【英語以外の勉強】マイナー言語の語学学習は、ビジネスメリットを得られるのか?

オレだ。

YouTubeやブログで、英語学習の情報を発信しているオレの元に、

「英語以外で話者人口が少ないマイナー言語に興味があります。やる価値はありますか?」

と相談が来ることが時々ある。

いいね、やる気を感じる。

 

「マイナー言語の取得」

 

これにロマンを感じる人は意外と多いみたいだな。

今回はマイナー言語を学習する価値があるかどうかを解説していこう。

 

例によって、オレがこの記事で伝えたいことは次の結論だ。受け取ってくれ。

 

結論

マイナー言語を学ぶ理由が「趣味」なら止めない。好きにしろ。

だが、仕事で活用したい、ビジネスで収入を増やしたいなら止めとけ。

 

まずは浮気せずに

英語を勉強しておけと言っておく。

 

英語以外にも使用人口が多い、中国語やフランス語、スペイン語なんかもあって、

メジャー言語と呼ぶ人もいる。

その一方で話者人口がかなり少ない、スウェーデン語やチェコ語なんてのもあるんだ。

 

今回はマイナー言語を取り巻く状況を、キレイゴト抜きで現実的に語っていく。

ついてきてくれ。

 

【動画講座】独学&英語多読であなたは英語ペラペラになる

「英語を独学でペラペラとカッコよく話せるようになりたい!」
「スクールや留学はムリ…。できるだけコストを抑えて、独学でマスターしたい!」

あなたがもしもそう思うなら、英語多読をはじめてくれ。

「でも、初心者で知識がなくて、英語多読についてよく知らないし…」って人は、

安心しろ。無料の動画でガッツリオレが解説するぜ。

今すぐ講座を受講する

この記事の信頼性

人は実績のないやつの言うことは聞かねえ。

だからオレは自分の実績を晒す。

コレを見て、オレの話が信用に足るかどうかを判断してくれ。

この記事を書いたオッサンの正体

オレは英語多読をすることで、独学で英語力を手に入れた。

今は英語力を活用して、英語多読の講師をしたり、

海外のクラウドソーシングサイトで仕事をして稼いでいる。

 

で、日常的にクラウドソーシングで仕事を投げたり、請けたりしているんで

色々やってきてマイナー言語のニーズも見てきた。

だからマイナー言語の事情は、そのへんにいるオッサンよりは確実に詳しいはずだ。

 

「このオッサンの話を聞く価値ありそうだ」

と感じたら、ぜひこのまま読み進めてくれ。

 

何のためにマイナー言語を学ぶのか?という動機が大事

「オレは他の人ができない能力がほしい、ウェールズ語を学びたい」

「発音がかっこいいスロバキア語がいい!」

 

このようなミーハー的、厨二病的な動機の持ち主も割といるだろう。

その一方で、

「結婚相手がデンマーク人だから、デンマーク語が必要」

みたいに、現実的な必要性に駆られて学ぶ人もいるんだ。

 

一般的に、どの言語でも

取得するための勉強は膨大な

「時間・コスト・労力」

が必要になる。

 

だから勉強を始めてしまう前に、

しっかり勉強する動機を確認することは、メチャメチャ重要だ。

間違っても大根を買うようなノリで選んではいけない。

 

仕事にしたいのか?

それとも趣味か?

結婚相手や恋人とコミュニケーション?

 

こうした動機次第で、やる価値があるかどうか?

メリットを享受できるかは決まってくるんだ。

 

趣味ならあなたの好きにしろ。止めはしない。

恋人や結婚相手とのコミュニケーションに必要なら、

相手が英語を話さないならどうしても学ぶしかないよな。

 

そしてあなたが最大の関心を持っているのは

「仕事の役に立つ?メリットがある?」ってことだろう。

さて、ここからは「ビジネスメリットがあるかないか?」を検証していこう。

 

【動画講座】独学&英語多読であなたは英語ペラペラになる

「英語を独学でペラペラとカッコよく話せるようになりたい!」
「スクールや留学はムリ…。できるだけコストを抑えて、独学でマスターしたい!」

あなたがもしもそう思うなら、英語多読をはじめてくれ。

「でも、初心者で知識がなくて、英語多読についてよく知らないし…」って人は、

安心しろ。無料の動画でガッツリオレが解説するぜ。

今すぐ講座を受講する

マイナー言語は言語取得難易度が鬼ほど高い

日本で英語を学ぶ環境は、

鬼のように充実している。

 

書店にいけば、英語専用コーナーが作られ、

そこには文法書や英単語、英会話本などところ狭しと並べられている。

 

図書館にも同じように山ほど英語学習本がある。

日本は広いけど、英会話スクールのない街はないし、

ネットにはオンライン英会話スクールが何十社とある。

ブログやYouTubeで英語学習のアドバイスやノウハウは溢れんばかりにある。

 

…ああ、日本は間違いなく世界一、

英語学習に恵まれた環境

が整っていると言える。

だから、オレは英語を学びたい人は、

この充実した環境を利用して、みんなが独学でやるべきだと思っているし、

実際オレは独学で身につけた。

 

けど、マイナー言語はこうはいかない。

 

一応、日常会話レベルや入門書なら、書店にテキストは置いていたりするだろう。

でも、その数は英語の10分の1以下、数が少ないということは良書も限られている。

つまりマイナー言語で懇切丁寧な学習ができるのは「入門書」までっつーこと。

 

フランス語とか、中国語といった比較的使用人口が多いメジャー言語ならいいんだけど、

 

これがマイナー言語だと

メチャメチャキツイ。

 

チェコ語話者は1000万人程度で、東京都の人口より少ない。

ちなスウェーデン語話者も、同様の状況で

スウェーデンとフィンランドの人口を合わせた1,000万人程度と言われる。

辞書を手に入れることすら一苦労だろう。

 

学習環境が全然整っていない言語を勉強するのは、マジでキッツイ!

教えてくれる人を見つけるのも至難の業だよな。

 

それでいて、マイナー言語を活用するなら、

英語で手に入らない情報とか、英語が使えない現地の人を相手にするビジネスに

携わらないと難しいけど、その語学水準に達するのはキツイっつー話。

 

マイナー言語は取得の難易度が

英語と比べて鬼のように高いというのが現実なんだ。

 

マイナー言語の取得はビジネスメリットがある?

「英語より取得が容易なのでチャンス!」

「日本人より話者人口が多いので、インドネシア語を学びましょう!」

 

こんな話をブログで発信しているのを見ることがある。

それを見る度に、おかしいよなってオレは思うんだ。

 

まず、語学を学ぶ理由に「取得が簡単だから」というのはイミフすぎるだろう。

 

使う予定も一切ない言語を身につけるのは、

「とりあえず、半額シールつけられてるし、安いから買っておくか」

的なノリで、ダサい服を買うレベルに実用性が低い行為だ。

安いから、という理由で買った服なんて、間違いなく着ない。

 

そして「話者人口が多い→役に立つ」ってのもおかしな話よ。

 

たとえば、中国語の話者人口は英語より多いけど、

だからといって、中国語は必ずしも英語より役に立つって話じゃない。

 

あなたが人生を生きていく上で、関わる中国人は、

9割以上の確率で日本語か英語のどちらかを話せるはずだ。

 

なぜって留学やビジネスで

海外へ出ていく中国人は、

当然、外国語ができるからなんだ。

 

「中国人で、中国語以外一切話せません」

という人にあなたが出会うことは、

中国本土に旅行にいくことを除けばほぼない。

 

<参考記事>中国語を学ぶ価値があるかどうかを解説した記事

「英語より中国語の方がメリットある?需要ありそう?」と迷う人に伝えたい結論

2018年12月2日

 

ビジネスメリットが欲しくて、

マイナー言語や英語以外のローカル語を学ぶ必要性となると、

英語を話せない現地人と関係をもつ場合に限られるんだ。

 

たとえば、あなたが中国本土にビジネス進出して、

現地の中国人にネット通販をする場合とかだと、

中国語が使える必要があるといえる。

あとは中国本土に旅行して、現地の人を会話する場合もそうだ。

けど、そのくらいなんだよ。

 

ぶっちゃけ、グローバルの舞台にいる人は

みんな英語が使える。だったら英語でいいんじゃね?って話になる。

 

マイナー言語の活用の場は限定的

英語はメチャメチャ活用範囲が広い。

 

英語という言語を学びたい人は多いから、

オレみたいに英語の講師を務めたい人も多いだろう。

 

その他にも飲食店メニューとか、YouTube動画に字幕をつける

翻訳・通訳の仕事も山盛りある。

 

ビジネスプレゼンとか、ディスカッション、ディベートなど

英語のコミュ力を高める講座を作っても喜ばれるかもしれない。

また、なんといっても「専門スキル×英語力」という活用方法は強いよな。

 

…けど、マイナー言語はこうはいかない。

 

講師を務めるにも、学びたい学習者需要が小さい。

翻訳・通訳の仕事も同様だし、

ビジネスコミュニケーションはすべて英語が独占している。

活用の幅はかなり限られてしまうだろう。

 

「スウェーデン語を身に着けたら、スウェーデン語を教える講師になりたい!」

「スロバキア語を取得したら、スロバキアに移住して一生住むくらい好き!」

 

こういう絶対的に身につける理由があるなら、

ありだと思うけどそうでないなら止めておいた方がいいと思う。

 

結論:まずは英語力をつけよう

結論としては、オレはやっぱり「英語」を身につけることをあなたに勧めたい。

 

グローバル化がドンドン進んでいく現代は、英語の重要性がますます高まっている今、

マイナー言語を学ぶメリットを探すのは結構キツイ。

 

人によっては

「英語なんていまや誰でも使える!一方でマイナー言語は使える人がいないから、翻訳業で有利になる」

なんて寝言を言うやつがいる。

けどオレは反対。

 

まず、英語を使える人が増えたって主張がダウト。

コレ見てちょ。↓

 

画像引用元:nippon.com「日本人の英語力、非英語圏で53位に後退:スイスの教育機関調査」

 

んで、日本だけじゃなくて世界的にグローバルでビジネスが拡大しているから、

英語の必要性だけは伸びているんだ。

 

それに世界どこへいってもアッパー層やグローバルにビジネスをする層は、

ほぼ全員と言っていいくらい英語を使える。

さらに日本では、英語学習をする環境はやりすぎなくらいに整っている。

 

「マイナー言語は供給者がいないから無双状態」

という主張だけど、あいにく需要は英語と比べて圧倒的に小さいんだ。

 

スウェーデン語の翻訳、通訳の仕事は見つかるかもしれないけど、数は少ないし、

英語と違って、専門スキルをスウェーデン語で運用する機会なんて、

相当に少ないと言わざるを得ないんだ。

 

だからあなたがビジネスの武器として外国語を身に着けたいなら、

とりま、何も考えずに英語一択でおk。

 

「せっかくだから、オレはこのマイナー言語を選んで他の人とは違う道を行くぜ」

てな厨二病的な思考で取り組むと、リターンの小さい勝負に挑むことになるから止めてくれ。

 

参考になれば幸いだ。

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

「私はいつになったら英語ができるようになるの?」
「こんなに頑張っているのに、まだできないなんて…」

そう嘆いているあなたの気持ちはハゲるほど分かる。

オレもそうだった。

あなたを英語ペラペラにするのは、

語学留学や英会話スクールではなく、

「英語多読」だ。

 

「英語で人生を変えたい人」限定で動画講座を受講してくれ。

↓↓↓

今すぐ講座を受講する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です