ざっくりした話をするならば、

1次試験ではリーディング、ライティング、

リスニングのパートそれぞれ満遍なく7割程度マーク。

2次試験も同様に7割程度のスコアをゲットしなければ、

合格できないというシステムです。

 

たとえば、リーディングとリスニングが満点でも、

ライティングがあまりにもボロボロだと、

それで不合格になってしまうということです。

 

ですので、ざっくり7割取れれば合格というのは、

全体的に7割程度正答する必要があるという理解をしてください。

 

でもね、正答率7割ということは、

3割は落としても合格できるということです。

確かに英検1級は簡単な試験ではないものの、

全問正解などは求められていないことが分かれば、

少し気が楽になったのではないでしょうか。

 

ちなみにこのCSEスコアは2次試験にも採用されています。

2次試験の面接では

 

スピーチの内容

応答の内容

語彙

文法

発音の正確さ

 

などが総合的に問われます。

たとえば、スピーチの内容だけがピカイチでも、

その他が足りていないと普通に落ちます。

 

合格へのステップ

ネットには、英検1級に合格した人の話があるじゃないですか?

よく見るのは、

 

「たったの○ヶ月で合格した秘密のメソッド!」

「留学経験が効いて合格しました!」

「参考書は使うな!」

 

というもので、眉唾でよくわからない主張も混じっています。

ですので、ここでは多くの人に再現性のある、

極めて正しいリアルな話をしましょう。

 

英検1級を受験する前に…

まずはいきなりストレートに話します。

 

ズバリ、思い立ってもすぐには英検1級を受験しないでください。

 

あなたが帰国子女とか、ハーフとか、

海外に長期住んでいるとかそういう特別な事情があるなら別です。

しかし、純日本人で英語力を高めるために勉強したり、

外資系企業で日々ビジネスの現場で英語を使って、

英語力を高める段階の人ならば、

いきなり英検1級を受験しないでください。

確実にお金と時間をムダにします。

 

まず、英検1級を受験して合格を狙う人は

必ず英検準1級を合格するか、

TOEICで900点オーバーになってからと思ってください。

それが出来ずして、英検1級を受験しても合格することは100%ありません。

 

「あ、オレ英検準1級合格(or TOEIC900点超)だわ」

 

って人は、まず「英検サイトの1級の過去問・対策」のページに行ってみましょう。

 

ここにはガチ過去問が無料でダウンロード出来ます。

 

すごいことにリスニングの音源もおいていますし、回答もあります。

まずは過去問を解いてみて、どのくらいの手応えかが分かると思います。

そうしたら次のいずれかに当てはまったのではないでしょうか。

↓↓

1.問題を見たけど、パルプンテ。イミフすぎワロスww 日本語でおkwww

2.時間をかけて、電子辞書を使いまくれば半分くらい解けると感じた。

3.時間制限がなければ、半分以上取れるかもしれん。うはwwオレ天才ww

4.時間測ってやったら不合格だったけど、もう一度やればいけるかもしれんな…。

5.合格した。散々脅かしやがって金返せw

 

1つずつ見ていきましょう。

1.問題を見たけど、パルプンテ。イミフすぎワロスww 日本語でおkwww

→はい、あなたは英検準1級を検討してみてください。まだここに来るのはだいぶ早いです。

 

2.時間をかけて、電子辞書を使いまくれば半分くらい解けると感じた。

→あなたはすでに準1級をパスする実力を持っている可能性があります。実力はあるので、修行をして挑戦する資格はあります。

 

3.時間制限がなければ、半分以上取れるかもしれん。うはwwオレ天才ww

→だいたい2と同じ。だけど、この状態から実際の合格までには、まだ数カ月はかかると思うよw

 

4.時間測ってやったら不合格だったけど、もう一度やればいけるかもしれんな…。

→あなたは過去問を数年分解いて、それを繰り返すだけで少なくとも1次試験は受かります。2次試験は別途修行しよう。

 

5.合格した。散々脅かしやがって金返せw

→スゲーよ。実はハーフか帰国子女だろ?w つかこのブログに来る必要ないと思うw それから返金保証はついていないんだサーセンw

 

あなたはどれに当てはまりましたか?

貴重な時間とお金をムダにしないためにも、

まずは英検サイトにいって、過去問を見てみてください。

すべてはそこからです。

 

超有料級のガチ講座
コスパ最強の英語多読で、英語力を鬼ほど高めたいですか?ういw 分かりました。 それなら「最強の英語多読動画講座」を今すぐ受講して下さい。 動画による解説で、英語多読の知られざる最強のメリットをどこのサイトよりも分かりやすくお話しています。 知っている、知らないのとでは、天地ほど差がつきますぜ?「知っている側」に今すぐ来て下さい!

英検1級をパスするための必携書を紹介する

さて、それでは次に英検1級をパスするための

具体的な修行方法をお伝えします。

繰り返しですが、英検1級に挑戦する資格があるかどうかは、

 

・英検準1級に合格済。

・TOEIC900点かもしくは800点後半取得済。

 

かで判断しましょう。

まだの人は右へ倣えでお願いしますw

 

「オレ、外資系で仕事で英語使ってるけど受験したらダメ?」

 

って人へ。

残念ながら、英検1級という試験は実務経験で

培った英語力のみで受かる試験ではありません。

それに外資と一口に言ってもピンきり過ぎます。

定型文のメールを送受信してる程度の人では残念ながら、準1級も受かりません。

ですので、まずは英検準1級かTOEICのスコア取ってみてね。話はそれからだw

 

では、合格した人が購入するべき必携書をご紹介します。

英単語

まずは英検1級の鬼の量を誇る英単語を暗記することが必須です。

そのための必携書は次の2冊です。

英単語帳と言っても、淡々と単語と日本語意味が並んでいるわけではなく、

例文もあるので、とにかく例文を何度も読んで自然に覚えられるまで反復します。

 

10回、20回と反復して覚えるメソッドは、

著書で紹介している速読英単語必修編と同じやり方でおk!

初回はしっかりと単語帳に書き込みをして、

あなた好みにカスタマイズしてその後はひたすら反復読みです。

まあ、身も蓋もないアドバイスだけど、

 

「頑張ってとにかく反復して覚えましょう!」

 

という感じでしょうかw

 

長文リーディング

これはもう言うまでもないのですが、

英検1級でも何でも長文が英語力の要です!

そのための必携書はこちらです。

特にプラス単熟語は、マジで神ってる一冊だと自分は思っています。

これがなかったら絶対に落ちてたと思うw

2004年発売の古い本ですが、絶対に買った方がいいです。

 

リスニング

英検1級のリスニング問題については、

下記の本を使うとよいですが、mustではありません。

 

というのも、英検1級の語彙力、リーディング力がしっかり身について、

普段からニュースを聞くなどリスニングの修行をしているなら、

別途リスニングに特化した修行はしなくても合格できるからです。

 

実際、私はリスニングについては過去問を解いたくらいで、

他には何も対策はしていません。

必須ではないのです。

ですが、あえてオススメの方法を問われたら、

「この本買って勉強してみて」

と答えるでしょう。

繰り返しですが、 リスニングについてはこの本の購入はmustではありません。

過去問題集だけで十分でしょう。

「オレは不安なんだ。とにかく何でもいいからスコアアップにつながる方法教えろ」

そういう人だけ買ってください。

 

過去問

ぶっちゃけ、一番重要なのが過去問です。

 

とりあえず、過去問を解いて出題傾向に慣れ、

分からないところを潰し続ければスコアは間違いなく上がりますし、

真に実力をつけた人であれば、1次試験はそのまま合格できてしまうでしょう。

 

下記の過去問は6回分問題が収録されています。

購入して時間を測って問題を解いてみてください。

 

で、分からないところを一つ一つ、丁寧に、そして徹底的に潰していきます(ここマジで重要)。

 

余力があれば過去問を2冊分(つまり合計で過去問12回分)を買って同じことをします。

それでスコアアップが出来ないことはありえないでしょう。

英検スコアだけでなく、英語の実力がしっかりと身につきます。

勉強法

英検1級に合格する勉強法としては、

上述した本をとにかく繰り返し読み込むことです。

 

・記憶があいまいな単語を覚える。

・読解できない文章について、解説に頼りながら理解を深める。

・過去問を繰り返し解いて、理解をする。

 

というものです。

 

でもね、ぶっちゃけこれだけでは足りません!

 

というのも、英検1級レベルとなると、単に試験対策だけではなく、

真の英語力が必要だからです。

 

普段から英字新聞やビジネス誌を読みこなし、

ニュースやYouTube動画の講義を聞き取るなどの

訓練が必須となります。

 

いいですか?

 

日常的な英語学習の積み重ねと

”それに加えて”試験の対策をして合格する!

 

という考え方を持ってください。

 

準備編はこんな感じでしょうか。

こちらの記事で、より実践的なお話をしていきます!

【試験攻略編】英検1級合格のための勉強法と攻略法

2019年2月22日
【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

「コスパ最強の英語多読の動画講座」の参加者募集中!

英会話スクールや語学留学と比較して、

英語多読は何がスゲーのか?

英語多読で手に入るものは?やり方は?

他のサイトでは絶対に語られないクソヤベェ話を、

動画でとてつもなく分かりやすく解説してるぜ。

参加者から山ほど「良かった!」という声が毎日届いてる、そんな講座。

参加することに何もデメリットはないんで、とりあえず覗いてみるといいことあるかも。

【期間限定】Amazon Music Unlimited4ヶ月で99円キャンペーン【通常は980円/1ヶ月】

【期間限定】Amazon Music Unlimited4ヶ月で99円キャンペーン【通常は980円/1ヶ月】

すまねえ、直接英語とは関係ないけど、なにげに「超お得情報」と思ったのでお知らせするよ。これは割といいキャンペーンだ。

期間限定キャンペーンで、Amazon Music Unlimitedで4ヶ月間99円で使い放題。オフラインでも音楽聴ける機能が便利だぜ。入会していらんと思ったら、キャンペーン中に解約すればおk。その場合でも、99円しかかからない。通常は1ヶ月で980円なんで鬼ほど安い。

音楽好きなら、試してみるといいかも。

2 件のコメント

  • 1月の1級では、語彙20/25、
    エッセイ25/32でした。
    6月に向けて学習時間の8割を
    リーディングとリスニングに
    当てて行き、英語力の底上げ
    をして行きます。
    プラス単熟語の紹介、ありがとう
    ございます。
    6月の試験で、雪辱します

    • Brian Sevenさん

      コメントありがとうございます!
      語彙20点でエッセイ25点ってすごいですね!!
      後はリーディングとリスニング出来れば、ほぼ確実に受かりそうですね。

      プラス単熟語は長文読解の力も付き、
      単語力も増強できますのでオススメです!コスパ良いので!

      6月の試験頑張ってくださいね!!応援しております。

      黒坂

  • Brian Seven にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です