【ヤメトケ!】勉強や仕事をダメにする「マルチタスク」という最悪な習慣

「こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
■Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

歴史上もっとも集中しづらい時代、それが2019年の今です。

 

「集中力なんてあんまりいらないおw オイラは歩きながらも、マルチタスクがデキる有能な男だおw」

 

「お前は歩きスマホで”移動とゲームのレベルアップ”を同時進行しているだけだろ…。危ないからダメだぞ歩きスマホはよ。K察に捕まっちゃうぞ…。」

 

あっちこっちで、

 

「女性も社会進出だ!子育てと仕事を両立してこそ一人前!」

 

「男性も安穏と一社で働くだけじゃなくて、副業をして複数の収入源を持て!」

 

みたいに、複数のことを同時に進めていくスタイルが奨励されていますよね?

 

それ自体は悪いことではないのですが、

マルチタスクで片付けていく、というのはよくありません。

 

「色々と同時にこなすアタシはえらい!!」

 

とそう思っている人も少なくないと思います。

 

ここで脳科学に照らした

 

「人間は本来、マルチタスクをやるべきではない」

 

という確固たる事実を叩きつけておかなければいけません!

 

複数のことをシングルタスクで一つずつ片付ける、

複数のことをマルチタスクで一度に同時に片付けていく、

 

というのはまったく意味が違います。

 

マルチタスクでは深い仕事はできない

結論から先にいいましょう。

 

ぶっちゃけ、マルチタスクでは

本当に価値ある深い仕事や勉強はできません。

 

「いやいや、オイラは家事をしながら音楽を楽しみ、友達の話にも耳を傾けられるお! スーパーマルチタスカー・やる夫をなめるなお!」

 

みたいに思っている人にはグサリとくることかもしれませんね。

でもまあ、どうか落ち着いて冷静に聞いて下さい。

 

実はね。

 

「マルチタスクがデキるアタシはイケてるわ♪ どうでもいいけどこの牛丼クッソうめえwww」

 

って思っていても、

 

実際には、人間は厳密な意味でも

「マルチタスク」はできない

 

という事が、様々な研究結果で明らかになっています。

 

傍から見て同時に進行させているように見えて、

実はすばやく集中力の対象をカチッカチッとスイッチを切り替えるようにして、

処理をしているに過ぎないのです。

 

「別にそれの何がダメなんだお!? 別に実質マルチタスクになっていたらいいじゃないかお?」

 

って思うでしょ?

 

実はね…このやりかたは

脳にとって弊害があるんですよね。

 

マルチタスクの弊害1.前頭葉に悪影響が出る

まずはこれ。

脳の前頭葉は、人間の意思決定を司る、いわば

 

脳の社長

 

と呼ばれる部分です。

その前頭葉がマルチタスクで悪影響が出てしまうのです。

 

東北大学加齢医学研究所教授の川島隆太氏をはじめ、

さまざまな 研究者が

「マルチタスクをすると、脳に悪影響が出る」

といっています。

ですので、決して私一人の想像と個人の感想からいっているのではありませんw

 

川島氏によると、特に「スマホを使うのが脳に良くない」と言います。

最近のスマホはCPUもメモリも多く積んでいるので、

ついつい快適にマルチタスクをしてしまうんですよね。

 

日常的にマルチタスクに慣れてしまうと、

脳の前頭葉を良くない使い方をしてしまいます。

たとえば勉強をしながらしょっちゅう、SNSの新着通知をチェックする、

これは脳にとって最悪な行為なのです。

 

「勉強を多少するスマホを使いまくる学生」の方が、

「勉強をまったくしない学生」

より成績が悪いという結果が出たそうです。

 

「今回は僕の勝ちだねww ノー勉だけど、スマホを使ってないからww」

 

「いや、お前はドラえもんだよりじゃなくて、もっと勉強せーよw」

 

これやばくないですか?

 

スマホのせいでマルチタスクに慣らされることで、

脳がアホになるということですからね…。

 

マルチタスクの弊害2.集中力をガリガリ削られる

その次にマルチタスクに慣れてしまう弊害は、

集中力をガリガリ削られてしまうということです。

 

あなたはこんなことをしていませんか?

PCで必死に文章を書いていたら、スマホの新着メール通知のランプが点滅し、

返信をしていたら次はSNSで

 

「ちょww お花見でオッサンが酔いつぶれてて寝ててクソワラタww」

 

みたいな写真の投稿をみて、

 

「デュフフフww アホスだおw」

 

って吹き出してません?

 

これはやべーっすよ。

 

こういうやり方をしてしまうと、

勉強にも弊害が出ます。

メールやSNSの通知が来ると嬉しいじゃないですか?

 

「お!自分に何かメールが来たお!?」

 

って嬉々として開封しにいきますよね?

 

でもそれがダメなんですよね。

 

実は、そうしたしょっちゅう外部の刺激がもたらされる環境に身を置くと、

脳が快楽物質のドーパミンを放出して、

常時、外部の刺激を求めるようになってしまうのです。

 

英語の勉強を必死にやっている時に、

スマホの新着通知がソッコーで分かるようにしていませんか?

それをやると、勉強に疲れると外部の刺激を求めて、

気がつけばスマホをいじって

脳から快楽物質を出すのがくせになってしまいます。

結果、どんな時にも集中できない脳になってしまいます。

 

マルチタスクの弊害3.記憶力も低下すんぜ?

マルチタスクをしながら情報収集をすると、

記憶の定着を阻害するという研究データがあります。

より厳密にいえば、

脳のコルチゾールが増えると、

記憶にかかわる脳の「海馬」に作用して、記憶力の低下につながるのです。

 

マルチタスクに脳が慣れると短期記憶に影響が出てしまいます。

勉強でも仕事でも短期記憶ってバリバリ使いますよね?

英語の勉強でも学んだ単語を英会話に使おうぜって時に、

 

「あれ?なんつったっけあの単語? やべーよ。痴呆入ったわワシwww」

 

みたいに笑えない状態になります。

マルチタスクに浸かると、短期記憶障害になります。

 

マルチタスクの弊害4.問題解決能力が落ちる

で、最後のこれが一番やべー話なんですが、

マルチタスクに慣れてしまうと、

問題解決が落ちてしまいます。

 

歴史的に名を残すような偉業や研究は、

とてつもない集中力によって成し遂げられてきました。

ノーベル賞級の発見とか、研究論文の執筆なども

すさまじい集中力によって生み出されているわけです。

 

仕事も勉強も手段は違えど、「問題解決」という点は共通しています。

あなたが英語学習をしているのは、

 

「英語を使えないことで損をしている自分を変えるため」

「さらなる高みを目指すために身につける」

 

という、現状の課題・問題解決のために取り組んでいるわけですよね?

 

それがマルチタスクに慣れてしまうと、

英語力を身につける事ができなくなってしまうということです。

ですので、どれだけ忙しくてもマルチタスクはやるべきではないのです。

 

マルチタスクは集中力をバキバキに破壊する

控えめに言ってマルチタスクはやべー習慣なので、

今日以降、止めてシングルタスクに切り替えるようにしましょう。

効率性の面で見てもマルチタスクは効率的ではありません。

シングルタスクで、1つ1つサクサクつぶして行く方が

トータルで早くゴールに辿り着くことができるでしょう。

 

誤解のないようにお伝えしたいのですが、

さまざまな分野の勉強をする、ビジネスを手がけるってのは、

マルチタスクではありませんからね。

 

例えば、

 

朝の9時~12時までは速読英単語必修編を勉強して、

午後からはITの資格試験の勉強をして、

 

これはマルチタスクではありません。

シングルタスクで複数の勉強に取り組んでいるって話です。

 

でも勉強中にスマホの新着通知に集中力をガツガツ削られてる、

こちらがマルチタスクです。

 

英語の勉強の時には英語だけに集中して、

スマホのSNSの通知に集中力を持っていかれない。

仕事中は目の前の仕事に集中する。

 

大事なのは、同じ時間に

別のことをしないってことです。

 

ポケットに入るサイズのスマホが手元にあって、

たえず外界の情報が入り込んであなたの脳をダメにする、これが現代という社会です。

 

みんなが集中力を阻害されまくって

脳からドーパミンを垂れ流して

 

「うへへへwwマルチタスクできるオレマジで有能ww」

 

ってなっています。

そう、この記事のタイトルにある通り、

 

歴史上、今ほど集中できない時代はないんですよね。

 

でもあなたは本当に幸運です。

なぜなら、周囲で勘違いしたマルチタスク信者が量産されている中で、

あなただけは

 

マルチタスクはダメだ!

集中力を創らなければ!

 

という正しい認識をしているわけですからね。

他者に差をつけるチャンスです。

 

次回の記事では、具体的にどうやって集中力を創るのか?

ということをお話したいと思います。

 

英語の勉強はもちろん、

これは仕事術なんかでも使えるノウハウですので、

絶対に身につけておきましょう!

 

いいですか?

繰り返しですがこういうところで「差」がつきますからね?

他人は、周囲はマルチタスクを勘違いしてスマホに溺れています。

あなたは一人、周囲とは真逆に

「集中力を作ろうぜ!」

って真剣に話を聞いている。

これで1年後、3年後、10年後に大きな差になります。

 

次回の記事では集中力の作り方をご紹介しています。

ものすごく有益な話ですので、必ずチェックしておきましょう。

【一生使えるスキル】科学的にサイキョーの集中力を創るワザを教える

2019年4月19日

 

■無料で不定期配信している「黒坂岳央の公式メールマガジン」。ためになる情報や、読者限定企画、イベントのご案内、非公開動画や音声も配信します。

黒坂岳央の英語講座、参加者募集中!

黒坂岳央の英語講座、参加者募集中!

「黒坂岳央の英語講座」の参加者募集中!

無料の動画講座をお楽しみ頂けます!

参加しなかった人は損をするって言っていいくらいのデキじゃねーかな?

知らんけどw

気になるならちらっと見てみればいいよw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です