英会話のスピーキング力アップ!リプロダクションはやる価値がある勉強法か?

オレだ。

先日、オレの元に英語多読の受講生さんから、次のようなご質問が届いた。

 

 

なるほど、アツいご質問だぜ。頼ってくれてアザス。

 

…あいにく、オレはこのご質問を頂いた瞬間は、

ぶっちゃけリプロダクションについてよく知らなかったw

 

「はぁ!? テメエ英語のプロだろ?? ちゃんと勉強しとけよw」

 

なんて責めないでくれw オレもただの凡人に過ぎない。

世の中に知らないことなんていくらでもあるんだw

 

間違ってテキトーな回答は出せないので

 

「時間ちょうだい、調べてブログ記事で回答する!」

 

とお答えした。

 

で、あれこれ調べてリプロダクションについて納得の行く理解ができたので

この記事で回答を出していきたい。

 

結論

さっさと結論を渡す。受け取ってくれ。

 

オレは英語を多読することで、独学で英語力を身に着けた。

TOEIC985点、英検1級を取得。

米国の大学に会計学専攻で留学し、複数の外資系企業で英語を使って働いていた。

今も英語教育ビジネス、英語ビジネスジャーナリストという仕事をしている。

 

リプロダクションの勉強法について、今回かなり調べたので真実にたどり着けたと思う。

本音で語っていくのでついてきてくれ。

 

英語多読のすべてが分かる動画講座

「英語を独学でペラペラとカッコよく話せるようになりたい!」
「スクールや留学はムリ…。できるだけコストを抑えて、独学でマスターしたい!」

あなたがもしもそう思うなら、英語多読をはじめてくれ。

「でも、初心者で知識がなくて、英語多読についてよく知らないし…」って人は、

安心しろ。無料の動画でガッツリオレが解説するぜ。

>>>今すぐ英語多読のやり方を動画で見てみる!

リプロダクションとは?

さて、「リプロダクション? ウルトラマン制作してるスタジオ?」と

リプロダクションのことをよく知らない人もいるだろう。

ちなみに、ウルトラマンは円谷プロダクションが制作している。

 

リプロダクションとは、

流れてきた英文を聞き、

一度停止した上で

「聞いた英文を再現する」訓練だ。

これは同時通訳者の

養成修行に用いられるんだ。

 

学習の手順としては、次のような流れになる。

 

1.リスニングの英語音声を聞く。

2.あらかじめ決めておいたセンテンスで一時停止する。

3.聞き取った英語を自分でスピーキングしてみる。

4.再度、音声を聞いて答え合わせをする。

 

このような感じ。

 

簡単な素材を選べば、誰でもできそうな感覚がするかもしれない。

けど、やってみると意外なほど難しいことに気づくはずだ。

 

シャドウイング訓練とリプロダクションとの違い

ここまで話を聞いた方の中には

 

「話を聞いていてもイマイチ、シャドウイングとの違いがよくわからん…。」

 

という人もいるかもしれない。

ここからはシャドウイングとリプロダクションとの違いを語っていこう。

 

シャドウイングは英語が聞こえたら、そのそばからドンドン発音をしていく練習法なんだ。

初心者にも取り組みやすいし、やればやるほどなめらかな発音できるようになっていくだろう。

正しい英語の発音を理解し、リスニング力アップも期待できるんだ。

 

その一方でリプロダクションは、英語音声を完全停止して

自分の頭から聞いた英文を再現するという訓練になる。

 

最大の違いは「負荷の大きさ」なんだ。

 

正直な話、シャドウイングは同じ素材を何度も繰り返す内に効果が薄れてくるだろう。

すっかり英文まるごと入ったら、後は脳死状態でも再現できるんだ。

 

けど、リプロダクションは違う。

 

なんせ目の前には英文は無いのだから、

自分の頭を必死に動かして再現しなくちゃいけないんだ。

 

だから圧倒的にキツイ。

ブロガーやYouTuberによっては

 

「リプロダクションは初心者でも取り組みやすい」

 

という主張も見る。

けど、オレはそんなことはないと思う。

 

リプロダクションは間違いなく、

シャドウイングとは比較にならないほど負荷が高い。

 

なぜって、聞いた英文をできる限り正確に復元するには、

英単語力や正しい発音の理解はもちろん、

それに加えて英文法とか、瞬間的な英作文力まで求められることになるんだ。

 

英語多読のすべてが分かる動画講座

「英語を独学でペラペラとカッコよく話せるようになりたい!」
「スクールや留学はムリ…。できるだけコストを抑えて、独学でマスターしたい!」

あなたがもしもそう思うなら、英語多読をはじめてくれ。

「でも、初心者で知識がなくて、英語多読についてよく知らないし…」って人は、

安心しろ。無料の動画でガッツリオレが解説するぜ。

>>>今すぐ英語多読のやり方を動画で見てみる!

リプロダクションで期待できる効果

あなたが関心を持っているのは、

 

「ぶっちゃけこの修業ってやる価値ある? リプロダクション訓練を行うことで、どんな学習効果を得られる?」

 

ってことだろう。

わかってる。今から全部話すから聞いてくれ。

 

リプロダクションを頑張ることで、次のような学習効果が期待できるんだ。

 

1.発音

2.リスニング

3.文構造理解への意識

4.英文を再現するための英文作成力

 

このあたりを鍛える事ができるんだ。

 

1と2はシャドウイングでも同じ効果が得られる。

けど、シャドウイングより高い負荷をかけることで、

3と4はリプロダクションではさらに高い効果が期待できだろう。最高。

 

英語学習初心者はリプロダクションをやらなくていい

「リプロダクションは優れた学習法なので、負荷は大きいですがぜひ皆さんやってみましょう!」

 

オレはそんなキレイゴトなんて絶対に言わない。むしろ、

 

「オイ、英語学習初心者は浮気心を出してリプロダクションなんてやるな。時間のムダになる」

 

そんな厳しい本音をぶちまけておく。

より具体的に言えば、次の項目に当てはまる人はやらなくていい。

 

・英文法力が弱い人

・リーディングが苦手な人

・語彙力が不足気味な人

 

これに1つでも引っかかったら、リプロダクションなんてやるな。時間のムダになるんだ。

 

まず、リプロダクションで必要なのは

「暗記力」じゃないっつー話。

 

世の中にはたまに鬼ほど記憶力が優れている人がいるけど、

だからといって、そうした人が有利になる世界じゃないんだ。

聞こえてきた英文を、リアルタイムにスイスイ理解する力と

脳内で英文を再構成する力が求められるんだ。

 

・英文法力が弱い人

→英文法が苦手だと、英文を正確に理解できない。

 

・リーディングが苦手な人

→リスニングより難易度の低いリーディングで詰まるようなら、先にリーディングを鍛えてくれ。

 

・語彙力が不足している人

→聞こえてきた英単語がわからなければ、その時点で再現なんてツムツムする。

 

オレからのオススメとしては、英語学習初心者は先に優先するべきことが山ほどある。

語彙力を鍛え、英文法の理解を深め、その力を使って英語を多読してくれ。

それらが終わってからでも、リプロダクションは遅くはないだろう。

 

リプロダクションだけでリプロダクション力を伸ばす必要はない

これは伝わりにくいかもだけど、オレは

 

「リプロダクションの訓練だけで、リプロダクション力を伸ばさなくていい」

 

と思ってる。

どゆこと? って人もいると思うので解説をするぜ。

 

リプロダクションをやってみて、うまくいかない人が次に取る行動は、

ひたすらリプロダクションをやりまくるって話なんだ。

 

まあ分かるよな?

自転車に乗る練習をする人は、コケてもコケてもひたすら自転車に乗りまくるしか前進しない。

ゲームが下手な人は、とにかく死んでも死んでも何回も練習する中で上達するだろう。

だけど、英語学習はスーパーマリオの上達法とはまたちょっと違うんだ。

 

英文法の理解度が浅い状態では、いくらリプロダクションを

脳死状態で頑張っても永遠に状態しないだろう。

なぜってこの場合、上達を阻んでいるのは練習量ではなく英文法だから。

 

あなたが試しにリプロダクションをやってみて、

何度やっても超えられない壁を感じたら、

その時点で何にひっかかりがあるのかをちゃんと確認してくれ。

もしも英文法とか、英単語で躓いているなら

そこを解決しなければ先には進めないんだ。

 

結論:学習者のレベルを選ぶ勉強法

リプロダクションは同時通訳者を養成する学習法だけあって、

英語の勉強の基礎をもれなく鍛え終えている人がやって、初めて効果のある勉強法なんだ。

 

もちろん、優秀な講師などからテクニカルに指導を受ければ、

比較的初心者の段階でも伸びる人がいることはオレは否定しない。

 

…けど、英語学習初心者の段階なら、そこまでして

「無理にリプロダクションなんてやる必要はない」とオレは思ってる。

先にやるべきことはざっと5,000万個はあるので、

先にそちらを終わらせてからにしてくれ。

 

参考になったら幸い。

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

「私はいつになったら英語ができるようになるの?」
「こんなに頑張っているのに、まだできないなんて…」

そう嘆いているあなたの気持ちはハゲるほど分かる。

オレもそうだった。

あなたの救うのは、留学やスクールではなく、

「英語多読」だ。

必要なことは講座として動画にまとめた。

気になる人だけでいい。見ておいてくれ。

↓↓↓

>>>詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です