会社員が「副業・在宅英語ライター」で月20万稼ぐには「英語力と文章力」はどのくらい必要?

オレだ。

前回の記事はそこそこ関心を持ってもらえたようだ。

コメント欄やメールを通じていくつかお問い合わせを頂いた。アザス。

 

<参考>まだ見てないのか?この記事を読む前に先に読んできてもらえると嬉しい

【月30万稼ぐ現役ライター直伝】会社員が在宅・副業で「英語ビジネスライター」をやる7つのメリット

2020年5月4日

 

「英語力も活かせるのでぜひやってみたいけど、文章力がないから不安」

 

そんなお声も頂いたので今回は

「英語ビジネスジャーナリストをする上で、

ぶっちゃけ、どのくらいの英語力と文章力が必要?」

ってことを現役で活動をするオレがあなたに結論を渡したい。

見てくれ。これだ。

結論

あなたが副業経験ゼロ、文章力ゼロの会社員で

これから英語力を活かして

英語ビジネスジャーナリストで月10万円を稼ぐ

ために必要な英語力と文章力を伝える。

 

英語力:英検準1級レベル・TOEIC800点以上くらい。

文章力:ゼロスタートでOK

 

これでいい。

帰国子女もビビるような高い英語力も、

芥川賞級の文章力なんかも1ミリもイラネ。

 

興味がある人は、このまま読み進めてくれると嬉しい。

 

最強すぎる英語多読講座

「英語の勉強は頑張っているけど、イマイチ身についている気がしない…」
と不安になってねえか?

安心しろ。あなたの不安をブチ壊し、人生を変える英語力を授ける講座を渡す。
他のサイトでは絶対に語られないクソヤベェ話を、動画でとてつもなく分かりやすく解説するぜ。

一円もかからねえし、ウザくなったら秒速で解約できるんで、迷うくらいなら参加しておけ。
ゲハハハw

>>>講座の詳細を見てみる

この記事の信憑性

世の中はうさんくさいヤツが多いよな。ホントダルいわw

自分がやったこともないのに

「これはいい。これはダメ」

と口だけ評論家がネットには多くて、

ヤツらは常にあなたに何かを売りつけてくる。ダマサれるな。

 

あなたがオレの話を聞くに値するかどうかの判断材料に、

オレは自分の実績を示す。

コレをみて判断してくれればいいよ。

この記事を書いたオッサンの正体

オレは現役でビジネスジャーナリストをしているオッサンだ。

英語力を示しておくとTOEIC985点、

英検1級を取得済でアメリカの大学にも留学をした。

 

オイ、勘違いすんな。オレは特別に頭がいい人間ではない。

中学、高校はマジでまともに通っていない。

青春時代の大部分をゲーマーとして時を過ごした。

 

これだけ口酸っぱく言っても「黒坂さん、ホントは元々が優秀なんでしょ?」

という勘違いをする人がいる。

だから手前味噌ながら自慢させてもらうならば、

オレは23歳まで「韓国」の場所は

「地球の裏側くらいにあるだろw」と本気で思っていたし、

「遺憾」を「いけい」と堂々と読んでいたくらいのアホだ。

後は天皇陛下は想像上の生き物であって、

実在しないとガチで信じていたくらいだ。

ああ、笑えよ。 全然、見下してくれていいぜw

 

そんな北京原人レベルのオツムのオレだが、

これまで文章の書き方講座、ブログ塾、スクールに通ったことは一度もないし、

2017年の後半になるまで他社メディアへ記事を寄稿した経験もない。

知名度ゼロ、文章力ゼロの

「その辺に転がってるオッサンの一人」に過ぎなかったんだ。

 

だが、今はビジネス雑誌やYahooニュースを中心にビジネス記事を書き、

原稿料だけで月20-30万円くらいを稼いでいるよ。

 

>>>より詳しいことはプロフィールを見てくれ。

 

こんなオッサンのタワゴトで良ければ、

ポテチ片手にかじりながら気楽に聞いてもらえると嬉しい。

 

オレがこれまで完全独学でやってきた

ノウハウをあなたに渡したい。

 

ケチケチ出し惜しみなんてするつもりはないぜw

赤ちゃんがオムツにオシッコを漏らすレベルに、

ノウハウを遠慮なく盛大にぶちまけさせてもらうぜ。

 

この系のノウハウを「有料コンサル」とか「有料note」で

せっせと販売している人サーセンw

オレ、このブログ上で無料でガツガツ配ってくわww

 

英語ビジネスライターに必要な英語力は?

あなたが会社員をやりつつ、在宅・副業の英語ビジネスライターとして、

月10万、20万円を稼ぐにはどのくらいの英語力が必要だろうか?

 

「TOEIC800点以上、英検準1級程度からスタート可能」

 

これがオレからの答えだ。

スタート地点に立つにはこのくらいでもいいと思う。

 

英語は英単語と英熟語、英文法などの基礎力をガッツリ付けたら、

後は英語を多読しつつ、実践で使い倒せばしっかりモノになる。

 

それから上記で述べたTOEICや英検のレベルは

「あくまで英語力の目安」

ってだけで、別にムリに英検やTOEICの資格取らなくてもいいからなw

 

最強すぎる英語多読講座

「英語の勉強は頑張っているけど、イマイチ身についている気がしない…」
と不安になってねえか?

安心しろ。あなたの不安をブチ壊し、人生を変える英語力を授ける講座を渡す。
他のサイトでは絶対に語られないクソヤベェ話を、動画でとてつもなく分かりやすく解説するぜ。

一円もかからねえし、ウザくなったら秒速で解約できるんで、迷うくらいなら参加しておけ。
ゲハハハw

>>>講座の詳細を見てみる

英語ビジネスジャーナリストの仕事は「読む」が9割

そして次に「読む・書く・話す・聞く」のどれが必要なのかを語っていく。

 

いちばん重要な英語力は「読む」。

これは絶対に必須。

 

プロポーズの時の指輪レベルの必須アイテムだろう。

 

そして「聞く」だけどこれは「あれば尚可、なくても無問題」って感じ。

「書く・話す」はぶっちゃけゼロでおk。

 

ジッサイ、オレはこの仕事をする上で海外の記事や資料を「読む」に9割

動画ニュースでネタ探しに「聞く」を1割使っている。

オレが提案する英語ビジネスジャーナリストに

「話す」「書く」はまったく出番はないなw

 

ぶっちゃけ、「海外の英語ニュースを読んで正しく理解できる力」があれば合格だ。

「聞く」は海外動画ニュースをネタ取りに使えるメリットになるけど、

リスニングが苦手ならテキストの記事を読むだけでも、

会社員が副業で月10万、20万は稼ぐことはできるぜ。

 

つまり、あなたが「英語を正確に読める人」になれれば、

即日でその英語力をカネに変えられるぜ。やったぜ。

 

 

【実例】英語ジャーナリストの仕事ぷりはこんな感じ

実際にオレがやった事例を語るとこんな感じだ。

 

1.ある日、夕食後にポッキー食べつつ、ゲームのサントラ聞きながら

 ノリノリで2chまとめサイトをスマホで見ていた。

 そうしたら「ビル・ゲイツ氏、トランプ大統領のWHOへの対応を批判」

 という趣旨のスレを発見。

 

2.まとめサイト記事みて「ちょw ゲイツさん何やってんスカww」と思い、

 ビル・ゲイツ氏のツイッター見に行ったらドエライ盛り上がり。

 

3.ビル・ゲイツ氏とトランプ大統領のツイートについて、

 問題点を解説する記事執筆。ビジネス雑誌に掲載される。

 

ちなみにその時に書いた実際の記事がこれだ。

ビジネス雑誌・プレジデント「習近平の操り人形…なぜ、WHOは中国に牛耳られたのか」

https://president.jp/articles/-/34747

 

▲記事内で引用したビル・ゲイツ氏のツイート、わずか46単語。そんなに難しい単語はないと思うぜw

 

▲トランプ大統領のツイート、こちらは42単語。 この英文、あなたが見て「むりぽ…手も足も出ないわ…」という感じではないはずだ。

 

ほとんどの場合、オレが素材にしているのはCNNとか

New York Timesなどの海外ニュース記事だ。

 

ニュース記事なので英文もフォーマルで読みやすく、

その土地特有の英語表現や、

ケッタイなスラングなんてないからスイスイ読みやすいw

 

「上級レベルの英語力」より「面白い視点」「読みやすさ」が重要

オイ、言っておくがマジでビビらないでいいぞ?

 

「帰国子女も腰を抜かすスーパー英語力」

なんていらねえからなw

 

誰もあなたに「ケタ違いに高い英語力」なんて求めてねえよw

 

んなもんより、面白い切り口とか、

読みやすさの方が100億倍価値がある。

 

たとえばオレが書いた

「なぜ”マスクの品切れ”が延々と続いているのか。いつ国民に行き渡るのか」という記事。

オレは特別に知的で高尚なことを語ったつもりはないし、

知る人ぞ知る秘匿性の高い情報なんて書いてもいない。

 

だが、読者ニーズにガッツリハマったようだった。

この記事はマスク不足で困っている多くの人の疑問の解消につながったようで、

SNSを中心に鬼のように拡散され、

Yahooニュースのアクセスランキングで1位になった。

 

そしてこの記事を見た別の企業から、

仕事のオファーが複数来た。ありがたや。

 

▲記事を書いた後に2つ仕事のオファーが来た。こんな感じで送られてくる。

 

英語ビジネスジャーナリストは向こうからバシバシ仕事が飛んでくるよw

自分から仕事を取りに行くのが面倒な「受け身ちゃんな人」には嬉しい話だろう。

 

▲記念にキャプチャ。記事がヒットするとやっぱり嬉しい。

 

英語の読解なら、あなたの空いた時間でじっくりできるだろう。

英文を読むのに辞書を使ってもいいし、別に翻訳ソフトを活用してもいい。

最終的に出す記事のクオリティが高まれば、

誰も何も文句は言わねえよ。安心しろ。

 

英語ビジネスライターに「卓越した文章力」なんていらない

ここまで話を聞いてあなたはどう感じただろうか?

希望が湧いた?もしくはまた別の不安が出ただろうか?

 

「よかったお! 確かに英語力はそこまでバカ高くなくていのは理解できたお!」

 

「でもビジネスライティングなんて出来ないお…! 国語の成績はいつも悪かったお!」

 

「英語は大丈夫そう。でも国語力が…」

という別の不安に襲われたはずだ。

 

分かる。オレだって初めてメディアに記事を寄稿した時は、

メールの送信ボタンを押す手が、

ガチでPS4のコントローラーのバイブみたいにブルブル震えていたからなw

 

▲PS4のゲームコントローラー。画像はplaystation.comさんから借りた。敵から攻撃を受けるなど衝撃があるたびにブルブルと振動する。これだけでゲームの世界への没入感が高まるよねw

 

大丈夫だ。

ビジネスジャーナリストをする上で

 

「文章力」なんて才能は

1ミリもいらねえんだよ。

 

このブログ記事でオレの語りを読み、理解できる国語力があるなら合格だ。

 

黒坂岳央の超・公式ブログ「国語」という教科の真の勉強法とは?

 

詳しくはオレの運営する別ブログの記事にまとめた。

オレの言いたいことはこの記事に9割くらい入れてある。

 

上記の記事でオレがいった通り、

 

オレやあなたが小説家になって芥川賞の受賞を目指すなら

間違いなく才能が必要だろう。

なぜなら、小説で用いる人の心情の動きや風景の描写、

世界観を構築するにはかなりの筆力が要求される。

それに芥川賞をゲットするには、数多のライバルに打ち勝つ必要があるからだ。

 

オレも小説家にはなれねえだろうな。

なるつもりもねえけどなw

でも、ビジネス記事に求められる要素なんて

実家のおばあちゃんが作るコロッケレベルにメチャメチャシンプルだ。

次の章を読んでくれれば、骨の髄まで理解できるはずだぜ。

 

ビジネス記事に求められるスキルとは?

普段から文章を書き慣れていない人には、

「自分に人様が読むものなんて書けるのだろうか?」

と思うかもしれない。

でも心配するな。慣れだよ慣れ。

オレだって最近まで、あなたと同じ未経験者だったんだからなw

 

さて、それじゃ具体的にビジネス記事で求められるスキルを見てくれ。

 

<ビジネス記事で求められる要素>

・誤読が起きないこと。

・一度読んでスッと分かる理解のしやすさ。

・データを添える。

・句読点の使い方などが適切。

 

このくらいだ。

他の執筆者が出来ないような

「心を震わせる強烈なパワーワード」とか、「ポエム」なんて考案できなくていい。

大丈夫だw オレにもそんな文章かけねえよw

 

じゃあ具体例を示そう。まずは悪い例を示したい。

 

【ビジネス記事にふさわしくない文章】

昨今の厳しい状況にも関わらず大変多くの人が行楽地に訪れて現場は大混乱していると思われます。

 

どや?この文章は実に読みにくく、

「イマイチ内容が頭に入ってこない…」と感じなかっただろうか?

ジッサイ、この文章はいくつも問題点がある。

こういった文章だと読んだ人はメチャストレスが溜まる。

問題点を列挙したので見ておこう。

 

【ビジネス記事にふさわしくない文章】

昨今の厳しい状況にも関わらず大変多くの人が行楽地に訪れて現場は大混乱していると思われます。

 

・「昨今」とはいつの話か分からない。

・「厳しい状況」「大変多くの人」などボヤッとして抽象的。

・「、」「。」の句読点がなくて読みづらい。

・行楽地の場所が分からない。

・大混乱の理由が不明。

・「思われる」は事実ではなく、個人の感想。

・根本的に何を言いたいのかワカンネ。

 

じゃあこれを「ビジネス記事らしい文章」に書き直してみよう。

見てくれ。

【ビジネス記事にふさわしい文章】

2020年4月、厳しい冬が終わり、

春の暖かい日差しのこの時期は例年「絶好の観光ベストシーズン」です。

しかし、コロナ禍に端を発する「外出自粛の厳しい状況」に置かれている今、

行楽地である江ノ島に自粛に疲れた約2,000人を超える人々が押し寄せています。

これにより、「県外からの感染者がやってくるのでは?」

との現地の住人による懸念の声が、SNS上で数千件規模であがっているような状況です。

※数字は参考のために入れたもの。テキトーだから信じるなw

 

どや?

文章を「、」と「。」で短く完結させ、

抽象的な言葉を「数字」「事実」に変えるなど具体的にした。

これで随分と読みやすくなったと感じるはずだ。

 

もう分かるな?

これは技術的な話なんだ。

技術だから勉強して身につければいいだけの話。

オレがやったなんてちょっとした「知識と経験」で誰にでもできる話だ。

それに英語ビジネスライターは、メディア会社の編集者が仕上げてくれるので、

間違っている箇所や訂正箇所があれば修正してもらえるし、

データの裏付けが必要なら「これエビデンス(証拠)付けてくれ」

とリクエストが来るだろう。

 

つまり記事を書く中で、彼らとやり取りをして文章の添削まで受けられるんだ。

 

「お金をもらって文章の指導を受ける」、

これマジでチート級の話だとオレは思う。

 

彼らから受ける教えを都度、メモを取って勉強していけばいい。

 

記事を書く→編集者からフィードバックを受ける→改善する

 

オレの今の文章力はコレで培われた。

あとは好きなブロガーとか、読書の中で

「ええやん?」と感じた文章表現をマネしただけだ。

いいか?間違ってもお金払って「文章の書き方スクール」とか、

有料コンサルなんて申し込むなw

 

お金を稼ぎながらワザを盗むんだよ。

 

まとめ

ご理解頂けたと思う。

英語ビジネスジャーナリストに「特別なスキル」なんていらない。

 

あなたは「クッソうまいお鍋料理に必要な要素」って何だと思う?

 

もちろん、シェフの腕前も関係してくるだろう。

その他にも「使っているお鍋の性能」なんかも仕上がりに影響が出るよな?

 

けど、お鍋のウマさの半分以上は

ぶっちゃけ「食材」で決まるんだ。

 

ド素人のシェフでも、三重県の伊勢湾で取れた

伊勢海老を使えば鍋もおいしくなるだろう。

だが、ミシュラン店のシェフでも食材が「ザリガニ」だと、

どう頑張っても闇鍋にしかならない。最初から詰んでる。

そゆこと。

 

オレが言いたいことが分かるだろうか?

 

英語ビジネスジャーナリストの仕事の質を決めるのは、

なんと言ってもネタ。料理でいえば食材だ。

そして次に大事なのが「面白い切り口」とか「読者ニーズ」だ。

これを料理で言うなら「味付け」にあたる。

 

文章力なんてどんな悪筆の人でも、

2-3ヶ月カリカリ書けば読みやすい文章を書けるようになる。

英語力も決定的な要素じゃない。

 

ぶっちゃけ、英語力の高さより

読者やメディアが求めるニーズを

肌で感じる「市場感覚」が100億倍大事だ。

 

英語力とか文章力も確かに必要だ。

 

けど、ネタが一番重要なんだよ。間違いない。

 

レだってネタがクソだと何もかけねえからなw

良質なネタは海外メディアに転がっている。

あなたの英語読解力を使ってそいつを拾って、

記事を通じて日本人に分かりやすく伝えてあげるんだ。

コレには才能なんていらない。

 

以上だ。「思ったより敷居が低いな」と感じてくれたらうれしい。

ジッサイ、マジで低いぞw やってみれば拍子抜けするだろう。

 

引き続き、あなたが英語ビジネスジャーナリストとしてデビューするために

必要な話を語っていく。

聞きたい話のリクエストや、質問があったらコメント欄で気軽に聞いてくれ。

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

「私はいつになったら英語ができるようになるの?」
「こんなに頑張っているのに、まだできないなんて…」

そう嘆いているあなたの気持ちはハゲるほど分かる。オレもそうだった。

カスほど英語ができなかったオレにTOEIC985点、英検1級合格を授けたのは英語多読だ。

その真髄を語った動画講座を作った。

安心しろ。無料で参加できる。

英語を本気で身につけたいやつだけでいい。

今すぐこっちに来てくれ。

こっそり伝えたいことがあるんだ…!

>>>気になるので覗いてみる

 

10 件のコメント

  • こんにちは。

    楽しく拝見させて頂きました^ ^

    ジャーナリストの分野は、全国や世界中を飛び回って情報を集めて記事にするイメージでしたが、このようなやり方もあるんですね。
    副業からでも始められる意味がわかりました!

    大変な部分もあるとは思いますが、改善しながら継続して行くことが重要なんですね。
    勉強になります!

    今後も、副業ビジネス系ネタお願いします^ ^

    • 吉田さん

      コメントありがとうございます!
      また、楽しんでもらえて何よりですw
      ジャーナリスト、といってもいろいろで
      自分の場合、「取材」が絡む仕事もしたこともありますが
      電話とメールがほとんどで「直接対面で」はしてないんですよねw

      この仕事はやってみるとスゴく楽しいですよ!
      自分は半分、趣味的に取り組んでいるので
      ぜひ多くの人に挑戦してもらいたいと思っています!
      自分が書いた記事に読者からもフィードバックがあるので、
      メチャメチャマーケット感覚が身につきます!

      それに英語が使えれば、簡単に差別化できますからね!
      今後もどしどし配信していきますのでお楽しみに!!

      黒坂

  • 海外など色々な記事を読むことで、知識にもなりますし、知らなかった世界を知り、そしてそれで収入を得るところに魅力を感じます。

    黒坂さんのブログを読ませて頂いて、自分もチャレンジしたいと思うようになりました!

    黒坂さんの技をどんどん盗まさせて頂きたいので、これからも更新よろしくお願いいたします^ ^

    • 吉田さん

      そうそう。この仕事はやればやるほどリサーチした分野に詳しくなりますね。
      最初は素人スタートでも、リサーチをしている内に専門家になっていきます。

      ・英語力上達
      ・リサーチした情報に強くなる
      ・文章力アップ
      ・お金ももらえる

      最高すぎますねw
      自分のワザでよければ、ガツガツ盗んでくださいw 好きなだけ持っていってかまいませんよw
      今後ともよろしくお願い致します!!

      黒坂

  • こんにちは。ズバリ、やってみたいです!
    当方50代パート主婦。何が自分の強みなんだろうか。黒坂さんはフルーツビジネスとか外国での会計の経験とか、英検やTOEIC高スコアなど 強みや自分ならではの経験がありますよね。
    自分は??書くことは好きではありますが。英検1級連敗中で、何がアイデンティティなのかとあまりに平凡で自信がなくなりますが、それはともかく。
    起業とまではいかなくても、副業でやってみたいです。
    それともまずは1級かなぁ

    • ミケアさん

      コメントありがとうございます!
      そう言ってもらえて嬉しいです。

      これまでの記事では「じゃ具体的に何をどうするのん?」ということが不明だったかと思います。
      ですので、今後は「これをこうやってこうしようぜ」
      って具体的なアクションを記事化していこうと思います!

      専門分野があれば良いですが、なくてもその人にしか書けないことは必ずあります!大丈夫!
      そのへんも解説していきます。

      英検1級もぜひもぎ取っていきましょう!
      ミケアさんの場合はお忙しいでしょうから、

      1.英検ゲット
      2.副業でスタート

      とかでもいいかもしれませんね。
      今後ともよろしくお願い致します!!
      いつもありがとうございます!

      黒坂

      • 返信ありがとうございます。
        専門性について、黒坂さんが前のコメントバックで、
        最初は素人スタートでも、やっているうちに専門家になっていく、
        と書かれていましたね。

        それにしても、ここまでノウハウを無料で公開しているのに驚きです。
        ビジネスコンサルタントさんとやらに学ぶと 万単位で受講料がかかる契約になるでしょう。

        これからも記事楽しみにして、一年後には 資格取れた、副業始めるぞ、状態になっていたいです。

        英検1級講座に大変興味があります。

        • ミケアさん

          そう言ってもらえて嬉しい限りですw
          専門性はおっしゃるとおりで、
          自分も「ちょっと前まで未経験だった専門性」
          をビジネスとして生計を立てていますので、
          みなさんが思われているほど「専門家になる」のは難しくはないと思いますw
          未経験スタートでも、ある程度実績を出せば誰も文句を言いませんからね!

          >ノウハウ無料公開

          価値を感じて頂けたなら本当に嬉しいです!
          今後も役に立てる情報はバシバシ出すのでお楽しみに!

          英検1級も、副業もゲットしちゃってください!

          黒坂

  • こんにちは。初めてコメントします。
    いつもブログ読んでいます。
    マスクの記事は、思わず気になるタイトルで、誰もがクリックしてしまう、そういう魔力を持っているなあと思います。
    アクセスランキング1位おめでとうございます!
    タイトルの付け方にマイルールとか、こだわりとかあるんでしょうか?
    また、リクエストなんですが、英検 S-CBTという英検の新しい試験スタイルが始まったことを最近知り、これについての黒坂さんのご意見を伺いたいです。
    これは毎週土日受けられる・1日で終わるというので便利だなーと思ったのですが、黒坂さんはどう思われますか?
    私は、英検準一級を目指して勉強中です・・・

    • 理生さん

      はじめてのコメントありがとうございます!
      いつもブログを楽しんでくださり、本当に嬉しく思っています!!

      >マスク

      タイトルは超重要で、中身の質がどれだけよくても
      タイトルがダメなら読まれないし、SNSで拡散もされません…!
      なのでタイトルが何より命なんですよね~!

      タイトルは

      ・思わず中身を見たくなる
      ・みんなが検索するワード

      などを考慮して決めていますw
      アクセスランクもありがとうございます!
      1位はめったに取れないのでとても嬉しかったですw

      >英検S-CBT

      おおっ!これあんまり知らなかった…!情報ありがとうございます!
      落ち着いたタイミングで研究して、記事化してみようかなと思います!
      なんだか米国の大型試験にあるような形式ですね…。

      英検準1級合格とは素晴らしい学習目標設定ですね!
      これが取れればいっきに実用的になりますので、
      ぜひぜひゲットしちゃってください!
      応援しています!

      黒坂

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です