【納得の結論】「英語字幕」と「日本語字幕」はどっちが英語の勉強になる?

オレだ。

あなたは英語音声の動画を見る時、

「日本語字幕」と「英語字幕」のどちらを表示しているだろうか?

 

英語学習ガチ勢で、まさか日本語字幕を表示させてるひよっこはいないよな?w

だが、迷っている人も多いハズ。

「ジッサイ、英語字幕表示をすることで、どのくらい英語力アップになるの?」と。

 

「やる夫は意識低い系なので、常に日本語字幕だお!」

 

「知ってたw」

 

今回はオレからあなたへ結論を語っていきたい。

まずは結論から先に渡す。受け取ってくれ。

 

結論

英語動画を見るなら、「日本語字幕」ではなく、

 

できるだけ「英語字幕」

を表示させるようにしてくれ。

 

その方があなたの英語学習にプラスの効果がある。

 

この主張はオレの一人の戯れ言ではなく、

大学教授の研究論文にもこのことが示されているんだ。

植松茂男・同志社大学教授は2004年(当時は摂南大学教授)、「メディア教育研究」第1号に「DVD映画教材利用時の英語字幕が英語学習に与える影響について」との論文を掲載している。それによると、大学での授業を利用した調査において、映画に英語字幕を使用したグループは初級者、中級者ともにリスニング力が高まったという。

引用元:財経新聞「「英語字幕」と「日本語字幕」、映画や海外ドラマの英語学習に効果があるのは?」

 

ああ、あーだこーだと議論の余地なんてない。

もう結論は出ている。

あなたが英語力を伸ばしたければ、

英語動画の字幕は日本語ではなく英語を表示させるんだ。

 

詳細を語っていくぜ。

 

最強すぎる英語多読講座

「英語の勉強は頑張っているけど、イマイチ身についている気がしない…」
と不安になってねえか?

安心しろ。あなたの不安をブチ壊し、人生を変える英語力を授ける講座を渡す。
他のサイトでは絶対に語られないクソヤベェ話を、動画でとてつもなく分かりやすく解説するぜ。

一円もかからねえし、ウザくなったら秒速で解約できるんで、迷うくらいなら参加しておけ。
ゲハハハw

>>>講座の詳細を見てみる

この記事の信憑性

この記事を書いているあやしいオッサンの正体を晒しておく。

なぜなら、人は実績のないヤツの主張なんて1ミリも信じないからだ。

この記事を書いたオッサンの正体

オレは英語を多読することで、独学で英語力を身に着けた。

TOEIC985点、英検1級を取得。

米国の大学に会計学専攻で留学し、複数の外資系企業で英語を使って働いていた。

今も英語教育ビジネス、英語ビジネスジャーナリストという仕事をしている。

英語学習については、Yahooニュースを始め、

色んなメディアで記事を執筆させてもらっているよ。

>>>詳細はオレのプロフィールを見てくれ

 

オレは有能な人間ではないし、別にカリスマ性もない。

ド田舎の山奥で孤独にコソコソ生きてる、よく分からん未確認生物だ。

だが、英語学習という点についてだけは、

一応の結果を出したと思ってる。

「自分で言うなよw」と思われるかもだけどなw

 

英語字幕と日本語字幕の有用性については、

ただの英語教師より、正確な知識があると思うぜ。

 

こんなよく分からん生き物の話でよかったら、

ぜひ参考にしていってくれ。

 

 

日本語字幕は情報量が少ない

日本語字幕を表示させれば、内容の理解は一気に高まる。

ああそうだ。オレたちはなんといっても日本人だからなw

 

無慈悲な現実を叩きつけておくと、

日本語字幕を表示させて動画を見ても、

あなたの英語学習には、晴れの日の傘レベルに役に立たないだろう。

 

「晴れの日でも、傘があれば眩しい日差しを防げるお!」

 

「日傘男子かよw」

 

それをあなたに理解してもらうために、字幕の世界について語らせてくれ。

 

英語記事や洋書を翻訳するのと異なり、

 

動画字幕には「時間的な制約」がある。

 

そりゃそうだよな。

映像なんだから、時間の経過とともに

字幕は次々と表示されて消えていくのが普通だ。

 

字幕界でのおおよその基本ルールとして、

セリフ1秒に対して、4文字以内。

一度に表示される字幕は20文字までと言われている。

 

もちろん、例外はあるぜ?

だけどこれがオーソドックスなルールだ。

…逆にこれ以上の字幕を表示させると、

多くの人にとって字幕を読むのに一生懸命になりすぎて、

肝心の内容がまったく頭に入ってこないことになるんだ。

これはあなたもよく理解してもらえると思う。

 

問題はこの制約があるために、

英語と日本語はキッチリ1対1で

きちんと訳されていないっつー事情だ。

 

オレはゲームや映画を見るのが好きなんだけど、

日本語字幕付きのものを見ると、

 

黒坂「これハンパなく情報量削られてるなw」

 

と感じる事が少なくないんだ。

次の見出しで具体例をあげるよ。

 

時には英語原文とは似ても似つかない意訳がされることがあるのは、

この字幕の制約があるから、仕方がないんだ。

覚えておいてくれ。

 

最強すぎる英語多読講座

「英語の勉強は頑張っているけど、イマイチ身についている気がしない…」
と不安になってねえか?

安心しろ。あなたの不安をブチ壊し、人生を変える英語力を授ける講座を渡す。
他のサイトでは絶対に語られないクソヤベェ話を、動画でとてつもなく分かりやすく解説するぜ。

一円もかからねえし、ウザくなったら秒速で解約できるんで、迷うくらいなら参加しておけ。
ゲハハハw

>>>講座の詳細を見てみる

日本語字幕は英語情報の大半が削られている

日本語字幕はハンパなく意訳されている。

 

字数を削減するために、

かなり情報量が削られているんだ。

 

ここからは「いまを生きる」(原題: Dead Poets Society)という

アメリカ映画を元に実例をあげたい。

▲予告編。古き良きアメリカの雰囲気が漂う。もしかして見たことある?w

 

ロビン・ウィリアムズ演じるジョン・キーティングは劇中で、

「Carpe diem. Seize the day, boys. Make your lives extraordinary.」

といった。

▲「若さは永遠ではない。今を大事に生きなさい」と若き青年たちに説くシーン

 

このシーンでは、日本語字幕は

「今を生きろ若者たちよ。素晴らしい人生を掴むのだ」と訳されている。

だが、このシーンで伝えたい真の内容の深さは、英語でなければ理解ができない。

 

Carpe diemというのは

英語ではなく、ラテン語だ。

 

ラテン語ではあるものの、アメリカの知識人はみんな知っている単語なんだ。

ちなみにオレも学んだよ。

オレの場合は大学の文学の講義を通じて、このフレーズを覚えた記憶があるぜ。

 

▲ホラティウス(画像はWikipediaから引用)

 

このフレーズ、元々は古代ローマ詩人のホラティウス(BC65-8)の言葉で、

 

「今は永遠ではない。大事に生きろ」

 

という格言は紀元前から語り継がれてきた、っつーこと。

古代の偉人から伝わってきた言葉、大変にロマンがあるよな。

 

さて、このCarpe diemの意味だが、

英語でいうと「Seize the day(今を生きろ)」というのと同じ意味だ。

 

ここまで読んだあなたは違和感があったはずだ。

 

Carpe diem(ラテン語)

Seize the day(英語)

 

あれ?同じことを言っていないか?と。

ああ、そうだ。

最初にラテン語で「今を生きろ」といい、

英語で「今を生きろ」と言い直したわけだ。

 

「もしかしてボケが始まったのかお?」

 

「バカタレw この映画屈指の名シーンだぞw」

 

このシーンをオレなりの解釈をするなら、

紀元前から語り継がれてきたラテン語で伝えることで、

 

「今を生きろ、というのはずっと言われてきた普遍の真理。先人も同じ教えを受けて、連綿と歴史を紡いできた」

 

という意味合いを言いたかったのだろうと思う。

 

だからこのシーンではあえて、

ラテン語で伝えることには大きな意味があるんだ。

 

でも、日本語だと「今を生きろ」としか訳せない。

Carpe diemとSeize the dayという、

違う言語の、同じ意味のフレーズをあえて並べた意図も伝わらないだろう。

 

このように英語原文でなければ、

決して伝わらないニュアンスというものは映画やゲームに限らず、

現実社会にもたくさん存在するんだ。

 

アメリカの教養人は立食パーティーなどで、

キリスト教やラテン語の名言を引用することがあるからな。

 

「やる夫は立食パーティーは食べるのと、お姉ちゃんを口説くのに忙しくて知的な会話をするヒマがないおw」

 

「パーティーの趣旨は飲み食いナンパじゃねえっつのw」

 

でも、日本語字幕だとそれが一切伝わらない。

ああ、もったいないと思わねえか?

せっかくならこうした英語圏文化も拾い上げて、

しっかりと咀嚼して味わいたいものだぜ。

 

英語字幕表示は、リーディングとリスニング、語彙力強化になる

英語字幕は当然だけど、英語音声に忠実に表示されている。

これが実に英語力強化につながるんだ。

 

英語字幕を表示させて理解ができない場合、

 

音を聞き落としたリスニング力不足ではなく、

語彙力や文法力、リーディング力不足に

原因があることが明確になる。

 

これは知られざる大きなメリットだとオレは思う。

あなたが英語字幕を表示させても、

動画の内容が分からないのは次の3つのいずれかが原因だ。

 

1.英単語や英熟語が不足している。

2.英文法力が足りない。

3.リーディング力が足りず、英語の脳内処理が追いついていない。

 

つまり、リスニング力を高めるために多聴をするより、

英単語や英文法を強化したり、読解量を増やす方が英語力を伸ばせるということになるんだ。

 

知らない単語が出てきたら、調べることで語彙力増強になる。

それから字幕を通してリーディングやリスニングをたくさん処理することになるので、

多読多聴効果も期待できるよな?

 

<参考>英語字幕付きで見られるYouTube無料動画はこちら。

【字幕有でオススメ!】Kurzgesagt In a NutshellのYouTube動画は英語リスニング素材に最適【中級~上級者向け】

2020年4月9日

CNBCのYouTubeチャンネルが有能すぎで、見るだけで英語力がバク上げしてしまう理由

2019年8月8日

 

オレは英語動画を字幕付きで見る時は、必ず英語字幕を表示させているよw

 

自分の知らないラテン語での引用とか、

キリスト教由来の表現なんかは、

声だけ聞いても分からないことがあるからなw

 

そんな時、英語字幕を表示させていれば、あとで調べることもできる。

未知のフレーズを調べるのはとても楽しい。

上記で紹介したCarpe diemのフレーズも

「ロマンティックで、すてきやん?」と感じた人もいるはずだ。

 

参考になったら幸い。

あなたも今日から字幕は日本語じゃなくて、英語で表示させようぜ!

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

「私はいつになったら英語ができるようになるの?」
「こんなに頑張っているのに、まだできないなんて…」

そう嘆いているあなたの気持ちはハゲるほど分かる。オレもそうだった。

カスほど英語ができなかったオレにTOEIC985点、英検1級合格を授けたのは英語多読だ。

その真髄を語った動画講座を作った。

安心しろ。無料で参加できる。

英語を本気で身につけたいやつだけでいい。

今すぐこっちに来てくれ。

こっそり伝えたいことがあるんだ…!

>>>気になるので覗いてみる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です