ゴミが量産されるTOEIC対策教材の中で、ガチでオススメしたい良質なものを紹介する

こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
※Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

「自分の英語力がどのくらいか調べたいからTOEICを受けよう!」

そう思ってこのページに来たあなたはとても運がいい。

なぜなら、お金と時間のムダをせずに済む方法がこの記事にみっちり書いてあるからです。

これまでクソ教材を掴んで後悔した経験があるなら

ぜひ最後まで読んでいって下さい。

 

「TOEIC模擬」というTOEICの皮を被ったクソ教材

私はTOEICをかなり頑張ったガチ勢です。

最終的には高スコアを取ることが出来ましたが、

そこに行き着くまでにかなりムダな出費をしてしまいました。

 

ムダな本、ムダなレッスン、ムダな教材…。

 

正直、これらにつぎ込んだお金と時間を返してもらいたいくらいです。

 

これからお話をすることをしっかりと聞いて、

あなたはどうか、私がやったようなムダな時間とお金を使わないようにして下さい!

 

さて、あなたはTOEICは過去問を公にしていないということをご存知でしょうか?

↓↓↓

(1)撮影・録画・録音・複写などにあたる一切の行為
(2)解答用紙の所定欄以外への書き込み(問題用紙への記入・マークも含む)
(3)試験教室から問題用紙・解答用紙を持ち出す行為

引用元:TOEIC Listening & Reading Test|TOEIC Program|IIBC

このような事情があって、TOEIC公式機関以外は、

TOEICの本番レベルに近い教材を作るのがかなり難しいのです。

 

「へー、知らなかったお!TOEIC教材は山ほどあるからどれを買ってもいいと思ってたお!」

 

また、「TOEIC」というキーワードは、商売をする上でぶっちゃけかなり強力です。

とりあえずTOEICと付けておけば売れる、人が集まる、お金が稼げる…。

 

過去問が非公開でTOEICは儲かるという事情も手伝い、

TOEICは「ゴミ教材」が量産されまくっているのが実情です。

 

特にひどいのが和書。

単語帳、リスニング、文法、リーディングなど色んな教材がありますが、

ハッキリ言って良質な教材はかなり少ないと言わざるを得ません!

 

どれだけやり込んでも本番でクソの役にも立たない粗悪教材が

きれいにパッケージされて売られています。

「まじかお…じゃあどれを買えばいいのかお…」

 

本番の試験とかけ離れた役に立たない、

資源のムダでしかないなんちゃって教材が本屋にずらりと並べられ、

それでもどんどん売れていく現状はハッキリいって異常です。

意外と有名どころの英語教材業者でも

「こんな問題100年解いても意味ねーわ!」

と思うものを平気で「TOEIC高スコアをゲットできる教材だよ!!」と主張しているのでご注意下さい。

 

大丈夫、私はあなたの味方です。

私は粗悪教材をばらまく業者に殴られたくないので、

どの教材が粗悪品なのかは名指しは出来ません。

でもオススメはガンガン紹介したいと思います。

 

TOEIC対策は本番と同じレベルでないと意味なし!

あなたにはTOEICを受験する事情があると思います。

 

会社で取るように言われている

転職でPRしたい

自分の英語力を正しく測りたい

友達をマウンティングしたい

モテたい

 

なるほど、どれもよく理解できる事情ですね!

特にTOEICスコアが高いと、

「えー!すごーい!私も英語を教えて!」

ってな感じにモテますw

ぜひTOEICを受けてスコアを真摯に受け止めましょう。

 

しかし、問題は試験そのものではなくて「対策」の方です。

上述した通り、

本屋にいって適当なTOEIC対策本を買っても意味はありません!!

永遠に出ることのない、

本番の試験と比べると生ぬるすぎる模擬試験を解いたところで

まさしく時間とお金のムダでしかありません。

 

マラソン大会の対策を電動自転車でやるアホ

例えばこんな話が分かりやすいかもしれません。

あなたはハーフマラソン大会に出るために

日々、ジョギングを頑張っています。

ハーフマラソン大会への対策と、

今どのくらいタイムが出せるのかを測るならどうしますか?

 

「何言ってるのかお!ハーフマラソンと同じ環境で走るに決まってるお!」

 

デスヨネー!!まさか電動自転車で走る練習はしませんよね!?

でもね?

「絶対に出やしないTOEIC試験の問題を一生懸命解く」というのは、

ハーフマラソン大会の対策を電動自転車でやるようなもんなのですよ…。

どれだけ電動自転車でハーフマラソンの距離を走る練習をしても、ハーフマラソンでいいタイムは出せない

 

 

ホンモノはホンモノにしか作れない

ちなみにTOEICの公式問題集を解くのは激しくオススメです。

あの本はTOEICの問題を作っているEducational Testing Serviceから出ています。

ホンモノが作っているので、

当たり前ですが出来栄えはホンモノです。

(※ちなみにTOEICの公式問題集は過去問そのもの、ではないので念の為)

 

いきなり話が唐突に変わりますが、これを見て下さい

↓↓↓

これなんだか分かりますか?

韓国の寿司らしいです。

「どうしてこうなった…」

 

そりゃあ簡単、

日本文化を知らない人が作った日本料理だからです。

 

中国では餃子といえば水餃子らしいですね。

多分、私達が食べ慣れている焼餃子を見たら

 

ってなると思います。

どんなに似せても「ホンモノはホンモノにしか作れない」

ということです。

「焼餃子なんてニセモノアル!餃子は水餃子一択アル!!」って怒られちゃうぞ!

 

TOEICガチ過去問を入手しろ

「わかった。じゃあつべこべ言わずにTOEIC公式問題集を解けばいいんだな!」

と思ったあなたは正しいです。

ぜひ、TOEICは公式問題集を解いて本番の試験に慣れておきましょう。

…でもね、それも完全じゃないんですよ。

なぜなら一旦解いた問題は答えを覚えちゃうから!

 

ですね、一度解いた問題は答え覚えちゃいますよね!

それが3回目、4回目となったらもはや余裕で9割をマークできます。

まあそれ自体も英語学習になるので良しとしましょう。

 

しかし、実力を確かめるにはまっさらな試験を受けなければいけない!

でも手元の問題集は何度も解いた!

他の問題集買おうにもクソ教材が多すぎる!

「どうしたらいいだってばよ…」

 

はい、そこで私から2つ提案があります。

1つ目はTOEIC公式問題集以外の良本を使って下さい。

ちなみに死ぬほどオススメなのがこれです。


これはTOEICの模擬試験ではなく、

一般的には公にならないはずのガチの過去問です。

東進ハイスクール・河合塾英語講師(東大と早慶) TOEIC満点79回というTOEICガチ中のガチ勢である

森田鉄也さんがホンモノだとお墨付きをくれました。

リスニング5回分、リーディング5回分出来ます。

あいにく、解説が韓国語なのでそこだけは唯一の欠点ですね。

ただ、ホンモノのTOEIC過去問が5回分収録されている

極めて価値の高いものですので、早めに買っておいて下さい。

ちなみに2014年度版は中古でプレミアが付いて1万円になっています。

品切れになるとこの2017年度版も同じ運命をたどるでしょう。

煽るのは好きではありませんが、

今買わないともうこの金額では手に入らなくなることは明白ですので、お急ぎ下さい。

大量に買い占めて、中古で売却して稼ぐという投資的な出口戦略もあります(笑)。

 

一応Amazonの評判を見ておきましょう。

いい感じですね。

★★★★★

2018年1月8日

韓国では2016年の内容だか、
日本では2017〜2018年の傾向に近い
参考書。
今後も繰り返し勉強し活用したい。
自分は10回往復し820点2018年5月受験で、
取れました。

 

★★★★★

2018年8月18日

中級者であれば、不条理に高い公式問題集を買うより断然お得です。

 

★★★★★

2018年6月16日

日本では過去問を売っていませんが、この本を使えば過去問を体験出来ます。本番の良い練習になりました。
音声はホームページからダウンロード出来、ウォークマンにも取り込み出来ました。
日本の公式問題集に匹敵する問題集です。

 

搾取され、時間とお金をムダにしたくないならオンライン試験を受けろ!

しかし、このTOEIC過去問も収録されているのは5回分です。

過去問をやり尽くしたらまた手詰まり、

さて次はどうすればいいのでしょうか?

 

私からのオススメはオンライン試験です。

 

「なーんだ。オンライン試験かお!そんなのいくらでもあるから期待して損したお!」

 

と思われたでしょう?

 

甘いです。

私を舐めないで下さい!

オススメしたいのはそんなしょぼい情報じゃありません!

 

そこらでやっている、

「TOEIC無料オンライン試験って出しときゃ、バカが集まるからそこで教材売ったろwww」

ってエサ撒きしてる適当に作られたものとはまったく違うものです。

 

業者「無料でレベルチェックできるよ!」

業者「無料で実力を把握できるよ!」

 

「うわーい!無料大好きだお!お金かからないものならいくらでも喜んでもらうお!!」

 

はい、もういい加減搾取されるのは止めにしましょう。

無料はエサです。

釣られてしまうと、待っているのは搾取。

「いいことばっかりいって結局カネ目当てかお!!」

 

ってなるのがオチです。

もういい加減、無料に釣られるのは止めにしましょう。

これ以上時間とお金をムダにしないでください。

真面目にここまで読んだあなたは、

 

じゃあどのオンライン試験ならいいのか?

本当に実力がつくのはどれか?

 

と身を乗り出して、ホンモノを知りたい気持ちになっているはずです。

大丈夫、私は答えを用意しています。

それはグローバル・コミュニケーションズが提供している、

オンラインTOEIC模試「e─test」

です。

>>>オンラインTOEIC模試「e─test」のサイトを見てみる(外部サイトへジャンプします)

 

お金と時間を節約して、成功へショートカットするなら「e-test」だ!

このe-testのすごいところはいくつもあります。

まず、問題が3000問もストックされていて、

受験ごとにランダムに出題されます。

ですので、真の実力がつかないと高得点が取れないようになっており、

まさに「自宅で受け放題のTOEICテスト」というべきものです。

 

現れては消えていく、

星の数ほど存在するTOEICの教材の中でも

「1999年」から生き残り続けたものです。

1999年といえば、ブロードバンドもままらない時代です。

そんな時から硬派に高品質のTOEICのシミュレーションテストを配信し続けて、

生き残っているのは、その品質が支持されている何よりの証拠です。

 

もちろん、私もこのe-testには死ぬほどお世話になりました。

実際のTOEICを受験すると

受験料や会場までの交通費に加えて、時間もかかる…。

それがこのシミューレーションテストは、

定額で自宅で受け放題ですからものすごくよかったです。

e-testで毎回ほぼ満点を取れるようになってから

TOEICで本番の試験を受けたら985点が取れれました。

その効果は私自身が体験していて、自信を持ってオススメします。

 

テストは毎回30分、受験後はすぐにスコアが表示されるので、

その場で実力チェックが出来ます。

カード支払をすると1ヶ月わずか2,000円で受け放題!

スマホでも試験を受けられますので、

いつでもどこでもTOEICのスコアチェックが可能です。

お試しに無料トライアルテストを受けられますので、

まずは無料でテストしてやるかどうかを判断するのは悪くありません。

 

サイトはシンプルで少しそっけないデザインですが、

そのテストの品質の高さは随一!

もうムダにTOEICテストを受けまくってお金と時間を消耗するのは止めにして、

英語力がちゃんとついた時に初めてTOEICで高スコアを取りに行く賢いやり方にしませんか?

>>オンラインTOEIC模試「e─test」のサイトを見てみる(外部サイトへジャンプします)

 

e-testの申し込み方法

まずは「お申込み」をクリックします。

 

次画面で名前やe-mailなどを登録します。e-mailを登録してもうっとうしい営業メールは来ませんので、捨てアドではなくても問題ありません。

 

その次画面で決済方法を選ぶのですが、

必ずコンビニペーパーレス払いではなく、

クレジットカード払いをオススメします!

 

コンビニペーパーレスは1ヶ月コース/3,000円(税抜)、3ヶ月コース/8,400(税抜)、6ヶ月コース/15,000円(税抜)、1年コース/24,000円(税抜)

クレジットカード払いは1ヶ月コース/2,000円(税抜)

 

です。クレジットカードは毎月支払いなので、

嫌になったら即退会出来る上に金額が安く済みます。

どうしてもクレジットカードが使用できない事情がなければ、

いつでも解約が出来、料金も安く済むので絶対にクレカ払いにしましょう!

 

このサイトから登録された方への特典

このサイト経由でe-testに申し込みをされた行動力のある方には

特典として無料サポートをおつけします!

 

「テスト受けたけど、こういう点がちょっと不便…」

「オンライン試験の活用法は他にはないの?」

「オンライン試験を受けるだけで英語力も伸びる??」

 

そんな質問をしてください。

メールアドレス:takeo.kurosaka@じーめーるどっとこむ

ただし、上記URL経由の登録でない場合はサポートは受けられませんのでご注意くださいね!

わからないこと、困ったこと、不安があれば私にメールで聞いてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です