【初心者向け】結果的に英語力が高まる英文法の学習法を語っていく

こんにちは!英語多読に狂った謎の男・黒坂岳央(くろさか たけを)です。
■アホなことばかりつぶやく、ケシカランTwitterアカウントはこちら。100ツイートに1回はまともなことをつぶやくよw→@takeokurosaka

 

「英文法って本当に嫌われちゃうんだよな…。ぶっちゃけ、英文法を極める人が英語を極める、っていっても過言ではないくらい重要なんだぞ」

 

「英語はハートが重要だお! 通じればいいんだお! 言葉より、やる夫の輝く瞳を見れば伝わるんだお!」

 

「ダメだこいつ…w 早くなんとかしないと…w」

 

「おう! 言葉なんて一言でいいんだよ! 挨拶は”押忍””夜露死苦”で十分だ。 ぐだぐだきざなセリフを吐くヤローなんて漢じゃねえぞ? I love youがいえなくても”愛羅武勇”で伝わるだろ」

 

「ビジネスコミュニケーションはどうするんだよw 一言じゃ無理ゲーだろ絶対w」

 

「オレクラスになると一言すら必要ないぞ? YESなら火炎放射器を”強”で発射、NOなら”弱”、どちらでもなければ”ボッ・ボッ”と短く2発発射だ

 

「いやもうそれモールス信号ですし、話した方が早いですしw」

 

 

「確かにきれいなお姉さんを前にして、いきなり幼児帰りして甘え始めちゃうオッサンが一部いるのは知識として知っているけどさw ちなみに自分はキャバクラには一度も行ったことがないぞww」

 

 

「ちょww まさかの外道のおかわりww そういうクレームが来そうで、ビミョーに反応に困るブラックジョークはやめてくださいww 自分も口悪いけど、こいつには勝てねえww」

 

英語を勉強する上で、英文法の勉強は非常に大事です。

このブログでも、英文法の重要性は何度も何度もお伝えしてきていますよね?

 

著書「中学レベルの僕が「読むだけ勉強法」で英語をペラペラ話せるようになった!」

この本でも、まずはしっかりと土台を固めるべき「英語力の基礎」として取り上げています。

 

ですが、抑えるべきポイントをミスると、

伸び悩むのが「英文法」

という分野でもあります。

 

今回は英文法にまつわる正しい理解をしてもらいたいので、

記事をお届けします!

 

超有料級のガチ講座
コスパ最強の英語多読で、英語力を鬼ほど高めたいですか?ういw 分かりました。 それなら「最強の英語多読動画講座」を今すぐ受講して下さい。 動画による解説で、英語多読の知られざる最強のメリットをどこのサイトよりも分かりやすくお話しています。 知っている、知らないのとでは、天地ほど差がつきますぜ?「知っている側」に今すぐ来て下さい!

英文法の目的を理解して取り組もう!

英文法を学習する時は必ず、学習する目的をしっかりと理解しましょう。

 

「英語力を伸ばすためにいやいややる…」

「とにかく何も考えずに反復して問題を解く」

「理解ではなく、暗記に頼る」

 

残念ながら、これでは努力をしても成果が出ることはありません。

そしてまさにこの逆をやることで成功するとも言えます。

上記の「ダメなポイント」を180度ひっくり返す、

まさにこれこそが、あなたがやるべき行動になります。

「英語力を伸ばすためにいやいややる…」

→「英語力を伸ばすために、自発的に取り組む」

 

「とにかく何も考えずに反復して問題を解く」

→「まずはインプット、そしてアウトプットという流れを組む。戦略を立てて取り組む」

 

「理解ではなく、暗記に頼る」

→「暗記をせず、とにかく理解をするように努める」

 

このような感じです。

 

大事なのは、

 

「自分は何のために英文法を学習するのか?

どうすれば効率よく、心理的抵抗を感じずにサクサク進められるか?」

 

ということを、しっかり理解しておくことです。

感覚論のように聞こえるかもしれませんが、

意識を変えるだけで、全然見え方が違って来ますし、

学習成果に大きな影響を与えることになります。

 

英文法を学習すれば英語力は伸びる

まず、しっかりと理解してもらいたいことがあります。

それは英文法を学習すれば、英語力がスルスルスルッとカカロットのにょいぼうみたいに伸びるということです。

 

「英語なんて言葉だ! 単語の意味と相手から伝わってくる感情で意味は察しろ!」

 

みたいなゴリマッチョ的なセリフがありますが、

こんなトチ狂ったセリフを真に受けると、

あなたの英語学習が失敗するので気をつけましょう。

英語力を伸ばしたければ、英文法と真面目に向き合って下さい。

 

なぜ英文法を学ぶと英語力が上達するのか?

 

今から事例を取り上げ、あなたの側頭部の

髪が抜け落ちるレベルに理解してもらいます。

 

「いやだお! これ以上髪が抜けるとつるつるになるお!」

 

「いやいやww 君もともと髪の毛ねーじゃんww」

 

まずもって、英語には日本語にはない概念、感覚、表現があります。

たとえばその一つに「冠詞」があります。

今回は冠詞を使ってその重要性をお伝えしましょう!

 

「冠詞のことがさっぱり分からぬ、パッパラパー♪ でもtheとかあってもなくてもよくね?」

 

って人は次の例文の違いを理解できないのではないでしょうか?

↓↓↓

 

あなたの目の前には、たくさんのペンが入った箱があるとしましょう

(この写真イメージみたいな感じだw)。

 

そしてその箱を前にして、あなたはペンを使わせてほしいと思っています。

さあ、あなたはどちらのフレーズを使いますか?

「Can I use a pen?」

「Can I use the pen?」

 

「使われてる単語はクソほど簡単なのに…どちらを使われたらどう解釈するのかがわからないお…!」

 

ですよね?

 

違いはatheという微々たるものではありますが、

どちらを使うかによって、結果はまったく異なるのです。

 

▲ど、どっちだ?aか?それともtheか?

 

さて、それでは答えを語っていくぜ。

 

「Can I use a pen?」

 

こちらは「a」が使われていますよね?

不特定多数の中から、特定しない何かを指す時にはaを名詞の前に付けます。

ですので、この場合は

「目の前のボックスに山ほどペンがあるけど、どれでもいいから貸してクレヨン♪」

というニュアンスで使います。

 

それじゃもう1パターン。

 

「Can I use the pen?」

 

そしてこちらはtheが使われていますよね?

theというのは特定のたった1つのものを指すニュアンスで使用します。

ですので、この場合は

 

「目の前のボックスに腐るほどペンあるけど、”その”ペンを使わせてほしいんだ。他のじゃなくて”それそれ”♪」

 

というニュアンスになるわけです。

 

「なんだお! やっぱり大した差じゃなかったお! こまけぇ違いはジェスチャーでフォローすればいいお!」

 

「だからそういう感覚論じゃなくて、ちゃんとやろーぜって話なんだって」

 

このように英文法の理解がなければ、

意味を正しく捉えることが出来ないのです。

そして中には今回取り上げたaとtheのように

英語には日本語にはない概念がいくつもありますから、

理解しなければいくら単語を山ほど頭に入れても、

英語を正しく使いこなせず、また理解できないということが起こってしまうのです。

 

逆に言えば、ちゃんと理解することで理解力150%を発揮できます。

 

英文法は学習の基礎固めの段階で、

何が何でも理解する必要があります。

 

これはあなたが英語をやっていきたいと思う限り、

絶対に逃げることは出来ません。

 

「英文法なんてめんどうくせーし、クソつまらないからオレは最後の仕上げにやるぜ。まずは英会話を1万時間しゃべりたおすぜ!」

 

というノリで突入して、英会話を喉が枯れきるほどしゃべっても

 

「英会話チケットでハリセン作れるほど買って、死ぬほどしゃべりたおしたのに、ずっと同じフレーズばかり使ってまったく上達が感じられないお…。」

 

って人は控えめに言って割と見てきた。

ワイの言っている話を信じてもらえると嬉しいw

 

…いや、英文法すっ飛ばして学習してもマジで時間もったいねーからな。

やるべきことはちゃんとやろう。その方が圧倒的にコスパがいいんだ。

 

超有料級のガチ講座
コスパ最強の英語多読で、英語力を鬼ほど高めたいですか?ういw 分かりました。 それなら「最強の英語多読動画講座」を今すぐ受講して下さい。 動画による解説で、英語多読の知られざる最強のメリットをどこのサイトよりも分かりやすくお話しています。 知っている、知らないのとでは、天地ほど差がつきますぜ?「知っている側」に今すぐ来て下さい!

暗記パートと、理解パートを分けて考える

さて、次に気をつけてもらいたいのは英文法は

暗記ではなく、理解をしようということです。

 

英語学習で気をつけるべきは、

 

「こっちは暗記。こっちは理解」

 

てな具合で学習スタイルを使い分ける必要があることなんですよね…。

 

英単語、英熟語はどこまでいっても暗記の世界です。

もちろん、単語帳を作って「house=家」みたいにカードをめくる

「無間地獄に悶え苦しむ元罪人」のようなことはしてはいけません。

※作者注釈:無間地獄というのは、阿鼻地獄とも言い、絶え間なく(無間)苦痛を受ける地獄のこと。生きている間は、悪いことはしちゃいかんぜw

 

オヌヌメの英単語暗記法としては、

自然な英文を何度も繰り返して読む「反復読み」です。

↓(過去記事。7回くらいは当然読めよ?)

勉強の天才・山口真由さんに学ぶ、繰り返し読む勉強法の超・破壊力!

2019年2月28日

 

しかし、同じノリで英文法を攻略しようとしてはいけません。

英文法は暗記ではなく、深い「理解」こそが重要です。

もちろん、英文法の一部には暗記で突破するべき項目があります。

たとえば

 

1.I hope to go there with you.

2.I hope going there with you.

 

というのがあった場合、正しいのは1で、2は間違いです。

hopeの後はto doという形式は取れても、doingという形式は取れないからです。

どの単語がto doでどの単語がdoingなのかは個別に覚えるしかありません。

 

これは暗記で突破する事項です。

 

しかし、その他のほとんどの項目は暗記ではなく理解で攻略し、

1つずつ丁寧に、深く理解をする必要があります。

 

いいですか?英文法は思考停止の丸暗記で突破することは出来ません。

 

「この場合はこうなる。なぜならこういう理由があるから。

こうなるとこういう解釈をする。だが、例外もあるのでこれは注意」

 

という論理的なルールが積み重なったのが英文法なのです。

「英文法は1つずつ、丁寧に深く理解をする」

ということを覚えておいてください。

 

「暗記ではなく、理解」ってのがお母さんの愛情くらい大事

英文法はとにかく暗記ではなく、理解をすることが大事です。

子供は母親の愛情おにぎりを食べないとまともに育たないのと同じで、

英語も英文法がなければ力を付けることが出来ません。

良くわからんたとえだが、まあ察してくれw

 

今一度、あなたの学習法を振り返ってみて下さい。

案外、見落としている人は多いですよ?

 

・なぜその答えになるのか?

って人に説明出来るレベルにいますか?

・概念だけ本で読んで、分かった気になって

問題をシカトしていませんか?

・問題を解いたら安心してしまって、

解説を読まずに終えていませんか?

 

理解ってのは、なんとなく出来ている気になってしまうんですが、

初心者のうちはなかなか深く入らないものです。

ですので、

 

1.概要を理解する(Evergreenを何度も読む)。

2.文法問題を解く(解説を鬼ほど読もう)。

3.なぜその答えになるか自信がなければEvergreenを読み直して理解を深める。

 

このジミで面倒な作業が出来るかどうか?

それが文法を独学で取り組む上で、むちゃくちゃ重要になります。

 

「すべては深い理解のため」

 

この本質を忘れてしまうと、問題を解くことが目的化してしまったり、

理論書(Evergreen)を読んで、分かったつもりになってしまったりしてしまいます。

 

とにかく理解をしっかりすることが重要で、

英文法の学習段階でそれをしないと、

この先の英語多読や英会話の時に100%ツケがまわってきます。

英文法をサボっても、英語を使って生きていこうという限りは絶対に逃げ切れません。

ですので、学習をする段階で分からないところがないよう、

きちんと済ませるようにしてくださいね。

 

まとめるぞ

・なぜ英文法を学ぶべきかを理解する。

・英文法を鍛えることで、英語力は伸ばせる。

・暗記じゃなくて理解が大事。

 

この3つを理解してもらえたら、

朝クソ早く起きて、頑張って記事を仕上げた価値があるというものだw

 

特に初心者の頃から、英文法と正しく付き合うようにしましょう。

英文法をなめてかかる人は、ずっと英文法をなめっぱなしなんで

最初は勢いがよくても、100%伸び悩みます。

私は渋谷でタピオカドリンクを片手に持った女子レベルに、

英語力がある人をこれまでたくさん見てきました。

その中で、一人たりとも

 

「あっ、この人英文法しょぼいw」

 

と感じる人はいませんでした。

 

英文法なくして、高い英語力は実現不可能です。

必ず通る道と腹をくくって取り組んでいきましょう!

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

「コスパ最強の英語多読の動画講座」の参加者募集中!

英会話スクールや語学留学と比較して、

英語多読は何がスゲーのか?

英語多読で手に入るものは?やり方は?

他のサイトでは絶対に語られないクソヤベェ話を、

動画でとてつもなく分かりやすく解説してるぜ。

参加者から山ほど「良かった!」という声が毎日届いてる、そんな講座。

参加することに何もデメリットはないんで、とりあえず覗いてみるといいことあるかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です