【幻想を捨てれば伸びる】英語学習への完璧主義を捨てれば成功できる深い理由

オレだ。

日本人は英語に対して、「異常」といっていいレベルの完璧主義だ。

「おいおいw テメエはアレルギーかよw」

って思うレベルだと思わね?

 

「そうだお! やる夫は完璧ではないけど、楽しく毎日生きてるお!」

 

「完璧から程遠い方からの言葉は、実に勇気が出るぜw」

 

「ぎゃおおおおーーーん!!!」

 

source:https://www.youtube.com/watch?v=PNU7eYdIwts

先日、オレは小池都知事がYouTubeで英語を話している動画を見た。

彼女の英語を聞いた時に

「ああ、この人メチャデキる人だな」って思ったんだよ

(言い方が上から目線でサーセン)。

 

彼女の英文はしっかり練られていることは一瞬で分かったよ。

「知的なパブリックスピーキング英語」って感じだったな。

 

だが、そんな彼女の英語に対して、

「都知事ともあろう人が、この発音とかww」

とコメントするドアホがいたんだ。

おい、こういうコメントを真に受けるなよ。

 

ハッキリいってこういうヤツは

物事の評価眼のないバカか、

ただのコンプだ。

 

そして英語を多読するメソッドで教えているオレだが、

 

完璧主義な人は

ホント多いと痛感している。

 

これ読んでいるあなたも、

悪いことはいわないから完璧主義なんてサッサと捨ててくれ。

まじでくっっっっそほど役に立たねえから。そんなもんは。

 

さて、オレがこの記事で言いたいことを、サクッと3行で伝えるから聞いてくれ。

結論

・英語学習の失敗は完璧主義思考が作り出しとるんやで?

・英語でメチャメチャ稼いでいるプロも完璧とちゃうで?

・日本人が英語完璧を目指すのはアホみたいにコスパ悪いで?

 

じゃ、話を進めていくぜ。

 

最強すぎる英語多読講座

「英語の勉強は頑張っているけど、イマイチ身についている気がしない…」
と不安になってねえか?

安心しろ。あなたの不安をブチ壊し、人生を変える英語力を授ける講座を渡す。
他のサイトでは絶対に語られないクソヤベェ話を、動画でとてつもなく分かりやすく解説するぜ。

一円もかからねえし、ウザくなったら秒速で解約できるんで、迷うくらいなら参加しておけ。
ゲハハハw

>>>講座の詳細を見てみる

この記事の信頼性

まずはサクッとオレの紹介をさせてくれ。

 

オレは勉強法について、そこそこ研究してきた人間だ。

この記事を書いたオッサンの正体

オレは英語を多読することで、独学で英語力を身に着けた。

TOEIC985点、英検1級を取得。

米国の大学に会計学専攻で留学し、複数の外資系企業で英語を使って働いていた。

今も英語教育ビジネス、英語ビジネスジャーナリストという仕事をしている。

英語学習については、Yahooニュースを始め、

色んなメディアで記事を執筆させてもらっているよ。

>>>詳細はオレのプロフィールを見てくれ

 

英語だけでなく、デザイン、Web制作、ジャーナリスト業、マーケティングなど

いろんなことをやってるけど、基本すべて独学でやってきたので、

「勉強法」についてはアツき思いを持っているぜw

 

じゃ、語っていく。

 

 

日本人が英語に極端な完璧主義になるワケ

そもそも、多くの日本人が英語に対して

頭イッちゃってるレベルに完璧主義になる理由を考えていこう。

 

日本人は完璧な英語を聞きすぎて、

アレルギー反応を起こしているんだ。

 

オレたちが義務教育で学んだ英語を考えてくれ。

ALTでやってきたイケメン兄ちゃん先生は、たいていアメリカ人。

英語の音声CDを聞くのもアメリカ英語。

 

そしてそれ以外の英語は、センセーの日本人ド訛りの英語しかない。

イギリス英語や、オーストラリア英語、

シンガポール英語や、インド英語を一切聞くことなく社会に出ていく。

 

つまり、多くの日本人は生まれてからずっと、

アメリカ英語と、クソほど日本語訛りの英語以外を

一切聞くことなく育っているんだ。

 

これがアメリカやヨーロッパだと多民族国家なんで、

あちこちで色んな英語を聞いて育つ。

でも、どんな英語を使う人でも、

立派にコミュニケーションを取りながらその人は生きている。

 

日本人は北センチネル島の住民レベルに、

アメリカ英語のクリーンルームで

育っているんだ。

 

聞き慣れたアメリカ英語以外を持ち込まれた日にゃ、

アレルギー反応を起こしちまうって話だよな。

日本人が英語への完璧主義になる一因だと、オレは思っている。

 

source:https://www.boredpanda.com/north-sentinel-island-untouched-modern-civilization-people/?utm_source=google&utm_medium=organic&utm_campaign=organic

▲「北センチネル島」とは、一切の現代文明から隔絶された島である。住民は狩猟や沿岸での釣りを食料源とする、石器時代レベルの生活をしている。あらゆる感染症への免疫は皆無と見られ、オレたちが近づくと病原菌を持ち込むことになり、彼らは天に召されるだろう。もしも彼らにスマホ見せたらなんていうかな?w

 

世界には色んな英語があるんだ。

まずはそれを理解してくれ。

 

最強すぎる英語多読講座

「英語の勉強は頑張っているけど、イマイチ身についている気がしない…」
と不安になってねえか?

安心しろ。あなたの不安をブチ壊し、人生を変える英語力を授ける講座を渡す。
他のサイトでは絶対に語られないクソヤベェ話を、動画でとてつもなく分かりやすく解説するぜ。

一円もかからねえし、ウザくなったら秒速で解約できるんで、迷うくらいなら参加しておけ。
ゲハハハw

>>>講座の詳細を見てみる

日本人が英語を完璧にするのは不可能に近い

それでも、あなたの頭の中には

「こういうレベルになりたい!」

という輝かしいイメージがあるだろう。

分かる。理想を持つことは悪いことじゃない。

 

けど、その理想があまりに高すぎると、

それを実現するにはハンパじゃないレベルの努力が必要だし、

そもそも一生かけて頑張ってもたどり着けない可能性がある。

さらに努力に見合ったリターンは大してない。

…これが無慈悲な現実なんだよな。

 

source:http://www.ethospathoslogos.com/

▲杉田敏さん。誰もが認める、英語教育の第一人者だ。

 

オレが個人的に純ジャパで

「オイオイw クッソすげえなこの人ww」

と思う一人に「杉田敏さん」がいる。

 

あなたもこの方の名前を見たことがあるかもしれねえな。

NHKのビジネス英会話の講師を務められている、イケボの英語講師。

彼は1971年にオハイオ州立大学で修士号を取得されている。

そこからずっと英語畑のキャリアを持っておられるんだ。

 

2020年で49年…杉田さんは

人生の半分以上を

英語に漬かっている計算になるよな。

 

ジッサイ、彼の英語は非常にうまい。

…それでも、彼の英語はアメリカ人ネイティブには及ばないだろう。

 

あなたを含め、世の中の

ほとんどの人は忙しい。

 

人生の時間を英語ばかりに使っていられないだろう。

やることは星の数ほどあるはずだ。

杉田さんレベルの方が50年間英語をやっても、

アメリカ人レベルには到達できないだろう。

オレには、結婚をしてロサンゼルスのハリウッドで

何十年も働いている親戚がいるんだけど、その人の英語とて完璧ではないんだ。

 

悪いことはいわない。

「完璧」なんて永遠に

たどり着けないゴールを目指すな。

 

日本人だって完璧な日本語を操れない。

あなたも知らない日本語の言葉は星の数ほどあるはず。

それなのに英語だけに異常な潔癖症になって、

いつまでも貴重なお金と時間を注ぎ続けるのは、

毎日、エビアンのミネラルウォーターで風呂に入るくらいもったいない話じゃねえか。

 

「やる夫はミネラルウォーターじゃなくて、いつか牛乳風呂に入ってみたいお!」

 

「ドラえもんのしずかちゃんに触発された口だなw 牛乳風呂は現実的に後始末がクッソメンドイからやめとけ、とマジレス」

 

 

 

完璧でなくても英語で稼げる

オレは数々の外資系企業で働いてきた。

そこで目の当たりにしたのは、多くの日本人英語ユーザーだ。

 

おもくそ日本人訛りの発音だけど、英文はメチャメチャカッチリ書けるエンジニア。

アメリカ人としか思えない発音なのに「自分なんてまだまだ…」と謙遜するオペレータ

ところどころ、文法が間違った英語で堂々とディスカッションをする役員。

 

色々といた。

でも、彼らは日々目の前の仕事をこなし、

お給料を受け取ってご飯を食べ食べしていた。

時には外国人社員とロボットレストランへいって踊ったり、

休日に遊びに行っていた。

 

そうだ。別に英語は完璧じゃなくてもいいんだ。

 

ビジネスレベルに到達したら、そこでお勉強はおしまいにしろ。

あとはガリガリ毎日使い倒して、サッサとカネを稼いでくれ。

 

あなたはExcelやWordのすべての機能を完璧に使いこなせる達人ではないのに、

日々の業務はキッチリこなせている。

車の運転でドリフトができなくても、タクシー運転手は務まる。

 

オレだって英語は完璧じゃない。

でも、英語多読講師として人に英語を教えたり、

英語ユーザーとして、英語ビジネスジャーナリストで雑誌で記事を書いている。

 

「完璧主義」なんて

自己満足の世界でしかない。

 

完璧主義を捨てて成長した人の話

オレにとって決して忘れられない光景がある。

それは日本の短大にいたころの話だ。

 

短大に英語がメチャメチャ下手くそなクラスメートがいた。

彼の名前はYという。

彼の英語はまさに「カタカナ英語」。

周囲でYを嘲笑する人もいたし、

本音を言えば、オレも少しYを

「この人は発音下手だなw」と思っていた(サーセン)。

 

でもYは普通の人ではなかった。

 

何に対してかというと、成長浴がスゴくて、

周囲の恥を気にせず、自信満々にガンガン外国人と話をする姿勢だ。

Yの周囲には英語が得意な生徒が何人もいた。

一年生でTOEIC800点を超えたり、

英検準1級をとったりかなりのものだ。

 

でも、英語が得意なクラスメートは

積極的に外国人と話さなかった。

 

しっかり基礎を身に着けて、読み書きはかなりのレベルに達したら、

後は実践するだけだ。

それなのに「発音に自信がないから…」

という理由で彼らは日本人の前では話さなかったんだ。

 

まったく実践経験がない優等生と、

毎日、鬼ほど実践を重ねるYとの間に差ができるのは当然の話だ。

 

Yは自助努力と、会話実践を経て猛烈な勢いで英語力を高めていき、

その後、スウェーデンとアメリカの大学へ。

今はシリコンバレーのグローバル企業で働いている。

入学したての英語ができないYのイメージが色濃く残っていたので、

この変化には驚かされたものだぜ。

 

▲シリコンバレーのオフィスで働くYの写真。元気そうでなによりだ…。

 

▲同じく、シリコンバレーにて。Yは取引先と商談中らしい。

 

あなたがYから学べる点があるとすれば、

「完璧主義に囚われず、臆せず話す」

ということの重要性だろう。

 

英語は基礎力と英語多読で9割まで高められる。

そこまでいけば、あとは頭の中の英語を口から出す実践訓練を重ねるだけだ。

 

いつまでも完璧を求めて実践に物怖じしてしまっては、

肝心の英語実務経験を積むことが出来ない。

 

恥のせいで完璧主義になってしまう

誰だって最初は初心者だ。

 

オレもWednesdayを「ウェドネスデイ」と発音をして笑われた経験がある。

当時のオレは嘲笑されたことで深く傷ついた。

ゲームに逃げ、貴重な若い時期をクソッタレな過ごし方をしてハゲるほど後悔した。

 

優等生クン「そのゲームへの情熱を勉強に注げたら、

君は東大にいけそうだなw まあ、注げたらの話だけどw」

 

とゲームのタイムアタックで優勝した時に、

進学校の生徒からバカにされた時の気持ちは一生忘れないだろう。

 

いいか?しっかり聞いてくれ。

あなたの心の奥底に眠っている

「英語への完璧主義」とは

周囲に恥ずかしくない

ためのものではないか?

 

もしもそうなら、これほどくだらないことはない。

今すぐそんな外面を良くしたいってダセえ姿勢は捨てろ。

んなクソッタレなものに消耗するほど、あなたの人生は安くないはずだ。

 

英語だけ完璧主義なんてイカれた思考はいらない。

さっさと身に付けて、さっさと人生役立つように使い倒せ。

オレの声があなたの心に届いたら嬉しい。

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

「私はいつになったら英語ができるようになるの?」
「こんなに頑張っているのに、まだできないなんて…」

そう嘆いているあなたの気持ちはハゲるほど分かる。オレもそうだった。

カスほど英語ができなかったオレにTOEIC985点、英検1級合格を授けたのは英語多読だ。

その真髄を語った動画講座を作った。

安心しろ。無料で参加できる。

英語を本気で身につけたいやつだけでいい。

今すぐこっちに来てくれ。

こっそり伝えたいことがあるんだ…!

>>>気になるので覗いてみる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です