「意識」だけでなく「無意識」を味方につけて、英語学習を成功させるシンプルな方法

オレだ。

 

世の中は「思考は大事。マインドは重要」

とアチコチで言われている。

 

あなたも「はいはい、また思考ですか、マインドですか。そんなんで成功するワケないだろ、バカかよw」と

ウンザリしているだろう。

 

まあ分かる。

ぶっちゃけ、怪しいしうさんくさいよな。「思考やマインド」って。

 

なぜかって、思考やマインドのことばかりを吐いている奴らは、

詐欺師や宗教家、マルチ商法を勧める人たちに多いからだ。

 

オレも目の前の人間が「ビジネスはさておき、あなたは清いマインドを持っていますか?」

って言われたら用事を思い出したふりして、すぐにその場から立ち去るだろうぜw

 

…けど、オレはそれでもあなたに、

「思考やマインドは大事だ」

って話をしなくちゃいけない。

 

結論

事実、英語学習で成功するには、思考やマインドは重要だ。

 

多くの人は「できない理由」を思考する。

その代わりに、「出来る方法」を思考へ切り替えるだけで、

笑えるくらいに英語学習の成功率をグイっと高められるんだ。

 

大丈夫。うさん臭い話はしない。

カッチリ論理的に語っていくぜ。

 

オレは相手を自分の都合の良いようにあなたを洗脳したり、

価値がないものを買わせるためにこの言葉を使わない。

 

その代わりに、あなたに英語学習で成功させるために語っていく。

ついてきてくれ。

 

英語多読のすべてが分かる動画講座

「英語を独学でペラペラとカッコよく話せるようになりたい!」
「スクールや留学はムリ…。できるだけコストを抑えて、独学でマスターしたい!」

あなたがもしもそう思うなら、英語多読をはじめてくれ。

「でも、初心者で知識がなくて、英語多読についてよく知らないし…」って人は、

安心しろ。無料の動画でガッツリオレが解説するぜ。

>>>今すぐ英語多読のやり方を動画で見てみる!

この記事の信頼性

人は実績のないやつの言うことは聞かねえ。

だからオレは自分の実績を晒す。

コレを見て、オレの話が信用に足るかどうかを判断してくれ。

この記事を書いたオッサンの正体

オレは英語を多読することで、独学で英語力を身に着けた。

TOEIC985点、英検1級を取得。

米国の大学に会計学専攻で留学し、複数の外資系企業で英語を使って働いていた。

今も英語教育ビジネス、英語ビジネスジャーナリストという仕事をしている。

他、高級フルーツギフトショップの経営なんかもやっているんだ。

 

オレは人にエバれる人物ではないけど、

ゴミのようなクソマインドを捨てたことで、

英語を独学で身につける事ができた。

 

机上の空論ではなく、実体験レベルで言っても、

「英語学習を成功させる思考」

について、あなたの役に立つ話を語れると思うぜ。

 

「このオッサンの話を聞く価値ありそうだ」

と感じたら、ぜひこのまま読み進めてくれ。

 

 

脳は課題を与えると無意識に答えを探す

会議室で難しい課題や問題が投げかけられ、

「各人、課題解決を次の会議までに考えておいてクレメンス」

と部長から言われた後、退社後に電車に乗っている時に、

 

「いきなり妙案がひらめいた経験」

これはあなたにもあるはずだ。

 

そう、脳は課題を与えると無意識下に答えを探し出すんだ。

つい先日、オレも難しいビジネスの課題を

遊園地で観覧車に乗っている時に答えを閃いたw

 

言っておくが、この主張はオレの個人的感想文じゃねえぞw

ほれ、証拠だ。科学論文として掲載されている。

Psychological research has demonstrated that humans can think unconsciously. Unconscious thought (UT) refers to cognitive or affective decision-related processes that occur beyond conscious awareness. UT processes are considered more effective in complex decision-making than conscious thought (CT).

Frontiers in Human Neuroscience “Performance and Material-Dependent Holistic Representation of Unconscious Thought: A Functional Magnetic Resonance Imaging Study”

この実験によると、人間は難しい課題を与えられた直後に

全然関係ない別の課題を出されて意識をじゃまされても、

ちゃんと最初の課題に答えられるというんだ。

 

つまり、あなたは意識的に出された問題に対して答えを考えながら、

無意識でもしっかり答えを探すことをしているって話。

 

Frontiers in Human Neuroscience誌に掲載された、

科学論文なので信頼性は高いだろう。

 

英語多読のすべてが分かる動画講座

「英語を独学でペラペラとカッコよく話せるようになりたい!」
「スクールや留学はムリ…。できるだけコストを抑えて、独学でマスターしたい!」

あなたがもしもそう思うなら、英語多読をはじめてくれ。

「でも、初心者で知識がなくて、英語多読についてよく知らないし…」って人は、

安心しろ。無料の動画でガッツリオレが解説するぜ。

>>>今すぐ英語多読のやり方を動画で見てみる!

人生は壁にブチ当たった時のあなたの態度で決まる

今のあなたの人生は、これまで数え切れないほどしてきた選択肢の結果だ。

 

ああ、ここからする話は実に言いにくい内容だし、

ほとんどの英語講師は嫌われたくないから、

自己保身でこんな事は言わないだろう。

…けどオレはクソ人間だ。嫌われる覚悟で本音でいっちゃうよ。

そしてあなたに気づきがあればと願って、あえてハッキリと言う。

 

ズバリ、あなたの人生がクソッタレだと感じるなら、

それは「あなたの過去の人生選択がクソッタレだった」

と受け止めてくれ。

 

…まて、感情的になって×ボタンでページを閉じる前に、

もう少しだけオレの話を聞いてほしい。

いいか?オレも昔はクソッタレでゴミのような人生を歩んでいた。

今も大した人物ではないけど、昔はそらひどかった。

当時は、オレの状況がクソッタレなのは、

周囲がクソッタレなせいだと心の奥底から思っていた。

 

学校にいかなさすぎて、久しぶりに登校した時にソッコーで先生に呼ばれ、

教員室で怒られている時に、オレは反省する代わりに青空に浮かんだ雲を眺めながら、

「ああ、早く家に帰ってパラサイト・イヴ2クリアしてえな」

と思っていた。

 

けど、今のオレが当時を振り返ると間違いなく、

クソッタレだったのは他でもないオレ自身だ。

 

(当時のオレ)「オレが英語がデキないのは、親が教育をつけてくれなかったせい」

→バカかよw おばあちゃんが工面してくれたお金で塾に入ったのにサボったのはオレだw

 

(当時のオレ)「高校時代は男子オンリーの工業高校。教室にはチンパンジーしかいない。オレのいるべき空間ではない」

→中学ほぼ無登校だったオレを入れてくれた高校に感謝するべきだろw

 

(当時のオレ)「オレが大学に進学できないのは、実家にカネがないせいだ」

→アホか。カネがなければ、奨学金か、働きながらいけばいいだけ。国外の大学生は自力で卒業しているぞw

 

人間は生きていく上で、無数にある人生の選択肢を選ぶ上で

壁にブチ当たった時に、「どういう態度を取るか?」で決まると言っていいだろう。

これは英語学習にも通じている話だ。

 

難しい英文法に遭遇した。

難解な英単語ばかりの英文が出てきた。

勉強しているのに伸びている気がしない。

 

分かる。まあ、ラクな道を歩みたくなるよな。

あたかも「こちらの道こそが正しいんだ」

と言わんばかりに自分を正当化して選んじゃう。

けど、結局、そこでラクな道を選んだら後でガッツリ督促が来るんだ。

…しこたま溜め込んだ利息とともにな。

 

壁を「壁」と捉えるか?それとも「課題」と捉えるか?

あなたが英語を勉強していれば、確実にいくつもの壁にブツかるだろう。

 

英単語がなかなか頭に入らない。

計画通り、勉強が進まない。

英文法がイマイチしっくり理解できない。

 

分かる。苦しいよな。

 

「自分、頭が悪いんじゃないか?」

「これ以上やっても時間とお金のムダ」

 

って感じるよな。

だがオレは共感しつつも、あなたに必要な厳しいことをいう。

甘ったれるな。すぐ感情的になるな。

それをすると、これまでと同じことの繰り返ししかない。

 

いいか?壁を壁と捉えちゃいけない。

そうじゃなくて、「攻略すべき課題」と考えるんだ。

 

そうするだけで、冒頭に述べた通りあなたの脳は

「どうすれば解決するのか?」

と攻略法を探し出す。

 

それはあなたがぼんやりとスーパーで鮮度の高い魚を選んでいる時も、

書店でイケメンの店員さんに見とれている時も、

電車に乗って目の前のオッサンのハゲた後頭部を見ている時にも、

 

ずーっと無意識化は

攻略法を探し続けている。

 

いや、なんなら眠っている時もだろう。

人間にとって睡眠というのは、起きている間の情報整理の意味合いが強いんだ。

 

だからあなたが壁にぶつかった時に、

「まーた嫌なことが起きやがった…。自分は多分、前世で悪いことをしたんだな。呪われてるやんけw」

と「対処のしようがない、悪いことが起きた」なんて考えてしまうとダメだ。

そうじゃなくて、

「どうやったら攻略できるんだろう」

って捉えるようにしてくれ。

 

いいか?思考停止するな。

ここは読み飛ばすな。

 

一言一句、しっかり読んでくれ。

この小さな差が、決定的な人生の分かれ道につながっているんだ。

 

あなたは起きて意識があって、うんうんうなっているときしか

課題が攻略デキないわけじゃないんだ。

 

そうじゃなくて、他のことをして過ごしているときでも

あなたの脳は無意識に攻略法を探し続けている。

そのためには、壁にぶつかった時に

「これは攻略するべき課題だ」と認識するようにしてくれ。

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

「私はいつになったら英語ができるようになるの?」
「こんなに頑張っているのに、まだできないなんて…」

そう嘆いているあなたの気持ちはハゲるほど分かる。オレもそうだった。

カスほど英語ができなかったオレにTOEIC985点、英検1級合格を授けたのは英語多読だ。

その真髄を語った動画講座を作った。

安心しろ。無料で参加できる。

英語を本気で身につけたいやつだけでいい。

今すぐこっちに来てくれ。

こっそり伝えたいことがあるんだ…!

>>>気になるので覗いてみる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です