【体験レッスンでの上達法】「スカイプオンライン英会話」を間違った使い方をする人が多すぎワラタww

「こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
■Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

先日、次のようなことをTwitterでつぶやき散らかしたw

世の中にはオンライン英会話が腐るほど存在する。

「石を投げれば歯科医院に当たる」

と言われる事があるほど、歯医者さんは世の中にあるよな?

 

でも、英会話スクールも歯科医院と同レベルに多いと感じるんだ。

リアルスクールの他、最近ではめちゃめちゃたくさんの

スカイプを使ったオンライン英会話スクールを見かける。

英会話スクールというビジネスは、それだけたくさんのニーズがあり、

同時に業者にとって稼げるビジネスだからな、しゃーない。

 

さっきテキトーに

「オンライン英会話 比較」

と検索してみたら

ざっと32ものサービスがあったんだ。

で、この32のオンライン英会話は本質的には、

「外国人とSkypeで英会話をする」

って点では何も違いはない。

 

「それだけ英会話がでかいビジネスで、それだけ英会話をしたいけど、出来なくて困っている人が多いってことだな」

 

ああ、そうだ。

たくさんのオンライン英会話スクールが作られ、

競争原理が働いてコストも大幅に下がった。

でもその結果、

あちこちで英語が超得意な日本人バク増中!!

…てなことにはなっていないんだよなw

何も変化はないw

 

なぜかというと、9割以上のほとんどの人が

「オンライン英会話スクールを成果が出ないやり方」

で取り組んでいるからなんだ。

 

今回はこのテーマで一つ、

アツく主張してみようかと思う。

 

どれだけ優れた講師のいるオンライン英会話スクールでも、

使い方をミスったらマジで永遠に力なんてつかねえ。マジだぜ。

これ以上、お金と時間をムダにしてもらいたくないので、

本音バリバリで耳の痛い話を語っていくぜw

 

最強すぎる英語多読講座

「英語の勉強は頑張っているけど、イマイチ身についている気がしない…」
と不安になってねえか?

安心しろ。あなたの不安をブチ壊し、人生を変える英語力を授ける講座を渡す。
他のサイトでは絶対に語られないクソヤベェ話を、動画でとてつもなく分かりやすく解説するぜ。

一円もかからねえし、ウザくなったら秒速で解約できるんで、迷うくらいなら参加しておけ。
ゲハハハw

>>>講座の詳細を見てみる

英会話だけやっても英語は永遠に出来るようにならない

かつては一年間の英会話練習をするには、

100万円規模でコストがかかるのがふつーだった。

今冷静に考えると、控えめに言って頭オカシくねえか?

たかだか英語でおしゃべりするのに、一年に100万円もかかるんだ。

それと比べて、今はいい時代になったよw

格安のオンライン英会話スクールが登場したことで、

1レッスンがわずか数百円で済むようになったからな。

 

でもな、だからといって英語が出来る日本人が増えたというデータはないんだ。

 

「オイラも英会話さえすれば英語ができるようになるんだお! 英会話に投資するお金があれば、英語ができるようになるんだお!」

 

こういう主張は、ただの幻想に過ぎないってことが明らかになってしまったんだ。

そう、何も考えずにオンライン英会話で毎日頑張ってしゃべっても

まったく力がつかず、無意味だという非情な現実がここにある。

 

多分、このブログに来ている人の中には

 

英語学習者「分かるわ。オレ、一年間頑張ってオンライン英会話やってるけど全然手応えがねーんだよw」

 

って共感してくれる人もいると思うんだ。

 

英語学習者「あれ?ってことは、オンライン英会話ってクソなの? 無価値なの?」

 

という疑問に当然帰結するわけだが…実はそうではない。

誤解のないようにしてもらいたいのだが、

オレはオンライン英会話をディスっているわけではないんだ。

上手に活用すれば、しっかりと英語力上達につながるツールになる。

でも、頭空っぽで、

 

「とりま、しゃべりまくれば話せるようになるおw こういうのは実践の数が大事だおw」

 

ってなると壮大なる時間とお金をムダにすることになるんだ。

 

この記事では他では語られない、効果のあるオンライン英会話を語っていく。

クレームが来たらそんときゃそんときだw

 

英会話はアウトプットである!断じてインプットではない

今さらこんなことを言うのもアレだけど、

それでもマジで理解できていない人がいるので

この場できっちり事実を叩きつけておこう。

 

ズバリ、英会話はアウトプットであって、

インプットではない。

 

「たりめーだお! そんなことお前みたいなゾウリムシごときに言われなくてもわかってるお!」

 

って思ったな?

今、あなたはそう思ったよな?

 

いやいや、分かってないんだよ大半の人は。

分かっていたら、ろくに基礎力もないのに

いきなり英会話というアウトプットから入る人がこんなに多いわけがない。

 

英文法や英単語が頭に入っていない状態で、

アホみたいに英会話だけ頑張っても、

時間の垂れ流しでしかないんだ。

 

言うなれば、囲碁のルールもろくに分かっておらず、

定石パターンを頭に入れず、

「ひたすら戦い続けるだけで強くなろうぜ」

ってのと同じだ。

 

ムリゲーだよな?それ。

 

確かに戦えばそれなりには強くなるだろう。

だけど、強くなると言ってもあくまで「それなり」であって、

このやり方じゃすぐに上達が頭打ちするんだ。

人のインテリジェンス同士をぶつけ合う戦いで、

強くなるにはそんな甘かないって話なんだ。

囲碁の世界で最短最速で力をつけるためには、囲碁のルールや基礎を理解し、

強くなるための定石パターンをいくつも頭にいれた上で

実践を重ねる必要があるんだ。

 

英語も同じで、現在完了が分かっていない状態で

 

英語学習者「Hey! It’s been a long time!!(おう、しばらくぶりだなw)」

 

というフレーズを100回繰り返しても、

それだけで「It has been」という現在完了が自然に使いこなせるわけがないと思わね?

やっぱり、現在完了を一度でもいいから、

きちっと勉強して理解する必要がある。分かるよな?

 

いいか?

英会話はアウトプットだ。

アウトプットとは、インプットした知識やスキルを使っていく段階のことだ。

インプットが全然ない状態で、

アウトプットだけアホみたいにやっても効果はない。

 

英語学習者「さっきからガチャガチャとやかましいわねw テメーの指図はうけねえわw アタイは器用だし、英会話だけでうまくなってやるぜw」

 

って感じたサザエさんなあなたは

 

「語学留学 効果なし」

「ワーキングホリデー 効果なし」

「オンライン英会話 1年 効果なし」

 

あたりのキーワードでググってこいよ。

同じことを考えて、インプット無しでひたすら英会話を

やったけど力が付かなかった…という嘆きと死屍累々を

目のあたりにすることになるから。

オレがここでやかましくシャーシャー述べるのを聞くより、納得行くことだろう。

 

インプットなしでひたすら英会話というアウトプットをやっても、

それがたとえ年単位に及ぶ訓練でも、大きな効果は期待できず、

お金と時間をムダする行為なんだ。

まずはこの事実を受け入れてくれ。

 

最強すぎる英語多読講座

「英語の勉強は頑張っているけど、イマイチ身についている気がしない…」
と不安になってねえか?

安心しろ。あなたの不安をブチ壊し、人生を変える英語力を授ける講座を渡す。
他のサイトでは絶対に語られないクソヤベェ話を、動画でとてつもなく分かりやすく解説するぜ。

一円もかからねえし、ウザくなったら秒速で解約できるんで、迷うくらいなら参加しておけ。
ゲハハハw

>>>講座の詳細を見てみる

日常会話の練習をしても1円も稼げねーぜって話

そもそも、オンライン英会話ってお金と時間を投じる

価値のある会話ができていないことがほとんどなんだ。

 

オンライン英会話をやった経験者なら、

側頭部から禿げ上がるほど理解してもらえると思うんだが、

講師と話す内容は大体次のようなものといえる。

 

・最近寒くなりましたね?暑くなりましたね?(天気ネタ)

→ムリゲーだろw 3秒で会話終了するじゃねーかw

 

・今日はどんな1日でしたか?

→起きて仕事して飯食って寝るだけって話を、講師が変わるたびにやるんすか?w

 

・週末や休日の予定はなんですか?

→勉強以外はノープランだろw あと軽くランチにいくくらい。あれ?会話終了じゃねーかw

 

・あなたはどんな食べ物が好きですか?

→寿司、ザッツイット! …オワタw

 

とまあ、こんな感じだろう。

実際、オレは初めてオンライン英会話をやった時は勝手がよくわからず、

流されるまま、上記のような会話を講師から振られて答えていた。

 

が、すぐに次のような事実に気づいた。

「これ時間のムダ以外の何物でもねー。お金もらえるならまだしも、こちらがお金を払ってさらに時間をかけてやることじゃねーわw」と。

 

いいか?

今一度冷静に考えてみてくれ。

 

あなたが英語を勉強している理由はなんだ?

仕事?海外大学留学?情報収集のツール?

 

そうだよな?

つまりは役に立つツールとして身につけ、

お金を稼いり人生を豊かにするために頑張っているわけだよな?

でも、それに必要なのは相手に

 

英語学習者「あなたは寿司が好きですか?」

 

ってどーでもいい質問をお金を払って尋ねることじゃねえんだ。

 

本当に役に立つオンライン英会話とは?

お金と時間をかけて実りある、価値ある英会話ってのは次のようなものなんだ。

 

たとえばこれから外資系企業に転職するなら、

転職面接で想定されうる質疑応答事例を訓練する!

海外大学留学をするなら、自分が学ぼうとしている分野について

志望動機を3分間スピーチをする!

(留学先の大学によってはオンライン面談があるところもあるんだぜ?)

 

あなたが真にやるべきことはこうした内容のはずだぜ?

転職面接での応対の練習が上達すれば、

それは年収アップやキャリアアップに直結する。

海外大学留学が成功すれば、人生は間違いなくアップデートする。

そういうことにこそ、オンライン英会話を活用するべきで、

 

英語学習者「昨日は寒かったよね?キャハハw」

 

って年老いたオッサンの後頭部並に中身スカスカのやり取りじゃないんだ。

どれだけ表情豊かに、テンションアゲアゲでトークしても、

中身空っぽの会話ってクソほどつまらなくね?w

 

過去記事で書かせてもらったけど、

オレは大学院MBAコースの英語面接の質疑応答の練習台になってもらって

非常に有益だったと感じたぜ。

↓(過去記事。これのことな。この時はマジで役に立ったぜ。

オンライン英会話で伸びる人と伸びない人の「3つの差」

2019年2月25日

※ちなみに大学院には行かなかったw

 

もう漫然とオンライン英会話でフリートークするのはもうやめにしてくれ。

時間とお金をムダにするだけで得るものは何もないはずだ。

 

ガチで役に立つ英語力とは膨大な英文の脳内記銘

でもな、ここまでさんざんオンライン英会話ってどーよ?

って話を展開してきたけど、ちゃんと使えばマジで有用なんだ!

ここからはオンライン英会話の

正しい使い方を話をしていく。

 

さて、言葉の意味を知っていて、自分でも使えるワードを

「Active vocabulary(アクティブボキャブラリー)」という。

そして意味は知っているけど、使うことができないワードを

「Passive vocabulary(パッシブボキャブラリー)」というんだ。

 

日本語でも同じような事例はないか?たとえば、

 

「粉骨砕身(ふんこつさいしん)」

「獅子奮迅(ししふんじん)」

 

と言われてあなたは意味は分かると思うけど、

職場や友達との会話で使えるか?

と、問われるとこうした四文字熟語は結構難しいよな?

なぜなら、これらはあなたの頭にはインプットされているけど、

あまり使わないのでパッシブボキャブラリーとして眠っているからなんだ。

 

英語だって同じだ。

英語も読める、聞けるけど話せず、書けないって状況はありえる。

 

How to establish teeth brushing habits in children.

 

って言われてあなたは意味が分かるだろうか?

 

 

 

 

 

 

おう、読めたな?

そう、「子供たちの歯を磨く習慣を作る方法」って意味だよな?

この英文を読めば、

 

英語学習者「へー、習慣化するってestablish habitっていうんだ」

 

となんとなく分かるよな?

でも、意味が分かるからと言っても

実際にこの表現を使って英会話練習しなければ

「establish habit」って口から出てこないんだ。

つまり、「パッシブボキャブラリー」としてのインプットした知識を、

英会話練習を経て、アクティブボキャブラリーへと昇華させる必要があるんだ。

 

高い英語力を身に着けたければ、

中身空っぽの状態でアウトプットだけを張り切って挑むことをやめ、

まずはしっかりとインプットしてくれ。

 

で、インプットした内容を「パッシブボキャブラリー→アクティブボキャブラリー」へ変えるために

英会話の実践訓練を重ねることが必要なんだ。

 

もうわかったか?

できない人はまさにこの順序の

真逆を一生懸命やっているんだ。

 

勉強の順番って死ぬほど重要なんだ。

基礎をしっかりインプットして、アウトプットはその後やるべきなわけで。

順序が逆だとこのすべての取り組みが無意味になる。

天に召された毛根にリアップをバシャバシャかけても意味がないのと同じだ。

…悲しいけどな。

 

インプットゼロでいくらアウトプットをしても意味ねーっつー話だ。

ガッツリインプットをした後で、インプットした英文や英単語を

ガツガツ使うアウトプット練習をするからこそ、

シマウマを追いかけまわす、腹空かしたチーターみたいな速度で上達するんだよw

ま、オレはチーターがシマウマ食べるかどうかはよく知らんけどw

 

オンライン英会話の3つの活用法

ではここからは、オンライン英会話の正しい使い方は3つご紹介していこう。

 

1つは十分インプットをした状態で英会話を練習する。

これは上述したとおりだよな?

たとえば日常的に英字新聞を読んでいるなら、

今朝読んだ英文に出てきたフレーズや単語を積極的に使うことで、

ドンドンパッシブボキャブラリーがアクティブボキャブラリーへと変わっていき、

確実に会話力が向上していく。

 

そして2つ目は英語力維持だ。

英語の書く、話すは使わなければガチで錆びていく。

読む、聞くはノーメンテでもほとんど力が落ちることはないけど、

発信するスキルは使わないと、マジで使えなくなっていくんだ。

せっかく使えるようになった英語力を落としてしまわないよう、

オンライン英会話で時々ブラッシュアップするのは、

価値ある活用法の一つなんだ。

 

そして最後に、「今の自分の実力を測るツール」に使える。

普段から、英語を勉強していて

「そういえばオレの今の実力どのくらいあるんだろ?」

って思った時にチェックするのに活用できるよな?

思ったよりできる、できないが分かると、

学習の方向性が正しいかどうかの再確認をすることができるんだ。分かるな?

 

英検やTOEICのテストを受験してチェックするのも悪くないけど、

テストを受けに行くまでの労力や時間をかけられない時には、

オンライン英会話を使って今の自分の実力をチェックすることが出来るんだ。

 

オススメのオンライン英会話3選

基礎力を持ち、目的意識を持ち、

そして復習する気持ちを忘れずに取り組めば必ず成長する。

 

以下はオレが体験したことがある、

オススメのオンライン英会話スクールを掲載しておく。

 

無料体験レッスンもあるので、

ぜひ挑戦を検討してみてくれ。

 

レアジョブ


レアジョブでは短期集中ビジネス英会話プログラムを実施しており、

日本人の専属トレーナーによるコーチングが受けられる。

無料体験レッスンも受けられるので、

英検の2次試験の面接対策などをしたいことを申し出ることで集中的なトレーニングを受けられる。

 

>>>レアジョブの無料体験レッスンを受講してみる

 

DMM英会話

DMM英会話

こちらは24時間365日レッスンが受けられる。

しかも無料体験レッスンを2回も無料で受けられるので、

実際に本格的な訓練を積むかどうかは、その後決めてもいい。

 

忙しい社会人も24時間営業なら大丈夫だよな?

早朝でも夜中でも対応してもらえるから、

時間が合わなくて出来ない、という言い訳は一切通じないぜw

 

>>>DMM英会話の無料体験レッスンを受講してみる

 

イングリッシュセントラル(旧:ラングリッチ)

イングリッシュセントラル(旧:ラングリッチ)はオレも一時期、かなりお世話になった。

オレの場合は東京・文京区の茗荷谷にある筑波大学大学院MBAコースの

英語面接を受験するためにラングリッチで練習を積ませてもらったんだ。

 

過去の面接問題や回答例を講師に見せることで、

模擬面接官になってもらえたよ。

おかげで本番の英語面接ではバッチリ回答ができ、本当にラングリッチには足が向けては眠れない。アザス。

もちろん無料体験レッスンも2回受けられるから、ノーリスクで挑戦できるぜ。

 

>>>イングリッシュセントラルの無料体験レッスンを受講してみる

 

すべては”役に立つ英語力”のため

今回紹介した通り、オンライン英会話を活かすも殺すもアナタ次第だ。

今回の記事で紹介したオンライン英会話の真の活用法を理解してもらい、

ぜひ伸びる人になってもらいたいと思うぜ。頑張ってくれ。

 

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

「私はいつになったら英語ができるようになるの?」
「こんなに頑張っているのに、まだできないなんて…」

そう嘆いているあなたの気持ちはハゲるほど分かる。オレもそうだった。

カスほど英語ができなかったオレにTOEIC985点、英検1級合格を授けたのは英語多読だ。

その真髄を語った動画講座を作った。

安心しろ。無料で参加できる。

英語を本気で身につけたいやつだけでいい。

今すぐこっちに来てくれ。

こっそり伝えたいことがあるんだ…!

>>>気になるので覗いてみる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です