英語学習でケチな奴は100%失敗する!ケチった額の1000倍は損するから気をつけろ!

こんにちは!黒坂岳央(くろさか たけを)です。
※Twitterアカウントはこちら→@takeokurosaka

 

いきなりだけど、「ケチな人」ってどう思う?

どういう印象??

 

「アタシと楽しい時間を過ごしたくせに割り勘男はありえないわ! 当然おごりよおごり!! ケチな男はダメ!罰金!!」

 

「部長年収ガッツリもらってるくせに、部下にも1円単位で割り勘で払わせるってどゆことー!?」

 

はい、みんなケチな人に大変お怒りですねw

私もケチはイカンと思います!

 

ケチに男も女も関係ありません。

「ケチな人はみーんな見えない大きなものを失っている」

というのが私の持論です。

 

英語学習だってケチっちゃいかんぜ?

膨大な時間と労力をムダにしちゃいますよ!!

 

ケチと節約家の違いってなあに?

「ケチと節約家」

の意味を履き違えている人がものすごく多いので、

ここでしっかりとお伝えしておきましょう。

あなたはちゃんと理解しているでしょうか?

節約家:必要なもの、不要なものでお金を出すかどうかをしっかりと決めている。感情ではなく、合理的にお金を使う人のこと。

ケチ:必要なもの、世の中でマナーや常識的に考えられているものにお金を出さない人のこと。

 

「お金持ちはケチ」

って人がいますが、これは大間違いです!

私はよく連絡を取り合うビジネスパートナーや、

コンサルタントがいます。

その中に5人くらいは年収1億円、もしくは2億円を超えているお金持ちがいます。

いろいろなタイプがいて起業家もいますし、資産家もいます。

彼らとやり取りをして感じることは、

「必要のないものには1円もお金は使わないけど、

必要と思ったら何百万円でも即決でお金を出す」

というお金持ちに共通した合理的な思考です。

 

六本木で働く知人の経営者は、都内の移動は全部タクシーで済ませます。

「電車移動は風邪を移されたり、遅延が発生したり、

痴漢冤罪のリスクがあるから」

と電車ではなく、タクシーに乗る理由を語っていましたね。

彼は一日20万円以上稼いでいるので、

もしも風邪を移されて数日働けなくなったら、

それだけでタクシー代どころではすまない損失を被ります。

ですので、タクシーで移動するのは大きな損失を出さないためにそうしているわけです。

 

でもケチな人は違います。

ハッキリ言えば、ケチとは「合理的な思考ができないアホ」のことですw

 

土砂降りの雨の中、コンビニで500円の傘を買うのをケチって肺炎になったり、

欲しいと思った本を買わず、図書館で借りるのを100人の順番待ちをしても平気な人とかですね。

後は「食費がもったいない」とジャンクフードばっかり食べて節約した気になっている人も。

 

いやいやいや、頭狂ってますよねw

必要なものにはお金を払いましょうよw

必要なものを買うためにお金を稼いでいるわけですよね?

それじゃ一体、何のためにお金を稼ぐのか意味がわからないじゃないですかw

そういう人ほど、パチンコ屋で何時間も副流煙吸わされながら、台にお金吸い取られたりしていますからねw

 

節約家は大いに結構ですが、

ケチはお金も時間も損するだけなので絶対にやめましょう!

 

英語学習も投資、ケチると死ぬ

英語学習もそうです。

どうすれば最短、最速、自分にも成果が出る学習ができるのか?

それを知るために自分でゼロからアレコレ試していたら、

英語ができるようになる前に寿命を迎えますよねw

 

過去の偉人が時間をかけ、熱心に研究をして、

もっとも効率の良い英語学習法が明らかな答えとして出ています!

あなたがやるべきは「結果を出した人から教えてもらう」

ただそれだけでいいんですよ!

 

「できるだけコスパよく、一年間でバシッと成果を出したい」

あなたがそう思うなら私以上の適任なんていないじゃないですか?

中学レベルの僕が「読むだけ勉強法」で英語をペラペラ話せるようになった!

 

学習法はこの本に全部やり方を書いています!

この本1,400円(税抜)ですからね。

この本に書いたノウハウをあなたが自分で発見するとなると、

1年…2年…いやもっとかかるでしょう。

それをたった1,400円出すことで答えを得られるなら、

もう買うしかないんですよね。

それすらケチってあれこれ試行錯誤するドケチは、

「自分の若さと命が無限」と勘違いをしていますね。

 

英語なんてしょせんツール。

身につけた時点ではまだスタート地点に立ったに過ぎません!

後はその英語を使って自由に羽ばたきましょう!

 

専門分野の知識を英語でみにつけ、英語で活用するのもよし!

世界中に資産を分散する、グローバル投資家になるのもよし!

私のように複業で収入源を3つ、4つともつのもよし!

とにかく英語は一日も早く身につけて、

さっさと使い倒すところまでいきましょう!

ケチってその場で右往左往なんてしているヒマはないはずです。

 

本を買って読んでよくわからないこと、疑問点があれば

ブログのコメント欄に書いてもらえれば、

私が生きている間はフルサポートをします!

 

ですのでケチっている場合じゃありません!

必要なものなのにケチると膨大や時間や労力を失っています。

 

英語学習は必要な道具が揃ってはじめてできる

私は著書の中で必要な道具を全部紹介しています。

速読英単語必修編の本、それに音源CD、

その他テキストなど、学習に必要なものを全部全部書いています。

前回の記事では、さらに

「管理表を使って継続力をつけろ!」

ということを紹介していますよね?

↓(参考)

「どうすれば英語学習が継続できる…?」って迷える子羊にいいモノをやろう

2018.12.03

 

これらは1年後にあなたが英語でお金を稼ぎ、

情報収集をしたり、情報発信、そしてコミュニケーションを取る力を

つけるために必要な道具です。

 

いいですか?

道具は全部揃ってナンボ!

一つ欠けても効果が大幅に落ちてしまいます!

 

例えば速読英単語必修編の本を買ったけど、

 

「CDは高いから買わずに済ませよう!」

 

というドケチ思考だと学習効果は80%は落ちるでしょう。

 

読むだけ英語学習法に音声CDが必要な理由

速読英単語必修編は数千もの英単語が詰まっています。

 

読むだけでももちろん力は付きますが、

正しい発音を理解し、

ネイティブレベルのスピードで音声を耳から入れることで、

脳内で英語音声を理解できる回路を作ることができます。

 

初回、あの本を知識ゼロで全ページ攻略するには1ヶ月、いや2ヶ月以上かかります。

 

でも、何度も読み直して内容が頭に入ったら、

後は歩きながら音声を耳で聴くだけで、

わずか1時間程度であの本の内容を総復習できます!

しかも正しいネイティブの発音を理解し、

さらにリスニング能力も高めて、

音声から英単語を脳に叩き込むことができます!

 

そのためにCDは死んでも必須!

 

ケチって買わない人は、

CD代を節約する代わりに永遠に英語力が身につきません。

 

挑戦には道具を揃えるところから

いいですか?

なにか物事を挑戦する上で、道具がキッチリ揃ってはじめて効果が出るんですよ!

 

私はニート時代にピアノをやっていましたが、

思い切ってヤマハの生ピアノを買った時に

ものすごい後悔しました…。

 

何に対して後悔したのか分かりますか?

 

長年電子キーボードで弾いていた期間はほとんど上達がなく、

生ピアノを買うまでの膨大な時間をムダにしてしまったことに対して、です。

 

実際、ちゃんとアップライトピアノを買ってからは

電子キーボードで弾いていたときとは比較にならないほど上達しました。

 

英語学習は投資です!

投資である以上はバコーンと道具を揃えてください!

↓(参考)

「英語学習で投資したお金と時間は回収する」という投資思考を持て

2018.10.22

 

私のお伝えする英語学習法は

英会話スクールや語学留学に行くことを考えたら、

必要な費用は100分の1くらいじゃないですか?

そのくらいはバシッと買って欲しいところですね!

 

英語は正しい学習方法で、

必要な分量継続的にこなせば100%誰でも身につきます!

 

例外はありません。

 

「自分…語学の才能ないのかな…?」

 

と落ち込んだことのあるあなたも、全く例外ではありません。

 

もしも私があなたの隣にいたならば

 

黒坂「おい、顔上げろ!自信出せや!!自分を信じられないなら、オレを信じろ!!あんたは出来る!絶対に出来る!!」

 

と熱く励ましまくるでしょう。

いや、私もヒマではないので、できない人を捕まえてそんな事はいいません!

うざいくらい

「出来る出来る!」

っていうのはマジで英語はやれば誰でも出来ると心から思っているからです。

でもね、道具が揃っていないのに出来るとは言えないんすよ。

 

「お金は1円も使わない!本も買わないし、音源CDも買いません!それでも出来るようにして!」

 

って言われたらさすがに切れますわww

 

いいですか?

繰り返しですが、

 

本書で紹介している教材は必ず揃えてください。

 

必要ないものは

「必須ではありませんが、あれば尚良いでしょう」

と書きますw

死んでも必要だからこそ、

 

「英語が出来るようになりたければ本書でオススメしているテキストや音声CDは買えや!ええか?買うんやで!!!!(半ギレ)」

 

と言っているわけです。

 

本当に道具が揃わないと意味ないですよ!

 

美容師になりたかったら、工作のハサミじゃ無理ですよ!

料理人になりたかったら、ダイソーの包丁を使ってもなれませんよ!

 

そういうことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です