【高倍率求人も余裕♪】転職市場でスイスイとフリーパスで鬼無双したい奴が読むべき記事

こんにちは!英語多読に狂った謎の男・黒坂岳央(くろさか たけを)です。
■アホなことばかりつぶやく、ケシカランTwitterアカウントはこちら。100ツイートに1回はまともなことをつぶやくよw→@takeokurosaka

いいか?これを読んでいるあなたに言いたい。

ハッキリ言って、オレにはあまり人に誇れる自慢の特技はない。

 

オレは生まれつき天才でもないし、

K-POPアイドル並の端麗な容姿もない。

言っておくがお金持ちの出身でもねえぜ?

 

鼻血が出るほど平々凡々のオレは、

自分で努力して武器を磨き上げる必要があった。

 

さらにタイミングが良くないことに、大学新卒でリーマンショックという

100年に一度の金融危機が起こり、その結果オレは死にかけた

(割とマジで死にかけたよ?)。

 

だが、オレには死にかけると強くなる

サイヤ人の血が流れていたようだ。

 

100社応募してもまったく相手にされない状況が、

オレを超サイヤ人ゴッドにした。

 

ああ、リーマンショック直後の地獄の就活戦線で、

オレは面接の勝率を鬼ほどブチ上げるスキルを獲得したんだ。

 

もはや、オレは面接まで行けば

ほぼ落ちることがない男になったぜ。

 

今はサラリーマンではなく、会社経営者の立場だが、

もしもこれから転職市場に挑んだとしても、

みかん狩りをするノリで、

内定をガツガツもぎ取りまくる自信がオレにはあるんだ。

 

今回はそのエッセンスを一部取り上げたい。

これから就活、転職をする人の役に立てると嬉しいぜ。

 

英語多読のすべてが分かる動画講座

「英語を独学でペラペラとカッコよく話せるようになりたい!」
「スクールや留学はムリ…。できるだけコストを抑えて、独学でマスターしたい!」

あなたがもしもそう思うなら、英語多読をはじめてくれ。

「でも、初心者で知識がなくて、英語多読についてよく知らないし…」って人は、

安心しろ。無料の動画でガッツリオレが解説するぜ。

>>>今すぐ英語多読のやり方を動画で見てみる!

転職面接で熱意をPRするバカ

いいか?ハッキリ言わせてもらうぜ?

転職面接でひたすら”熱意だけ”をPRすれば、

「面接官が感動して、秒速で内定をくれる♡」

と本気で思っているバカが居る。

…ああ、何を隠そう、そのバカというのは昔のオレ自身なんだけどなw

 

確かに新卒の就職であれば熱意が重要だろう。

なぜかって、新卒採用ではあまりセールスポイントがないんだ。

採用担当の判断基準は、出身大学に重く乗せられている。

もしも、面接官が思い切って冒険をして、

有能そうに見える名もなき大学の学生を採って、そいつが秒速で退職したら

 

現場担当者「なんであんなクソワイルドな新卒採用したんだよ!」

 

って、ブチ切れた現場から、怒りのスクリューパイルドライバーを食らっちまう。

 

だから人事は新卒採用で出身大学レベルの高い方を選ぶんだ。

採用した東大卒が若干トラブルを起こしても

 

現場担当者「まあ、天下の東大生にもワイルドなミスはあるよなw」

 

と割と責任を追求されねえからなw

そんな新卒が出身大学以外でPRできるポイントは熱意くらいだろう。

まあ分かる。

 

だけどな、転職となると話はちげえぞ?

転職と婚活では「スキルマッチング」なんだ。

 

スキルマッチングってのは、

簡単にいえば「条件勝負」ってこと。

 

もちろん、転職面接でも熱意は大事だけど、

「やる気」

だけで他の応募者に勝てるほど甘くねえぜ?

転職面接は「相手が求める条件」を持っていてナンボなんだ。

これ絵描きさんにとっての筆くれえに重要だぜ?

ガッツリ覚えておいてくれ。

 

~とある会社の採用~

 

採用担当「おい、TOEIC800点以上で、年齢は30代まで。それからこの業務経験あるヤツよこせよw 年収は500万円くれえのな」

 

転職エージェント「りょ! こいつとかこいつどうよ?」

 

 

「ちょww 弊社で勤務中のやる夫が転職エージェントに登録してただとww こっそり何やっているんだよアイツwww」

 

採用担当「AさんとBさん両方条件満たしてるな。Cさんはダメだ、過去のニート期間が長すぎるw AとBを呼んでくれ面接して決めるわ」

 

 

「おつかれww ドンマイww それからコッソリ転職活動をしていたことについて、会議室で話あるから後で来いやw」

 

転職エージェント「ご依頼賜り、あざまる水産。 金曜日面接セッティング用意してまっとけやー」

 

こんな感じだ。

この事例の採用担当者の場合は、

TOEICスコアと業務経験と年齢条件を満たしている

AさんとBさんの中から選ぶよって話。

この条件外にいるCさんは面接に呼んでもらえないんだ。

 

~後日、AさんとBさんが呼ばれて面接~

 

Aさん「おいテメエ。呼んでくれてラッパー並にマジ感謝しておいてやんよ。 オレは根性あっから、忘年会とかでクソほど役に立つぜ? 後は体育会系のノリは得意だ。なんせゾク上がりだかんなw」

 

「よく面接に呼んでもらえたなこいつw」

 

Aさん「自己紹介させろや。オレの特技はチキンレースよ。ゼッツーでの最高時速は300kmだ。まあ、光の速さにちけえよな。後は根性はあるぜ?」

 

採用担当「ふーん(ハナホジー)。 ところで前の会社ではどんな感じで働いていたのか教えてクレヨン」

 

Aさん「よくぞ聞いてくれたぜw オレは毎日残業をいとわずガツガツ仕事をしていたぜ? 根性には自信あっからな? で、残業をお断りしていた新人を、会社の駐車場の暗がりでコッソリシメてたぜw ま、教育係としては当然の話だぜ?」

 

「完全にパワハラな件w」

 

採用担当「いや、根性とかはいいんで、うちの仕事どう思う? あと何か資格はお持ちで?」

 

Aさん「おいジジイ、テメエあんまオレを舐めないでくれよな? 完全無欠なオレに死角なんてあるかよボケw 湘南じゃオレを知らねえ奴はいねえぞコラ? オレを採用した暁にゃ、気合と根性でオンシャの利益を1兆倍くれえにしてやんよ?

 

「1兆倍www ウルトラマンのゼットンの炎の温度かよww」

 

採用担当「おk,把握。じゃ後日エージェント経由で回答スッから今日帰ってくれ(こいつはNGと)」

 

採用担当「じゃ、Bさん入ってきて」

 

Bさん「本日は貴重な時間をいただき、ありがとうございます。」

 

採用担当「あら!イケメンですね♡ とりま自己PRをオナシャスw」

 

Bさん「はい、前職ではこういう業務を何年やっていて、こういう資格やスキルがあります。御社の募集要項を拝見すると、○○の業務を募集されていましたが、その領域は10人の部下をマネジメントしてきましたので、自信があります。これから○○の分野に業務の多角化をされると御社のサイトにございました。その分野はまさに私がこれからプロフェッショナルとして、スキルを磨いていきたいとおもっている分野ですので、現状の業務を遂行する自信と、今後の発展にご助力出来ると自負しております」

 

採用担当「すてきやん? オレと結婚してくれ♡」

 

…両者の違いはわかっただろうか?

 

Aさんは自分の能力や経験のPRはしているものの、

それは相手が求めているものかどうかはまったく気にしていない。

 

「自分はこんなことをしてきた」

「こんなスキルを持っている」

 

というPRをすれば何でもいいか?というとそうじゃないんだ。

 

面接官が求めているものを理解し、

その求めているものを満たせるってPRをしなければ

どれだけ高尚な資格や学歴、経験を持っていてもゴミでしかない。

 

寿司職人に応募する上で、

「自分は野球の素振りがすげえ得意」

ってPRするようなもんだ。

余計なことすんじゃねえよw

 

いいか? あなたは相手が

求めること以外は絶対に話すなよ?

 

相手が何を求めているのかを理解し、

それを届ける努力をするだけで、

あなたが内定をガッツリ持っていけるぜ?

 

 

伝わらないのは話者の責任

で、物事を伝えるには「伝える力」を持つ必要がある。

だから採用面接でも、応募者であるあなたが

面接官にあなたの魅力を伝える力を持ってほしいんだ。

 

…ああ、世の中には自分の想いや考えが伝わらないと、

相手に責任があると思いこんで、ブチキレるバカが一定数いる。

 

バカ「なぜオレの高尚な話がわからないんだ! この価値が分からないなんてケシカラン!」

 

と。

でもな、それは違うからな?

 

「伝わる側」にはまったく責任はない。

 

面接には呼ばれるのに、ドカドカ落ちる…

→相手にとってあなたの面接でのやり取りは、期待ハズレだったってことだ。

 現実を受け止めろ。そして改善ポイントをさぐれ。

 

相手が自分の魅力を理解してくれない

→伝わるように話せていないだけ。修行が足りない。

 

こんな具合にコミュニケーションの成否は、

話者にこそ責任があるんだ。

 

英語や専門スキルを売り込む上でも、

相手が求めるものをしっかり理解し、

 

応募者「御社が求めているのはこれだよな? オレの英語力はあなたの会社で役に立つぜ?」

 

という形で届けることで、相手はそこで初めてあなたに魅力を感じて、

条件のいいオファーをくれるんだ。覚えておいてくれ。

 

もしかしてあなたは相手企業のニーズがわからず、

「数撃ちゃ当たる戦法」で面接いってね?

だとしたら盛大なる時間のムダなんで、ここで考えを改めてくれ。

 

英語多読のすべてが分かる動画講座

「英語を独学でペラペラとカッコよく話せるようになりたい!」
「スクールや留学はムリ…。できるだけコストを抑えて、独学でマスターしたい!」

あなたがもしもそう思うなら、英語多読をはじめてくれ。

「でも、初心者で知識がなくて、英語多読についてよく知らないし…」って人は、

安心しろ。無料の動画でガッツリオレが解説するぜ。

>>>今すぐ英語多読のやり方を動画で見てみる!

ルールを理解できていない人は意外と多い件

労働市場で価値ある人材になるためには、

相手(採用者)が求めることを意識しながら、

能力、スキルの価値と希少性を伝えることに集中してくれ。

↓(参考)この記事に色々とまとめてる。

【マネタイズ能力】あなたの英語力を高値で売るために必要な思考【転職市場を無双せよ】

2019年12月16日

 

「んなこと言われなくても分かっていたお! 分かりきっている話を今更するなんてだお!」

 

って思っちゃったか?

 

だがあえて言おう。

 

このルールが理解できていないやつは多い。

 

いや多すぎる。

 

ダメな転職応募者「オレこれまでこんなに頑張ってきました! こんなに努力してきました!」

 

こういう「頑張りました!」ってエピソードを

転職面接で、壊れたラジオみたいにシャーシャーアツく語る応募者もいるんだ。

 

だが、上で述べたとおり、スキルマッチングで決まる転職面接において

「自分はこんなに頑張りました!」

なんてアピールはいらねえ。ゴミだ。

 

頑張ったかどうかは、

口ではなく行動で示してくれ。

キホンは職務経歴書と履歴書で語るしかねえんだ。

 

ウザめのオッサン「オレは昔、結構なワルだったぜw 交番で立ちションかけてオマワリとリアル鬼ごっこ楽しんじゃったぜいw」

 

って飲み会で笑いが取れると思って、

ちょいワル武勇伝をPRしてドン引きされる

痛いオッサンと同じレベルにそのPRは不要なんだよ。

 

会社にとって必要なのは

 

面接官「この人はうちの会社で役に立つか? 給与以上に利益をもたらしてくれるか? 一緒に働いてうざくないか?」

 

見てるのはこういう部分だけだ。

だから痛い勘違いをして、

相手が求めていないPRなんてしないでくれ。

 

「頑張ります!」「こんなに努力しました!」なんて面接官は1ミリも求めてない。

 

彼氏「喜んでくれ。今年の誕生日は歌だ。キミにボクの思いを伝えたい。さあ、聞いてくれ。」

 

と、彼女の誕生日に自作の歌をプレゼントするくらい痛い行為だ。

 

いいか?

 

自分がしたいことをするな。今すぐやめろ。

相手が求めることだけをするんだ。

 

恋愛もビジネスも魅力を伝える力が必須

恋愛ビジネスはよく似ている。

ここで恋愛を事例に解説していこう。

 

彼氏「人気店のイタリアン予約しといたよ♡ (これで彼女のハートはゲットだ。計画通りw)」

 

って伝えても彼女は

 

彼女「いやその日、花子ちゃんとタピオカランド行って、タピオカをガブ飲みする日なんで。先約があるからムリよりのムリ」

 

ってお断りされちゃう可能性もあるよな?

で、

 

彼氏「け、計画通りじゃなかっただと!? ボクの愛を踏みにじるとは許せない…!」

 

ってなノリで、伝わらないことを相手のせいにしちゃうんだw

 

でもオレからすると、この事例の彼氏君は

相手目線でメリットを伝えようとする気概が全然足りない。

 

彼氏「イタリアで本格的なイタリアン食べたいと言っていたよな? イタリアから上陸した本場のイタリアンを扱う人気の料理店の予約が取れたから、ぜひ一緒にいこう。絶対にガッカリさせたくないから、ガッツリレビューもチェックしたけどよさげだったよ。きっと喜んでもらえると思ってるぜ」

 

こう言えば、相手への伝わり方も随分違うだろう。

感激した彼女ちゃんは、あらかじめ約束していた花子ちゃんとの

タピオカランドのプランをキャンセルしてでも、

参加してくれる可能性ワンチャンあるよな?

 

いいか?

 

「一を聞いて十を知る」って言葉があるだろ?

これはウソだ。 いいか?この言葉は間違いだから信じるな。

誰が考えた言葉か知らんが、完全にミスってる。

 

正しくは

「相手は十を聞いて一を知る」

くらいに思っておけ。

 

コミュニケーションは努力しないと伝わらないもの。

 

だからこそ「伝える側」が頭を使って、

「相手に伝える努力」

をすることが話者には絶対的に必要なんだ。

 

だが絶望なんてする必要はない。安心しろ。

「伝える力」は技術なんで、なければ身につければいいだけなんだ。

 

募集要項を超自分本位にみてない?

あなたは転職時に、募集要項をどのように見ているだろうか?

 

「ひゃっほーい! 社員食堂あるお! 毎日Tボーンステーキを食べるお! おかわり自由だお!」

 

「さすがに社員食堂にTボーンステーキはおいてねえだろw」

 

「年収がグイッとスーパーアップだお! 残業も少ないんで毎日定時ダッシュして家でノンビリ過ごすお! 時代はワーク・ライフ・バランスだお!」

 

とかメチャメチャ自分本位でみてない?

 

言っておくが、そんな態度では受からんぜ?

 

冷静に思い直してくれ。

あなたが相手企業を選ぶのと同様に、

相手企業もあなたを選ぶ立場にいるんだ。

 

あなたは転職先に色々と求めるよな?

 

「残業どのくらいあるんだろ?」

「年収は?」

「スキルアップとかできそう?」

 

と、まあこんな感じだろう。

 

だがな。相手だってあなたを見るんだってことを忘れたらダメだ。

 

応募者「残業が少ないのに、年収高いから入りたいでござる! 稼いだお金で秋葉原のゲーマーズでフィギュアを大人買いしたいでござる」

 

ああ、確かにこれが本音だと思う。

 

けどな、相手の会社からすると

あなたはどのように見えるだろうか?

 

採用担当「この野郎、自分の希望ばっかり考えやがって…。 うちの会社をお小遣いをくれるオカンと勘違いしてねえか?」

 

って感じだ。

 

オレは今、採用者側に立っているから強くそう思う。

採用面接しても自分本位に

 

「御社は残業がないから」

「働きやすそうだから」

 

って自分の希望ばっかり言われても

 

黒坂「アハーン♡ しゅきい♡ 弊社に入社してえ♡」

 

とか1ミクロンも思わねえよ。

 

いいか?経営者なり、株主なりがオーナーなんだから

会社も結局は「人」なんだ。

自分本位にガツガツ来られても、

 

黒坂「はぁ? こいつうちの会社をぶら下がり健康器と間違いやがって…会社へのぶら下がり願望パネエな?」

 

って感じるだけなんだ。

 

ぶっちゃけ、世の中にはそういう残念な応募者ってかなり多いから、

あなたが一人、相手目線で自分を採用するメリットを伝えることができれば、

スイスイ受かるぜ。いやマジで。

 

オレ、ジッサイに転職面接で倍率10倍、20倍とかでも、

何回もガツガツ合格したから間違いねえよ。

倍率とかにビビんじゃねえぞ?w

 

まとめ

就活、転職で無双するには

高学歴
高キャリア
難関資格

が必要だと思ってるだろ?

 

ああ、確かにそういうのも重要だけど、

それ以上に

「相手目線で、相手のメリットに訴求する」

って思考が鬼のように重要なんだ。

 

特に「面接に呼んでもらえるけど、ガツガツ落ちる」

って人ほど何度も今回の話を読み直しておけよ?

それって履歴書や職務経歴書は花まる!

スキルや経験はOKなのに、

 

面接官「なんだよ。会ってみたらこいつダメじゃんw」

 

って失望しまくってるってことなんだからな?

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

「私はいつになったら英語ができるようになるの?」
「こんなに頑張っているのに、まだできないなんて…」

そう嘆いているあなたの気持ちはハゲるほど分かる。

オレもそうだった。

あなたの救うのは、留学やスクールではなく、

「英語多読」だ。

必要なことは講座として動画にまとめた。

気になる人だけでいい。見ておいてくれ。

↓↓↓

>>>詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です