あなたは当てはまる?これが「英語学習の成功者」に共通した法則だ

「こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
※Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

 

お知らせ1.今日からタメ口でいくぞ!

これを読んでいるあなたにとっては、

「オレ、今日からアンドロイドをiPhoneに変えたよ」

って報告と同じくらい、

「死ぬほどどうでもいいこと」

だが、

私は今日からこのブログをタメ口で行くことにした。

もちろん、コメントを書いてくれた人にもタメ口を使う。

 

私より2倍以上年上のコメント主にも、

「おう!がんばっとるか?」

ってみまごうことなく、堂々とタメ口でいくからな。

 

これにはな、理由があるんだよ。

英語教材、英語学習業界はハッキリいって

クソな教材や学習法にきれいに風呂敷で包んで、

 

「あなたが必要な教材をご用意しました!(こんな教材売れるわけがない)

「このセットで英語のシャワーを浴びましょう!(教材買った人ごめんね!うちらも生活かかってるから…!)」

 

って販売者側もウソだと分かりつつ、販売しているケースは少なくない。

で、お金儲けのことしか考えない業者はあなたが失敗したら、

決まってこういって突き放す。

 

「勝手に挫折したあなたの責任では? 他の人はうまくいっていますよ? 当スクールに責任を押し付けないでください。」

 

ってな。

そんなクソみたいなスタイルで、

クソみたいな英語学習教材を売りまくる業者で溢れているのが、

英語教育業界なんだよ。

「本当はどの教材がクソでダメなのかを全部取り上げたいww」

 

 

私はオブラートに包まれまくって、

中身の無いものをキラキラ輝かせる英語教育機関で溢れかえる中、

言葉もオブラートに包まず、

本音100%でいくと決めた。

 

クソなものはクソ。これはキングオブクソ!正しいものはこれだ!

 

って真実をあなたにしっかり伝えたい。

だからそれには敬語ではなく、

タメ口の方が迫力のある発信になるし、

その方がしっかりと伝わるだろう。

 

このブログに度々登場するNamiheiさんや、

やる夫ともタメ口で行くからそのつもりでいてくれ。

 

「さよう、ワシと黒坂で決めたことでワシももう受け入れた。ただな、タマちゃんには敬語を使ってやってほしい」

 

「オイラは気にしないお!黒坂は言い出したら誰も止められないので、このままいけばいいお」

 

お知らせ2.今、あなたのためにものすげーものを作っている

これまでも、そしてこれからも

このブログではあなたの英語学習を成功させるために、

色々と役に立つ情報やノウハウを取り上げるつもりだ。

 

フッフッフッ、実はそれだけじゃない。

今、実はものすげー英語学習ツールを開発している。

あなたは間違いなく驚く。絶対に驚く。

これはこれまで世の中になかったものだ。

 

内容はまだ非公開とさせてくれ。

発表はまだ少し先になるが、

この開発しているものをあなたはきっと気に入ってもらえるはずだ。

楽しみにしておいてくれ!

 

「ひゃー! オラ、ワクワクしてくっぞ!!」

 

それまで他のブログに浮気するんじゃねえぞw

 

——————–お知らせ終了——————–

 

さて、本題に入ろう。

 

今回は

 

「英語学習に成功している人に共通する法則」

 

って話をしたいと思う。

これはデータを示し、科学的根拠に基づく「おかたい話」じゃない。

 

まがりなりにも英語教育のプロとしてビジネスをしてきた私が見つけた

「成功者に共通する法則」ってものだ。

経験則に基づく話ではあるが、あっていると思うぞ実際のところ。

 

もしも疑問点があったら、遠慮なくコメントしてくれ。

 

法則1.「自分はできる!」って自信を持っている人

これは英語学習に限った話じゃないが、なんでもそうだ。

 

世の中、自信のある奴が成功する。

 

たとえそれに明確な根拠がなくてもだ。

なぜか?その理由をあなたにお伝えしよう。

 

英語学習は

 

「質」×「量」×「継続」

 

で決まるという話はこれまで何度も取り上げてきたとおりだ。

 

シンプルな数式なのに、英語学習が簡単ではない理由は、

「正しい学習法で、きちんと成果の出る分量をこなしている人」

であっても「継続」ができないから成功していないってことなんだよ。

 

「正しい学習法を理解した、後はやるだけ」

 

そんな状態でもみんな継続ができないから脱落していく。

正しい学習法を掴むより、継続することの方が難しいんだよ。

 

でも、自信がある人は

「オレ絶対成功するわ」

って感じで、勘違いしたままゴールにたどり着いちゃうんだよ。

でも実際、成果の出る学習法をしっかり分量こなすから、

勘違いがそのままマコトになってしまう。

 

いいか?

「英語学習の継続できなくなる時」

ってどういう時か分かるだろうか?

それはすなわち、あなたが取り組んでいる学習法や

未来に「疑い」を持った時なんだ。

 

疑いを持った瞬間に人は迷う。

迷うから、いきなり英語多読をやめて、

英会話偏重の学習法なんかに手を出したり、

ゴールまで順調に進んでいたのに足が止まってしまうんだよ。

 

「決めた!オイラは英語多読でお金をかけずに英語を学習するお! 黒坂みたいなアホにできたんだから、オイラにも絶対できるお!」

 

~学習3ヶ月後~

 

「毎日コツコツ継続してるお! オイラは素晴らしい学習法を見つけてしまったお! 他の人にも伝えてあげたいお!」

(なあにあの人、読むだけで英語力がつくとか信じちゃってww)

(英語は会話が本命なのに読むばかりしてバカじゃないww クスクスwww うふふww)

 

「なんだお…オイラのやり方は違うのかお? 大丈夫なのかお? 本当にこのまま進んで大丈夫なのかお?」

 

…とまあ、こんな感じにやる夫は周囲の声を聞いて自信を失ったために、

コツコツ取り組んできた学習法に疑いを持ってしまうわけだな。

 

ちなみに、この例で言えば周囲で反対の声をあげる奴らを

「ドリームキラー」

と呼ぶ。

でもな。このドリームキラーたちは

「多読による英語学習」

の効果を心底理解しているのだろうか?

実際にやったことがあるのだろうか?

 

※「ドリームキラー」って何?って人は下記の記事を見ておいてくれ。

「英語で夢を叶えたい」のじゃまをするドリームキラーの倒し方

2018年9月18日

 

 

ドリームキラーは英語学習の素人で、

英語ができないからこそ、頑張っている人をバカにしてきたりする。

「英語多読の学習法を理解していない奴らの声に、耳を傾ける必要はない」

って話になるよな。

 

いいか?

 

自信ってのは

「ゴールまで止まらない決心」

のことなんだよ。

 

「オレは絶対にこれで行くんだ!」

って感じだな。だから自信を失わないでほしい。

なんかかんだ言いながら、

最後まで正しい学習法で走りきったやつだけが

「英語力」

という勝利のトロフィーを手にする。

 

「大丈夫!目が覚めたお! やっぱり英語多読頑張るお!」

 

「なんだよブレブレじゃねえかww」

 

法則2.英語を身に着けた「後」を持っている人

「英語はなんとなくこの先必要だしね!これからはグローバル社会だ!」

「有名人の○○さんも”これからは英語力はあった方がいい”って言っていたから」

 

残念ながら、こういうふわふわしたことを言っているやつは絶対に成功できない。

 

そりゃあ、人生生きていく上で

「できて困ること」

なんて一つもないよな。

左右の手をクロスして二重跳びをする、

「二重X跳び」

だってできないより、出来た方がいい。

反対に「できて困る」なんてことはないはずだ。

 

「こいつ…!できる…! オイラは後ろ二重跳びまでしかできないお! 二重X跳びはクラスで出来るやつは一人だけだったお…!」

 

「できるわけねーじゃんw 自分は通常の二重跳びまでしかできねえわw」

 

「だましたお! こいつやっぱり詐欺師だお!」

 

「いや、自分が出来るなんて話はひとカケラもしてねえじゃねえかw」

 

英語だって同じ。

できないより出来る方が絶対にいいんだよ。

だけどな、問題は

「英語力の取得には時間がかかる」

ってことだ。

 

もっと時間を大事にしてくれ。

時間ってのは命のカケラなんだ。

あなたが80年生きるなら、1時間は「70万800分の1」って命のカケラだ。

命だから貴重に決まってる。

お金は失っても取り戻せるが、

時間は失うと二度と取り戻せない。

 

英語学習はどうしても取得に時間がかかるものだから、

命のカケラを使って取り組む以上、

見返りを求めて然るべき

「投資」

という位置づけなんだよ。

投資だから絶対に回収をしなきゃくちゃいけないよな。

 

「なんとなく」

 

って気持ちじゃ一年間に渡る挑戦を乗り越えるのはまずムリだし、

第一、なんとなくで貴重な若い時間を雑に過ごすのは、

自分の命を冒涜してるってことになると私は思う。

もっと人生の時間を大切に取り扱ってくれ。

 

英語は自己投資、だからこういう発想が出来る人が成功しているんだよ。

「外資系企業に転職して、高収入を得たい!」

「英語で情報発信をすることで、付加価値をつけたい!」

 

明確で絶対に叶えたい何かを持ち、

英語力の取得に1年かけても

その後の人生で英語力を活用することで

 

成功までの道のりをショートカット

 

出来るならやる価値はあるってことになる。

 

例えば私は英語力を活かして外資系企業へ転職したが、

その時年収は200万円以上アップした。

この年収アップは市場価値が高まったということで、

会社を転職した後も続くから、

「一年間英語学習に時間をかける以上のリターンがある」

って話になるよな。

人生のショートカットってのはそういうことだと思ってくれ。

 

私はあなたに

「英語力をつけた後、いったい何がしたいのか?」

って目的を明確に持ってほしいんだ。

 

「英語力があればメリットが大きいお! 困ることはなにもないお!」

 

ってぼんやりしたクソマインドは

次の火曜日の燃えるゴミに出してくれ。

 

いいか?「英語力を身につけること」を目的にするな。

 

そんな奴はありえない話ではあるが、

たとえ天から英語力が降ってきて使えるようになったとしても

絶対に意義ある活用はできないはずだ。

だって目的を持っていないから。

まあ、せいぜい流暢に英語を話して見せて友達に自慢して終了、ってとこだ。

まさに宝の持ち腐れだ。

 

「英語は投資」って考えは重要だから、下記の記事にも目を通しておいてくれ。

「英語学習で投資したお金と時間は回収する」という投資思考を持て

2018年10月22日

 

法則3.正しい学習法に取り組み、それを継続できる人

英語力は

 

「質」×「量」×「継続」

 

ですべてが決まる。

 

掛け算だから、どれか一つが0だと答えは0だ。

 

例えば「英語聞き流し学習」ってのがある。

もっともらしく効果を強調しているが、

ダメダメ学習法の筆頭だ。

さて、これをやるとどうなるか?

 

知人の一人にこの宗派に魅せられて、

もう何年も毎日頑張って聞き流し続けている根性の座ったやつがいる。

もちろん、彼女はいまだにまったく英語はできないw

なんせオンラインで飛行機の手配をするのに、私に連絡してきて

「頼む、間違えると怖いからやって」

って代行依頼をしてくるくらいだw

 

間違った学習法に手を染め、

それを年単位で実践出来るってスゲー根性だが、

残念ながら努力は方向性を間違えるとまったく実らない。

この聞き流し宗派の被害者を数式にすると、

 

「質 0」×「量 100」×「継続 100」=0

 

ってわけだ。

もう分かるな?

 

「言っていることは正論だが結構厳しいな…。どれかに0が入ると他がどれだけ優れていてもムダになるってのは気をつけないとダメだな…。」

 

これはまんま逆のことを言えるわけで、

正しい学習法を理解し、それを必要な量こなし、継続できれば

できない人なんて世の中に誰もいないんだよ。

 

そういう意味で

「英語多読による英語学習」

は「学習の質」の点でマジサイキョーだ。

廊下でタバコを吸い、入学式で先生を殴って退学者が出るような

クソド底辺工業高校卒で、

ニート・フリーターを5年もやった

キングオブ底辺&無勉の私が、

部屋で一人独学でできたんだ。

もっとよい義務教育過程を経て、

才能を持って生まれたあなたになら絶対に出来る。

 

 

この記事を読んでいるということは、

あなたは「英語多読」という正しい学習法を知っているわけだから、

後は必要な分量をこなして、継続するだけだ。

すでに半分ゴールが見えているんだよ。

 

「さよう。正しい型を体得すればゴールは目前である。

ちなみにワシもカツオにえらそうに講釈をたれているが、定年までヒラだった。出世を正義とするなら、サラリーマンとしては成果の出る行動を取れなかったということになるな。」

 

「お父さん、もう僕にえらそうに説教しないでよw」

 

「そうよ! タラちゃんもハゲの言うことを聞いちゃダメよ!」

 

「中年男性はこうして家庭で居場所がなくなるわけか…。一言言えば全力で返されて、世知辛いものだぜ…。」

 

 

法則4.英語への強い想いを持っている人

心理学の世界で、モチベーションは

 

「ホワイトエンジン」

「ブラックエンジン」

 

という2つに分けられる。

 

「なんだそれ? ちなみにオイラの食べているスパゲティには”ホワイトソース”がかかってるお!」

 

「どうでもいい話すんじゃねえー! 黙って聞けやコラ!」

 

ホワイトエンジンってのは、

「感謝」「夢」「信頼」

といった明るい動機だ。

 

「社会に貢献したいから頑張りたい!」

「立派になって親を安心させたい!」

 

こうした動機で頑張る人は

「ホワイトエンジン」

がモチベーションになっている。

 

反対にブラックエンジンは

「恐怖」「不安」

から来るものだ。

 

「クビになって餓死しそうで怖いから、真面目に会社に務める」

「将来不安だから英語力を身に付けたい」

 

と言ったものだな。

 

私の場合は、最初に英語に手を出したのはブラックエンジンによるモチベーションだ。

何も持たずに23歳を迎えたニート・フリーターには

英語は自分の人生を変える最後のチャンスだったわけだ。

で、結果的にはブラックエンジンによって、

多読勉強法にたどり着き、無事に英語力を身につけることができた。

 

もちろん、世の中にはホワイトエンジンで英語力を身につける人もたくさんいる。

「もっと上へ飛躍したい!」

「年収アップを目指したい!」

という前向きな気持ちで、勉強に取り組んで英語をものにして、

夢を実現するパターンだな。

 

ぶっちゃけ、私はどちらでもいいと思っている。

問題は、ブラックエンジンか?ホワイトエンジンか?

ってことじゃなくて、想いの強さの方だ。

 

「なんとなく不安だから」ってブラックエンジンではうまくいかないし、

「英語が使えたらかっこいいから!」ってホワイトエンジンでもゴールまでの火力が全然足りない。

 

やるなら超本気、全身全霊をかけて取り組むって人が成功する。

どうやって全身全霊を込められるかってのは、

それには「危機感を持てるか?」ってことにかかってくる。

 

「そろそろあの男が出てきそうな悪寒…!」

 

「あれ?よんだ?」

 

危機感ってのは、夏休みの宿題を8月31日にやるあの爆発的エネルギーのことだ。

 

「何が何でも。自分の持っているもののすべてを使って、英語力をモノにする!」

 

って本気で思ったらそりゃあへこたれることなく、頑張れるもんだ。

「英語にモチベーションはいらない」

と常々言っているが、

英語学習を始めるきっかけについていえば、

強い想いを持つ事は、成功する人に共通するポイントだと思ってる。

英語学習に「モチベーション」はいらない

2018年11月23日

 

以上、4つの英語学習成功者の法則を紹介した。

あなたはどれだけ当てはまっていただろうか?

法則ってのは再現性があるからこそ、法則と呼ばれる。

ぜひ、参考にしてもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です