初心者から上級者に!英語の爆速リーディング勉強法のすべて|精読・多読・速読

「リーディングはとても苦手…どうやって勉強すればいいか分からない」

「頑張っているけど、なかなか伸びている実感がない」

 

こういう経験、あなたにはないだろうか?

多くの人が問題を抱えるリーディングの悩みは、

あなたが年を取りすぎているからでもないし、才能がないからでもない。

 

ズバリ、正しいリーディングの勉強法を知らないからにすぎないんだ。

 

この記事を最後まで読めば、あなたが抱えるリーディングにまつわる悩みや疑問はすべて解消できる。

ぜひ最後まで見てくれ。

 

ペラペラ英会話ができる英語多読の無料講座

「私はいつになったら英語ができるようになるの?」
「こんなに頑張っているのに、まだできないなんて…」

そう嘆いているあなたの気持ちはハゲるほど分かる。
オレもそうだった。

あなたを英語ペラペラにするのは、語学留学や英会話スクールではなく、

「英語多読」だ。
  「英語で人生を変えたい人」限定で動画講座を受講してくれ。
↓↓↓
今すぐ講座を受講する

1章・リーディング理想の成長の流れは「精読→多読→速読」

リーディングは「精読→多読→速読」の順に伸びるようになっている。

 

あなたにまず理解してもらいたいのは、

この順番は絶対に変えることはできないということなんだ。

 

まずは精読ができるようになり、徐々に多読へと展開し、最後に多読を経て自然な速読になる。

よく「量と質はどちらが大事?」という議論があるけど、とっくに答えが出ている。

 

「まずは質を高める。その結果、自ずと量がついてくる」というのが答えだ。

 

次にそれぞれの詳細を解説する。

 

精読とは?

精読というのは、「精度高く読む」ってこと。

 

リーディングの途中で、わからない英単語や文法があれば、毎回必ず意味を調べながら進めてくれ。

そしてたった一度読んで終わりではなく、同じ英文を何度も何度も繰り返し読むんだ。

 

そうすると、自然に英文で使われている英単語や英文法、英文の型、英語フレーズが頭に丸ごと入る。

 

その結果、別の英文をリーディングする時は、同じような文の型や構造をすぐに理解できるだろう。

多読とは

次に多読とは、精読しながらリーディングを増やしていくこと。

精読が終わった段階で「正確にリーディング」という部分はクリア済になる。

 

その次の段階は、いろんなテーマの英文をたくさん読むという多読に入る。

 

よくある誤解に「多読はイチイチ辞書を引かず、ドンドン読んでいきましょう」というもの。

でも真に受けるな。これをするとせっかく正確にリーディングする体質がおかしくなる。

なので、精読を続けながらリーディングの分量をたくさん積み上げるというフェーズだと思って取り組んでくれ。

 

速読とは

最後に行き着くのがこの段階。

 

速読は「正確なリーディングをたくさんこなした結果、正確に速く読める」という最終形態だ。

 

ここに行き着いたら、日常生活で読む素材を日本語ではなく、完全に英語に切り替えることができる。

毎日読んでいる新聞やネットニュースを英語にするなどがいいだろう。

 

よくある話が「どうやったら速読できますか?」

「リーディング力を高めるために、洋書で興味のある作品をあれこれ読むのがいいですか?」というもの。

これは間違い。日本語でも英語でも全く同じ。

 

速読というのは、勝手に備わる状態であって、小手先のテクニックで実現するものではないんだ。

 

黒坂はこれまで膨大な分量の英語のリーディングをしてきた。

過去もやってきたし、今も毎日やってる。だから英語を読む時はかなり速く読める自信がある。

 

初心者はまず、精読をたくさんこなしてくれ。無理に多読や速読を目指さないでいい。

 

ペラペラ英会話ができる英語多読の無料講座

「私はいつになったら英語ができるようになるの?」
「こんなに頑張っているのに、まだできないなんて…」

そう嘆いているあなたの気持ちはハゲるほど分かる。
オレもそうだった。

あなたを英語ペラペラにするのは、語学留学や英会話スクールではなく、

「英語多読」だ。
  「英語で人生を変えたい人」限定で動画講座を受講してくれ。
↓↓↓
今すぐ講座を受講する

2章・リーディング上達の完全ロードマップ

では、それでは次に、上達に必要なロードマップを解説する。

 

ロードマップというのは、地図みたいなもの。地図なのでもしもあなたが英語力ゼロなら、

このステップ1からスタートして、ステップ5を目指して進めばいいということ。

 

この地図を常に頭に入れながら進んでいってくれ。

 

1.英単語力

2.英文法力

3.精読訓練

4.多読訓練

5.速読

 

リーディングは基礎力を使った応用だ。

基礎力というのは、英単語と英文法。

この2つがないとリーディングは絶対にできない。

 

1.英単語力

英語力ゼロの人はまず、英単語をとにかくたくさんインプットするところからスタートする。

 

英語の勉強は英単語が最重要、これがなければ何もできない。それを実感してもらう例を見せましょ。

 

I have a pen.

 

これは誰でもわかる。文法の知識がある人は、この文章を見て、文法のSVO第3文型であるとわかるはず。

主語がI、動詞がhave、目的語がpenという感じ。文法的な理解は完璧!

さて、それじゃあこれはわかるだろうか?

 

I have a pimple.

 

うーむ、わからない…。

文の構造はさっきとまったく同じで、英単語だけ入れ替えただけでいきなりまったくわからなくなった…。

答えは「pimpleにきび」。じゃ、これは?

 

I have bronchitis.

 

答えは「bronchitis 気管支炎」。

 

もうわかったな?つまり、英単語がないと手も足も出ない。

 

英文法の勉強をする時にも、例文で英単語を知っている必要があるんだ。

だから英単語をまずは頭に入れてくれ。

 

2.英文法力

次に英文法、英単語と英文法さえわかれば理屈の上ではすべての英文を読むことができる状態を作ることができる。

「文法は苦手なので、実践訓練で力を付けていきたい」という人がいるけど、それは間違い。

 

文法の知識がなければ実践訓練は不可能なんだ。

 

たとえばこの文章を見て、あなたは意味がわかるだろうか?

 

If you hadn’t stopped me, I could have had a car accident.

 

これは使われている英単語はものすごく簡単だよな?

だけど、英文法の知識がなければ正確に理解不可能だ。

 

私は自動車事故を起こした?起こしてない?わからないね。答えは「起こしてない」。

このように文法がわからないと、書いてあることと正反対の理解になってしまうこともある。

 

ここまでの話で、英語のリーディングは、

まずは英単語と英文法の知識をつけるのが最初にやるべきことと分かってもらえたと思う。

 

<関連記事>ちなみに英単語の暗記法の過去記事はこちら。よかったら見ておいてくれ。

【英単語帳】英単語1万語を暗記する独学法・完全攻略(速読英単語必修編・速読英熟語・英検文単・パス単)

 

3.精読訓練

英単語と英文法の力を付けたら、その次は精読訓練をしてくれ。

 

おすすめは英検2級の勉強。なぜなら、1と2で勉強した英単語と英文法が2級で出題されるから。

これまでの勉強の総復習と思って取り組むのがおすすめだ。

 

<参考>英検2級の対策についてはゼロからすべて語っているこちらの記事がおすすめ。

英語力ゼロから6ヶ月で英検2級に一発合格!独学完全攻略

 

4.多読訓練

それが終わったら次は英検準1級に挑戦しよう。

 

準1級では、海外の英語ニュースや雑誌の英語記事がそのままリーディング問題として出題される。

 

様々なテーマが掲載されているので、精読をしながらたくさん読む訓練になる。

準1級に合格する頃には、TOEIC換算では700-800点が取れて、ビジネスレベルの英語力になる。

 

<参考>英検準1級の対策についてはゼロからすべて語っているこちらの記事がおすすめ。

合格率15%の英検準1級に100%一発合格!独学完全攻略(一次試験・二次試験)

 

5.速読

さらに多読を継続することで、自然に速読ができる状態になる。

さらに上を目指したい人は、英検1級や英語ニュースを毎日読む習慣を作るといい。

 

継続することで、英単語力は雪だるま式に増えていき、

あらゆる英文の型やフレーズが頭に入るので、スピーディーかつ正確に英語を読めるようになる。

どのくらい多読すれば、どのくらいの英語力になるのか?については、

話がクッソ長くなるんでこちらを見てくれ。

【英語多読本の著者が語る】英語多読1万語-100万語読破効果を紹介【TOEIC楽勝】

 

具体的な勉強法については、次の章でじっくり勉強法を解説するぜ。

 

ペラペラ英会話ができる英語多読の無料講座

「私はいつになったら英語ができるようになるの?」
「こんなに頑張っているのに、まだできないなんて…」

そう嘆いているあなたの気持ちはハゲるほど分かる。
オレもそうだった。

あなたを英語ペラペラにするのは、語学留学や英会話スクールではなく、

「英語多読」だ。
  「英語で人生を変えたい人」限定で動画講座を受講してくれ。
↓↓↓
今すぐ講座を受講する

3章・英語力ゼロから上級者までのリーディング全勉強法

さて、2章でロードマップをお見せしたところで、

今度は具体的な勉強法について解説をする。

 

1.英単語力

速読英単語必修編と、速読英熟語を使って英単語、英熟語の勉強をする。

 

最後にはいちいち日本語を介さなくても意味がわかるようになるけど、

最初は英単語を見て正しい意味がわかるような状態を作っていってくれ。

 

知識ゼロの初心者は、まず「英単語を見て日本語の意味を思い出す」という訓練をするんだ。

 

「せやかて、上級者は英語脳を作れというとる。いちいち日本語を思い出すと非効率というとる」

という人がいるが、こういう声は無視でOK。

 

英語の勉強は最初は日本語という補助輪を使ってやるべきで、

むしろいきなり英語オンリーで教わると最強に非効率になるからなんだ。

 

この話を証明するぜ。

 

シンプルな話、分からない英単語を調べる時にも、英語だけだとムダに効率が悪くなる。たとえば、

「according to~」という表現を英語で学ぼうと英英辞典を引くことになる。

1 as shown by something or stated by someone

2 in a way that depends on differences in situations or amounts

3 in a way that agrees with a system or plan, or obeys a set of rules

引用元:ロングマン引用。https://www.ldoceonline.com/jp/dictionary/according-to

 

…はい、わからないな。このように英語を英語で勉強するには、高い英語力が必要になるんだ。

初心者は日本語で学ぶようにしてくれ。

 

ちなみにaccording toは「~によると」という意味で

「according to NHK News~ NHKニュースによると~」

という例文を見せられたらすぐ理解できるはず。

 

さてステップ1で英単語が頭に入ったら、2つの基礎力の内、1つの英単語は完了だ。

 

そうしたら次は文法を勉強しよう。ステップ2は英文法は英語のルールだ。

これが分からなければ、たとえ英単語が分かっても内容が理解できないことは全章で解説済だよな。

 

英文法のおすすめの勉強は、文法書のEvergreenと文法問題集の2冊を使って勉強しよう。

 

文法書を何度も読み、読んだ後に文法問題を解くことを繰り返すことで力を付けていける。

 

ステップ3は精読フェーズ開始。おすすめは英検2級。

 

なぜなら、これまで学んだ英単語と英文法の知識の総復習になるから。

参考までにオンラインスクールの受講生にお願いしてやってもらったら、

このステップ3に入って1週間で9割丸がついた人がいる。

 

普通、こんなに速く成長はできないけど、基礎力がしっかり備わった状態なら伸びるのが早いんだ。

 

<参考記事>

【対談記事】英語多読でブッチギリの成果を出す受講生に、英語の勉強のコツを質問してみた

 

英検2級をやってみて、取れないところとか理解ができない場合、

その部分が基礎力が足りない証拠になるので必ずブラッシュアップしておいてくれ。

 

基礎力が完成したら、次は英検準1級がおすすめだ。

 

あなたの英単語力はこの時点で4000語ほどだったけど、準1級合格すれば8000語になる。

さらに、たくさんリーディング問題を解く過程で精読力が高まる。

 

しかも日本語のスクリプト付きかつ解説があるので、自分の読解が正しいか答え合わせができる。

準1級に合格することには、かなりのリーディング力がついている状態になる。

この時点で英語は完全に初心者は終わり、中級者の段階になる。

 

ここに来るまで、かなりのリーディングの分量をこなしているので、英字新聞に着手してリーディングの語数を稼ぐことで

さらにリーディング力アップ&様々な記事の読解を経て多読になるだろう。

 

多読を継続することで、今度は意識せずとも速読になる。

 

たとえば、

 

In autumn 2021, the company’s single-seat, electric-powered propeller plane, Spirit of Innovation, smashed the zero-emission speed record, hitting an average of 555.9 kph over 3 km.

(2021年秋、同社の一人乗り電動プロペラ機「スピリット・オブ・イノベーション」は、3kmの平均時速555.9kmを記録し、ゼロエミッションの速度記録を塗り替えた。)

引用元:Nikkei Asia「Electric aircraft set for take off as commercially viable transport」

これを見ると非常に長く、難しく感じられるかもしれない。

けど、リーディングをたくさんすれば、この英文も一言一句時間をかけてじっくりではなく、コンマの塊で超高速で読める。

つまり、6回視点を動かすと全部読める。

 

多読の結果、英語の文構造をたくさん見ると目にした瞬間に塊で読めるようになる。

速度はドンドン速くなり、結果、速読になる。

 

ちなみにリーディング力をアップすれば、リスニング力も大幅に向上する。過去動画へ。

 

「英語多読は、幼児向けの簡単な絵本や好きな小説を好きに読み散らかせば勝手に伸びる」

 

は間違い。英単語と英文法がない状態でいくらやっても伸びない。

 

ペラペラ英会話ができる英語多読の無料講座

「私はいつになったら英語ができるようになるの?」
「こんなに頑張っているのに、まだできないなんて…」

そう嘆いているあなたの気持ちはハゲるほど分かる。
オレもそうだった。

あなたを英語ペラペラにするのは、語学留学や英会話スクールではなく、

「英語多読」だ。
  「英語で人生を変えたい人」限定で動画講座を受講してくれ。
↓↓↓
今すぐ講座を受講する

4章・リーディングにまつわるよくある質問に全回答

この章ではリーディングにまつわる質問にサクサク回答していく。

 

Q.日本の英字新聞ではなく海外ニュースはどうか?

A.おすすめしない。理由は背景知識がないから。

名前を聞いたことがない国の選挙とか興味ないだろw

背景知識がないと英語力に関係なく理解が難しくなる。

 

Q.洋書の多読はどうか?

A.自分が興味関心のある分野でなおかつビジネス書などロジカルな素材が読みやすくていい。

その逆に小説や絵本はおすすめしない。

たとえばハリーポッターの洋書はロンドン下町言葉や、魔法にまつわる英単語の理解が必要になるし、

それらを覚えてもビジネスや学業でほぼ出番がないからムダになる。

 

Q.新聞でないおすすめの多読素材は?

A.語位制限本が良い。語位制限本とは使われる英単語や表現が優しめになっているレベル分けされた書籍のこと。探してみて。

 

Q.音読しながらリーディングはやるべき?

答えはNO。音読と言ってもネイティブの音声聞きながら発音練習をするシャドウイングはOK。

だけど、読書をする上であえて声を出しながら読むのはおすすめしない。

なぜなら読むのがものすごく遅くなってしまうから

 

Q.速単以外の他の参考書を使っていい?

あり。ただし、フォーマルな英語が使われていて、日本語スクリプト付き。

そしてなるべく、長文で文脈の伴うリーディング素材で、読んでいて興味が持て面白いと感じるものを選べ。

 

Q.英語を英語のママ理解するリーディングはどうする?

特別なことは不要。精読→多読→速読のステップを踏めば、やろうとしなくても勝手に頭から読んで理解できるようになる。

 

Q.TOEICスコアアップのリーディングの勉強法は?

個人的に英検がおすすめ。準1級が終わったらTOEIC公式問題集で練習すれば、その時点で700-800点取れる。

1級が終わったら900点以上取れる。

個人的にTOEICに特化したテクニックなどを鍛えるより、

英語力そのものを高めて自然に目標の点数が取れるようにすることをおすすめ。

 

Q.リーディングがなかなか伸びない…

A.この質問の答えは2パターンのどちらか。

シンプルに量が足りないか、伸びているのに伸びてないと勘違い。そしてほとんどが量不足なだけ。

 

「頑張っているのですが」という人は大抵長くて1ヶ月程度。

そんな速く英語力は伸びない。日本人も日本語の長文を正確に速く読める人はかなり少ない。

ざっくり目安で半年から一年間くらいのスパンでやってちょ。

 

伸びていて実感がないパターンもたまにある。

受講生からこれを言われた時は英検やTOEICなどを受験してもらってる。

そうすると前回不合格だったのに、合格を取ってきたりする。

 

Q.英会話にリーディングは効果があるか?

A.ある。というか、リーディングができないと英会話はできない。

 

 

この図を見てくれ。世の中のすべての人はリーディング力が一番高い。その逆に会話力が一番低い。

リーディングできない文をスピーキングやリスニングは不可能。

順番としてはリーディングを頑張って、その後英会話を鍛えるのがいい。

 

Q.本当に多読は効果がある?

A.他の英語教師には興味がないからよく知らないけど、黒坂だけじゃない。

オンラインスクールの受講生は多読で英検準1級、1級合格、TOEIC900点ゲット、海外転職や外資系企業入社成功はしてる。

後は歴史人物もいるし、留学なし、独学多読オンリーで英語力を高めた多読少女もいる。

 

Q.多読はなぜ知名度がない?

A.それは多読は英語力が高まる勉強法だが、教師が不要で独学でできてしまうのでビジネスとして成立しにくいから。

 

ペラペラ英会話ができる英語多読の無料講座

「私はいつになったら英語ができるようになるの?」
「こんなに頑張っているのに、まだできないなんて…」

そう嘆いているあなたの気持ちはハゲるほど分かる。
オレもそうだった。

あなたを英語ペラペラにするのは、語学留学や英会話スクールではなく、

「英語多読」だ。
  「英語で人生を変えたい人」限定で動画講座を受講してくれ。
↓↓↓
今すぐ講座を受講する

5章・じっくりいこうぜ

最後まで見てくれてありがとう。

 

リーディングの勉強はかなり息の長い取り組みになる。

 

人によっては自分の成長がすごく遅く感じるかもしれないけど、あまり焦らない方がいい。

 

時間をかけるというのは、多くの人はデメリットだと思いこんでいるけど、実は大きなメリットでもある。

世の中、時間をかけて身につけたものはそう簡単に消えない。

一夜漬けで覚えたことは、試験が終わったらすべて忘れてしまう。

けど、時間をかけてじっくり取り組んだことは、何年経っても消えないだろう。

 

じっくりと時間をかけてしっかり伸ばしていこう。

正しい勉強法で取り組めばリーディング力は必ずアップする。

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

「私はいつになったら英語ができるようになるの?」
「こんなに頑張っているのに、まだできないなんて…」

そう嘆いているあなたの気持ちはハゲるほど分かる。

オレもそうだった。

あなたを英語ペラペラにするのは、

語学留学や英会話スクールではなく、

「英語多読」だ。

 

「英語で人生を変えたい人」限定で動画講座を受講してくれ。

↓↓↓

今すぐ講座を受講する


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。