【英語力を活かして副業】在宅フリーランスの翻訳家の3つのメリットとデメリット

オレだ。

 

「英語力をガッツリ活かして、

フリーランスの翻訳家として稼ぎたい!」

 

あなたはそう思い、この記事を見ているだろうか?

 

「将来、勤めている会社が潰れずに勤め上げられるか心配だお…。やる夫の将来大丈夫なのかお…!」

 

「本格的に起業して稼げる気はしないけど、副業在宅ワークで毎月のお給料の他に月収10万円くらいもらえたら最高だお!」

 

「英語力を活かして、稼いでいくなら”翻訳家”だお…!」

 

 

もしもそう考えているなら、ぜひ最後まで見ていってくれ。

この記事にはあなたが知りたいと思っている疑問を、

すべて解消できる答えを用意した。

 

オレは分かる。あなたが抱えるその将来不安を。

思わず、ドタマに付けているカツラがズレる勢いで理解できるぜ。

 

最近はコロナショックで、

勤めている会社が沈没する

不安も出てきた人もいるだろう。

 

<参考>コロナショックの時こそ、もちろん英語の勉強だよな?

【逆境は常にチャンス】コロナ禍の今、社会人がやるべきは英語の勉強だ

2020年4月19日

【コロナ疲れ・鬱予防】リモートワークの社会人が英語の勉強を継続するための6つのワザ

2020年4月22日

 

ぜひ、英語力を活かして「勤務先以外の収入源」

をゲッツするための力を持ってくれ。

そのための1つの選択肢として、翻訳業を検討しているあなたに語っていきたい。

 

先にオレからあなたへ結論を渡す。受け取ってくれ。

結論

英語で稼ぐ方法は星の数ほどある。

その中でも多くの人が憧れを抱く

「英語翻訳家」の仕事について

3つのメリットとデメリットを渡す。受け取れ。

 

<3つのメリット>

1:在宅で空き時間でそこそこ稼げる

2:英語力を活かせる

3:初期投資がゼロ

 

<3つのデメリット>

1:仕事を継続的に取るのが大変

2:AIの台頭と将来性が懸念

3:差別化が難しい

 

…言っておくがメリットだけじゃねえぞ?

デメリットも交えて語っていくぜ。

 

ガッツリと真実を語っていくからついてきてくれ。

 

最強すぎる英語多読講座

「英語の勉強は頑張っているけど、イマイチ身についている気がしない…」
と不安になってねえか?

安心しろ。あなたの不安をブチ壊し、人生を変える英語力を授ける講座を渡す。
他のサイトでは絶対に語られないクソヤベェ話を、動画でとてつもなく分かりやすく解説するぜ。

一円もかからねえし、ウザくなったら秒速で解約できるんで、迷うくらいなら参加しておけ。
ゲハハハw

>>>講座の詳細を見てみる

この記事の信憑性

世の中には未経験者のくせに、

経験豊富なツラしてテキトーにネットの情報をかき集め、

妄想記事を書いているヤツがいるw

 

だがオレはエアプのライターじゃねえw

具体的にオレの実績を示すことで

「ああ、このオッサン、一応経験と知識があるんだなw」

と信じてもらえたらと思う。

この記事を書いたオッサンの正体

オレは会社員時代、東京都内で働き、

複数の外資系企業で翻訳業務をこなしていた。

今も現役で英語力を活かしていて、ビジネスジャーナリストをしているよ。

英語力を示しておくとTOEIC985点、

英検1級を取得済でアメリカの大学にも留学をした。

 

翻訳業については経験も知識もあるので、

正しい真実を語れるんじゃねえかな。

 

とりま、こんなオレでよければ話を聞いてくれると嬉しい。

 

正直、在宅翻訳家はどのくらい稼げる?

さて、翻訳業というのは、「これを訳してくれ」

と依頼されて英日、日英へ訳す仕事だ。

 

クラウドソーシングで仕事を受けたり、

「アメリア」という翻訳家ネットワークで仕事を取るなどの方法があるだろう。

 

<参考>翻訳家ネットワークのアメリアについてはこの記事を見てくれ

英語力を活かしてフリーランス翻訳家で稼ぐ道とは?

2018年10月13日

 

フリーでやるなら、翻訳文字数を大量にこなすか

医療や法務、金融など専門性の高い分野に

挑戦することで高単価の仕事を取れる。

文字単価は7円~10円が相場だが、

専門性が高ければ20円、30円と高単価になっていくんだ。

 

物事には「格」があるよな?

たとえば駅前の立ち食いそばは1杯300円から食べられるけど、

老舗の高級そば屋だと3,000円のところもある。

それと同じで、翻訳と一口に言っても

単価は実力によって天地ほど差があるんだ。

 

たくさん数をこなして、実績を高めていき、

実力を付けて副業→本業にできれば「年収は400-500万円前後」は稼げるだろう。

本業までいかなくても専門性を高めることで

時給換算4,000-5,000円くらい稼ぐ人もいるから、

副業としては悪くはないだろう。

 

あなたが大好きな「英語」を活用できるから

「ぜひやりたい!」って人も多いんじゃねえかな。

 

メリットはもちろん、知られざるデメリットもガッツリ語るぜ。

 

最強すぎる英語多読講座

「英語の勉強は頑張っているけど、イマイチ身についている気がしない…」
と不安になってねえか?

安心しろ。あなたの不安をブチ壊し、人生を変える英語力を授ける講座を渡す。
他のサイトでは絶対に語られないクソヤベェ話を、動画でとてつもなく分かりやすく解説するぜ。

一円もかからねえし、ウザくなったら秒速で解約できるんで、迷うくらいなら参加しておけ。
ゲハハハw

>>>講座の詳細を見てみる

メリット1:在宅で空き時間でそこそこ稼げる

それじゃまずはメリットを語っていきたい。

 

会社員がフリーランス、副業として翻訳家の仕事をするなら、

副業に「出勤や拘束時間」があると無理ゲーだよな?

でも、翻訳家の仕事は在宅で、しかも空き時間でできる。

これは本業を持っている会社員にもメチャメチャ有利だ。

 

「英語は得意だったけど、子育て中で会社勤務が無理ゲー」

こうしたハイスペの主婦の人とかにはうってつけだろう。

「自分なんかにできるかな…」とビビらず、

TOEIC800点、英検準1級合格した人なら、

未経験枠で応募をして、ガツガツ経験と実績を積んでいってくれ。

翻訳業もとにかく数をこなして経験が物を言うんだ。

 

オレは翻訳学校とか一切通わず、現場での実践あるのみでやってきたぜ。

 

メリット2:英語力を活かせる

翻訳家になれば英語を活かして稼ぐ事ができるんだ。

これは鬼のように重要な要素だよな。

 

やっぱり英語を一生懸命頑張ってきた人にとっては、

せっかく身に付けたスキルを活かしたいと思うのは当然だ。

 

英語学習は自己投資だから、

英語取得にかけたコストは稼いでサッサと回収してくれ。

毎日、英語をたくさん読み、書くことになる。

日進月歩で実力がついていくだろう。

仕事を通じて、あなたの大好きな英語に触れられる醍醐味を味わせるぜ。

 

 

メリット3:初期投資がゼロ

ビジネスをする上では、「初期投資」の存在は無視できない。

特に会社員が空き時間でビジネスをするなら、

初期投資のコストは小さい方がいいに決まっているからな。

 

そこへいくと、

翻訳家は初期費用はゼロだ。

 

まあ、厳密にいえばネットに繋がるPCは必須なんだけど、

趣味で使っているPCを使えばいい。

別に翻訳専用のPCなんて準備する必要はないんだ。

 

多くの人はPCをすでに持っているだろうから、

初期費用はゼロ円スタートが可能だ。スゲエよな。

つまり、稼いだら稼いだ分だけ全部自分のものになるっつー話だ。

 

デメリット1:仕事を継続的に取るのが大変

さて、ここからは逆にデメリットを語っていきたい。

もちろん、翻訳業にもデメリットがある。

何事もいい話だけじゃないからなw

オレはその辺も無慈悲に本音で語り尽くしていくからな。

 

フリーで翻訳家として稼ぎ続ける上で厳しい点としては次のものだ。

 

ライバルが多く、継続的に

仕事を取り続けるのが大変!

 

運が良ければ、高単価の継続案件を長期で得られる会社もゼロではない。

だけど、そんな恵まれた立場を得るのは、

チョコボールの金のエンゼルが当たるレベルにレアだろう。

 

▲Twitterで有名なチョコボール開封おじさん。金のエンゼルのレア度を示すエピソードに「金を引き当てるまで1409個も挑戦をした」というものがある。このレベルまでいくと、控えめに言ってちょっとおかC(褒め言葉)

 

ライバルが多くて、

仕事を取り続けるのが大変…。

 

これはオレがグダグダいうより、コレを見てもらう方が早い。

 

「ランサーズ」のサイトには英語翻訳家がその目安になるだろう。

ランサーズには「660人(2020年4月30日時点)」も登録していて、

常に仕事を取り合うことになるんだ。

▲ランサーズのサイトをキャプチャ。英語翻訳家はライバルが多い。

 

ジッサイ、オレはクラウドソーシングで

仕事を請けるのではなく、依頼する立場なんだけど

1つ案件を投げると数十人から依頼がくる。

やっぱり同じ仕事をしてくれるなら、

安く受けてくれ、すでにガッツリ実績を持ってる人にお願いしちゃうよな…。

 

だからフリーの翻訳家は仕事を取り続ける「営業」の手間がいる。

もちろん、人によっては待っているだけで

継続的に仕事が降ってくる人もいるだろうが、

多くの人は次の案件を自分で取りに行かなくちゃいけないんだ。

 

デメリット2:AIの台頭と将来性

オレは以前から、AIと英語の可能性について語っている。

AIのニューラルネットワークの機械翻訳力はドンドン精度を高めており、

「すでにTOEICも960点に達した」と称する専門家もいるくらいだ。

 

<参考>過去記事でAIと英語の未来についてガッツリ語った。

【英語不要論は間違い】AIの英語力はTOEIC960点に達し「AI×英語」の時代になっていく

2020年4月24日

【英語学習不要論を否定】AI自動翻訳は限界がある…AI時代こそ英語力が必要になる理由

2020年4月25日

 

もはや、AIの進歩は「進みすぎワラタww」な状態だ。

 

ぶっちゃけ、この先の未来は

「直訳」しかできない翻訳家は、

もれなく全員がお払い箱になる運命だろう。

 

悪い、やっぱつれえわ…。

 

生き残れる翻訳家は、次の2つのスキルが必須だ。見てくれ。

 

・AIにはできない「雰囲気やマナー、文化を考慮した”意訳”」ができる翻訳家。

・AIの翻訳を評価、管理する「ポストエディット」のスキルを持った翻訳家。

 

翻訳家はメチャメチャAIの台頭の影響を受けるから、

今後生き残るにはより高いスキルが必要っつー話になる。

 

デメリット3:差別化が難しい

そして3つ目のデメリットは「差別化が難しい」という話なんだ。

 

「差別化」ってのは分かっているようで、多くの人が分かっていない。

いいか?よく聞いてくれ。

「差別化」ってのは

お寿司を食べる時のワサビレベルに重要なんだ。

 

たとえばあなたは

「セブンイレブンのコンビニコーヒーを飲むのが好き」

だと仮定して聞いてくれ。

 

あなたは出張に行き、たまたま宿泊先のホテルの近くのコンビニが

セブンじゃなくてファミマだったとするぜ?

さあ、あなたはどうする?

わざわざタクシーに乗るか、電車で隣町まで移動をしてセブンを探して買うだろうか?

…いや、そんなことをするやつなんてほぼいないはずだ。

きっとファミマでコーヒーを買うんだよ、あなたは。

 

これがコモディティ化ってヤツだ。分かるな?

つまり、コンビニコーヒーなんて味や品質に大差がない、

コモディティ商品に過ぎないっつー話よ。

だからサクッと手に入るなら、

別にセブンでもファミマでもローソンでもなんでもいいんだよ。

 

翻訳家という仕事は、

割とコモディティ商品に近い属性がある。

 

「この人の訳した文章が読みたい!」

 

ってことはほとんどないつーこと。

スイスイ快適に読める訳ならそれでいいんだよ。

 

一部の著名な翻訳家レベルになると話は別だが、

あまりそうした差別化を出しにくいのが翻訳家の仕事なんだ。

 

まとめ

メリットとデメリットをそれぞれ語った。

ぶっちゃけ、

「メリットもあるけど、デメリットも結構あるな…。翻訳業をやる価値があるのかな?」

と迷ってしまう人もいるだろう。

 

これはあくまでオレ個人的な意見だ。

そこを踏まえて聞いてほしいんだけど、

 

翻訳の仕事は

「一生のメシの種にする」

というより、

「英語力を活かしたビジネス経験と実績を積むため」

にやるのがいいと思っている。

 

英語の翻訳の仕事を通じて得られる経験と知識は、

計り知れないほどデカいのは間違いない。

 

オレは今、英語力を活かしてビジネスジャーナリストの仕事をしているけど、

この仕事をする上で、過去の翻訳経験が鬼のように役に立ったので、

「翻訳の経験を積んでいてよかった」と今も思っている。

 

参考になれば幸いだ。

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

【初心者向け】英語多読のすべてが分かる動画講座

「私はいつになったら英語ができるようになるの?」
「こんなに頑張っているのに、まだできないなんて…」

そう嘆いているあなたの気持ちはハゲるほど分かる。オレもそうだった。

カスほど英語ができなかったオレにTOEIC985点、英検1級合格を授けたのは英語多読だ。

その真髄を語った動画講座を作った。

安心しろ。無料で参加できる。

英語を本気で身につけたいやつだけでいい。

今すぐこっちに来てくれ。

こっそり伝えたいことがあるんだ…!

>>>気になるので覗いてみる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です